目次

  1. ウィッグはAmazonや楽天で買わないほうがいいの?
  2. Amazonや楽天でのウィッグ購入を避けたほうがいい3つの理由
  3. ウィッグはメーカー公式の通販や実店舗での購入がおすすめ
  4. 【番外編】ウィッグを購入するときのポイント
  5. Amazonや楽天でウィッグを購入する場合は気をつけよう

大手通販サイトのAmazon楽天をはじめとして、今は多くの通販サイトがあります。

ウィッグを販売しているショップもあり、家にいながら手軽にかつ安くウィッグを手に入れることができますよね。

しかし、安いからといってAmazonや楽天などの通販でウィッグを購入することは、避けたほうがよいと考えられるポイントがいくつかあります。

あとで後悔しないためにも、通販でウィッグを購入する際の注意点などをご紹介します。

Amazonや楽天などの通販サイトでのウィッグ購入がおすすめできない理由は、大きく分けて3つあります。

  • ①試着ができない
  • ②肌トラブルの可能性がある
  • ③メンテナンス・アフターサービスが受けられない

それぞれ、どのようなリスクがあるのか、詳しくみていきましょう。

①試着ができない

ひと口にウィッグと言っても、その種類や形はさまざまです。

フルウィッグと部分用ウィッグ、装着方法の違いがある他、顔の型によって似合うデザインも変わってきます。

周囲に気づかれないことを目的とするなら、より自分に合った自然なウィッグを選びたいところ。

しかし色味や材質、自毛とのバランスなどは、実際に自分の目で見てみないとわかりません。

通販で安いからといって購入したら思っていたものとは違ったというケースも…。

そのために、実物を試着してみることはウィッグを購入する上で、非常に重要といえます。

②肌トラブルの可能性がある

ウィッグは、頭皮がかぶれたり炎症を起こす可能性があります。

とくに敏感肌の人が着用する場合は、リスクが生じます。

ウィッグの中でも、医療用ウィッグに関しては、商品の品質について厳しくルール化されているほど。

頭皮に影響を及ぼす可能性があることから、ウィッグの着用にはきちんと注意を払うことが必要だといえます。

万が一何か起こったときに、多くの場合Amazonや楽天などの通販サイトでは補償してもらえません。

肌トラブルを防ぐためにも、アフターサービスをきちんと受けられるメーカーから購入することがおすすめです。

メンテナンス・アフターサービスが受けられない可能性があるため

Amazonや楽天では、手軽に安いかつらを購入できるというイメージがありますが、基本的にアフターサービスやメンテナンスサービスは対象外になります。

万が一、思っていた商品と異なった場合や、使用している際に不具合が生じた場合、新たに購入しなければならないという事態になりかねません。

そうなれば、かえって費用がかさんでしまうことも考えられます。

購入して後悔するリスクが高くなるので、Amazonや楽天でウィッグの購入は避けたほうがよいでしょう。

ウィッグを購入する際、一番理想的なのは実店舗や体験コーナーに出向いて購入すること。

試着ができるだけでなく、不安な点なども相談できます。

さらに、メーカーによってはアフターサービスが充実しているところも少なくありません。

もし、実店舗での購入が難しい場合は、メーカーが公式に出している通販サイトでの購入がおすすめです。

メーカーが直接運営してるサイトなら、問い合わせフォームなどから気になる点を質問できる場合もあり、自宅にいながら試着ができるサービスを行なっているところも。

また、メーカーによっては公式サイトで購入することでアフターサービスがついてくることもあります。

どうしても外出するのが難しい場合や、近くに実店舗がない場合は、公式サイトを利用しましょう。

実店舗や公式サイトの通販でウィッグを購入する場合、どのようなポイントに気をつけて選べば良いのでしょうか?

こちらでは、ウィッグを購入する際のポイントをまとめています。

ウィッグの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ウィッグの装着方法で選ぶ

ウィッグを選ぶ一つ目のポイントは、装着法。

ピンで止める方式のものや、接着剤を使って接着するもの、さらに着脱不要な編み込み式のものもあります。

常にウィッグをつけるわけではなく、一時的につけたい場合は着脱できるものをえらびましょう。

また、着脱せずに使用したい場合や、プールなどにウィッグのまま入りたい場合は着脱不要なものがおすすめ。

ただし着脱不要なものは、サロンで施術をしてもらう必要があるので、通販での購入はできません。

毛の種類やヘアスタイルで選ぶ

ウィッグは人工毛で作られているものや、人工毛と人毛を混ぜているもの、人毛のみで作られているものがあります。

人毛の方が自髪に馴染みやすく、カラーやパーマなども可能で自由なアレンジができます。

もともと色が決まっているものや人工毛の場合は、自分の髪色に近いものを選ぶことで自然に馴染みやすくなります。

また、どのようなヘアスタイルを理想とするのかも大きなポイント。

理想とするヘアスタイルによっては、部分ウィッグにする方が良い場合と、フルウィッグにする方が良い場合で分かれます。

さらに、フルウィッグの場合あとからカットすることが可能ですが、ショートヘアのウィッグの場合伸ばすことはできないのでヘアスタイルも慎重に選びましょう

アフターフォローやメンテナンスが充実したメーカーで選ぶ

ウィッグを販売する大手メーカーでは、アフターサービスが充実しているところも多くあります。

頭皮への負担が気になる場合や、購入後のケアが気になる場合は、こうしたアフターサービスが充実したメーカーでウィッグを選ぶのがおすすめ。

ウィッグの手入れを行なってくれるメーカーや、自髪のシャンプーを行なってくれるメーカーなどサービスはさまざま。

自分が求めているサービスがあるメーカーを探すのも良いでしょう。

Amazonや楽天でのウィッグ購入は、手頃な価格が魅力

一方で、自分に合わないものを購入してしまう可能性などが考えられます。

ウィッグ選びで失敗したくない!という方は、実際に試着できるメーカーの実店舗、公式の通販サイトで選ぶのがおすすめ。

また、ウィッグを選ぶ時におさえておきたいポイントもいくつかあります。

自分が気になるポイントをしっかり考慮し、長く愛用できるウィッグを選んでくださいね。