目次

  1. 女性の髪の悩みに寄り添うクリニックが大阪に誕生
  2. 『脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪』とは?
  3. 浜中先生がすすめる、髪のための生活習慣とは?
  4. 脇坂院長に聞く、発毛治療のための正しいクリニック選び
  5. 『脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪』基本情報

2018年4月1日にオープンした『脇坂ウィメンズクリニック大阪』は、JR大阪駅から徒歩5分という好立地を誇るクリニックです。

インターネットの公式サイトを確認すると、「女性専門頭髪外来」とありますね。

そう、こちらは女性の髪の悩み専門のクリニックなのです。

そんな新しいクリニックが3月20日に「開院記念セミナー」を開催しました。

ヘアラボ編集部がセミナーに参加し、

いったいどんな診察をするのか?

こちらに通うとどんなメリットがあるのか?

クリニックにいる先生は女性の薄毛の治療にどんな考えをもっているのか?

を取材してきたので、さっそくレポートをご覧ください!

院長の脇阪先生が登壇。説明会は大盛況。

まずは、『脇坂ウィメンズクリニック大阪』の歴史を簡単に紹介します。

こちらはそもそも、2000年10月から『脇坂ナカツクリニック』として男女分け隔てなく頭髪治療に取り組んできたクリニックです。

その後2016年10月には患者さんたちの要望の声を受けて男性と女性の間口を分け、院内に「女性専門頭髪外来」を設けます。

そこからますます患者数が増加したことを受け、ついに、女性の髪の悩みに絞ったクリニックを開設することに。

それがこの『脇坂ウィメンズクリニック大阪』なのです。

院名に"ウィメンズクリニック"とあるように、女性が通院しやすく、頭髪だけでなく更年期前の不定愁訴など、幅広い女性の不調を医療的視点からサポートしてくれるとのこと。

次の章からは、このクリニックの特徴的な診療科目である「女性頭髪専門外来」「からだエイジング外来」について紹介していきます。

4月1日にオープンの『脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪』の受付。

女性の髪の悩みなら「女性頭髪専門外来」

「女性頭髪専門外来」は、女性の髪の悩みに寄り添う外来です。

そもそも女性が薄毛になる原因としては、血流の低下やこれに大きく関連するエストロゲンという女性ホルモンの分泌量の低下が挙げられます。

これ以外にも、遺伝やダイエット、ストレスなどさまざまなものが複雑に関連していて、とても特定できるものではありません。

これら薄毛になる原因や症状、個人の体質や頭皮の状態、既往歴や生活習慣などを考慮して、その人にとって最適な治療を見極めるのが医療の役割

そんな難しい役割をになってくれて、治療を進めてくれるのがこの「女性頭髪専門外来」なのです。

どんな治療をするのか、もっと詳しく見てみましょう。

女性の髪の悩みに向き合う外来です。

■治療の種類

  • 外用薬
  • 内服薬
  • PRP治療(オプション)

■外用薬+内服薬治療
ミノキシジルなどの外用薬を中心に治療が進められますが、「発毛」を促すために、今ある髪を守るフィナステリドなどの内服薬も処方されます。

■PRP治療
PRPとは、血小板を多量に含む血漿のこと。

そして、PRP治療は本人の血小板から抽出した細胞を頭皮に注入する再生医療です。

元来PRPはミノキシジルの発毛効果を促進しますが、さらには血小板に含まれる成長因子が頭皮を厚くするとともに毛根を活性化する、との説明でした。

体全体の老化へアプローチする「からだエイジング外来」

頭髪の変化だけでなく、体に起こる老化をトータルでサポートしていこうというのが「からだエイジング外来」。

たとえば、老化によって血管が徐々に硬くなり、酸素や栄養を運ぶ機能が衰えると、頭皮へ運ばれる栄養も不足して髪の成長を妨げることになります。

そこで「からだエイジング外来」では、しなやかな血管を作るべく運動や注射、サプリなどによって改善を目指す、という訳です。

治療を始めるにあたってはまず、「からだエイジングドック」で自分の体の状態を可視化。

そこから分かった老化の状況に応じたケアを行っていくのが治療の流れになります。

■治療の種類

  • からだエイジングドック
  • 点滴・注射治療
  • サプリメント治療

■からだエイジングドック
老化の状況の可視化のために血管、骨、ホルモンなどの数値の変化を検査します。

不調や病気の兆候がこうした数値に現れますので、予防や治療を適切に行っていくためにもしっかりと調べておきたいですよね。

具体的な検査には以下のようなものがあります。

  • 血液検査
  • 体組成検査
  • 骨年齢検査
  • 血管年齢検査
  • 酸化ストレス検査

■点滴・注射治療
疲労回復点滴や腰痛・肩こり点滴からヘア&ネイル点滴や美肌点滴などの用途に応じた点滴と、プラセンタ注射、にんにく注射によってトータルで老化の進行から体をケアしていきます。

■サプリメント治療
食事だけでは補いきれない栄養素を摂取するために、体の状態に合ったサプリメントを医療用の濃度で処方されます。

次の章からは、今回の「開院記念セミナー」で行われたプログラムから

女性のすこやかな髪のための生活習慣

と、

脇坂院長に伺った治療方針

の内容をお伝えしましょう。

ここで紹介した治療は全額自己負担です。詳しい価格などは脇坂ウィメンズヘルスクリニックにお問い合わせください。

浜中先生による女性の髪の悩みについてのレクチャー。

「からだエイジング外来」では、すでに女性のためのトータルな治療で実績がある『ウィメンズヘルスクリニック東京』から得たノウハウが活かされています。

こちらの院長を務められ、『脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪』の顧問医師でもある浜中聡子先生が、女性の頭髪についてわかりやすく解説してくれました。

ホルモンの分泌を促すためのちょっとした工夫を

女性の薄毛の原因には、ホルモン分泌量の低下や日常生活のストレスなどさまざまな要因が関わっています。このため、治療を進めていくにあたっては、生活習慣の見直しを含めたトータルなケアがとても大切になるそう。

また、産後や更年期など、ホルモンバランスの変化の波が大きい女性では、ホルモンの分泌を促すための工夫が必須。

浜中先生が特に重要と考えるのが睡眠運動です。

生活に運動を取り入れてエイジングケアを

「運動が好きだったらもうやってますよね」と浜中先生。

わかっちゃいるけどできないのがほとんどの方の悩み。

意思が弱いと諦めるのではなく、生活に運動を取り入れて体の状態を維持していくことが重要だといいます。

  • 正しい歩き方:一歩でカロリー消費が全く違ってくる
  • 関節可動域を拡げる運動:代謝と体の不調を防止

など、ちょっとした体の使い方を意識することで、後々の体の状態が変わってくるようです。

「からだエイジング外来」では、綿密な検査・診断のもと、こうした生活習慣の指導をし、合わせてサプリも医療用の濃度で処方する方針とのことでした。

毛髪治療のパイオニア、脇阪先生による現場経験からのアドバイスは説得力も大。

「ほとんどの方には発毛治療は必要ありません」と語るのは『脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪』院長の脇坂先生。

それなのに、必要のない治療を受けてしまっている現状があるのだそうです。

これをふまえて脇坂先生がまず伝えたいのは「発毛と育毛の違い」だといいます。

発毛と育毛の違いを認識することが大切

脇坂先生によれば、発毛は髪をより太く速く伸ばし新しい髪の発育を促すこと、育毛は髪が細くなるのや抜け落ちるのを防ぐことです。

当然、どちらに重点を置くかによって薬の処方や治療法も変わってきます。

しかし実は、発毛クリニックの専門家でもこの違いをしっかり理解していないことがあるそうです。

脱毛症でもないのに高価な治療を施した結果、効果が表れないことも往々にしてあるとのこと。

そんな事態を避けるためには、賢くクリニックを選ぶことが重要になるといいます。

信頼できる医療機関や治療法を探すために

「本当に治療が必要か」を判断するために、まずは自身の睡眠、食事、シャンプーなど生活習慣改善の余地を確認してみることが大切だと脇坂先生はいいます。

また、どんな治療法やクリニックも半年間試して効果がなければ変えることも頭に置いてほしい、とおっしゃっていました。

治療内容の判断を実績とノウハウを持つ専門家におまかせしつつも、自身でしっかり効果を確認しながら治療を進めるのがポイントということになりますね。

医療でしかできない治療を丁寧に

ちなみに脇坂ウィメンズヘルスクリニックの「女性頭髪専門外来」では、悪い所を根本的に治すという医療を丁寧に施していき、効果をみながら投薬を調整するとのこと。

体質や頭皮の状態、既往歴には個人差があるため、副作用が表れない範囲を見極めて治療薬を活用することで発毛効果を高められるといいます。

日本に専門クリニックがほとんどない頃から毛髪治療に取り組まれてきた脇坂先生の説明は、非常に納得感のあるものでした。

最後に、脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪の基本情報をお伝えします。

  • 名称
    医療法人翠奏会 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪
  • 設置外来
    女性頭髪専門外来 からだエイジング外来
  • 診療日
    水・木・金・土・日(水曜は初診のみ)
  • 休診日
    月・火

関西に住んでいる人でこちらが気になる方は、脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪のホームページから情報を確認してみてください。