目次

  1. これからの時代は「ノンカチオン」
  2. 気になる「ノンカチオン」ってなに?
  3. どうして「ノンカチオン」は少ないの?
  4. 『レヴール ゼロ』おすすめのノンカチオン・トリートメント
  5. 『レヴール ゼロ』トリートメントを使ってみた
  6. トリートメントは「ノンカチオン」を選ぼう
トリートメント選びは「ノンカチオン」に注目!
トリートメント選びは「ノンカチオン」に注目!

皆さまは、トリートメントを選ばれるとき、何を基準にしていますか?

「値段」「香り」「ボトルデザイン」など、いろいろありますよね。

もしくは、単純にシャンプーと同じブランドというだけで選んでいませんか?

これからヘアケアのために注目してほしいのは「ノンカチオン」です。

この記事では、ノンカチオンの何が良いのか?
さらに、おすすめのノンカチオン・トリートメントも紹介していきます。

カチオン

「ノンカチオン」とは、「カチオン界面活性剤(以下カチオン)」が入っていないものを指します。

カチオンには静電気防止作用があるため、柔軟剤にもよく使用されています。

トリートメントにおいては、毛髪をやわらげたり、髪のすべりを良くしたりするメリットがあるのですが、中にはカチオンが肌に合わないという人も。

頭皮に残ることで、かゆみやフケ、炎症の原因となってしまう可能性があり、まれにアレルギー反応が出る人もいるんです。

カチオンは決して「悪者」という成分ではありませんが、極力、使わないことが望ましいと言えるかもしれません。

「カチオン」について有識者の見解

化粧品成分ガイド
岡部 美代治様の著書『化粧品成分ガイド第6版』

トリートメントに含まれる「カチオン」について、化粧品の成分に詳しい有識者の方に見解を伺いました。

見解を述べてくださったのは、ビューティサイエンティストの岡部 美代治(おかべ・みよじ)様。

岡部様のカチオンへの見解は次の通りです。

結論としては、「カチオンは安全性を十分に考慮して配合すべき成分である」と言えるでしょう。

カチオンには、毛髪をやわらげたり、髪のすべりを良くしたりする有効性があります。

しかし、肌への適合性には個人差があり、合わない場合にはアレルギーやフケ・かゆみなどの症状が出ることも考えられます。

よって、カチオンをトリートメントに配合する場合、使用方法、配合量や組み合わせる原料により、有効性と安全性のバランスをとることに注意が必要でしょう。

出典: 岡部 美代治様
「カチオン」ってどんな成分?

  • ・トリートメントや柔軟剤に使われる
  • ・毛髪をやわらげたり、髪のすべりを良くしたりする
  • ・肌に合わない人は、かゆみやフケ、炎症の原因となる可能性がある

疑問

どうしてノンカチオンのトリートメントは少ないのでしょうか?

その理由は、ノンカチオンを実現する技術が難しいこと、加えてノンカチオンにしてしまうと「髪がまとまらない」「なめらかさが足りない」「髪がきしむ」といった可能性が発生するためです。

ちなみにカチオンが配合されていても、トリートメント本体の成分表には「カチオン」とは書いてありません。

カチオンは種類の名称で、具体的な成分名としては、次ように表記されます。

◎主な「カチオン成分」

  • ジココジモニウムクロリド
  • ステアルトリモニウムクロリド
  • セトリモニウムクロリド
  • ベヘントリモニウムクロリド など

ですが、ご安心ください。
実は最近、ノンカチオンでありながら、髪のまとまりを実現したトリートメントが発売されたのです。

レヴール ゼロ トリートメント
ノンカチオンのトリートメント『『レヴールゼロ』

左から「リペア」「モイスト」「スカルプ」の3種類

ここから皆さま待望の、ノンカチオン・トリートメントを紹介します。

2018年5月15日に発売された『レヴール ゼロ』のトリートメントです。

レヴールゼロの魅力は次の3つ。

  • ノンカチオンの課題を「SI-amino(※)」でクリア
  • さらに髪・肌質にあわせて3種類から選べる
  • なのに、1,000円以下というプチプラ

※SI-amino(エスアイアミノ)とは、「ジメチコン(シリコンの一種)」と「アルキル(c12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI」という低刺激なリンス剤を組み合わせた成分です。 また、頭皮に塗ることのできるレヴール ゼロ「スカルプ」のトリートメントにSI-aminoは使用していません。

ノンカチオンの課題を「SI-amino(エスアイ・アミノ)」でクリア

レヴール ゼロトリートメントは、ノンカチオンでありながら髪がまとまる女性に嬉しいトリートメントを実現しました。

そのヒミツが「SI-amino(※)」と呼ばれるレヴール独自の成分。

SI-amino(※)は「ジメチコン(シリコンの一種)」と「アルキル(c12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI」という、低刺激なリンス剤を組み合わせています。

このSI-amino(※)がキューティクル(髪の表面)に付着することで、パサついた髪にうるおいを与え、髪をつるんと仕上げるのです。

髪・肌質にあわせて3種類から選べる

ノンカチオンだけでも嬉しいのに、レヴール ゼロトリートメントは髪・肌質に合わせた3種類から選ぶことができます。

3種類の違いを簡単にまとめると、次のようになります。

レヴール ゼロ「リペア」がおすすめな人

  • ダメージヘアが気になる人
  • 猫っ毛でボリューム感がほしい人
  • ハリ・コシのある髪に仕上げたい人

  • レヴール ゼロ「モイスト」がおすすめな人

  • 髪の広がりが気になり、まとまりがほしい人
  • 髪がパサつきやすい人
  • しっとりとした洗い上げが好みの人

  • レヴール ゼロ「スカルプ」がおすすめな人

  • 敏感肌の人
  • 頭皮環境が気になる人
  • さっぱりとした洗い上がりが好みの人

  • 自分にどのレヴール ゼロトリートメントが合うか分からない人は、いつも髪を切ってもらっている、美容師さんに相談してみるのも一手です。

    ヘアケアに詳しい知識をお持ちなので、アドバイスがもらえると思いますよ。

    1,000円以下というプチプラ

    さらに、レヴール ゼロは900円 (詰め替え用は680円)の価格も嬉しいポイント。

    ここまで本格的に成分にこだわっているのに、価格が1,000円以下と、お財布にやさしいトリートメントになっています。

    シャンプーも同価格なので、ぜひあわせて試してみてくださいね。

    ノンカチオンを実現させたレヴール ゼロですが、本当に自分に合うのだろうか?と不安な方もいますよね。

    購入してから後悔しないよう、使用した方の感想が知りたいところです。

    ただし、レヴール ゼロは、5月に発売されたばかりなので、まだ口コミが少ないアイテム。

    そこで、ヘアラボの40代の女性スタッフAさんに1週間レヴール ゼロシャンプーとトリートメントを使ってもらいました。

    ◎Aさんの髪プロフィール

  • 髪の傷みが気になっている
  • 毛量が多く、シャンプーは1回6プッシュする
  • 普段はシャンプー、トリートメント、コンディショナーの3ステップで髪を洗う

  • Aさん
    Aさん

    最初、レヴール ゼロトリートメントは、髪につけている最中や、洗い上がりは、指通りが物足らないと感じました。

    でも、ビックリしたのが、翌朝の髪のまとまりがいいんです! 髪のからみもなくなります!

    今まで使っていたのは、洗っている最中や洗い上がりは、指通りがいいのに、朝になったときに、髪のまとまりが悪くなるんです。

    レヴール ゼロは逆なので、もしかして、これがノンカチオンの力なのかな?って思いました。

    コンディショナーを使わなくても髪のまとまりがいいので、3ステップ(シャンプー、トリートメント、コンディショナー)が2ステップになって助かります。

    私と同じように、3ステップで髪を洗っている方は、レヴ―ルゼロ、オススメです。

    ノンカチオンについて理解できましたでしょうか?

    ノンカチオンは、アレルギーやフケ・かゆみなどのリスクを減らせるメリットがあり、今後の需要が増えると予想されます。

    「ノンシリコン」「ボタニカル」「オーガニック」などに続き、ヘアケア用品の主流になる可能性も大です。

    ぜひ、一度、ノンカチオン・トリートメントの使用感をお試しください。

    レヴ―ルゼロをさらに詳しく理解する