Tr?id=954059734660949&ev=pageview&noscript=1
検索
カテゴリ
ハゲ

【要チェック】なぜハゲてしまうの?原因と対策方法についてまとめました

「はげ」の悩みに関する記事をまとめています。ハゲといっても若ハゲやM字ハゲ、つむじはげなどその種類は様々です。ハゲラボでは、はげの原因を徹底的に探り、はげの予防や対策の仕方、そしてはげの治療法などを紹介し、はげの悩みと向き合っていきます。また、はげの人にも似合う髪型を紹介している記事などは、髪型に悩む人に対しておすすめです。はげの芸能人に関する情報なども載せているので、ぜひチェックしてみてください。

ハゲ(禿)の悩みは解決できる!

ハゲ(禿)の悩みは古今東西老若男女問わず永遠の悩みですよね。 ひと昔前までは、「禿(ハゲ)を治すのは不可能」とまで言われていましたが 今はそうではありません! 医療が発達し、ハゲの根本の原因が判明しているこの時代においては 適切なハゲ(禿)治療・対策・予防を行えば、ハゲは解決できると考えられているのです。

「もう無理だ…」と諦めてしまう前に、ハゲの悩みとしっかり向き合い、解決していきましょう。

ハゲの原因って何?

ハゲの原因の中で最も有力視されているのが DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンなんです。 テストステロンと呼ばれるホルモンと5αリダクターゼという酵素が結びついてできるこのDHTによって、私たちの髪の毛の成長サイクルが乱され、抜け毛や薄毛が進行してしまうと考えられているんですね。 DHTのさらに詳しい正体や、それ以外のハゲの原因についてまとめた記事を紹介しますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

さらに詳しいはげの原因について読む

ハゲの種類は?

ハゲの種類は多数ありますが、その中でも特に押さえておきたいハゲの種類をピックアップしてみました。

若ハゲ

若くしてハゲてしまう症状を指す若ハゲ。 男性ホルモンが原因で発症するAGA(男性型脱毛症)と同義とも言えます。 主に遺伝の影響を強く受け、早ければ10代〜20代前半ですでに多くの髪の毛を失ってしまう場合もあります。 若ハゲについて詳しく知りたい方は、ぜひ下記の記事をチェックしてみてください!

さらに若ハゲの記事を見てみる

M字はげ

M字はげもAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状として知られ、 生え際部分の髪の毛がM字型に後退し、ハゲ上がってしまうことを指します。 M字はげは前頭部の薄毛・ハゲ、生え際の薄毛・ハゲとも言い、 多くの男性が悩むハゲ方の1種と言えるでしょう。 M字はげについて詳しく知りたい方は、下記の記事もチェックです。

さらにM字はげの記事を見てみる

つむじはげ

つむじはげもAGA(男性型脱毛症)の症状の1つとして知られていますね。 つむじ・頭頂部周辺の髪のボリュームがなくなり、薄くなってしまうことを指します。 M字はげや他のハゲと比べて、自分では中々気づきにくいのがつむじはげの特徴ですので、 早期発見や早めの対策・治療を行えずにいる方も多いとのこと。 下記のつむじはげに関する記事を参考に、早めのつむじはげ予防を心がけてください。

さらにつむじはげの記事を見てみる

ハゲの対策・治療・予防方法は?

ハゲの原因がわかったところで、ハゲの対策・治療・予防方法について一緒に見ていきましょう。 現代では、ハゲの対策・治療・予防を行う為に非常に多くの方法が紹介されていますが その中には誤った情報も多く存在します。ハゲに対して適切な対策・治療・予防方法をとり 正しい育毛・発毛活動に結びつけましょう。

さらに詳しいはげの対策方法を読む

育毛剤・発毛剤

手頃で身近なハゲの対策・予防方法としては育毛剤が挙げられます。 ハゲの対策を行う上での自分に合った育毛剤選びや購入方法、副作用の危険性の確認など 育毛剤・発毛剤を利用する上で検討しなければいけないことは多岐に渡ります。

さらに育毛剤・発毛剤の情報をチェック

AGAクリニック

ハゲを本気で治すなら、やはり専門のAGAクリニックに行くほうが良いでしょう。 AGAクリニックでは、HARG治療法や育毛メソセラピーなどのハゲ治療方法によって 3ヶ月〜1年といった期間内のでハゲ改善を目指します。

さらにAGAクリニックの記事を見てみる

植毛

ハゲを治療するための最終手段が植毛です。 一昔前は「人工の毛」を頭皮に埋め込む人工毛植毛が主流でしたが、 最近では「自らの毛」を頭皮に埋め込む自毛植毛が当たり前となっています。 AGAクリニックに行っても治らない、育毛剤でも治らない、そんな貴方は 植毛治療の検討をしてみてはいかがでしょうか。

さらに植毛について知る

ハゲの髪型も重要

ハゲになった時に真っ先にできる対策方法は、実は髪型を工夫することかもしれません。 まず大前提でハゲだからといって長髪にしてしまうのは絶対に良くありません。余計ハゲが目立ちます。 ショートヘア・ミディアムヘア・坊主・最終的にはスキンヘッド。 お金をかけてハゲ対策する前に、まずはできることから始めましょう。

さらにハゲの髪型について知る

ハゲの芸能人もチェック!

ハゲの芸能人についても気になる方が多いかと思います。 その証拠に、ハゲていそうな有名人の植毛かつら疑惑は後を絶ちません。 ハゲの芸能人のハゲ対策・治療方法から学べることも多いかもしれませんよ!

ハゲの芸能人についてもっと詳しく