目次

  1. 髪型で薄毛が目立たなくなる!?
  2. 【男性編】薄毛が目立たない髪型のポイントとは?
  3. 【男性編】薄毛が目立たない髪型(カタログ)25選
  4. 【男性編】さらにコレをプラス!薄毛の髪型が目立たなくなるメンズアイテム
  5. 【女性編】薄毛が目立たない髪型のポイントとは?
  6. 【女性編】薄毛が目立たない髪型(カタログ)10選
  7. 【女性編】さらにコレをプラス!ジグザグ分け目で薄毛がボリュームアップ
  8. 髪型で薄毛をカバーするとともに薄毛対策も!
  9. 髪型で薄毛を隠しながらしっかり薄毛対策を!<まとめ>
  10. 「薄毛の髪型」に関連する記事一覧

「あの髪型にしたいけど薄毛で髪型がキマらない」
「最近抜け毛が多くて髪の毛が薄い気がする…髪型で薄毛を隠したい!」

薄毛が気になり始めた方は、このような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

薄毛の方でも似合う髪型はあります!

この記事では、ビジネスシーンでもOKな髪型や、シニアの方でも似合う薄毛がしっかり隠せる髪型(ヘアカタログ)を男性・女性別にご紹介していきます。

薄毛の髪型のポイントやおすすめのアイテム、最後に薄毛になってしまう原因と対策もご紹介しているので、ぜひご覧ください。

髪型を確認する前に、薄毛のメンズが髪型で気をつけるべき2つのポイントがあります。

  • 薄毛の髪型のポイント①
    「短髪にする(薄毛を隠さない)」
  • 薄毛の髪型のポイント②
    「髪に立体感を出す」

薄毛が気になる男性は、髪の毛を長くして薄毛部分を髪で隠そうとしてしまう方も多いかもしれません。

そうすると髪の毛でしっかり薄毛を隠すのは難しく、長い髪の隙間から薄毛になっている地肌部分がチラッと見えてしまうと、薄毛が強調されかえって目立ってしまうことも。

男性は薄毛を隠さず「短髪(ショートヘア)」にして全体的に地肌が透けて見えるようにすることで、薄毛が目立ちにくくなります。

また、側頭部を短髪に刈り上げて頭頂部にボリュームを持たせるメンズヘア「ソフトモヒカン」は、短い髪と長い髪を設けて立体感をつけられるため目線をボリュームのある頭頂部に持っていくことができます。

次の段落で、実際に薄毛が目立たないメンズの髪型を確認していきましょう。

ポイントを押さえたところで、薄毛が目立たないメンズの髪型をご紹介していきます。

今回は薄毛のパターン(M字、U字、O字)別でメンズの髪型をご紹介するので、まずは自分がどの薄毛パターンに当てはまるか確認しておきましょう。

「M字」はおでこの両サイドから薄毛になっていく髪型、「U字」はおでこ全体が薄毛でおでこが広い髪型、「O字」はつむじを中心に薄い部分が広がっている髪型です。

M字、U字、O字の薄毛がそれぞれに目立たないメンズの髪型を見ていきましょう。

今回のメンズヘアカタログは、薄毛に悩む男性のためのヘアサロン「INTI(インティ)」の画像をお借りしました。

カット前の薄毛が目立つ髪型(Before)とカット&セット後の髪型(After)のメンズ画像を表示していますが、ヘアカットとセットだけもでかなり印象が変わりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

<薄毛が目立たないメンズの髪型①>M字の方におすすめ(画像8枚)

おでこの両サイドの髪の毛が後退して薄いM字の方は、前髪が長いと余計に薄毛部分が目立つので「短髪ショート(ベリーショート)」がおすすめ。

M字の隙間を埋めるように短い前髪を作りながらカットすることで、しっかり薄毛をカバーすることができます。

メンズの短髪ショートスタイルは、ビジネススーツにもよく似合いますよ。

また、側頭部を刈り上げて頭頂部にボリュームを持たせる「ソフトモヒカン」や「パーマ」スタイルもおすすめ。

ヘアカタログの写真を見ていきましょう。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲M字が目立つほど伸びていた髪を、全体的に短くしたスポーティーなメンズショートヘアに。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲全体的に髪が長めでペタッとなりM字の薄毛が目立っていましたが、短い前髪を作ってM字部分をカバーしています。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲横に張りやすい骨格と硬いくせ毛の影響で四角いシルエットになっていましたが、側頭部は短髪に刈り上げて上部と繋ぎ、薄毛部分と馴染むようにカット。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲こちらの方も側頭部にボリュームがあり前髪の薄さが目立っていましたが、毛量を減らして側頭部が膨らまないようにカットし、前髪に長短をつけて立体感を演出。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲サラサラの直毛で髪を伸ばしていることで前髪が割れやすくなっていましたが、パーマでボリュームをキープし、パーマをかけることでヘアセットも簡単にしています。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲薄毛が目立つほど髪が伸びていてくせ毛もある方ですが、そのくせ毛をいかすように前髪をつくって短髪にカットし、スポーティーなメンズショートヘアに。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲髪の毛が横に広がっているくせ毛の方ですが、側頭部の髪の毛を短髪に刈り上げて頭頂部にボリュームを持たせるメンズヘア「ソフトモヒカン」で、くせ毛をいかしながらM字をカバー。

薄毛の髪型(M字) 薄毛の髪型(M字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲髪の毛を長めに残してパーマでボリュームを持たせつつ、中央の前髪を立ち上げることでM字の薄毛部分が目立たなくなり自然な仕上がりに。

<薄毛が目立たないメンズの髪型②>U字の方におすすめ(画像8枚)

おでこの生え際が全体的に後退して薄いU字の方は、おでこの少ない髪を隠すように薄毛の周りの髪に長さを持たせて薄毛部分をカバーする短髪スタイルがおすすめ。

前髪はM字の方と同様、短かい前髪をつくると地肌が出る面積を少なくなります。

また、頭頂部をふんわりさせるソフトモヒカンのような髪型にすることで、おでこにもボリュームがあるように見せることができます。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲おでこからつむじ付近の頭頂部まで薄毛が進行していますが、頭頂部の周りの長さのある髪で中央をカバーしてボリュームを出し、そのほかは短髪に刈り上げて爽やかなメンズショートヘアに。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲おでこの生え際が後退して広くなっていますが、レイヤー(段)を入れた短かい前髪で生え際を隠して薄毛をカバー。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲髪の毛を後ろから前に持ってきてつむじ周りの薄毛をカバーし、短い前髪を作っておでこを狭く見せています。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲髪を上げると薄く見え、おろすと髪が割れてしまうことが悩みのこちらの方は、全体的に短髪にして髪の毛がおでこに張り付かないようドライヤーで立ち上げています。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲おでこから頭頂部にかけて薄く、横に膨らんでしまっているこちらの方は、前髪を作っておでこを狭く見せ、側頭部もすっきり刈り上げてボリュームダウン。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲側頭部にボリュームがあってU字の薄毛が目立ってしまっていたので、サイドをすっきり刈り上げて長短のメリハリを出しながら頭頂部の薄毛をカバー。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲Before写真では長い髪の隙間から薄毛が見え、余計に薄毛が目立っていましたが、爽やかなメンズショートヘアにバッサリカット。髪の毛を後ろから前に流しています。

薄毛の髪型(U字) 薄毛の髪型(U字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲おでこからつむじ周りの髪が全体的に薄いこちらの方は、短髪にカットしたベリーショートのソフトモヒカンスタイルで髪の毛の長短のメリハリをつけています。ソフトモヒカンは汗をかいても崩れにくく清潔感もあり、ビジネスシーンにもおすすめ。

<薄毛が目立たないメンズの髪型③>O字の方におすすめ(画像6枚)

つむじ部分が薄いO字の方は、つむじをカバーできる髪を残してそれ以外の髪は短髪にカットすることで、薄毛部分を自然にカバーします。

側頭部を短髪に刈り上げて頭頂部にボリュームを持たせるメンズヘア「ソフトモヒカン」もおすすめ。

また、「パーマ」をかけることでつむじ周りの頭頂部にボリュームが出て、薄毛を自然に隠すこともできますよ。

薄毛の髪型(O字) 薄毛の髪型(O字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲つむじ周りの地肌が見えて薄いこちらの方は、カバーする毛を残してふんわり立ち上げ、周りを短くカットすることでつむじ周りの薄毛をカバー。

薄毛の髪型(O字) 薄毛の髪型(O字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲頭頂部に細い軟毛の髪が集中していたこちらの方は、カバーする毛をすきバサミですいて細い軟毛に似せて頭頂部を隠すことで、自然なメンズヘアに。

薄毛の髪型(O字) 薄毛の髪型(O字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲つむじを中心に薄毛が広がっていて髪質も細いこちらの方は、カットで薄毛をカバーしつつ、パーマをかけて頭頂部のボリュームをプラスしています。

薄毛の髪型(O字) 薄毛の髪型(O字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲毛量が多くつむじ周りの薄毛が目立っていましたが、カバーする髪の毛以外は全体的に短かく軽やかにカットして爽やかなイメージに。

薄毛の髪型(O字) 薄毛の髪型(O字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲つむじ周りは細い産毛の髪が多く、側頭部や襟足の毛量の多さが薄毛をより強調させていますが、毛量をいかしてつむじ周りの薄毛を多うようにカット。

薄毛の髪型(O字) 薄毛の髪型(O字)

画像提供元:INTI(インティ)

▲おでこから頭頂部にかけて髪が薄いこちらの方は、側頭部はすっきりさせて長い髪を使って頭頂部にボリュームを持たせたソフトモヒカンで薄毛をカバー。

<薄毛に合うメンズの髪型④>薄毛がまったく目立たない【坊主(スキンヘッド)】もかっこいい!(画像3枚)

薄毛を隠すメンズの髪型をご紹介してきましたが、「スタイリングがめんどう」「発毛剤や育毛剤などの毎日のお手入れが大変」という男性もいるかもしれません。

でも男性は坊主(スキンヘッド)にしてしまえば、日々の手間が省け、薄毛もまったく目立たなくなるので、薄毛の悩みからも解放されます。

また、以下の画像の少し髪の毛を残したメンズの短髪スタイル「おしゃれボウズ」もおすすめ。

おしゃれボウズはお手入れが簡単で薄毛も目立ちにくいメンズヘア。

ヘアカラーで髪の毛を地肌の色に近づけることで、より薄毛が目立ちにくくなりますよ。

【サロン紹介】薄毛に合う髪型は薄毛専門のヘアサロン「INTI(インティ)」へ!

INTIのメニューは4つあります。

  • ①Aコース(7,000円)
    カット・血行促進スパシャンプー・眉カット
  • ②Bコース(10,000円)
    カット・血行促進スパシャンプー・眉カット・毛穴洗浄W炭酸パック
  • ③Cコース(13,000円)
    カット・血行促進スパシャンプー・眉カット・成長因子投与メソッド
  • ④Dコース(16,000円)
    カット・血行促進スパシャンプー・眉カット・毛穴洗浄W炭酸パック・成長因子投与メソッド

血行促進スパシャンプー:頭皮の血行促進やリフレッシュを目的としたマッサージメインのシャンプー。
毛穴洗浄W炭酸パック:2種類の炭酸とホットミストを使用し、シャンプーでは落とすことのできない酸化皮脂を毛穴から取り除くメニュー。
成長因子投与メソッド:多くのAGAクリニックで行われている薄毛治療の一つである、毛細血管の活性・再生化を促す成長因子(グロスファクター)を塗布するメニュー。

薄毛にあう髪型25選と薄毛専門のヘアサロンご紹介しましたが、ここからは薄毛が目立たなくなるメンズのファッションアイテムをご紹介していきます。

薄毛の人が取り入れていきたいメンズアイテムは以下の3点。

・メガネ
・ひげ
・帽子

これらのメンズアイテムを身につけることで、薄毛の髪型ではなくアイテムに視線を持っていくことができるので、薄毛やはげが目立ちにくくなるのです。

「ひげ」はより男性らしくかっこいい姿になりますし、「メガネ」はビジネススタイルにも使用できます。

また、「帽子」は単純に薄毛を隠しますが、おしゃれな男性にも見せてくれますよ。

そのほかにも「マフラー・ストール」や「派手色のシャツ」なども髪型から視線をそらすことができるアイテムです。

薄毛にあう髪型とともにこれらのメンズアイテムも上手に取り入れて、おしゃれでかっこいい男性を目指しましょう。


ここまでメンズの髪型(カタログ)やポイントなどをご紹介してきましたが、次からは女性の薄毛にあう髪型を確認していきます。

薄毛の髪型を上手に隠すためのポイントは以下の2つ。

  • 薄毛の髪型のポイント①
    「トップの髪をふんわりさせて薄毛を隠す」
  • 薄毛の髪型のポイント②
    「自分の髪や小物を使って薄毛を隠す」

女性の薄毛は男性と違って、分け目が広がるように薄毛が進行したり、髪の毛が全体的に薄くなることがあります。

そのためトップの髪をふんわりさせることで、薄毛を隠しやすくなります。

また、ポイント2つ目の長い髪の毛や小物を使って薄毛を隠すことは、薄毛を隠せる女性ならではの方法です。

上手に薄毛を隠しながら、おしゃれなヘアスタイルを取り入れていきましょう。

それでは女性の薄毛を隠す髪型10選をご紹介していきます。

先ほどポイントでご紹介した、トップの髪をふんわりさせる方法として、「アップバング」「ショートカット」を、髪や小物を使った薄毛を隠す方法として、「まとめ髪」「小物を使った髪型」をご紹介していきます。

それでは髪型の画像を確認していきましょう。

薄毛に合う髪型①アップバング

トップの髪の毛をふんわりさせて長い前髪をぐっとかき上げることで、薄毛が隠れて目立たなくなり、かっこいい女性の印象に。

髪の毛の長さを残したい女性や、前髪を作りたくない女性におすすめです!

薄毛に合う髪型②ショートカット

男性・女性どちらにも言えることですが、髪の毛が長いと髪の重さでトップがペタッとしてボリュームを出しにくく、薄毛を目立たせてしまうことも。

髪を短くしたショートカットにすることで、分け目や薄い部分にボリュームを出しやすいため自然に薄毛をカバーすることができます。

ショートカットはくせ毛の方でもスタイリングがしやすいのでおすすめですよ。

薄毛に合う髪型③まとめ髪

女性の薄毛に合う髪型3つ目は、まとめ髪で薄毛を隠すこと。

一つ結びやお団子ヘアで髪の毛をまとめることで、分け目などの薄毛部分を隠すことができます。

最初に髪の毛をコテで巻いてから結ぶと、ふんわりとした女性らしい髪型にすることができ、生え際が薄い場合でも目立たちにくくなりますよ。

薄毛に合う髪型④小物を使った髪型

女性の髪型で最後にご紹介するのは、小物を使って薄毛を隠す髪型です。

ヘアバンドは前髪部分の分け目を隠すことができて、おしゃれにも見せてくれますし、年齢問わず誰でも似合うヘアスタイルです。

また、夏はサンバイザーやキャップなどを使えば分け目を隠しながら、強い紫外線も避けられます。


画像を提供いただいたスタイリストさん

  • スタイリスト名: 内埜 晃宏(ウチノ アキヒロ)さん
  • スタイリスト歴: 10年
  • 得意なスタイル: ボブ、透け感カラー、ハイライト
  • Instagram:    @khaki_uchino
  • 所属:      KHAKI(渋谷)
  • サロン予約:   こちらをクリック

いつも同じ分け目だと、髪の根元にクセがついてぺたんこになりやすく、分け目も広がって結果的に分け目の地肌が日焼けして頭皮環境が悪くなり、髪の発育に悪影響を及ぼす可能性も。

そこで、簡単に分け目を変えてボリュームアップができる「ジグザグ分け目」をご紹介します。

ジグザグ分け目はその名の通り分け目をジグザグにすることで、分け目のぱっくり割れも防ぐことができますし、立体感が生まれて髪にボリュームがあるように見せてくれます。

やり方は簡単で、準備するものは柄が長い棒状になっているクシ(リングコーム)のみ。

早速手順を見ていきましょう。

ステップ①
額の生え際にリングコームの柄を置く。

ステップ②
矢印のようにジグザグにコームを動かしていく。

ステップ③
頭頂部まで進めたらコームを上へ持ち上げる。

ステップ④
左右に髪を下ろす。

完成!
髪を整えたら、ジグザグ分け目の完成。

リングコームの柄を使って、おでこの生え際から頭頂部に向かって髪をジグザグに分けていくだけ。

分け目の薄毛が気になる方や、髪がぺたんこになりがちな方はぜひトライしてみてくださいね。

ここまで薄毛が目立たない髪型をご紹介してきましたが、薄毛や抜け毛はどんどん進行するもの。

髪型で隠すだけでなく、薄毛になった原因を把握して自分にあった対策をすることで、薄毛や抜け毛の進行が抑えられる可能性があります。

考えられる薄毛の原因は以下の4つ。

薄毛の原因はいくつかが重なって起きる場合もありますが、原因を探ることで正しい薄毛対策ができますよ。

薄毛の原因・対策①しっかり洗髪できていない

意外としっかりできていないことが多いシャンプー。

「爪を立てて頭皮をゴシゴシ洗っている」「シャンプーのすすぎが不十分」「シャワーの温度が高い」といった間違った洗髪方法は、頭皮の乾燥や炎症を招きやすく、薄毛や抜け毛に繋がります。

以下のように丁寧なシャンプーを心がけてみましょう。

  • ①シャンプーの前に2〜3分かけて素洗いして汚れを浮かす
  • ②爪をたてずに指の腹で頭皮を優しく洗う
  • ③すすぎは2〜3分かけてぬめりがなくなるまでしっかり
  • ④ドライヤーで頭皮を乾かす


しかし、上記のように丁寧にシャンプーをしても、頭皮が乾燥したり抜け毛が減らなければ頭皮にあったシャンプーを使えていないのかも。

薄毛の進行を防ぐためには、自分にあったシャンプーを選ぶことも大切でなのです。

そこで、頭皮ケアにおすすめな4つのシャンプーをご紹介していきます。

①スカルプD 薬用スカルプシャンプー オイリー

②スカルプDボーテ 薬用シャンプーモイスト

③キュレル シャンプーボトル

④ミノン薬用ヘアシャンプー

薄毛の原因・対策②生活習慣の乱れ

「忙しいから」「めんどうだから」といって、偏った食事や短い睡眠時間など、日々不規則な生活を過ごしていませんか?

髪の毛は私たちが摂取した食事に含まれる栄養から作られており、その栄養は血液によって運ばれます。

健康な髪を生やすために、バランスの良い食事を心がけましょう。

(以下の記事では髪によい食材や、コンビニ・スーパーで買える髪の毛にいい食べ物、料理のレシピなどもご紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね)


しかし、食事で栄養を摂ったとしても、睡眠不足が続くと自律神経が乱れて髪の毛の成長を阻害してしまいます。

また、“成長ホルモン”は寝ている間に多く分泌されるため、睡眠時間が短いと健康な髪の毛が育ちにくくなることも。

食事と同時に睡眠もしっかりとるように心がけましょう。

薄毛の原因・対策③血行不良

薄毛の原因と対策3つ目は、頭皮の血行不良による薄毛や抜け毛の進行です。

髪の毛を育てる栄養は血液によって頭皮に運ばれるため、血行不良では頭皮に栄養が届かず、髪の成長を妨げてしまいます。

頭皮の血行不良になる主な要因は「過度なストレス」「喫煙」「運動不足」の3つ。

でも日々仕事に終われ、忙しい毎日を過ごす方にとってはこれらを改善するのは難しい…そんな方におすすめなのが頭皮マッサージです。

頭皮マッサージをすることで頭皮の血行促進効果が期待できます。

以下の記事では「頭皮マッサージのやり方」を説明していますので、ぜひ参考にしてください。

薄毛の原因・対策④AGA(男性型脱毛症)

男性の薄毛の原因でまず疑われるのは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる脱毛症です。

AGAは日本人の成人男性の約3割が発症すると言われており、20代の若い方でも10%の人が発症しているため、中学生や高校生の若い方でもなりうる薄毛の症状なのです。

AGAによって薄毛になってしまう理由は、ヘアサイクル(毛周期)の乱れ

ヘアサイクルが乱れると髪の成長期が短くなり、髪の毛が十分に育たないまま抜けてしまいます。

そしてヘアサイクルの乱れは「遺伝」が大きく関係しており、家系に薄毛の人がいればAGAとなり薄毛になってしまう可能性があるのです。


遺伝による薄毛の場合、シャンプーや生活習慣では薄毛の進行を抑制するのは難しいので、まずは「育毛剤」を使って頭皮環境を整えましょう。

育毛剤はかゆみやフケといった頭皮環境を改善して髪の抜け毛を予防し、新しい髪が生えるのをサポートするため、まだそこまで薄毛ではない人こそ使ってほしいアイテムです。

ヘアラボがおすすめする育毛剤を、男性・女性別にご紹介します。

男性用おすすめ育毛剤【チャップアップ】

女性用おすすめ育毛剤【ベルタ育毛剤】


育毛剤を使ってみたけど薄毛や抜け毛に効果がなく、実際に髪を生やしたいと思っている方は「発毛剤」の使用を検討しましょう。

ただし、発毛剤は発毛効果が国から認められている医薬品。

今回ご紹介する発毛剤は未成年の使用は禁止されており、20歳以上でも購入の際には薬剤師からの問診が必須になります。

また、副作用のリスクがあるため、使用の際は必ず添付文書を確認してください。

発毛剤を男性・女性別ご紹介します。

男性用おすすめ発毛剤【リアップX5】

(※):詳しくはリアップX5の添付文書をご覧ください。頭皮の発疹、頭痛などの副作用リスクや、製品を使用すべきでない人についても記載があります。

女性用おすすめ発毛剤【リアップジェンヌ】

妊娠中・授乳中の女性など、使用できないとされる方もいるので、公式サイトで使用上の注意をよくご確認ください。(リアップジェンヌ 公式サイト

薄毛にあう髪型や髪型のポイント、薄毛の原因や対策をご紹介してきました。

男性・女性別に内容をおさらいしていきましょう。

<男性の場合>

髪の毛が薄いメンズの髪型のポイントとしては、薄毛を隠さず「短髪にすること」と「髪に立体感を出す」ことで、薄毛が目立ちにくくなります。

薄毛のパターン別の似合う髪型はこちら。

また、「坊主やスキンヘッド」はお手入れが簡単で薄毛もほとんど目立たなくなるため、どんな薄毛パターンの方にもおすすめの髪型です。

<女性の場合>

女性の薄い髪の毛を上手に隠すためのポイントは、「トップの髪をふんわりさせて薄毛を隠す」ことと「自分の髪や小物を使って薄毛を隠す」ことの2つ。

髪型として以下の4つのパターンをご紹介しました。

女性は好みの髪の長さがあったり、男性と違って薄毛のパターンも人それぞれなので、自分にあった薄毛を上手に隠せる髪型を見つけましょう。

髪型で薄毛を隠せることがわかりましたが、顔のかたちや髪の悩みなどによって、似合う髪型は人それぞれ。

まずは毎日何十人もの髪を見ている、プロの美容師さんに相談することをおすすめします。

また、髪型で薄毛は隠せても薄毛や抜け毛はどんどん進行するため、同時に薄毛対策も行なって、健康な髪の毛が生える土台作りをしていきましょう。

▲頭皮の乾燥は薄毛の大敵。特に秋から冬の季節は乾燥しやすい時期なので、頭皮用の化粧水を使って薄毛対策を!

▲薄毛がどうかの見分け方を知りたい方はこちら

▲育毛剤・発毛剤についてさらに詳しく知りたい方はこちら

▲頭皮環境を整えるサプリメントや、成分として使われるノコギリヤシなどについて知りたい方はこちら

▲薄毛治療ができるクリニック(病院)について知りたい方はこちら

▲メンズにおすすめのヘアケア商品はこちら