目次

  1. やっかいなつむじハゲ…どうすれば対策できるの?
  2. つむじハゲの原因とは?
  3. つむじハゲ対策の第一歩
  4. すぐに見た目を変えたい方は…!
  5. 自分に合った方法つむじハゲを対策しよう!

「ふと気づいたら、つむじハゲが進行していた…」

鏡に映りにくく確認しづらいため、気づくのが遅れがちなつむじハゲ。

対策を考えている方も多いのではないでしょうか?

ですが、調べてみてもいろいろ出てきてどんな対策をすればいいのか、よく分かりませんよね。

そこで本記事では、つむじハゲ対策について徹底的に解説していきます。

つむじハゲの代表的な原因は、AGA(男性型脱毛症)です。

AGAとは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の成長サイクルを乱すことで起こる薄毛のこと。

前頭部や頭頂部から薄毛が進行するという特徴があり、M字ハゲやつむじハゲは典型的なAGAの症状といえます。

AGAは思春期を過ぎた男性であれば誰にでも起こり得るものなので、つむじハゲが始まった方はまずAGAを疑いましょう。

またAGA以外にも、

  • 円形脱毛症
    :10円ハゲとも呼ばれ、特定の部位が円形に脱毛する症状

  • 脂漏性脱毛症
    :頭皮の過剰な脂が毛穴を塞ぐことで起こる脱毛症

  • ひこう性脱毛症
    :過剰に発生したフケが毛穴を塞ぐことで起こる脱毛症

といった原因も考えられるのですが、これらは専門的な治療の必要な脱毛症です。

それぞれの特徴に当てはまる方は、医療機関で診てもらうようにしましょう。

今回は、代表的なつむじハゲ対策を3つ紹介します。

①生活習慣の改善

1つ目の対策は、生活習慣の改善。

まず前提として、AGAの主な原因は先述したDHTであるため、生活習慣を改善するだけではつむじハゲを抑えるのは難しいのが事実です。

ですが、心身の健康や整った頭皮環境を維持することで、薄毛の進行を緩めたり健康な髪が生えやすい地盤を作ることは可能です。

具体的に見直すべき生活習慣としては、以下の3つが代表的。

  • 睡眠の質・時間
  • 食生活
  • 適度な運動

つむじハゲのみならず、健康的な暮らしのために重要なポイントですね。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

②育毛剤の使用

医薬部外品である育毛剤には、発毛促進・育毛・抜け毛予防効果が認められているため、つむじハゲが気になり始めたというタイミングの人におすすめの対策方法です。

育毛剤は医薬部外品であることから、副作用のリスクがないのも魅力。

もちろん、肌や体質に合わない場合頭皮が荒れるなどの可能性はありますが、これから紹介する発毛剤と比較すると身体への影響が穏やかです。

つむじハゲの人の中でも、

  • まずは手軽な対策をしたい
  • なるべく健康へのリスクが低い対策がしたい

という方におすすめです。

育毛剤を使ってみたいけれど、どれがいいのか分からないという方は、ヘアラボおすすめのチャップアップを試してみてはいかがでしょうか?

チャップアップは、毎月100万人が訪れるヘアラボで最も人気の育毛剤。

以下の3つの魅力から、多くのユーザーの支持を集めています。

  • 永久全額返金保証書
  • 充実したカスタマーサポート
  • プライバシー梱包

お値段は男性用育毛剤としてはお手頃な7,400円(税込)。

最初の1本で迷っている方は、ぜひ公式サイトもチェックしてください。

③発毛剤の使用

つむじハゲがある程度進行している人には、育毛剤ではなく発毛剤による対策をおすすめします。

なぜなら、発毛剤には抜け落ちた髪を再び生やす”発毛効果”が認められているため。

副作用のリスクがあるため事前の理解は不可欠ですが、現実的に薄毛を対策していくとなると無視できない存在です。

現在国内で認可されている発毛剤の成分は、

ミノキシジル(外用)

フィナステリド(内服)

デュタステリド(内服)

の3つのみです。

テレビCMでもおなじみのリアップシリーズにはミノキシジルが含まれており、ドラッグストアやネットショップでも購入できる数少ない発毛剤の1つ。(注1)

フィナステリドとデュタステリドに関しては医療用医薬品に分類されるため、医師からの処方がなければ購入できません。

気になる方はお近くのクリニックや皮膚科で医師に相談してみましょう。

注1:購入の際には薬剤師からの指導・許可が必要です。

ここまでつむじハゲの対策をご紹介してきましたが、薄毛対策は時間がかかるもので、半年から1年間は継続しないと効果がわかりにくいと言われています

ですが、つむじハゲで悩んでいる人からすると、今すぐにでも見た目を変えたいという思いもありますよね。

そこで、別のアプローチによってつむじハゲを「すぐ」カバーできる対策方法をご紹介します。

  • ①パウダー・スプレー
  • ②カツラ
  • ③増毛

①パウダー・スプレー

「カツラを被ったり発毛剤を使うほどではないけれど、大切なイベントの時は薄毛を隠したい」という方には、薄毛隠し用のパウダー・スプレーがおすすめです。

一時的な対策ではありますが、手間や値段を考えるとお手軽な方法ですよ。

増毛パウダー:ヘアレーベル

ヘアレーベル男性用

つむじハゲ対策として増毛パウダーが気になっている方の中には、

  • パウダーの色だけ浮きそう
  • 濡れたらバレそう

なんて不安を持っている方もいるかもしれません。

その点ヘアレーベルは、5色展開という豊富なカラーバリエーションや、汗や水で落ちにくい作りなど気になる点がしっかり抑えられていますよ。

増毛スプレー:QZジェントリー

つむじハゲを隠すアイテムとして、スプレータイプの商品もおすすめです。

中でも今回紹介するQZジェントリーは水やこすれに強いと評判で、使いやすさが魅力の商品。

また、スプレー後にくしを通せるのも魅力の1つ。

使用後にスタイルを整えられるので、外出時も使用できますね。

②カツラ

すぐにつむじハゲの見た目を変えたい方には、カツラの使用もおすすめです。

カツラというと、

  • 高そう
  • バレそう
  • 急に外れるのでは

など、ネガティブなイメージをお持ちではありませんか?

ですが、カツラで薄毛を隠すのも決して悪い選択肢ではありません。

料金に関してはものによりますが、相場としては5万~20万+メンテナンス代
寿命は2~3年のようです。

高いと感じるかもしれませんが、毎月1万円の育毛剤を使用する場合3年間で36万かかることを考えると、必ずしも高いとはいえないのではないでしょうか?

また最近は技術も進歩しており、カツラがバレる・突風でカツラが飛ぶということも少なくなっています。

気になる方は以下の記事も読んでみてください。

③増毛

3つ目は増毛。

そもそも増毛の意味を知らない方もいるかもしれませんね。

増毛とは、人工的に髪をボリュームアップする方法のこと。

カツラに近いのですが、着脱の必要がないという大きなメリットがあります。

増毛の中でもスタンダードなのは、今ある髪に複数の人毛・人工毛を括り付ける手法で、アデランスやアートネイチャーでも採用されています。

いちいち着脱する必要がなく、最近では突風や洗髪にも耐えられるようになっています。

ただし定期的なメンテナンスが必要で、費用面も安くはないので、お財布と相談して決めましょう。

ここまで、さまざまなつむじハゲ対策を紹介してきました。

万能な薄毛対策というものは存在しませんので、自分に合った対策をすることが大切です。

まずは根本的に対策したいのか、見た目を変えたいのか、そしてその中でどのような方法を取りたいのか、深く考えて対策していきましょう。

参考文献
[1] 麻生泰 , 薄毛治療の新常識 , (白誠書房、2016)