目次

  1. ノンシリコン・ボタニカル・オーガニックって何!?
  2. 『N・B・O』についてシャンプー開発担当者に聞いてみた
  3. 結局、どんなシャンプーを選べばいいの…
  4. シャンプー難民から脱却!ついにマイシャンプーに出会う
  5. レヴール ゼロはトリートメントもすごい!?
  6. レヴール ゼロ シリーズを使用した結果…

こんにちは!

ヘアラボを運営しているアラン・プロダクツという会社で広報担当をしている植村と申します。

突然ですがみなさん、シャンプーはどんなものを使っていますか??

「ボトルデザインがおしゃれなもの」「髪に良さそうな成分が入っているもの」など、さまざまな観点でシャンプーを選んでいるかと思います。

かくいう私はシャンプー難民でして……毎回使うシャンプーはバラバラ。
その時の流行りのシャンプーに踊らされがちで、結局何を使ったらいいかわからなくて悩んでしまってるんです。

特に!私が弱いシャンプーの謳い文句は……

最近流行りのシャンプーは、ノンシリコン(N)・ボタニカル(B)・オーガニック(O)どれかは必ず特徴として押さえている気がしませんか?

なんとなく髪に良さそうなのはわかるけど、ノンシリコン・ボタニカル・オーガニックのシャンプーって、結局どんなシャンプーなの!?

今回はそんな疑問を解決するべく、女性用シャンプーの開発担当者の方にお話を伺ってきました!

2018年5月某日。私が訪れたのは、株式会社ジャパンゲートウェイ様(以下、ジャパンゲートウェイ様)です。

ジャパンゲートウェイ様は、女性向けシャンプー/トリートメントを複数展開。

なかでも、「はじめよう髪と私と地球にいいこと」をキャッチフレーズとした「レヴール ゼロ」シリーズは多くの女性の支持を集めているとのこと。

いらっしゃいませ!篠田(しのだ)と申します。 本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします。

今日は気になるシャンプーの疑問について、教えてください!

はい、シャンプーのことならお任せください。なんでも聞いてくださいね!

(え、笑顔が素敵すぎる……)

■担当者:篠田 亜矢子(しのだ あやこ)さん
2015年に株式会社ジャパンゲートウェイに入社。
レヴールやメルサボンなどの商品開発、マーケティング、コミュニケーションプランニング等実施。1児の母。

ノンシリコン(N)シャンプーってどんなシャンプー?

それでは早速、質問させてください。

近頃、ノンシリコン、ボタニカル、オーガニックという特徴をもつシャンプーが多いと思うのですが…。

これらのシャンプーって、結局どんなシャンプーなのかを教えていただけますか?

はい。お答えしますね。

まずはノンシリコンシャンプーからお話しましょうか。

ちなみに植村さん、そもそもシャンプーの"シリコン"ってなんだと思いますか?

シリコン、うーん……

胸に入れたりするやつですか?!

……。

残念ながら、それとは違いますね。

シャンプーに入っているシリコンとは、簡単にいうと髪をコーティングする人工物です。

髪をコーティングする、ということは、髪をサラサラにしたりする効果があるってことですか?

そうです!髪の手触り・指通りを良くして、サラサラにするのもシリコンの役割の1つです。

他にも、シリコンに以下のような役割があるんですよ。

  • 髪の摩擦を防ぐ
  • 髪の手触りを良くする
  • 熱や紫外線から髪を守る
  • ツヤがでて指通りが良くなる

そして、ノンシリコンシャンプーとは、このシリコンが入っていないシャンプーを指すんです。

え、ちょっと待ってください…

今聞いたお話だと、シリコンって髪にいいものですよね?なのに、なぜそのシリコンを入れない"ノンシリコン"シャンプーがあるのでしょうか?

かえって、髪によくないイメージがあるのですが…。

ノンシリコンシャンプーは、名前の通りシリコンが入っていませんから、髪の指通りが悪かったり、熱のダメージを受けやすいといったデメリットがあるのは事実です。

しかし、年齢を重ねた女性の髪の悩みに、とっても嬉しいポイントがあるんです。

ところで植村さん、最近髪に関する悩みはありませんか??

悩みですか…、最近だと髪の毛のセットに時間がかかるようになった気はしますね。

全体的に髪がぺったりしてしまうので、仕事前とかはちょっと早く起きてセットしないと……

そう、それです!
30代は「お肌の曲がり角」なんて言われますが、実は髪の毛も一緒で、年を重ねると髪の毛がぺったりとしてきてしまって、セットがうまくいかないと嘆く人は少なくないんですね。

そこで活躍するのが、ノンシリコンシャンプーなんです。

ノンシリコンシャンプーには、髪のボリューム感をアップさせる効果があるので、ボリュームがでずにセットの難しさを感じている人にとっては持ってこいなんです。

私にぴったりのシャンプーじゃないですか! 毎日のセットが楽になるなら、ノンシリコンシャンプーを選ばない手はないですね!

ただし!シリコンが入っていないことから、髪の指通りがどうしても満足できない方もいらっしゃると思います。

なので、ノンシリコンシャンプーを使用される際は、トリートメントも合わせて使用するのがおすすめですね。

とはいっても、近頃ではノンシリコンシャンプーであっても手触り・指通りの良さを実現するためにシリコンの代わりになる成分を配合しているシャンプーがあるので、調べてみてくださいね!

ちなみに、他にもノンシリコンシャンプーのメリットはありますか?

稀に、シリコンに対するアレルギーを持ってる方がいらっしゃいます。
そのような方は、シリコン入りのシャンプーを使用すると、かゆみやかぶれといった症状がでてしまうことがあるんですね。

ノンシリコンシャンプーであれば、シリコンによるアレルギーの症状は回避できるので、安心してシャンプーをすることはできます。

また、シリコン入りのシャンプーを使用した場合、シリコンが髪をコーティングするので、カラー剤やパーマ液が浸透しにくいというデメリットがあります。

その点、ノンシリコンシャンプーの場合はカラー剤やパーマ液が浸透しやすいので、カラーがしやすい・パーマがかかりやすいのもメリットと言えますね。

ボタニカル(B)シャンプーってどんなシャンプー?

続いて、ボタニカルシャンプーについて教えて下さい。

はい。

ボタニカルシャンプーの「ボタニカル(botanical)」を直訳すると、「植物の〜」「植物由来の〜」という意味なんです。

つまり……

植物由来の成分を使ったシャンプー、ということですか?

そういうことです!

ただ、明確にボタニカルシャンプーの定義付けはされていないんです。

「植物由来成分が○○種類入ってないといけない」
「全成分のうち、植物由来の成分が○○%以上じゃなきゃいけない」

といった決まりがないんですよ。

つまり、植物由来の成分が1種類だけ、それも少し入ってるだけでボタニカルシャンプーと言えるというわけです。

えええええ!
植物由来の成分がちょっとでも入ってればボタニカルシャンプーって言えるのであれば、騙されちゃう人とかいませんか?

言ってしまえば、そうですね。

でもボタニカルを謳うシャンプーが増えている中で、シャンプーメーカー間の競争が激しいことから、そのような商品を発売するメリットはないと言えます。

むしろどれだけの量/種類の植物性成分が配合されているかを打ち出し、ボタニカルシャンプーの中で差別化を図っていかないことには、消費者に手にとっていただくことは難しいのです。

それだけ、シャンプー市場の中でも『ボタニカル』は流行りのキーワードなんですよ。

なるほど……安心しました!

では、このボタニカルシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?

ボタニカルシャンプーと一口にいっても、どのような効果があるかという点について説明するのは難しいんです。

なぜなら先ほど説明したように、ボタニカルシャンプーだからといって、必ずしも植物由来の成分だけで構成されているわけではないからです。

植物由来の成分そのものは、『肌に対する刺激が少なく、洗浄力がマイルド』であり、『敏感肌の人におすすめ』だといえます。
しかし、それ以外に刺激性・洗浄力が強い成分が配合されていれば、ボタニカルシャンプーでも刺激が強いものになります。

なので、ボタニカルシャンプーだからこそ謳える効果、というものはないんですね。

そうなると、ボタニカルシャンプーと謳っているものでも、どんな成分が配合されているのかを見た方がいい、ということでしょうか?

おっしゃる通りです。

植物由来の成分が、肌に優しいのは確かです。
なので、「本当に肌に優しいものを使いたい!」という方は、植物由来以外の成分にも着目することが大切ですよ。

なるほど、すごく勉強になりました!

それはよかったです!

ボタニカルシャンプーの定義が曖昧であることを説明すると、胡散(うさん)臭いなという印象を持たれてしまいそうですが、発売されているボタニカルシャンプーの多くは、髪の毛・頭皮をいたわった良い商品です。

なので、植物由来の成分が使われているかどうかだけでなく、配合されている他の成分を見て、わからなければ調べてみたり、あとはシャンプーにかけられる費用なども加味しながらシャンプーを選べるといいですね!

こうしてシャンプーについて知ると、シャンプー選びが楽しみになってきますね!

オーガニック(O)シャンプーってどんなシャンプー?

最後に、オーガニックシャンプーについて教えていただけますでしょうか?

はい。実は、オーガニックシャンプーは、ボタニカルシャンプーのうちの1つと言えます。

それはどういうことでしょうか…?

オーガニックという言葉そのものは、化学肥料や農薬を使用しないで栽培した植物、つまり有機栽培の植物という意味なんです。

ボタニカルの意味を思い出してみてください。なんとなく、共通している点が見えてきませんか??

……あ!

もしかして、オーガニックシャンプーは、『有機栽培の植物由来の成分を使用したシャンプー』ということですか?

さすが植村さん、正解です!!

オーガニックシャンプーとボタニカルシャンプーの違いを、簡単に見てみましょうか。

  • オーガニックシャンプー
    有機栽培の植物由来の成分を使用したシャンプー
  • ボタニカルシャンプー
    植物由来の成分を使用したシャンプー

植物由来の成分を使用している、という点においてはどちらも同じなのですが、有機栽培の植物なのかどうか、という点で異なるんですね。

つまり、オーガニックシャンプーはボタニカルシャンプーである。ただし、ボタニカルシャンプーはオーガニックシャンプーとは限らない、ということなんです。

なるほど…!
ちなみに、オーガニックシャンプーもボタニカルシャンプーと同じように定義が曖昧なのでしょうか?

そうなんです。
オーガニックシャンプーも、

「有機栽培の植物由来成分が○○種類入ってないといけない」
「全成分のうち、有機栽培の植物由来の成分が○○%以上じゃなきゃいけない」

といった明確な定義付けがされていません。

なので、有機栽培の植物由来成分が1種類だけ、それも少しだけ入っていればオーガニックシャンプーと謳うことができるというわけです。

そうなると、オーガニックシャンプーだからといって必ずしも頭皮に優しいとはいえないってことですよね。

そうですね。

オーガニックシャンプーといっても、有機栽培の植物由来成分以外にも成分は配合されていますから、人によっては刺激に感じる成分が入っている可能性は捨て切れません。

なので、

敏感肌で、自分の肌に合うシャンプーを探している

という方は、有機栽培の植物由来成分以外に配合されている成分がどのようなものなのか調べた方がいいでしょう。

ただ、オーガニックを謳うシャンプーの多くは髪や頭皮を考えて作られたものですから、安心して使用いただけるものがほとんどといっても過言ではないと思います。

なるほど、わかりました!

そうなると、オーガニックシャンプーに配合されている有機栽培の植物由来成分そのものは肌に優しいけれども、他にも色々な成分が入っているので、「オーガニックシャンプーにこんな効果がある!」とは言えない、ということですね?!

そういうことです。もう私の説明は不要そうですね。(笑)

(にんまり…)

ノンシリコン・ボタニカル・オーガニックシャンプーがどんなものかがわかりました。

今日いただいた話を参考に、シャンプーを選んでみようと思います。脱、シャンプー難民!

本日はありがとうございました!

お話を伺い、株式会社ジャパンゲートウェイ様を後にした植村。

シャンプーに関する疑問が晴れたからか、どこか顔がすっきりした様子。

ーーなんだか、今日の空はいつもより綺麗な気がする

しかし、それも束の間。

数日後、想定していなかった事態に見舞われるのであった。

……だめだめだめだめ!!ぜんぜんわからない!!!!

ボリューム感をアップしたいからノンシリコンシャンプーがいい、けどせっかくなら配合されている成分にも気を使ってみたい、でもシャンプーに1,000円以上かけたくない……。

いろんな欲がでてきちゃって結局どれを選べばいいのかわからなくなっちゃった…どうしよう…。

……。

…………。

みんなはどんなシャンプーを使ってるんだろう…おすすめのシャンプーでも聞いてみようかな。

帰りに、ドラッグストアでも覗いてみるか〜。

……ん?

篠田さんからだ!なんだろう…?

〜後日〜

先日はTwitterでリプライをいただき、ありがとうございます!

早速ですが、おすすめのシャンプーって……?

こちらの、「レヴール ゼロ」シャンプーです!

……パッケージがおしゃれ、かわいい!

ちなみに、この「レヴール ゼロ」シャンプーにはどんな特徴があるんですか?

弊社が今までこだわってきたノンシリコン処方であることはもちろん、価格は900円(税抜き)とお財布にも優しいシャンプーになっています。

「毎日のケアにはこだわりたい!でもシャンプーに1,000円以上かけたくない」

そんな方のために、シャンプーの質と値段の両取りを実現したシャンプーなんですよ。

どんなシャンプーなのか、詳しく教えてもらえますか?!

はい、ご紹介しますね。

レヴール ゼロ シャンプーってどんなシャンプー?

「美容室においてあるシャンプーは高くて買えないけど、成分にこだわったものを使いたい…」

そんな女性におすすめのシャンプーが、『レヴール ゼロ シャンプー』です。

◎レヴール ゼロ シャンプーの特徴は以下の3つ

  • ストレス成分を使わない
  • 髪・肌質にあわせた3種類から選べる
  • 1,000円以下のプチプラ

この春に2回目のリニューアルを行い、「ストレス成分フリー」をコンセプトに掲げ、商品名にゼロをつけ、肌への刺激となる成分を極力カットしています。

パッケージも以前のカラフルなものから、ナチュラルで馴染みやすいシンプルなボトルデザインへと生まれ変わりました!

種類は、髪や肌質に合わせて選べる3種類を用意。
ダメージヘアが気になる人向けの「リペア」、髪の乾燥が気になる人向けの「モイスト」、頭皮の状態が気になる人向けの「スカルプ」です。

ここまで本格的に成分にこだわっているのに、レヴール ゼロの価格は900円 (詰め替え用は680円)、とお財布にやさしいのも嬉しいポイント。

さらに、「美しい髪は、健康な頭皮から生まれる」というコンセプトをもとに、以下の2つの魅力を盛り込みました。

  • 石油系洗浄成分0%
    →洗浄力が強い石油系洗浄成分は0%。頭皮に優しく使える「アミノ酸系洗浄成分」を中心に配合
  • ノンシリコンシャンプー
    軽やかでボリューム感のある仕上がりへ

1,000円以下の価格で、コストパフォーマンスも申し分なしのシャンプーです。

「レヴール ゼロ シャンプー」って、私のために開発されたシャンプーですか!?

そうですね、まさに植村様のような方に使用いただきたいという想いから開発した商品です。

また、「レヴール ゼロ」シリーズにはトリートメントも用意してるんです。このトリートメントもシャンプーと変わらず、900円(税抜)と価格帯を下げてご提供しています。

トリートメントもご紹介するので、ぜひ検討してみてくださいね。

3種類のタイプのあるレヴール ゼロシャンプー。 以下の記事を読めば、あなたに合ったタイプを選ぶことができますよ!ぜひ御覧くださいね。

『レヴール ゼロ トリートメント』は、シャンプーと同様、「ストレス成分を使わない」「髪・肌質に合わせた3種類から選べる」「1,000円以下のプチプラ」という特徴を持つことに加え、以下の2つの魅力が盛り込まれています。

  • 肌にやさしく使える「ノンカチオン」
  • 髪がまとまる「SI-amino(※)」配合

肌にやさしく使える「ノンカチオン」

レヴール ゼロトリートメント最大の特徴がノンカチオン

ノンカチオンとは、カチオン界面活性剤(以下カチオン)を配合していないことを指します。

あまり聞きなれないカチオン界面活性剤とは、柔軟剤などに使われる成分で、多くのトリートメントにも配合されています。

静電気防止作用や、毛髪をやわらげたり髪のすべりを良くしたりするメリットがある一方で、肌への刺激が強いと言われており、頭皮に残るとかゆみやフケの原因となったり、背中に残ってしまうと背中ニキビの原因ともなるのです。

そこで、今回ストレス成分となりうるカチオンを取り除くことで、髪や肌にやさしいトリートメントが開発されることになりました。

髪がまとまる「SI-amino(※)」配合

ノンカチオンでありながら、髪のまとまり、なめらかさを実現したヒミツは、レヴール独自の成分「SI-amino(※)」。

こちらも聞き慣れない成分ですが、このSI-amino(※)がキューティクル(髪の表面)に付着することで、パサついた髪にうるおいを与え、髪をつるんと仕上げます

このようにレヴール ゼロは、カチオンに代わる「SI-amino(※)」の開発、配合に成功したため、頭皮への刺激となりうるカチオンを使用しないトリートメントを作ることができた、というわけです。

※SI-amino(エスアイアミノ)とは、「ジメチコン(シリコンの一種)」と「アルキル(c12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI」という低刺激なリンス剤を組み合わせた成分です。 また、頭皮に塗ることのできるレヴール ゼロ「スカルプ」のトリートメントにSI-aminoは使用していません。

レヴール ゼロトリートメントは、肌質や目的に合わせて3種類の中から選ぶことができます。

以下の記事を読んで、あなたに合ったタイプを選んでみてくださいね!

シャンプーもトリートメントも髪・頭皮のことを考えて作られていて、それでもってどちらを揃えても2,000円を切るだなんて……まずは試しに使ってみようと思います!

そう言っていただけると嬉しいです!

ぜひ、感想をお聞かせくださいね。

私は『レヴール ゼロ モイスト』のシャンプー&トリートメントを選びました!

※あくまでも個人の感想であり、効能効果を保証するものではありません

髪がぺたっとしてしまうので、毎朝セットに時間がかかるのが悩みでしたが、『レヴール ゼロ モイスト』のシャンプー&トリートメントを使用したところ、髪がツヤ感がでるだけでなく、ボリューム感がアップ

さすが、ノンシリコンシャンプー!
ボリューム感のおかげで、セットのために早起きする必要がなくなりました!

加えて嬉しかったのが、まるでハーブティーのような、優しい植物の香り。バスルームがいつも以上にリラックスできる空間になりました。

なんとこの香りが、次の日の朝もふんわりと残ってるんですよね。

リラックスした状態で朝を迎えることができるので、「今日も仕事がんばるぞ!」という気持ちになります。(笑)

シャンプー・トリートメントを合わせても2,000円を切る価格なので、使い続けたいと思います!

みなさんもぜひ、試してみてくださいね!