目次

  1. 若ハゲは就活に不利なの…?就活生の不安を解消!
  2. 【結論】若ハゲが就活でマイナスポイントになることは基本的にない!
  3. 若ハゲが就活にマイナス影響を与えると考えられる3つのパターン
  4. 就活する際の若はげ対策方法
  5. 若ハゲと向き合って就活に挑もう

就職活動で大事な第一印象。

「面接官は第一印象でほぼ採用・不採用を決めている」などと言われるように、見た目で結果が左右されることもないとは言い切れません。

もし、自分の頭が若ハゲだったら…。

ただでさえ深刻な悩みにもかかわらず、就活にまで影響が出るなんて、信じたくないですよね。

本記事では、「若ハゲは就活に不利か?」という疑問を検証します。

結論から言うと、若ハゲが就活に不利に働くことは基本的にはありません。

当然のことですが、髪の量を採用の基準にしている企業は皆無といっていいでしょう。

若ハゲはその人の能力や資質とは関係のない要素ですからね。

重要なのは態度や話し方、質問に対する回答など、内面的な魅力をいかに伝えるかです。

ただし、若ハゲであるというコンプレックスが悪く働くと、与える印象で不利になる可能性は考えられますよ。

続いて、若ハゲの人が就活の際に気をつけるべきポイントを紹介します。

若ハゲであること自体にマイナスの要素はなくても、若ハゲが就活に影響を与える可能性はあります。

では、若ハゲが就活に影響を与えうるマイナスのパターンには、どのような要素があるのでしょうか?

  • 自信の喪失
  • 清潔感の欠如

上記の2点から考えてみましょう。

自信の喪失

若ハゲに限らず、外見のコンプレックスを抱えていると、どうしても自信を持てないという方もいますよね。

その自信のなさが言動に現れてしまっていると、マイナスポイントになることは十分考えられます。

でも、例えばの話、

  • 自信がなさそうにぼそぼそと話す人
  • 若ハゲであっても自信があってはきはきと話す人

どちらが採用されやすいでしょうか?

若ハゲから来る自信のなさは、面接においてマイナス要素になり得ると言えます。

とはいえ、自信を持てと言われてもすぐには対応できませんよね。

なので、少しでも自信を持つために、以下の対策を参考にしてください。

清潔な印象が持てない場合

若ハゲの人に限らず、就活において清潔感は重要なポイントの1つです。

ここでいうと清潔感とは、顔立ちや身体的な特徴のことではなく、身だしなみを整えているかどうか

若ハゲを隠そうとして不自然に髪を伸ばしていたり、髪がボサついていたりすると、不潔な印象を与えかねません。

薄毛=不潔ということではないので、清潔な印象を持ってもらえるような身だしなみ、特に髪型を意識しましょう。

詳しくは対策の箇所で説明します。

若ハゲの方が就活の上で抑えるべきポイントは、上に挙げた自信と清潔感です。

そのためには、以下の対策が重要ですよ。

  • 髪型を変える
  • ウィッグを被る
  • ハゲを治療する

若ハゲ対策そのものは、以下の関連記事を参考にしてください。

髪型を変える

上で説明した通り、清潔感のため・若ハゲを目立たせないために髪型は重要なポイント。

前提として、清潔感がありハゲが目立ちにくいのは短髪です。

ハゲを隠そうとして髪を伸ばすと、逆に透けた地肌が強調され、不自然になってしまいますからね。

とはいえ、「似合う髪型が分からない」「短髪は似合わない」という方もいますよね。

これらのポイントは個人差の大きいところなので、美容室で相談してみてください。

抵抗があるかもしれませんが、相手もプロですし、親身になって相談に乗ってくれるはずですよ。

薄毛の目立ちにくい髪型にすれば、清潔感とともに自信も持てるので、若ハゲで悩んでいる方はまず髪型から変えていきましょう。

ちなみに、薄毛の人向けにサービスを行っている美容室もあります。

若ハゲの方でも行きやすい美容室になっているので、街の美容室は恥ずかしい、という方は検討してみてください。

ウィッグを被る

ウィッグを被るというのも、現実的な選択肢です。

ウィッグであればすぐに望みの髪型を再現できますし、若ハゲを理由に萎縮してしまうこともありませんからね。

最近ではバレにくいウィッグも増えていますし、着けている若者も少なからずいます。

ただし、仮に採用された場合ウィッグを被り続けるのか、というところも一つの問題ですよ。

ウィッグの着用を報告する義務はありませんが、後々バレる可能性もあります。

面接で一度被って終わり、というものではないので、慎重に判断しましょう。

ハゲを治療する

手軽な対策とはいえませんが、根本的に若ハゲの悩みを解決したいのであれば、医療機関での治療という選択肢もあります。

治療といっても方法はさまざまで、代表的なものを挙げると治療薬の使用植毛手術ですね。

ただし、これらは副作用や費用・傷跡など、切っても切れないリスクもあります。

それぞれの治療についてしっかり理解した上で、慎重に判断しましょう。

ここまでの話をまとめましょう。

若ハゲで就活が不利になることはありません

しかし、若ハゲからくる自信のなさ・ネガティブな雰囲気が現れてしまっていると、良い印象を与えられないかもしれません。

でsが、きちんと対策すれば不安や悩みも緩和され、自信を持つことはできます。

若ハゲであることをくよくよと悩むよりも、しっかりと事実に向き合って、万全の態勢で就活に取り組みましょう。