目次

  1. ワックスやジェルは髪のダメージ原因になるの?
  2. ワックスやジェルの気になる成分について
  3. ワックスやジェルを使う時に気をつけたいポイント
  4. ワックスやジェルで髪にダメージ残さない方法①シャンプーで落とす
  5. ワックスやジェルで髪にダメージ残さない方法②スカルプマッサージで落とす
  6. ワックスやジェルを落としたら…育毛剤でダメージケアをさらに万全に!
  7. ワックスやジェルはスタイリングの必需品だから…しっかり落とすよう心がけましょう!

現代の社会人や学生にとって、ワックスやジェル等の整髪料は生活に必要不可欠ですよね。 「整髪料を使うとハゲる」という噂をよく聞く方も多いと思いますが、真相はどうなのでしょうか。

結論からお伝えすると、ワックスやジェルが頭皮環境の悪化につながる可能性はあります。

なので今回は、ワックスの頭皮に悪影響を及ぼしうる成分や、ダメージを減らすための正しい使用法について検証していきます。

正しいワックス・ジェルの使い方を知る
正しいワックス・ジェルの使い方を知る

髪にダメージが残らないよう、正しいワックスやジェルの使い方と成分を知ることが大切!

まず第一に、ワックスやジェルのほとんどには『界面活性剤』という成分が含まれています。

この成分自体が、髪の毛にダメージを与えるという根拠はありませんが、そのような成分がずっと頭皮に残り続けたりした場合、頭皮環境に良くないことは明らかでしょう。

ワックスをつけたら、できる限りすぐに洗い流すという習慣が大切になってきますよ。

界面活性剤と頭皮の関係
界面活性剤と頭皮の関係

注意をしましょう

ワックス・ジェルに含まれる界面活性剤が髪に与えるダメージはわかりましたが、正しい使用方法であれば、髪に与えるダメージも少ないです。

気を付けたい、ポイントとは一体何なのでしょうか?

頭皮に直接つけないようにする

ワックス・ジェルが髪の頭皮に直接触れると、毛穴が整髪料で塞がれてしまいます。

毛穴に整髪料が詰まってしまうと、炎症などが起こったり、頭皮トラブルの原因になります。

その結果、髪にダメージを与えて薄毛のリスクが高くなってしまうというわけなのですね。

付けたまま長時間そのままにしない

最悪なのが、髪にワックスやジェルをつけたまま、寝落ちするパターンです。

眠いのはわかりますが、眠気をぐっとこらえ良く髪を洗わなければ、ハゲ予備軍となってしまいますよ。

長時間ついたまま放置すると、その分頭皮への負担が大きくなってしまうと考えてくださいね。

ワックス・ジェルがついたまま・・
ワックス・ジェルがついたまま・・

髪に整髪料がついたまま寝落ちするのは超危険!ダメージが蓄積されます。

その日のうちにシャンプーで十分洗い落とす

長時間ワックスやジェルがつき、ダメージが蓄積されないよう寝る前に、その日のうちにシャンプーで十分に整髪料を洗い落としましょう。

ただし、気をつけなければいけないのが、シャンプーの方法。

シャンプーをし過ぎると、必要な油分まで一緒に洗い流してしまい、頭皮は皮脂の過剰分泌を始め、頭皮が脂でベタベタな状態になっていまいます。

使用期限にも気を配る

覚えておきたいのが、ワックスやジェルの使用期限!

意外と気にしない方も多いかもしれませんが、整髪料にも期限があるんです。 未開封であれば約2~3年ほど持つとも言われていますが、直射日光や高温多湿だったりと保管方法が悪ければ、一気に期限が短くなります。

開封後は、保管にも気を付け、大体半年ほどで使いきることをおススメします。

意外と知らない使用期限…
意外と知らない使用期限…

期限が過ぎたワックスやジェルは、髪に与えるダメージも大きい。正しい用途を

髪にダメージを残さないため、その日のうちにワックスやジェルをシャンプーで十分に洗い流すことの重要性は上記のとおりです。

しかし、ただただ洗い流すのではなく、どんなシャンプーが良いのか? どうやって洗い流したら良いのか?

そこが気になるという方も多いはず…。 なので次は、 具体的な洗い方について追求します!

シャンプーの選び方

シャンプーひとつ取っても、成分は様々。

頭皮環境にとって、良いシャンプーを選びましょう。 市販のものだけでも相当な種類があり、探すのは大変です。

そんな中でも特にお勧めと言えるのは、「アミノ酸シャンプー」。 髪の毛の構成成分であるタンパク質を補うアミノ酸と同じ成分を使ったシャンプーです。

汚れをしっかり落とすシャンプー方法

なんと!髪にダメージを与えにくいシャンプー方法があるんです。

ハゲないシャンプーの仕方手軽に行えますので、今日からでもすぐに実践してください。

薄毛&ハゲ対策!あなたの毛を守る正しいシャンプー方法 | ヘアセット | GARGOYLLE CH #19

美容師が教えるシャンプー法です。 ワックスの落とし方から詳しく知ることができます。

髪にダメージを残さない方法として、頭皮マッサージ(スカルプマッサージ)もおすすめです。

両手を使った方法や、ツボを押すなど方法も様々。 家事の合間や、ちょっとした空き時間にやることをおススメします。

8本の指の腹で、優しく下から上に持ち上げる感じでマッサージしましょう。 ゆっくりと力を入れて気持ちがいい程度がベストで、強く押しすぎないようにしましょう。

ベネフィークのスカルプマッサージ | 資生堂

資生堂が公開している、エッセンスのつけ方から、頭皮の引き上げ方。

しっかりとワックスやジェルなどの整髪料を落とした後は、予防も大事です。

ダメージケアには、年齢に関係なく、ハゲ予防には育毛剤がおすすめ。

本気で薄毛対策をしたい!という方は、ぜひ検討してみてくださいね。

社会人、学生にとって必需品である整髪料ですが、使い方によって頭皮に与える悪影響を本日は学びました。

毎日使うものだからこそ、しっかりとダメージケアし、美髪のためには日々の積み重ねを大切にしましょう。 是非楽しみながら、健やかな生活と髪の毛を目指してください!