目次

  1. ノンシリコンのトリートメントってどうなの?
  2. ノンシリコンについて詳しく知ろう!
  3. おすすめノンシリコントリートメント《5選》!
  4. ノンシリコントリートメントで理想の髪へ!

ノンシリコントリートメントを使っているけど、どんなものなのか知らない…

トリートメントを選ぶとき、よくノンシリコンという言葉を耳にし、気になっている人も多いと思います。

ノンシリコントリートメントは、「トレンドなんとなく良さそうだな」というイメージがありますよね。

逆にシリコン入りのトリートメントは髪にとって良くないものというイメージを抱いている人は多いかもしれません。

ですが、本当のところはどうなのでしょう

そもそも、ノンシリコンについてあまり理解していない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ノンシリコンとは一体どういうものなのかという説明や、ノンシリコントリートメントはどんな人に向いているのかについて解説していきます。

その上で、おすすめのノンシリコントリートメントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それではまずは、ノンシリコンとはどういうものなのか細かく整理していきましょう。

おすすめのノンシリコントリートメントを見ていく前に、ノンシリコンとは何かについて詳しく説明していきます。

ノンシリコンがなんとなくいいものだと思っていた人は、意外な発見があるかもしれません。

そもそも「ノンシリコン」って?

ノンシリコントリートメントとは、文字通り、シリコンが配合されていないトリートメントのことを指します。

となると、そのシリコンとは何かという疑問が生まれますが、シリコンとは、耐油性・耐熱性の高い合成化合物のことです。

日常では、シリコンスチーマーやティッシュペーパーなどの生活用品に使われており、安全性が高いことで知られていますよ。

シリコンはトリートメントに含まれると、髪同士の摩擦を防いだり傷んだ髪の表面をなめらかにして手触りを良くしてくれるコーティング剤の働きをしてくれます。

要するに、ノンシリコントリートメントとはこのコーティング剤の役割がないトリートメントのことなんです。

なぜ、成分から「シリコン」を排除するのか~業界のウラ事情~

体に害があると思っていたのは勘違いだった!?

ここまでを読んで、「あれ?」と思われた方もいるのでは。

シリコンは安全な物質。トリートメントにシリコンが含まれていることによって、傷んだ髪の表面がなめらかになる…

「いいことばかりじゃん。なんであえてシリコンを取り除いて、『ノンシリコントリートメント』なんか作るの?」

実は、ノンシリコントリートメントが出てきた背景には、ノンシリコンシャンプーの流行があります。

シリコンは石油由来の化学物質、髪や頭皮にいいわけがない、これからはノンシリコンの時代だ――とばかり、各メーカーがこぞって「ノンシリコンシャンプー」を発売。

ヘアケアへの意識が高い人は、ノンシリコンを使って当然」という風潮が生まれました。

その延長線上で、本来「見た目・指どおりを良くする」効果が期待されているトリートメントからも、その「見た目・指どおりを良くする」成分=シリコンが排除されるようになったのですね。

ただ、先ほども言ったように、シリコンは本来、安全な物質

よく言われた「シリコンが毛穴をふさいで薄毛になる」説については、自らノンシリコン製品も販売している大手化粧品メーカーさえ明確に否定しています(参照1)

なぜ、成分から「シリコン」を排除するのか~ノンシリコンだからこそ実現できる仕上がりも~

では、すべての「ノンシリコントリートメント」が、「ノンシリコンシャンプー」流行の尻馬に乗っただけの製品なのかというと、そんなことはなく。

繰り返しになりますが、トリートメントにおけるシリコンの役割は、「見た目のしっとり感や、手ざわり・指どおりを整える」こと。

そのシリコンをトリートメントから除くことで、ふわっと軽い、エアリーな雰囲気に仕上げる、という効果が狙えます。

「髪がぺたんとしてしまい、ボリュームが出ない…」という悩みの方。
「トリートメントでしっかりダメージは補修したいものの、しっとりはさせたくない」という方。

そんな方々には、むしろふんわりボリューム感をUPしてくれる、ノンシリコントリートメントは重宝! なんですね。

どんな髪質/悩みの方にノンシリコントリートメントが向くか/向かないか、表にまとめてみましょう。

ノンシリコントリートメントは…

○こんな人におすすめ○ ×こんな人には不向き×
「ぺたんこ」が悩み 「まとまらない」のが悩み
髪の傷みはそれほど気にならない 髪が傷んでいる
直毛の人 アホ毛が気になる人

また、「それを使うことでどんな仕上がりを実現したいか」から考えると、ノンシリコントリートメントは…

○こんな人におすすめ○ ×こんな人には不向き×
ふんわりさせたい しっとりさせたい
エアリーにしたい ハリとコシのある髪にしたい
サラサラした仕上がりが好み 潤いと艶のある仕上がりが好み
ボリューム感をUPしたい まとまりを持たせたい

※ノンシリコントリートメントの向き・不向き、仕上がりの状態は、製品によって異なります。ここで述べたのはあくまで一般論です。

どうやってノンシリコントリートメントを見分けるの? 

注目すべき成分は?

以上を読んで「自分にはノンシリコントリートメントが向いている!」と思った方のために、最後に「シリコンイン」と「ノンシリコン」の見分け方をお教えしましょう。

ノンシリコントリートメントは、多くの場合、商品のパッケージでノンシリコントリートメントだとうたっています。

しかし成分表記で確かめるのなら、パッケージに次のような成分が記載されていないことがノンシリコントリートメントの条件です。

  • ジメチコン
  • アモジメチコン
  • シクロメチコン
  • シクロペンタシロキサン

長くなりましたが、ここまで"ノンシリコントリートメントとは何か”、"ノンシリコントリートメントの仕上がり”、"ノンシリコントリートメントの見分け方”をお伝えしてきました。

次章ではいよいよ、具体的な製品を紹介していきます。

※口コミは、あくまで個人の感想です。使用感は人によって異なります。
なお、記事中の表示価格は、2018年6月現在の税込み価格です。

①アンナトゥモール「ナチュラルローズトリートメント」

石油由来の化学合成物質を使用しない、無添加化粧品を展開するアンナトゥモールナチュラルローズトリートメントは、パーマやヘアカラーによりダメージを受けた髪に優しく潤いを与えるノンシリコントリートメントです。

ローズヒップ油アボガド油キトサンなど自然由来の保湿成分が配合され、髪1本1本にしっかりと浸透していくので指通りもしなやかになりますよ。

なめらかさはありますが、仕上がりは、どちらかというとハリやコシのある仕上がりです。

防腐剤は完全フリーですが、その代わりに植物ハーブのローズマリーで防腐されているので開封後も期限を気にしすぎず使えますよ。

上品で優しいダマスクローズの香りも心地良く、使うたびに髪が元気になっていくでしょう。

<口コミ>

もともと乾燥気味でパサパサの髪質なのですが、年齢を重ねるごとにますます酷くなり、様々なトリートメントを試しました。

翌朝の手触りにびっくり。手櫛がスッと通ったのです。

毎朝、同じようにスッと通ります。

出典: Amazonカスタマーレビュー

髪の広がり・パサつきに悩んでる人にはおすすめですよ(^^) これシリコン入ってるんじゃないのってくらいのトゥルットゥル感!!

石鹸シャンプーとか使ってる人には感動モノだと思います

出典: アンナトゥモール / ピュアローズ トリートメントの口コミ(by akainekoさん) −@cosme(アットコスメ)−

②テラクオーレ「ダマスクローズ トリートメントミルク」

ナチュラル志向のあなたには、イタリアのハーブや花のエキスを原料にしたオーガニックヘアケア製品を展開するテラクオーレダマスクローズ トリートメントミルクがおすすめです。

成分表で「水」の次に記載されている(=「水」の次に多く配合されている)ダマスクバラ花エキスをはじめ、多くの成分がイタリアで認証を受けたオーガニック成分。

「シリコンで髪の表面上の手触りを一時的によくするのではなく、植物エキス・オイルで栄養を与え、髪に健やかな輝きとまとまりを与え」る公式サイトより)のだとか。

まとまらない髪をしっとり整えるスタイリング剤として使われている方も多いようです。

<口コミ>

乾燥が気になるこの季節、髪の毛が静電気でまとまりにくく なるのですが、このトリートメントをつけると、髪が落ち着き スタイリングしやすくなります。

香りもナチュラルで、体にやさしい感じがします。 安いスタイリング剤の場合、化学的なにおいが鼻に付き、気分が 悪くなる事がありますが、このトリートメントは髪に香りが残っても、 心地よいです。

出典: ビオリスタ オーガニクス / ジューシー ヘアトリートメント ZRの口コミ(by ザワチン班長さん) −@cosme(アットコスメ)−

ノンシリコンには特段のこだわりはないのですが、このヘアトリートメントミルクの使い良さには感激しました。

まず手触りがよく、のびが良く、香りが自然で清々しく、はねていた髪もすぐにしっとり落ち着き、それでいてべたつきません。今まで色々なスタイリング剤を試しましたが、現時点ではこれが最高です。量はショートヘアで1〜2プッシュで十分でした。ドラッグストアで売っているスタイリング剤に満足できない、より自然な仕上がりを求める方には是非試して頂きたいです。

出典: ビオリスタ オーガニクス / ジューシー ヘアトリートメント ZRの口コミ(by 僕の太陽さん) −@cosme(アットコスメ)−

③アロマキフィ「ヘアケアトリートメントオイル」

ノンシリコン・植物由来・天然香料・鉱物油不使用・動物性原料不使用・合成着色料不使用・香料不使用をコンセプトにしているアロマキフィヘアケアトリートメントオイルは、原料にこだわりたい人には特におすすめです。

最終製品の99%以上は自然由来原料になるように作られていて、使われているエッセンシャルオイルも世界各国の徹底管理された生産農家から仕入れています。

中でもこのヘアケアトリートメントオイルはシア脂油ツバキ油などたった5種類の天然成分で作られたシンプルさがうりで、髪に余計なものを与えることなく、水分や油分など髪に必要なものだけをバランス良く浸透させていきます。

アウトバストリートメントのため、塗れた髪にも乾いた髪にも使えますが、お風呂上りのドライヤー前に使うことで、さらに効果がアップするようです。

<口コミ>

少量を髪になじませるだけでさらさらになります。

数ヶ月使用ですが子供の髪の毛のように天使の輪ができました。 毎日使ってもかなりもつと思います。なくなったら絶対リピートします。

出典: Amazonカスタマーレビュー

洗髪後、これを馴染ませてから乾かしています。

不自然な油膜感もなく、さらっとしたオイルなのに、ツルツルサラサラ、猫毛でも絡まないので良い感じです。

出典: Amazonカスタマーレビュー

④ラピデム「ホリスティック D&R トリートメント」

パラベンフリー・合成着色料フリー・鉱物油フリー・シリコンフリーの製品を販売するラピデムホリスティックD&Rトリートメントは、インバスとしてもアウトバスとしても使える使い勝手のいいトリートメントです。

シャンプー後に塗布して5~10分置いたら、軽く洗い流すもしくは洗い流さなくてもいいんですよ。

成分の95%以上が天然由来の成分でできていて、頭皮と髪を優しく保湿してくれます。

さらには、美容成分が27種類も配合されているので、加齢や外的環境によって受けたダメージにも効果を発揮してくれるんですよ。

枝毛や切れ毛を1本1本補修し、まとまりやすい髪に導きます。

有名女優が使っていることでも話題になっているようです。

<口コミ>

⑤無添加時代「ヘアエッセンスオイル」

創業以来120年に渡り、日本女性の美と健康を支え続けている無添加時代ヘアエッセンスオイルは、付けると素早くしっとりとなることで評判のアウトバストリートメントです。

米ぬか椿スクワラン大豆といった7つの天然植物由来の成分が配合され、なめらかで潤いのある髪が実現しますよ。

しかも、無香料・無着色・無鉱物油・ノンパラベン・ノンアルコール・ノンシリコンで髪に負担となる成分は一切配合されていない点も、評価が高いです。

夜に付ければ、寝ている間に集中補修してくれるので、翌朝、髪に艶やかさが生まれますよ。

傷みによって広がった髪が毛先までまとまります

<口コミ>

いろんなものが肌に合わない私ですが、無添加時代のシリーズだけは大丈夫なので、このヘアオイルも買ってみました。

ぱさぱさの髪ですがまとまりが良くなって嬉しいです。

出典: Amazonカスタマーレビュー

半分乾かした髪の後頭部(枕で擦れる所)にワンプッシュ分、毛先全体にワンプッシュ分をすり込んで使っています。

私の髪にはべたつかず、意外と上手くまとまっているので今後もリピートしようと思います。

出典: 【楽天市場】arpeggio (^-^;)さんの無添加時代 ヘアエッセンスオイル(34mL)【無添加時代】(ケンコーコム) | みんなのレビュー・口コミ

※インバストリートメントとアウトバストリートメントの使い方については、下記記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてくださいね。

私には、ノンシリコントリートメントが合っているかも!

意外と知られていないノンシリコントリートメントについて、理解を深めることはできましたでしょうか。

シリコンは実は体・頭皮・髪に深刻な影響を与えるものではありません。むしろ、髪の手触り・見た目を整える効果があるものです。

ただ、そのシリコンをあえてトリートメントから排除することで、ふわっと軽い、ボリュームアップした感じの仕上がりを実現できる。

そんな製品を具体的にご紹介しました。

今回ご紹介したノンシリコントリートメントは、どれも口コミ評価の高いものばかりです。

ノンシリコントリートメントが自分に合いそうだと思った人は、ぜひ試してみてくださいね。