目次

  1. 増毛してもバレない、自然な人工毛があるって本当?
  2. アデランス「バイタルヘア」とは?
  3. 【実験】アデランス「バイタルヘア」の真実を徹底検証
  4. バイタルヘアで理想のヘアスタイルを楽しもう!

増毛を試したいけど、
「人工毛は不自然でバレそう…」
「自分の髪と同じように扱えるのか不安…」
という方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、アデランス「バイタルヘア」

見た目が自然なだけでなく、自分の髪と同じように扱える人工毛として、高い評価を得ています。

とはいえ、言葉だけでは実際にどんなものなのか、不安な気持ちは拭えませんよね。

そこで今回は、アデランスのバイタルヘアを洗う・乾かすといった実験を通して、どれほど自然なのか徹底検証していきます。

「バイタルヘア」(特許番号:5127443)とは、アデランスが誇る最新の人工毛です。

世界22か国で特許を取得しており、増毛における最大の課題「見た目の自然さ」を追求した人工毛で、人毛とほぼ同じと言ってもいい仕上がりが期待できますよ。

バイタルヘアの特徴をまとめると、以下の表の通りです。

  • 見た目
    自然なツヤ
  • 触り心地
    人毛のような柔らかな触り心地

  • 数多く用意された色から、自分に合ったものを選べる
  • 太さ・硬さ
    数種類の中から選べる
  • スタイリング
    パーマ・スタイリング剤によるアレンジが可能

今回は、アデランス商品企画開発部長、千藤伸一(せんどうしんいち)さんご協力のもと、「バイタルヘアは本当に自然な人工毛なのか」を実験しました。

(左)千藤伸一さん (右)ヘアラボ編集部員
(左)千藤伸一さん (右)ヘアラボ編集部員

それではいよいよ、「バイタルヘア」の実験を始めましょう。

まずは以下の2点を確認します。

  • ①色・硬さ・太さ
  • ②見た目・手触り

その後、気になる「バイタルヘア」の真実を、実験で徹底検証していきますよ。

  • ③濡らしても自然なの?
  • ④乾かしてもスタイルは残る?
  • ⑤ヘアアレンジはできる?

「バイタルヘア」は本当に人毛と変わらないほど自然なのか…見ていきましょう!

①色・硬さ・太さ

ヘアラボスタッフ

まずは色を見ていきたいのですが、すごい数ですね。何種類ほどあるのでしょう?

jobbit男性

57色です。
また、複数の人工毛を絵の具のようにブレンドし、微妙な色の違いを表現することもあります。

微妙に違った色を混ぜて、より自然な色にします。

ヘアラボスタッフ

色だけでなく、硬さや太さも人によって異なると思いますが、その点はどのように対応されているのでしょうか?

jobbit男性

バイタルヘアでは、硬さや太さも数種類の用意があるので、その中からお客様に合ったものを提供します。

ヘアラボスタッフ

なるほど、つまり自分に合った色・硬さ・太さを選択できるということですね。

②見た目・触り心地

(左)一般的な人工毛 (右)バイタルヘア
(左)一般的な人工毛 (右)バイタルヘア
ヘアラボスタッフ

一般的な人工毛は、若干ツヤが気になるのと、触るとツルツルとした感触が気になりますね。

一方でバイタルヘアについては、見た目・触り心地ともに、人毛との違いがほぼ分かりません。

人毛に近い見た目・触り心地を、どのように再現しているのでしょう?

jobbit男性

バイタルヘアでは、特殊な製法によって髪の表面にあるキューティクルという凹凸を再現しているため、自然な見た目・サラサラとした手触りになります。

一方、一般的な人工毛は表面がツルツルしているため、不自然にツヤが出たり、キュッキュと指通りの悪い手触りになります。

③濡れても自然なの?

これ以降は、バイタルヘアを用いた実験となります。

1つ目の実験は、「バイタルヘアは濡れても自然なのか」です。

一般的な人工毛とバイタルヘアを濡らし、その違いを見ていきましょう。

はじめに、一般的な人工毛をお湯に入れていきます。

濡らした部分のカールがほどけ、伸び切っていますね。

続いて、バイタルヘアの場合はどうなのでしょう?

(左)一般的な人工毛 (右)バイタルヘア
(左)一般的な人工毛 (右)バイタルヘア
ヘアラボスタッフ

一般的な人工毛はまっすぐになったのに対して、バイタルヘアはカールがほどけず、水の重みで少し伸びている程度ですね。

バイタルヘアの変化は人毛に近いものだと思いますが、なぜこのような違いが生じるのでしょうか?

jobbit男性

これは、バイタルヘアの特徴である「形状記憶性」によるものです。

バイタルヘアは高い熱を加えるとカールなどのアレンジができ、さらにその形状を記憶します。

そのため、濡れてもその形に戻ろうとするのですね。

ヘアラボスタッフ

つまり、日々の生活で濡れる機会があっても、増毛部だけ不自然に伸びきったり、髪型が崩れたりはしないということですね。

④乾かしてもカールは残る?

バイタルヘアは濡れても不自然にならないことが分かりましたが、ドライヤーを当てたらどうなるのでしょうか?

(左)一般的な人工毛 (右)バイタルヘア
(左)一般的な人工毛 (右)バイタルヘア
ヘアラボスタッフ

人工毛は完全にカールが取れ、真っすぐな状態で乾いたのに対し、バイタルヘアはカールを残した状態で乾きましたね。

これが形状記憶の力…!

jobbit男性

先ほど説明した通り、バイタルヘアは熱によって形状を記憶しています。

180度ほどの強い熱が加わらない限り、元の形状へと戻る力が働くんですね。

また、ヘアアイロンは180℃以上の熱を髪に伝えることができるので、スタイルアレンジもできるんですよ。

ヘアラボスタッフ

そうなんですね。

それでは、続いてスタイルアレンジに挑戦してみましょう!

⑤スタイルアレンジにも挑戦!

今回のスタイルアレンジでは、ヘアアイロンによってカールをストレートにしていきます。

工程は以下の通りです。

  • ヘアアイロンでバイタルヘアを伸ばす
  • 濡らす
  • 乾かして状態を確認

すると…

……

見事に真っすぐになっていますね!

ヘアラボスタッフ

今回はアイロンで真っすぐにしましたが、逆にカールさせることもできるのでしょうか?

jobbit男性

もちろんできますよ。
ドライヤーの熱で少しウェーブさせる、なんてこともできます。

ヘアラボスタッフ

なるほど。
増毛というと、なかなかアレンジができないイメージがありますが、バイタルヘアであれば日々のスタイルアレンジも楽しめるのですね。

今回は、実験へのご協力ありがとうございました!

今回の実験をまとめると、アデランスの「バイタルヘア」は、

  • 自分に合った色・太さ・硬さが選べる
  • キューティクルを再現することよって、人毛に近い自然さへ
  • 高い形状記憶性によって、自毛と同じようにスタイルアレンジを楽しめる

ということですね。

実験を通して、増毛や人工毛への不安・疑問も少しは解けたのではないでしょうか?

自毛に限りなく近いアデランスの「バイタルヘア」、ヘアラボは自信を持っておすすめします