目次

  1. 自毛植毛の2大施術方法「FUE法」「FUT法」、どう違うの?
  2. そもそも「FUE法」「FUT法」とは
  3. 「FUE法」「FUT法」それぞれ向いている方はこんな方
  4. 自毛植毛の主な施術方法「FUE法」「FUT法」を比較!
  5. メリット・デメリットを把握して、自分に合った植毛方法を!

薄毛改善の最終手段、自毛植毛

クリニックでは、主に「FUT法」「FUE法」のどちらか、あるいは両方を自毛植毛の施術方法として紹介しています。

そこで本記事では、自毛植毛手術の「FUT法」「FUE法」を比較し、どんな方にどちらの方法がより向いているか、お伝えしていきます。

クリニック選びにはもちろん、施術後のリスクの軽減や失敗の回避などのためにも、ぜひ読んでみてくださいね。

自毛植毛「FUE法」「FUT法」の比較を行う前に、まずはごく簡単にそれぞれの説明をしましょう。

FUE法

FUE法は、穴あけパンチのような器具を使って、髪を作る細胞ごと髪の毛をくりぬいて、後頭部や側頭部の頭皮から髪を採取する自毛植毛方法。

メスを入れないので傷跡が小さく目立ちにくいのが特徴ですが、その分手間がかかるので費用は高くなります。

FUT法(ストリップ法)

FUT法は、後頭部や側頭部から移植する髪の毛を、メスを使って頭皮ごと切り取り、それぞれ株分けをして植え込んでいく自毛植毛方法です。

ストリップ法という別名は、頭皮を細長く切り取るところ(stripは「細長いもの」という意味)から来ています。

FUE法よりも一度にたくさんの髪を移植することができますが、メスを使うため漢字の「一」のような傷跡が残ります。

FUT法FUE法、どちらの自毛植毛方法が良いのか。

結論から先に述べますと、それぞれ次のような方におすすめです。

  • 穴あけパンチのFUE法:傷が目立ちにくい自毛植毛を望む方
               比較的痛みが少ない自毛植毛手術を受けたい方
  • メスのFUT法:たくさんの髪を一度に移植したい方
           比較的安く自毛植毛を受けたい方

次の章で、詳しい比較を見ていきます。

それでは、穴あけパンチを使う「FUE法」と、メスを使う「FUT法」の違いについて具体的に説明していきます。

主な違いは以下の3つ

  • ①移植する髪の株1つの値段の違い
  • ②傷の大きさの違い
  • ③一度に採取できる移植毛の本数の違い

後悔や失敗をできる限りなくすためにも、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①移植する髪の株1つの値段の違い

  • メスを使うFUT法:800〜1,000円
  • 穴あけパンチを使うFUE法:800〜2,000円

クリニックによって費用は変動しますが、目安は上記のとおり。

穴あけパンチで移植を行うFUE法は、医師の高い技術と長時間の施術が必要です。

そのため、FUEの費用はFUT法よりも比較的高額となります。

少しでも安く済ませたいなら、FUT法のほうをおすすめします。

②髪を採取した部分の傷跡の違い

  • メスを使うFUT法:漢字の「一」のような直線の傷が残る。少し目立ちやすい。
  • 穴あけパンチを使うFUE法:直径1mm程度の丸い傷跡が残る。小さいため目立ちにくい。

メスを使用するFUT法も、穴あけパンチを使用するFUE法も、どちらも傷跡は残ります

側頭部や後頭部など、髪の下に隠れる場所を選んで移植毛を採取しますが、髪をとても短くした場合は傷跡が見えてしまう可能性が。

しかし傷跡は残るとしても、比較的傷跡が目立ちにくく、痛みも少ないのは、傷そのものが小さくて済む、穴あけパンチのFUE法です。

③一度に採取できる移植毛の本数の違い

  • メスを使うFUT法:メスで一度に採取できるため、比較的多い本数を移植できる。
  • 穴あけパンチを使うFUE法:採取に時間や手間がかかるため、比較的少ない本数しか移植できない。

FUT法はメスを使って移植毛を一気に採取できるので、短時間で髪を大量に移植することが採取可能です。

一方FUE法は、毛根1つずつを細いパンチで逐一採取するため、手間も時間もかかります

髪の採取から移植までの時間がかかるほど、定着率が悪くなって失敗しやすくなるため、FUE法での大量の移植は向いていません

大量に自毛植毛を行いたい方は、FUT法があっているでしょう。

紹介したFUE法・FUT法のそれぞれの特徴を、一覧表にまとめてみました。

使う器具 移植毛1本の
値段
傷跡 一度に
移植可能な本数
FUE法 パンチ 800〜2,000円 目立ちにくい 比較的少なめ
FUT法 メス 800〜1,000円 目立ちやすい 比較的多め

自毛植毛を考えている方は、薄毛対策の第一歩として、一度薄毛・AGA治療専門クリニックで相談してみるといいでしょう。

無料カウンセリングなどを利用し、施術内容はもちろん、クリニックや医師の雰囲気などもチェックしてみてくださいね。

この記事でFUT法とFUE法、それぞれのメリット・デメリットを把握し、あなたに合った自毛植毛の検討に役立てていただけたら幸いです。

参考文献
[1] 麻生泰 , 薄毛治療の新常識 , (白誠書房、2016)