目次

  1. 広いおでこを治したい...治す方法はあるの?
  2. おでこが広くなる原因
  3. AGA・FAGAによる広いおでこ対策①:育毛対策
  4. AGA・FAGAによる広いおでこ対策②:発毛治療
  5. AGA・FAGAによる広いおでこ対策③:植毛治療
  6. 牽引性脱毛症による広いおでこ対策:前髪を引っ張らない髪型
  7. 先天的に広いおでこ対策:おでこが広く見えない髪型
  8. 広いおでこ対策をする時の注意点
  9. 自分にあった方法で広いおでこの対策をしよう
ややっ、おでこがこんなに広くなっている!
ややっ、おでこがこんなに広くなっている!

普段から前髪を下していると、生え際の後退に気付くのが遅れる場合もあります。

「最近おでこの広がりが気になってきた...」
「昔から広いおでこに悩まされている...」

広いおでこは、老若男女共通の悩みですよね。

ハゲラボとしても、まだ学生の方から中高年の方まで本当に多くの方から、おでこの悩みが寄せられます。

果たしてこの広いおでこは治すことはできるのでしょうか?

広いおでこを治すために、まずはおでこが広くなってしまう原因を見ていきましょう。

大きくわけると下記のように分けられます。

  • ①脱毛症による広いおでこ
     (1)AGAによる広いおでこ
     (2)FAGAによる広いおでこ
     (3)牽引性脱毛症による広いおでこ
  • ②先天的に広いおでこ

脱毛症については複数の種類がありますが、男性はAGA(男性型脱毛症)、女性はFAGA(女性男性型脱毛症)牽引性脱毛症の場合が多いです。

以下、それぞれについて解説していきます。

①-(1):AGAによる広いおでこ

AGA(男性型脱毛症)とは、健康的な男性なら誰でも分泌されている男性ホルモンがジヒドロテストステロンという物質に変換されることで、髪の成長を妨げる脱毛症。

髪の毛が成長しきることなく抜けて薄毛になってしまい、おでこの生え際や頭頂部から薄毛が進行していくことが特徴です。

具体的な対策方法は、次の大見出しで紹介していきますが、成長を妨げられている髪の毛に有効成分を与えて育てる育毛対策と、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐ発毛治療などがあります。

①-(2):FAGAによる広いおでこ

FAGA(女性男性型脱毛症)は、女性の薄毛に多く見られる脱毛症。

AGAは男性ホルモンが変換されることで起きるのに対し、FAGAはホルモンバランスの崩れやストレスなど複数の原因が考えられます。

対策としては、AGA同様に育毛対策と発毛治療を行います。

①-(3):牽引性脱毛症による広いおでこ

牽引性脱毛症は、前髪が引っ張られることで毛根にダメージが与えられてしまい脱毛していく症状。

特に、長期間ポニーテールにしている方などに見られることが多いです。

②先天的に広いおでこ

最後に紹介するのは、先天的におでこが広いことについて。

ここまで、脱毛症が原因でおでこが広くなる場合を紹介してきましたが、遺伝によって生まれながら先天的におでこが比較的に広い方もいらっしゃいます。

この場合は、おでこを狭くすることは難しいので、髪型のアレンジなどの見せ方をコントロールすることで対応することになります。

おでこが広がる原因まとめ

ここまで、おでこが広がっていく原因を解説してきました。

大きく分けると脱毛症によっておでこが広がる場合と、先天的におでこが広い場合にわけられ、脱毛症についてはさらに3つに分けることができます。

この中で根本的な対策ができるのは脱毛症によっておでこが広がる場合のみで、先天的におでこが広がっている場合はできません。

ただし、髪型をアレンジしたりと日常生活の中でできることはありますので、ぜひチェックしてみください。

それぞれの具体的な方法は、下記の順番で紹介していくので、自分と関係があると思う部分からチェックしてみましょう。

まずは、AGAとFAGAによっておでこが広がっている方への「育毛対策」を紹介します。

薄毛予防+現状維持をしたい方は育毛対策を

育毛対策とは、「今ある髪の毛を育てる」ことを目的にした育毛剤を使用します。

みなさんも一度は聞いたことであろう育毛剤とは、以下の効果が認められている商品です。

  • 今ある毛を丈夫に育てる

  • 発毛を促進する

  • 抜け毛を予防する

  • フケ・かゆみを抑制する

このような効果がしっかり認められており、薄毛が気になる方にぜひおすすめです。

気になった今が始めどき!

【男性向け】ハゲラボおすすめの育毛剤「チャップアップ」

さて、いざ育毛剤を購入しようと思っても販売されている育毛剤はたくさんありすぎてどれにすれば良いのか迷ってしまいますよね?

そこで、ハゲラボ編集部おすすめのメンズ向け育毛剤「チャップアップ」を紹介します。

◎チャップアップのおすすめポイント

  • ハゲラボで一番人気

  • 無添加・無香料

  • 比較的低価格

  • 永久全額返金保証

  • 育毛有効成分配合
    ・センブリエキス
    ・グリチルリチン酸
    ・ジフェドラミンHC

毎日5万人以上の薄毛に悩める読者様と向き合っているハゲラボで一番人気の育毛剤。

3種類の育毛有効成分をはじめ、50種類以上のこだわりの成分が配合されています。

金額面は他の育毛剤のほぼ中間で平均相場程度ですが、定期購入で50%近く割引になり、永久返金保証もついてくるので、とてもお得です。

他の育毛剤は、返金保証期間が30日などのように期限があるものが多いのですが、チャップアップは永久返金保証なのは太っ腹です。

それだけ育毛効果と品質に自信があるということでしょうか。

公式サイトにさらなる詳細情報がありますので、ぜひチェックしてみください。

【女性向け】ハゲラボおすすめの育毛剤「ベルタ育毛剤」

ハゲラボ編集部として、女性向けのおすすめの育毛剤は「ベルタ育毛剤」

◎ベルタ育毛剤のポイント

  • ハゲラボで一番人気の女性向け育毛剤

  • 女性ならではの産後の脱毛にも効果的

  • 90日間全額返金保証

  • 育毛有効成分
    ・センブリエキス
    ・グリチルリチン酸ジカリウム
    ・酢酸DL-α-トコフェノール

  • 妊娠中・授乳中でも使用可

ベルタ育毛剤は多くのメディアで紹介されている人気の育毛剤。

3つの育毛有効成分をはじめ、56種類の成分を凝縮しています。

女性用の育毛剤ということで、通常の育毛効果だけでなく産後脱毛への効果もある点は嬉しいですね。

料金は比較的安めで、定期購入による割引90日間全額返金保証もありますので、気になった方は公式サイトでチェックしてみください。

発毛治療は育毛とは異なり、「新しい髪の毛を生やす」ことを目的とした治療。

新しい髪の毛を増やして広いおでこを対策したい方におすすめの方法です。

治療といっていますが、過度なハードルを感じる必要はありません。

多くの方が実践していて、専門知識のある医師が自分にぴったりな方法を提案してくれますよ。

その方法は大きく分けて以下の2種類があります。

  • クリニックでの発毛治療
  • 市販の発毛剤での発毛治療

それぞれ、詳しく解説していきますね。

①クリニックでの発毛治療

「自分に合う発毛方法をしっかり相談したい...」という方におすすめなのが、クリニックでの発毛治療です。

現代では、個人輸入サイトで発毛剤を購入して治療することもできますが、副作用のある医薬品を使用するため、しっかりと医師に相談して自分に合った発毛方法を提案してもらいましょう。

最初は無料相談をすることができるクリニックもありますので、お気軽に相談してみてくださいね。

多くのクリニックでは、「フィナステリド」「ミノキシジル」といった発毛効果のある成分が配合されている内服薬や外用薬を提供されることが多いです。

フィナステリドは、男性向けの発毛剤に配合されている成分で、AGAの諸悪の根源であるジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあります。(参照1)

ミノキシジルは、男女向けの発毛剤に配合されていて、頭皮の血流を改善してくれる役割があるんですよ。(参照2)

ハゲラボおすすめのクリニックは「ヘアメディカル」です。

経験豊富なドクターが親身に話を聞いてくれ、無料相談も大歓迎ですので、ぜひお気軽に訪れてみてください。


参照1:薄毛治療の新常識「「飲む発毛薬」フィナステリドの秘密」

参照2:薄毛治療の新常識「究極の毛生え薬「ミノキシジル」


②市販での発毛剤

「あまり人には相談したくない...」という方は、市販で購入できる「発毛剤」がおすすめ。

市販で購入できる発毛剤といえば、CMでもおなじみの『リアップ』が有名ですね。

発毛効果のあるミノキシジルが配合された医薬品で、新たな髪を生やすサポートをしてくれます。

医薬品なので副作用のリスクがあり、購入前にしっかり使用前の注意や添付文書を確認しましょう。

あまりにも薄毛・ハゲが進行している場合、ここまで紹介した育毛剤や発毛剤では改善が難しいと言われています。

おでこがあまりに広くなりすぎてしまった人におすすめしたいのは、『植毛治療』です。

植毛治療とは、毛を移植する治療行為であり、自毛植毛と人工毛植毛の2種類が存在。

一般的には、自分の毛を使うため拒否反応が少なく自然な仕上がりになる自毛植毛が推奨されています。

AGAの特徴として後頭部の毛は十分に残るので、その毛をおでこに移植していく治療です。

少しでも興味を持たれた方は、一度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

牽引性脱毛症によっておでこが広くなっている場合には、単純に前髪を引っ張らない髪型に変更しましょう。

特に、長期間ポニーテールにしていたり、分け目が同じ方などは、その髪型によっておでこの毛根にダメージを与えていると考えられます。

前髪をおろしてあげたり、分け目を変えてあげることで、おでこの毛根を休ませることができれば治すことができます

もし、いつまでたっても治らない場合は、他の症状を併発している可能性もありますのでクリニックへ相談してみてくださいね。

髪の毛がダメージがを受けているわけではなく、先天的におでこが広い場合には、髪型をアレンジすることで対策することも1つの手。

前髪を重めにしておでこを隠すか、いっそおでこを全開に出していくスタイルがおすすめ。

メンズワックスでセットしたり、ポニーテールにしたりして自分に合うものを見つけてみましょう。

中途半端な長さだと目立ってしまうことがあるので注意が必要です。

女性のヘアアレンジの紹介は「>>こちらの記事」でも詳しく解説していますので、せひチェックしてみてください。

ここでは、広いおでこの対策をしている時に心がけてほしい以下の3つのポイントを紹介します。

  • 生活習慣を乱さないこと
  • ノンシリコンシャンプーを使うこと
  • ワックスを付けすぎないこと

生活習慣を乱さないこと

まず1つ目は生活習慣を乱さないこと。

育毛剤やクリニックでの治療を受けているからといって、日々の食事バランスや睡眠時間をおろそかにしてはいけません。

髪を作るにはタンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルなどのバランスの良い栄養素が必要です。

そして、髪の修復と成長のための睡眠時間の確保にも気を使いましょう。

ノンシリコンシャンプーを使うこと

2つ目は、ノンシリコンシャンプーを使うこと。

シリコンシャンプーは毛穴につまることは無いのですが、頭皮をコーティングするので育毛剤などの浸透が妨げられることがあります。

せっかく対策として、育毛剤や発毛剤を使っていても効果が抑制されてしまってはもったいないですよね。

ハゲラボとしては、ノンシリコンなうえ、アミノ酸系で弱酸性のチャップアップシャンプーをオススメしています。

ノンシリコンなのはもちろんのこと、頭皮のタンパク質と同じアミノ酸系かつ弱酸性なので、刺激が少なくおでこにも優しいシャンプーなんですよ。

ワックスを付けすぎない

3つ目の注意点は、ワックスをつけすぎないこと。

髪が短い男性がやりがちですが、ワックスを付けすぎてしまうと、含まれている油分が毛穴をつまらせてしまい、薄毛の原因となることがあります。

市販で売られているメンズワックスには油分がたくさん含まれているものが多いので、注意しましょう。

ここまで、原因別に広いおでこへの対策方法を紹介してきました。

一番大切なことは自分に合った方法で対策していくこと。

まずは手軽に現状維持から始めたい方は育毛剤から、どの方法が良いのか相談したい方はクリニックの無料相談に行ってみてはいかがでしょうか?

最後に一番おすめの対策アイテムを紹介!