目次

  1. 女の髪の毛は“量”が命?毛量の多いボリューム髪をどうにかしたい!
  2. 女性の髪の毛トラブル「過度なボリューム」の対処法
  3. 対処法①:髪の毛が多いのを目立たなせない髪型にする
  4. 対処法②:ヘアケアアイテムを活用する
  5. 毛量が多いことにお悩みなら「髪型+ヘアケア」のWアプローチを!
髪が多いから毎朝鏡を見るのが嫌だ…
髪が多いから毎朝鏡を見るのが嫌だ…

女性の「美」を象徴する髪の毛

色艶、ハリコシ…その美しさを推し量る視点はさまざまですが、「毛量」も女性の髪の毛を語る上では欠かせない指標ですよね。

少なすぎても多すぎても、さまざまなトラブルを招くことが多い女性の髪の毛の量

今回の記事では、「髪の毛の量が多いために困っている女性」をメインにして、そのトラブルの対処法をご案内していきます。

髪の毛が多いことで、

「いまいち髪型がキマらない」

「髪の毛をキレイにまとめられない」

と散々悩んできた女性は必見です!

結局どんな対処法が正解なの??
結局どんな対処法が正解なの??

髪の毛が多い女性がボリュームを抑える方法は、「毛量の多さが目立たない髪型にする」系と「日頃のヘアケアでボリュームを抑える」系に分かれます。

それぞれ、より細かく分けると以下の通りです。

①毛量の多さが目立たない髪型にする

②日頃のヘアケアでボリュームを抑える

それぞれ詳しい内容を説明していきましょう。

【ヘアカットで毛が多いのを目立たせない髪型に】

毛量が多さを上手にカバーできる女性の髪型は、ズバリ言って次の2つ。

  • 1)小顔に魅せるショートボブ
  • 2)あえての重めロング

それぞれ、そのどのような点が良いのかを説明していきますので、ヘアスタイルチェンジの参考にしてみてください。

1)小顔に魅せるショートボブ

髪の毛が多いことでお困りの女性にいちばんおすすめしたい髪型は、「ショートボブ」です。

ボリューム感を活かして頭頂部に丸みのあるフォルムを作り、首元をキュッと引き締めてメリハリを出すことで小顔効果を演出。

すき方次第で、重めにして知的な印象にも、軽くしてふんわりとかわいらしい印象にもなれます。

髪の毛が多いことで悩まなくて済むどころか、ご自身の理想通りの雰囲気を実現させる髪型と言えるでしょう。

2)あえての重めロング

次に紹介するのは、毛先をあえて重めに切りそろえた「ロングヘア」

重めロングはボリューム感が命

毛量が多いことをこれほど活かせる女性の髪型も、他にはないでしょう。

パーマをかけたり、コテで巻いたりして、外国人風のゆるふわウェーブを作るのがおすすめです。

カラーは近年流行の「ホワイトグレージュ」など、ぬけ感のある色味をチョイスすると、グッと今っぽさが増しておしゃれ上級者の雰囲気に。

【ボリュームを抑えるヘアアレンジ】

毛量が多い女性におすすめのヘアアレンジも、2つあります。

  • 1)編み込みアレンジで大人かわいいまとめ髪
  • 2)毛先だけ大きめカール

それぞれ、その特徴を説明していきます。

最後にヘアアレンジを行う前に押さえておきたい下準備についてもお伝えしますので、こちらも忘れずにチェックしてみてください!

1)編み込みアレンジで大人かわいいまとめ髪

「髪の毛が多いせいで髪がすっきりまとまらない…」という女性に絶対おすすめしたいのが、編み込みアレンジのまとめ髪

多少まとめきれなくてもゆるく編み込めばボリューム感も誤魔化せますし、事前にスタイリング剤を使うなどしてからきっちりまとめれば、お仕事モードにも合わせやすい知的なヘアスタイルに。

まとめ上げるだけでなく、サイド部分だけ編み込んでハーフアップにすれば、上品で女性らしい印象がさらに引き立ちます

2)毛先だけ大きめカール

次に紹介する髪の量が多い女性向けのアレンジは、毛先だけ大きめカール

ワンカールで作るアレンジは何と言っても簡単・楽チンなこと!

「量の多い髪の毛をまとめたいけど、時間がない…」なんて日に、さっと施せるヘアアレンジです。

髪の毛の多い女性は基本的にボリューム感を抑えたいので、内巻きにワンカールさせると良いでしょう。

ただ、写真のように複数方向にカールさせるのも、女性らしい柔らかなニュアンスが際立つのでおすすめです。

【重要】スタイリング前の《下準備》

事前の下ごしらえでまとまりUP!
事前の下ごしらえでまとまりUP!

毛量の多い髪の毛は、事前に“ヘアクリーム”を使用して、セットしやすい状態に整えておきましょう

ヘアクリームは、髪の毛に適度なまとまりと重さを加えてくれるスタイリング剤です。

どうしてもボリューム感が出てしまう髪の毛をキレイに収めてくれるので、髪の毛が多い女性にはおすすめ。

なじませ方のポイントは、乾いた状態の髪に塗るよりも、濡れている状態の髪の毛に塗ること。

よりまとまりやすく、スタイリングしやすくなりますよ!

毛量の多い髪の毛をボリュームダウンさせるために重要なのは、「いかに硬さを抑えるか」

髪の毛が硬くなってしまうとストンと、まっすぐ下に落ちてくれなくなるので、ただでさえ多い髪の毛が一段とボリュームアップしてしまうのです。

したがって、「髪の毛を柔らかく保つためのケア方法」を実践して、髪の毛を落ち着ける必要があります。

先にも紹介した3つの対処法を、詳しく紹介していきますね。

【アミノ酸系シャンプーを使う】

シャンプーを変えて、髪を柔らかく!
シャンプーを変えて、髪を柔らかく!

ドラッグストアなどで取り扱われている一般的なシャンプーは、高級アルコール由来の洗浄成分を使ったものがほとんど。

一度洗うだけで髪のたんぱく質を変化させて髪を硬くします

この効果は、髪の毛にハリやコシを与えるため、髪の細い女性には重宝されているのです。

しかし、「ボリュームを抑えるために髪の毛をできるだけ柔らかく保ちたい」という女性にはおすすめできません。

むしろ髪の毛を柔らかく保ちたい女性は、アミノ酸系シャンプーを使うのがおすすめ。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮を優しく労りながらしっかり洗浄してくれるので、髪の毛を柔らかく保つと同時に健やかな頭皮環境も整えてくれます

【トリートメントで保湿パック】

ヘアトリートメントで潤いに満ちた髪の毛に。
ヘアトリートメントで潤いに満ちた髪の毛に。

髪の毛を柔らかく保つためには、潤いが必須。

トリートメントは、日頃のダメージによってできた毛髪内の隙間を補い、髪の毛の水分を保ってくれます

これは、洗い流すタイプも洗い流さないタイプも同じ。どちらも髪の毛を柔らかく保ちたい方にはおすすめです。

ちなみにこの機能はリンスやコンディショナーでは代用できないので、お間違えのないよう。

トリートメントは毛先を中心に、髪の毛全体に広げてしっかりパックしましょう。

その際、頭皮にはつかないように注意してください

【低温ドライヤーで髪の毛を乾かす】

低温だから、髪の毛の水分をしっかりキープ。
低温だから、髪の毛の水分をしっかりキープ。

低温ドライヤーとは、「60℃以下」の温風で髪の毛を乾かし、熱によるダメージを抑えるドライヤーのこと。

なぜ低温なのかと言えば、毛髪中の水分量が不足すると髪の毛は乾燥し硬化してしまうからです。

先程も言いましたが、髪の毛を柔らかく保つ方法は髪の水分量を守ること

低温ドライヤーを毎日のケアに用いることで、過度な乾燥を予防し、髪の毛を柔らかく保つことができます。

また、低温ドライヤーを使うと頭皮の水分も抜けにくくなるので、フケなどのトラブルも予防できて一石二鳥です

徹底ケアで、自分の髪の毛を好きになろう!
徹底ケアで、自分の髪の毛を好きになろう!

今回の記事では、毛量が多いことにお悩みの女性のために以下の内容についてお伝えしてきました。

  • おすすめのヘアアレンジやイメチェンにぴったりの髪型
  • 日頃のヘアケア

実際、ヘアアレンジやヘアスタイルのチェンジで髪型に工夫をする女性は多いのですが、毎日のヘアケアで髪の毛の潤い守り、髪の毛の柔らかさを保つことは見落としがち。

ぜひ両方ともトライして、「髪の毛が多い!」と悩まない日々を手に入れてください!