目次

  1. ザガーロってどんなもの?副作用は「リバウンド」?!
  2. まずはザガーロの基礎知識をチェック
  3. ザガーロにはリバウンドする副作用はない!
  4. ザガーロにはリバウンド以外の副作用がある!
  5. ザガーロの購入は輸入ではなくクリニックで
  6. リバウンドは副作用ではないが、注意が必要

2016年に発売された、AGA治療薬ザガーロ

AGAへの高い効果が期待されている医薬品の一つです。

しかし飲むのをやめると、また脱毛が増えてしまう、いわゆるリバウンドが副作用として起こるという噂も。

果たしてザガーロの副作用の症状として、リバウンドはあるのでしょうか?

今回は、この疑問を解決すべくザガーロの副作用とリバウンドの関係を調査しました。

まず、副作用とリバウンドの関係を見る前に、ザガーロの基礎知識について確認しましょう。

ザガーロは、2015年に製造販売を認可されたばかりのAGA治療薬です。

『グラクソ・スミスクライン』というイギリスの会社が製造販売認証を取得し、日本では2016年に販売開始されました。

ザガーロの効果

ザガーロには、AGAによる薄毛の進行を遅延させる効果が期待できます。

これは、ザガーロの有効成分デュタステリドの作用による効果。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンと体内酵素の5α-リダクターゼが結合することで作られる強力な男性ホルモン、DHTによって引き起こされます。

DHTが髪の毛の正常な成長を妨げることで、抜け毛や細い髪が増え、薄毛になるのです。

AGAの原因であるDHTの生成を抑えるのが、デュタステリド。

デュタステリドには5α-リダクターゼの活性を抑える作用があるので、テストステロンと5α-リダクターゼが結びつきにくくなるのです。

つまり、AGAの原因であるDHTが作られにくくなり、AGAの進行が遅くなるのです。

費用の相場

ザガーロは医療機関での処方が必要な薬で、初回の処方と2回目以降の処方では費用が異なります。

それぞれの費用の相場はこちら。

  • 初回処方:約5,000円
  • 2回目以降:約8,000~10,000円

30錠(約1カ月分)で、おおよそ10,000円以下ですが、処方してもらうクリニックによっても価格は変わります

これはAGAの治療が保険適応外であるため。

医療機関で処方してもらう場合は、それぞれのクリニックでかかる費用もチェックしましょう。

ザガーロとリバウンドの関係について結論からお伝えすると、ザガーロの服用をやめるとリバウンドが起こることはありえます

ただし、このリバウンド現象は厳密には副作用ではありません

以下、副作用の定義と、ザガーロでリバウンドが起こる理由を説明していきます。

副作用とは

副作用とは、本来の目的となる効果に伴って起こる、別の有害な作用を指します。

製薬会社の業界団体である日本製薬工業協会では、下記のような定義が示されています。

病気を治したり、症状(しょうじょう)を軽くしたりする、くすり本来の目的の働きのことを「主作用」と言います。 また、くすりを使用したことで、顔や体にブツブツができたり、眠(ねむ)くなるなど、くすり本来の目的以外の好ましくない働きのことを「副作用」と言います。

出典: くすりの主作用・副作用とは | くすりの副作用 | くすり研究所

これをAGA治療薬であるザガーロに当てはめると、AGAの進行遅延が「主作用」であり、服用中に起こる好ましくない作用が「副作用」となります。

しかし、ザガーロによるリバウンドは、服用をやめたことで起こるもの。

つまり副作用とは異なると言えるのです。

実際に、ザガーロの添付文書の副作用の項目にも、リバウンドというものは見当たりません。

ザガーロでリバウンドが起こる理由

ザガーロの効果は、AGAによる薄毛の進行を抑えることだとお伝えしました。

これは、ザガーロの有効成分デュタステリドが、AGAの原因を作りにくい状態にしてくれるためでしたね。

しかしザガーロの服用をやめると、再びAGAの原因が作られやすい状態に戻ってしまいます。

そのため、ザガーロを服用する前のように、薄毛の進行が再び始まってしまうのです。

正確には"リバウンド”というよりも、"服用前に戻った”というべきかもしれません。

ザガーロにはリバウンドという副作用はないと説明しましたが、別の副作用は考えられます。

そもそもザガーロは、もともと前立腺肥大症の治療薬

下記のような男性機能にかかわる副作用が報告されています。

  • 勃起機能不全
  • 性欲減退
  • 精液量減少
  • 射精障害

他にもこのような副作用があるとされています。

  • 肝機能の低下
  • 女性化乳房、乳頭痛
  • 蕁麻疹、アレルギー反応
  • 頭痛、抑うつ気分

ザガ―ロのようなAGA治療薬を使用する前に、どのような副作用があるのかをあらかじめ知っておくようにしましょう。

また、ザガーロの服用中に副作用と思われる症状が出た場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談してください。

ザガーロの購入は、基本的にはクリニックでしか行えません。

しかし、クリニックで処方してもらうとなると、別途診察費用がかかり、費用も高くなってしまいます。

そこで同じデュタステリドを含む医薬品を、個人輸入で購入する方もいます。

しかし、個人輸入での購入は模造品の危険性や、副作用が起きた場合に救済制度の対象にならないというリスクがあります。

そのため、ヘアラボでは個人輸入による医薬品の購入はおすすめしていません

高い効果が期待できる医薬品だからこそ、しっかりと医師の指導の元で服用する必要があります。

ザガーロによるAGA対策をしたい方は、必ずクリニックで処方してもらいましょう。

個人輸入について、詳しくはヘアラボポリシーをご覧ください。

ザガーロによるリバウンドは、厳密には副作用ではありません

しかし、ザガーロの服用をやめることでリバウンドのように、薄毛の進行速度が元に戻ってしまうことは十分に考えられます

さらに、ザガーロには実際に副作用が存在しています。

購入は必ず、薄毛治療を行なっているクリニックで処方してもらい、医師に相談してからの使用を徹底しましょう。

どうしてもリバウンドが心配な場合は、使用前に医師に相談してみるのも良いかもしれません。

薄毛治療で何よりも大切なのは、自分が納得できる方法で治療を進めて行くことなので、不安を解消してから薄毛治療を始めましょう。