目次

  1. 白髪を抜くとハゲになるって本当なの?
  2. 【結論】白髪を抜いてもハゲたり薄毛になったりしません
  3. ただし、白髪をたくさん抜くとハゲる可能性は0ではない
  4. 白髪を抜くことがやめられない人は実は病気かも!?
  5. 【番外編】白髪に関する「神話」と事実
  6. 白髪を抜く行為、ハゲないけど止めましょう
白髪を抜くとハゲる・・?
白髪を抜くとハゲる・・?

白髪は、だれでも歳を取るにつれてしだいに増えていく性質のものです。

自分が歳を取った証拠のようで、

いっそ抜いてしまいたいと思っている方も少なくないでしょう。

ですが、世間には「白髪を抜くとハゲる」という噂も存在しています。

この噂、はたして本当なのでしょうか?

今回の記事では、この件についてヘアラボ編集部で徹底調査してみました。

ぜひ、その目で事実を確認してくださいね。

初めに結論を書いてしまうと、

「白髪を抜くこと」と「ハゲや薄毛」には直接的な因果関係はありません!

つまり、

「白髪を抜くとハゲや薄毛になる」

という話は、科学的根拠が存在しない一種の迷信に過ぎないわけです。

実際には、たとえ白髪を抜いたとしてもその毛穴から同じように白髪が生えて来るだけで、髪の毛が一気に減ってしまうことはありません。

もちろん、一度に大量の白髪を抜いたら、その時は髪の量が減るでしょうが、しばらくしたらまた同じ状態に戻るだけであるはずなのです。

「なぜそんな噂が広まった?」

それでは、なぜそんな奇妙な噂が広まってしまったのでしょうか?

それは、黒髪の中に目立つ白髪を抜くと「髪を失った」という実感が強くわくからかもしれません。

黒髪を1本や2本抜いたとしても、周りにたくさんの黒髪があるわけですから、正直そこまで「髪を失った」という実感はわきません。

ただし、黒髪の中にあってはるかに目立つ白髪を抜いた場合はどうでしょうか。
つい先ほどまで"確かにそこにあった"1本の白い髪の毛がなくなることで、「髪を失った」という実感がより強くわくことが想像できますよね。

しかも、髪の毛が伸びるスピードは1ヶ月に1cm程度ですから、抜けた白髪がもう一度気づく程度に生えてくるまでには、実は相当の時間がかかります。

「なかなか生えてこないな...」
「もしかすると二度と生えてこないのかも...」

といった焦りの想いが「白髪を抜くとハゲてしまう」という根拠のない噂を信じる理由にもなってしまうのかもしれませんね。

白髪を見つけたら抜いてしまってもかまわない?
白髪を見つけたら抜いてしまってもかまわない?

それなら、白髪を見つけたら抜いてしまってもかまわないのでしょうか?

いいえ、そういうことにはなりません。

たしかに白髪を抜いたら即座に薄毛になるという事実はありませんが、その行為が間接的にハゲや薄毛に繋がっていく可能性はあるのです。

どういうことでしょうか?

これについては、髪の毛の構造から説明する必要があるでしょう。

髪の毛は、皮膚の外側にまで出ている部分であり、植物で言えば幹にあたる「毛幹」と、皮膚の内側にもぐっている部分であり、植物で言えば根っこにあたる「毛根」から成り立っています。

通常、わたしたちが髪の毛と呼んでいるのは毛幹のことでしょうが、皮膚の下深くに毛根が存在してくれているからこそ、髪の毛は正常に生えたり抜けたりを繰り返すのです。

そして、少し考えてみればわかるように、髪の毛を抜くということは、毛幹部分を掴み、この毛根部分に力を加えて引っこ抜くということです。

そういう無茶なことをすると、当然、毛根にはダメージが残る可能性があります。

その結果、どうなるか?

それは想像がむずかしくありませんよね。

そう、傷を負った毛根から次の毛が生えて来なくなるかもしれないのです。

したがって、白髪であれ黒髪であれ、頭髪を抜く行為が何らかの形でハゲの原因になることを完全に否定することはできません。

一本二本ならともかく、たくさんの白髪を一度に抜いてしまうと、そのダメージが毛根やそのまわりの頭皮にたまり、結果として薄毛に繋がる。そんな結末は十分にありえることなのです。

もし、この記事を読まれている方のなかに白髪を見ると抜く癖がある方がいらっしゃいましたら、やめておいた方がいいと忠告させてもらいますね。

もし、自分がすでにハゲてきているのかも…とお考えであれば、客観的に見てどの程度薄毛なのかを知ることが大切。

そんな方はまず『ヘアラボカルテ』でいまの薄毛レベルや対策方法をお調べすることをおすすめします。
たった90秒で簡単に薄毛の進行度合いや対策方法を調べることができますので、ぜひこちらを試してみてください!

「抜毛症」という病気

白髪を抜くことがやめられないのは病気のせい・・?
白髪を抜くことがやめられないのは病気のせい・・?

しかし、実は髪の毛を抜く行為は自分の意志でコントロールできる行為ではなく、「病気」である可能性があります。

抜毛症(トリコチロマニア)という病名を聞いたことがあるでしょうか?

これは、無意識に自分で毛を抜いてしまうという病です。

抜毛癖とも呼ばれ、また、主として頭髪を抜くことが多いことから禿頭病とも呼ばれています。

抜毛症の原因は?

それでは、この奇妙な病気の原因は何なのでしょうか?

実はそのことに関して、科学的見地からの決定的な定説はありません。つまり、真相はまだよくわかっていないのです。

一説によると、強い不安やストレスがこの病気に大きく関与しているということです。

この病気になる人は20代までの若者であることが多く、髪の毛を抜くことで何らかの心理的負担を一時的に解消しているということもありえます。

ただし、抜毛症はいわゆる自傷行為ではありません。

抜毛症の人は自分を傷つけるためや、自分の苦しさをアピールするために髪の毛を抜くのではないのです。

また、手洗いがやめられないといった強迫神経症と似ているようにも感じられますが、強迫神経症のようなあきらかな強迫観念は存在しないようです。

抜毛症の対策方法は?

それでは、どうすれば抜毛症を治すことができるのでしょうか?

認知行動療法や薬物療法などが有効とされていますが、何より大切なのは、まわりの人間が感情的に対処することなく、優しく接することでしょう。

もし自分が抜毛症ではないかと思われるなら、精神科や心療内科の受診をお奨めします。

「白髪を抜くと髪が増える」も迷信

一方で、「白髪を抜くと髪が増える」ということもまことしやかに語られていますが、これもまたただの迷信です。

どんなに懸命に白髪を抜いたところで、髪の毛が増えるということはありえません。

今、薄毛で悩んでいて、髪の毛を増やしたいと思われる方には他の方法を推薦させていただきます。

決してむきになって白髪を抜き続けたりしないでくださいね。

「白髪を抜くと白髪が増える」こともない

また、白髪を抜くと髪全体における白髪の本数が増えるという話もあります。

ですが、これもやはり迷信であって、事実ではありません。

実は、髪は生まれたときには白い状態にあります。

それを、髪の中のメラノサイト幹細胞がメラニン色素を作り出し、黒(あるいは金色や茶色や赤など)に染色しているのです。

加齢とともに白髪が生じて来る原因は、このメラノサイト歳を取るにつれて機能低下し、あるいは消失してしまうところにあります。

ただし、メラノサイトは個々の細胞に存在するものですから、白髪を抜いたらその影響がまわりの毛に届いて毛が白くなってしまう、というようなことはありえません。

もっとも、抜毛によって毛根の状態が侵され、新たに生まれて来る毛がカーブした目立つ形のものになることはありえるので、その結果、白髪が増えたように錯覚することはあるでしょう。

ですが、あくまで錯覚は錯覚、実際には白髪は増えてはいません。

つまり、白髪を引き抜く行為によって「その白髪が1本抜ける」こと以外の何かが起きることはありえません。

白髪を抜くのは止めましょう
白髪を抜くのは止めましょう

そういうわけですので、白髪を抜くことに対するヘアラボ編集部の結論はシンプルです。

白髪を抜いたところで髪は増えることも減ることもなく、また髪の色が変わることもありません。

ただ、髪を抜いた結果、毛根が傷つき間接的に髪の毛が減っていく可能性はあるので、白髪であれ黒髪であれ、髪の毛を抜くことはやめておきましょう。

以上。

白髪に関しては実に色々な噂や迷信や神話が存在しているわけですが、それらは科学的根拠がある事実ではありません。

ただ、髪の毛を無理やり引き抜いたりする行為が、髪や頭皮を傷つける可能性が高いことは本当です。

大切なのは、白髪に関する迷信や神話に踊らされず、白髪も含めた髪をできる限り丁寧に扱うことでしょう。

もし白髪を抜く癖がある方がいらっしゃいましたら、ぜひ、これを機会にやめましょう。

髪の毛も頭皮もとてもデリケートなもの、とにかく傷つけないよう慎重に扱うことがベストであることは間違いないですからね。