目次

  1. どうも白髪がうねりやすい…?これって何で?
  2. 白髪などがうねりやすくなる“理由”
  3. うねりやすい髪のため《ケア方法》
  4. 【おすすめトリートメント】傷みによる白髪・髪のうねりに!
  5. うねりやすい白髪ヘアは頭皮と髪に“労りのケア”を!
白髪も悩ましいけど、チラホラ出てくるうねりが気になる…。
白髪も悩ましいけど、チラホラ出てくるうねりが気になる…。

白髪が生えるようになってから、なんだか髪が弱っているような…。
それに、なんだかうねりが出てきた?

そんな風にお悩みの男性、女性はたくさんいらっしゃいます。

白髪が生えるような年齢になってから出てくる“髪のうねり”には、きちんとした理由があったのです。

今回の記事では、白髪ヘアがうねりやすい“原因”や“対処法”について詳しくお伝えしていきます。

うねりやすい白髪におすすめのケアアイテムなども紹介していきますので、ぜひ毎日のヘアケアの参考にしてみてください!

「なぜ、白髪や普通の髪がうねり出してしまったのか…」

その原因は、以下の二つにあると考えられます。

  • 毛穴の変形

  • 毛髪密度が偏っている

それぞれ、“どういう原理でうねりに発展するのかを”解説していきます。

原因①:毛穴の変形

本来くせ毛ではないのに、白髪が生えてきたあたりから髪がうねりだした…。

そんな方は、長い年月をかけて毛穴が「楕円形」に変形した可能性があります。

毛穴が後天的に変形してしまう要因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 加齢による頭皮のたるみ
  • 血行不良による頭皮の硬化

どちらも、白髪が出るような年齢になると生じやすくなる年齢トラブルです。

年齢を重ねると顔にシワやたるみが生じるように、頭皮にもたるみが出てきます

すると、毛穴の形はキレイな円から楕円へと変形しまうのです。

毛穴の形が変形する様子
毛穴の形が変形する様子

左:たるみにより変形した毛穴
右:効果により変形した毛穴

また、血行不良によって頭皮が硬くなることでも、同じように毛穴が変形してしまう可能性があります。

このように、毛穴の形が変化したことで髪も変形するため、白髪ヘアにはうねりが出やすくなってしまうのです。

原因②:毛髪の密度の偏り

もともとうねりのない白髪・髪の毛が後天的にうねりだす原因は、毛髪の密度が偏ってしまうことにもあります。

毛髪は大きく分けて“3層”から形成されているのですが、なかでも中心の層に位置する「コルテックス」が毛髪の大部分を占めています。

毛髪の構造
毛髪の構造

中心から、

  • メデュラ
  • コルテックス
  • キューティクル

以上の順番で層となり、髪の毛は形成されています。

このコルテックスの密度が均等であれば、髪の毛はうねりのないストレートな状態を保っていられます

しかし、

  • 髪のダメージ・傷み
  • 栄養不足

などの要因からコルテックスの密度に偏りが生じると、髪の毛に細かなガタつきが生まれ、ゴワついた手触りになったり、うねりが生じたりしてしまうのです。

ただし、髪の傷みと栄養不足は、同じ「毛髪密度の偏りを誘発する要因」であっても、髪への影響の仕方が違います

“どういったメカニズムなのか”を簡単に説明していきますね。

後ほど、「白髪ヘアのうねり対処法」を紹介する際に必要な知識となりますので、しっかりチェックしてください。

髪の傷み・ダメージによる毛髪密度の偏り

髪の毛は、ダメージが蓄積することで“髪を守る役割”を持つキューティクルが剥がれてしまいます

すると、コルテックスは蓋がない状態に陥るため、どんどん水分やタンパク質が出ていってしまうのです。

これにより、コルテックスにはダメージホールと呼ばれる隙間が生じ、乾燥してスカスカの状態、つまり一般的に「ダメージヘア・傷んだ髪」と認識されている状態になります。

コルテックスに「ダメージホール」が生じることで、密度が偏る様子。
コルテックスに「ダメージホール」が生じることで、密度が偏る様子。

この一連の流れによって毛髪密度に偏りが生まれ、髪の毛はまっすぐの状態を保てず、うねり出してしまうのです。

栄養不足による毛髪密度の偏り

髪の毛は、体内にあった細胞が死滅し、老廃物などとともに頭皮の外へ出てきたもの

したがって、頭皮や体内の栄養状態によって毛髪密度が変わります

栄養不足というのは、「食事などで栄養が摂取できていない」状態はもちろん、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス過多
  • 不健康な生活習慣

などにより、血流が滞ることで「摂取した栄養を頭皮に運べていない」状態のことも含みます。

これらのような“栄養不足状態”に陥ると、髪に十分な栄養が行き渡らず、コルテックスの繊維質がスカスカに…。

栄養が不足することでコルテックスがスカスカの状態になる様子。
栄養が不足することでコルテックスがスカスカの状態になる様子。

こうして、毛髪密度に偏りが生まれることで、やはり白髪・髪の毛にうねりが生じてしまうのです。

長くなりましたが、本当にさまざまな要因から「白髪・髪のうねり」が生じているということがお分りいただけたかと思います。

しかし、肝心なのはここまで紹介してきたような原因に対して、“どのような対処を行うべきか”です。

ただでさえ悩みのタネである「白髪」をケアしなくてはならないのに、加えて「うねり」にまで悩まされるなんてご免ですよね。

まだ諦めたくないあなたのために。
次項では、うねりやすい白髪ヘアに適したケア方法をご紹介していきます。

では、さっそく白髪ヘアがうねりだす原因対処・ケア方法を紹介していきます。

以下の順番で丁寧に説明していきますので、ぜひ最後までチェックしてください。

毛穴の変形は「頭皮マッサージ」でケア!

年齢が気になる頭皮は「マッサージ」がおすすめ。
年齢が気になる頭皮は「マッサージ」がおすすめ。
  • 皮膚のたるみ
  • 硬くなった頭皮

などによって毛穴が変形し、うねりだした白髪ヘアのケア方法は「頭皮マッサージ」です。

頭皮マッサージは、硬くなった頭皮のコリをほぐし血行を促進させます。

また、血行が悪くなることで弾力を失い、下へと引っ張られていた筋肉にハリを取り戻したるみを和らげるのです。

マッサージの方法は、こちらの動画を参考にしてみてください

頭皮のミカタ・簡単頭皮マッサージその1

美容師さんが頭皮のセルフマッサージについて詳しく教えてくれます。

白髪ヘアのうねりを少しでも緩和させるべく、動画を見ながら一緒にマッサージしてみてください!

毛髪密度の偏りは「トリートメント」と「生活改善」でケア!

毛髪(コルテックス)の密度が偏る要因は以下の二つです。

  • 髪の傷み
  • 栄養不足

先ほどもお伝えした通り、それぞれ髪の毛への影響の仕方が違うので、当然ケア方法も変わります。

順を追って、ひとつずつ説明いたします。

髪の傷みには「トリートメント」

補修・保湿ケアならトリートメントがベスト!
補修・保湿ケアならトリートメントがベスト!

「原因」の段落でも説明しましたが、髪の毛は死滅細胞なので一度傷んだ部分を修復することはできません

しかし、トリートメントを用いることで、コルテックスの隙間剥がれてしまったキューティクル補正することは可能なのです。

白髪、黒い髪関係なく、救いようがないほど痛みが深刻な部分(毛先など)はカットして、残った部分がこれ以上傷まないようにトリートメントで補修ケアを徹底しましょう。

では、白髪ヘアのうねりにおすすめの「トリートメントケア」を紹介していきます。

《インバス(洗い流す)トリートメント》

  • 「スカルプトリートメント」で頭皮ケア
  • 「ヘアマスク (ヘアパック)」でスペシャルケア

スカルプトリートメントは、その名の通り頭皮をケアし、頭皮に潤いやハリを与え、柔らかで健康的な頭皮を保ちます

ヘアマスク (ヘアパック)は、通常のトリートメントに比べて補修・保湿ケア効果の高いトリートメントです。

傷んでスカスカになった毛髪内部に潤いを与え、補修ケアして白髪ヘアの乾燥を和らげ、手触りが良く艶やかな髪に導きます

それぞれ、2、3日に一度程度の頻度で交互に使用してください。

《アウトバス(洗い流さない)トリートメント》

  • 「ヘアミルク」で入浴後も保湿ケア
  • 「ヘアオイル」でコーティングケア

ヘアミルクは、入浴中に行うトリートメントと同じように保湿ケアを行うためのアウトバストリートメントです。

入浴後も徹底的に保湿して、乾燥しがちなうねりヘアもしっとりと潤い溢れる髪に。

ヘアオイルは、入浴中に補修・保湿ケアを施した髪の毛をコーティングし、潤いを閉じ込めたり、熱ダメージなどを軽減させてくれます

どちらも、白髪や普通の髪関係なく傷んだ髪に必要なケアなので両方取り入れると良いでしょう。

もちろん、その日の髪のコンディションによって使い分けも可能です。

こうした徹底的なトリートメントケアを実践していけば、白髪ヘアのうねりも落ち着くでしょう

※それぞれトリートメントの使用頻度について
ご使用の商品に「使用頻度」の指示がある場合は、そちらに従ってください。

栄養不足には「生活改善」

食事、睡眠、ストレス…。
食事、睡眠、ストレス…。

心と体の健康バランスを保って、栄養がきちんと行き渡る体に。

続いて、栄養不足によって生じた「白髪ヘアのうねりの対処法」をお伝えしていきます。

そもそも食事からきちんと栄養を摂取できていない場合は、安直ですが栄養バランスの良い食事を取り入れましょう。

特に「健やかな髪を育むためには欠かせない」と言われる、以下のような栄養素を意識して摂取できるように心がけてみてください。

  • たんぱく質
  • ミネラル
  • ビタミン類

ホルモンバランスの影響など栄養が体に上手く行き渡っていない場合は、質の良い睡眠適度な運動習慣適度なストレス発散など、心も体も健やかに保てるような生活習慣を身に付けてください。

  • 規則正しい生活リズムを意識して、睡眠時間を確保する
  • 睡眠の質を上げるために、睡眠前の1時間はスマホやPCを触らない
  • 仕事帰りは最寄りの一駅前で降りて歩いて帰宅する
  • できるだけエレベーターやエスカレーターではなく階段を使用する
  • 男性なら、趣味に没頭してストレス発散できる時間を適度に作る
  • 女性なら、親しい間柄の方とおしゃべりしてストレス発散できる時間を適度に作る

など、できることから始めてみてください。

また、先ほどご紹介した頭皮マッサージ血行促進に一役買ってくれるので、必要な栄養を頭皮や髪に届けるためにも、あわせて行うことをおすすめします。

ここまで、白髪ヘアのうねりケアについてたくさんお話ししてきましたが、“トリートメントケア”については「どんな商品を選んだら良いか分からない…」なんて方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、次項では傷みによる“白髪ヘアのうねり”におすすめのトリートメントを紹介していきます。

“ダメージによる白髪・髪のうねり”で紹介した内容に合わせ、ここからは以下のおすすめの商品を紹介します。

インバス(洗い流す)トリートメント

  • スカルプケアトリートメント
  • ヘアマスク (ヘアパック)

アウトバス(洗い流さない)トリートメント

  • ヘアミルク
  • ヘアオイル

さっそく見ていきましょう!

インバス(洗い流す)トリートメント

頭皮ケアトリートメント

商品名
h&s 地肌ケアマッサージクリーム

容量
185g

価格
オープン価格
参考価格:621円

特徴
医薬部外品として認められたミクロサイズの深海ミネラルを配合している、頭皮マッサージができるインバストリートメント。

マッサージ効果で毛穴の汚れを落としながら、地肌と髪の毛の健康と清潔を保ってくれます。

白髪や髪のうねり、ハリ・コシの減少など、「年齢トラブル」を抱えた頭皮におすすめしたいスカルプトリートメントです。

ヘアマスク (ヘアパック)

商品名
モイスト・ダイアン パーフェクトビューティー エクストラダメージリペア ヘアマスク

容量
150g

価格
通常価格:880円

特徴
オーガニックアルガンオイルと独自のビューティーケラチン処方で、毛先までうるおいたっぷりにまとめるトリートメントです。

カラーやパーマなどのダメージで乾燥した白髪・髪の毛をしっかり保湿。

指通りの良い、うねり知らずの健やかな髪の毛に仕上げます。

アウトバス(洗い流さない)トリートメント

ヘアミルク

商品名
BOTANIST ボタニカルヘアミルク スムース

容量
80mL

価格
通常価格:1,700円

特徴
植物由来成分にこだわる「ボタニカルシリーズ」がおくる、スムースタイプのトリートメントミルクです。

入浴後もしっかりと白髪・髪の毛を補修ケアし、乾燥してうねり、広がる髪の毛をさらっとまとめてくれます。

潤いをキープしつつも、軽やかな印象に仕上げてくれるので、ヘアセット時やドライヤー前だけでなく、日中パサつきが気になるときなど…シーンを選ばすに使用できます。

ヘアオイル

商品名
ディーセス エルジューダ サントリートメント セラム

容量
120mL

価格
通常価格:2,800円

特徴
髪の毛を熱から守り、水分の蒸発を抑えて白髪・髪の毛の乾燥を予防してくれます。

「SPF25 PA+++」なので、熱だけでなく紫外線ダメージも軽減してくれる優秀なヘアオイルです。

髪のベタつきを抑えてオイルを髪全体に均一に広げてくれるので、つけすぎてギトギトになりにくい。

白髪はもちろん、髪の毛のハリやコシ、ボリュームがなくなってきた…という年齢トラブルにお悩みの方でも使いやすいヘアオイルです。

スキンケアと同じように、年齢に合わせた頭皮・髪の毛のケアを。
スキンケアと同じように、年齢に合わせた頭皮・髪の毛のケアを。

ここまで、白髪とともに現れたうねり“原因”“対処方法”についてお伝えしてきましたが、ヘアケアの参考になりましたでしょうか?

少し、内容をおさらいいたします。

白髪・髪の毛は、

  • 毛穴の変形
    ・加齢による頭皮のたるみ
    ・血行不良による頭皮の硬化

  • 毛髪密度の偏り
    ・髪のダメージ・傷み
    ・栄養不足

などの原因により、うねり出します。

したがって、白髪や髪の毛のうねりを少しでも緩和させたい場合は、これらの原因に沿ったケアを行わなければなりません。

ご自身の白髪・髪のうねりがどの原因によるものなのかをよく考慮して、必要なケアを取り入れてみてください。

ただ、どれも行動に移すことで体に悪い影響を及ぼすようなケアではないので、無理のない範囲ですべて生活に取り入れると、白髪や髪の毛のうねりにより効果的かと思います。

ぜひこの記事を参考にして、年齢トラブルを抱えた白髪や頭皮を労ってあげてください