目次

  1. 「U字ハゲ」はハゲの「究極形態」?
  2. 【原因】人はどうして「U字ハゲ」になるのか
  3. 【対策①】「U字ハゲ」をこれ以上進ませないためには
  4. 【対策②】「U字ハゲ」が再びフサフサになるためには
  5. 「U字ハゲ」…諦めるにはまだ早い!

「M字」に「O字」、さらには「U字」。

ハゲにも色々ありますが、「U字ハゲ」はハゲの究極(Ultimate)形態と言えます。

というのも、前髪の後退である「M字ハゲ」と、てっぺんハゲの異名をもつ「O字ハゲ」が結合した状態こそ、この「U字ハゲ」だから。

ハゲもここまで進んでしまうと、もう処置なし?

いいえ、「U字ハゲ」にも、まだ打つべき手はあります!

この記事では「U字ハゲになる原因」や、「U字ハゲをこれ以上進ませない対策」「U字ハゲの方が再びフサフサになる方法」について解説していきます。

↑「U字ハゲ」の最良のサンプル、トレンディエンジェルの斎藤さん。

AGA(男性型脱毛症)という、加齢性・進行性の脱毛症があります。

一般に「ハゲ」というときイメージする「中/壮年男性の、前頭部や頭頂部の薄毛」は、このAGAによるものと思ってほぼ間違いありません。

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」が、酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きにより、別種の男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化することで起きます(注1)

DHTは髪の毛の元となる細胞の働きをおさえる働きがあるので、薄毛が進んでしまうのです。

ところで、酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」は、前頭部および頭頂部に集中して存在しています。

だからこそ、AGAによる薄毛は、前頭部(M字)や頭頂部(O字)から始まり、やがて両者が結合して「U字ハゲ」を呈します。

U字のカギは「Ⅱ型5αリダクターゼの存在場所のかたより」だったのですね。

逆に、「Ⅱ型5αリダクターゼ」が少ない側頭部や後頭部は、AGAがかなり進んでも、毛が残っていることが多いのです。

注1:この「テストステロン→DHT」の変換が、何をきっかけに起こるようになるのかは、よく分かっていません。AGAは、早い人だと10代で発症します。
ひとつ分かっているのは、Ⅱ型5αリダクターゼの活性(すなわちAGAの原因物質・DHTの生成されやすさ)が「遺伝する」ということです。

繰り返しますが、AGAは進行します。

M字とO字が融合したら、それで終わりではありません。Uの字の深さ(ハゲ面積)は増していきます

「U字ハゲ」をこれ以上進ませないために、とるべき対策は2つ。

  • 発毛薬を服用する
  • 育毛剤を塗る

順に見ていきましょう。

発毛剤の服用で、AGAの進行をブロック!

酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」がAGAのカギを握っている、という話でしたね。

男性ホルモン「テストステロン」が変性し、AGAの原因物質「DHT」になるためには、「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きが必要なのでした。

実は、この「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きを抑制する薬が存在します。それも、2種類。

プロペシア」と、「ザガーロ」です。

どちらも医薬品に指定され、入手には医師の処方が必要。お近くのAGAクリニック(薄毛治療を専門に行うクリニック)を訪ねてみましょう。

クリニック探しには、ヘアラボの関連記事をお役立てください。

育毛剤の塗布で、頭皮環境を改善!

頭皮環境の悪化によって、AGAによる薄毛に拍車がかかってしまっている場合があります。

頭皮環境の悪化とは、具体的には…

  • 皮脂の落とし過ぎなどによる、乾燥
  • 運動不足やストレスによる血行不良

髪・頭皮が乾燥し、また血行不良に陥ると、髪がやせ細り、抜けやすくなってしまう恐れがあるのです。

そんなときこそ育毛剤の出番。

育毛剤には保湿成分血行を促進する成分が含まれており、頭皮環境を整えてくれます。

医薬部外品のため、医師の処方が要らず、ドラッグストアや通販で買えることもポイント!

ここではヘアラボ一番人気の育毛剤「チャップアップ」をご紹介しておきましょう。

改めて繰り返しますが、AGAは進行性。

進行をとどめることはできても、逆流させる(すでにハゲ上がった部分に毛を生やす)ことは至難のわざです。

にもかかわらず、「U字ハゲ」の人が再び「フサフサ」を取り戻すことは、できなくはないんです。

方法は2つ。

  • 植毛
  • 増毛/かつら

それぞれ見ていきましょう。

植毛(自毛植毛)とは

植毛(自毛植毛)とは、自分の毛(自毛=じもう)を、比較的「余っている」部位から「足りない」部位に移植する、外科手術。

AGAが進み、前頭部や頭頂部から毛がなくなっても、側頭部や後頭部には、まだ毛が残っているもの。

移植後、うまく毛が根付けば、以後、そこからは繰り返し、自分の毛が生えてきます

ただ、自毛植毛は、あくまで毛を移し替えるだけのもの。頭部全体の、髪の毛の総量は変化しません。

増やせる毛の量には、おのずから限界があり、かなり進んでしまった「U字ハゲ」だと、カバーしきれないこともあるでしょう(注2)

注2:その点、上限がないのが、「人工毛植毛」です。化学繊維でできた人工毛を植え込む、というもの。
ただ、拒絶反応リスクなど、安全性の観点から、現在は推奨されないものとなっています。

増毛・かつら

自毛植毛は、増やせる量に限界がある。それに、「外科手術は、ちょっと怖い…」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、最後の選択肢として、増毛・かつらがあります。

こちらは、自分の毛を生やすのでなく、他人の毛(もしくは人工毛)で「見た目を増やす」だけですので、身体への影響はごく軽くすみます。

「かつら」は周知のものとして、「増毛」について一言説明しましょう。

ここでいう増毛は、いわゆる「接着式」増毛。ハゲてしまった箇所の頭皮に、毛がセットしてあるシートを貼る、というものです。

技術の進歩により、製品の毛は自毛と区別がつかなず、ごく自然な仕上がりが実現できます。

また、いちど貼れば、そのまま数週間は、貼りっぱなし。シャワー・シャンプーも問題なくできます。

「ミスターU字」トレエンの斎藤さんも、この通り!

「接着式」の増毛によるものと見られます。

「U字ハゲ」の原因や、対策について見てきました。

最後にもう一度、整理しましょう。

  • 「U字ハゲ」は、AGAによる前頭部~頭頂部のハゲ
  • 「U字ハゲ」を現状に留めるなら、発毛薬or育毛剤
  • 「フサフサ」を取り戻すなら、植毛or増毛・かつら

打つべき手は、まだあります。「U字」になってしまったからといって、諦めるにはまだ早い!

「彼」のように開き直れたら楽なんですが…なかなかそうもいきませんからね。