目次

  1. ザガーロって女性は使えないの!?
  2. そもそもザガーロとは?
  3. なぜ女性はザガーロが使えない?
  4. 女性向けの発毛剤はリアップリジェンヌがおすすめ!
  5. 正しい知識を持って薄毛対策をしていこう!

薄毛で悩んでいる女性の中には、薄毛治療薬である「ザガーロ」が気になっている方も多いのでは?

ですがこの「ザガーロ」、実は女性は服用できない薬なんです。

と言われても、どうして?と思いますよね。

この記事では、女性がザガーロを服用できない原因をご説明していきます。

後半では治療薬以外の薄毛対策をご紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

ザガーロは、国内で認可されているAGA(男性型脱毛症)治療薬の1つです。

AGAは思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状で、その多くは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされます。

ザガーロは、このDHTを生成する酵素、5αリダクターゼの働きを主成分のデュタステリドが阻害。

薄毛に対処していきます。

ザガーロについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

女性がザガーロを服用できない理由は、大きく以下の2点です。

  • ①男性向けの治療薬だから

  • ②胎児に影響を及ぼす可能性があるから

さっそく見ていきましょう。

①男性向けの治療薬だから

大きな原因として、シンプルにザガーロは男性向けだからということが挙げられます。

先述した通り、ザガーロはDHTの生成を阻害することで薄毛に対処するAGA治療薬。

ザガーロの添付文書にも以下のように記されています。

男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はない。

ザガーロカプセル 添付文書

AGAは男性に現れる薄毛の症状なので、AGAにならない女性はザガーロの効果は期待できないんですね。

当然のことのようですがこれは重要なポイントです。

正しい知識を持たず女性が服用してしまうと、効果が期待できないばかりか副作用のリスクを負うことにもなりますよ。

②胎児に影響を及ぼす可能性があるから

もしも妊娠中・授乳中の女性がザガーロを服用してしまったら、胎内の子どもの発達に影響を及ぼすおそれがあります。

ラットやウサギによる実験では、雄の胎児の生殖器の発達に影響が出ているため、人間にも同じ影響が出る可能性は十分にありますよ。

前提として女性のザガーロの服用は厳禁なのですが、ご家族が妊娠しているという方や、妊娠中・授乳中の方は特にご注意ください。

※触れるだけでもNG!

ザガーロの主成分であるデュタステリドは、皮膚から直接吸収されることもあります。

なので、女性や子どもは触れるだけでも危険なんですね。

男性でザガーロを服用するという方は、家族が触らないように配慮しましょう。

もしも女性や子どもが触ってしまったときは、すぐに石鹸と水で洗うようにしてください。

ザガーロが使えないとなると、どんな発毛剤を使えばいいの?という女性もいるのではないでしょうか。

そんな方には、女性向け発毛剤のリアップリジェンヌがおすすめです。

CMでもおなじみのリアップシリーズですが、女性用もあるんですね。

薬剤師からの指導は必要ですが、ドラッグストアやネットショップで購入できるので、気になった方はチェックしてください。

女性がザガーロを服用するのは危険なため、厳禁です。

それどころか、触ってもいけません。

そもそもザガーロは医師からの処方が必要な医薬品なので、誤って購入してしまうことは考えにくいのですが、正しい知識を持つことは大切です。

発毛効果を求める方は、先ほどもご紹介した女性用発毛剤リアップリジェンヌをぜひチェックしてください。

また、以下にその他の対策をご紹介した記事を載せておきます。

自分に合った対策で薄毛をケアしていきましょう。