目次

  1. おでこが広くて面長…前髪や髪型はどうしたらいいの?
  2. 面長でおでこが広い女性に似合う前髪・髪型のポイント
  3. 【おすすめの髪型10選】面長でおでこが広い女性にぴったり
  4. おでこが広い面長さんにおすすめヘアアレンジ
  5. おでこが広い面長さんでも楽しめる髪型・ヘアアレンジがたくさん!
面長でおでこが広い…
面長でおでこが広い…

こんな悩みをもつ女性に似合う髪型はあるのでしょうか?

おでこが広くて面長だと、髪型を決めるのも一苦労
前髪の長さや形はもちろんのこと、輪郭をカバーできる髪型にしなければなりませんものね。

けれど、実はいくつかのポイントを抑えてしまえば、広いおでこや面長な輪郭を簡単にカバーできるんです!

そこで今回は、面長でおでこが広い女性に似合う髪型のポイントと、髪型を一気にご紹介。

簡単にできるヘアアレンジもご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

髪型は、どう選べばいいの…?
髪型は、どう選べばいいの…?

面長でおでこが広い女性に似合う髪型のポイントをチェックしていきましょう!

面長でおでこが広いと、まず気になるのが前髪

けれど、面長な輪郭をカバーするためには、全体のシルエット顔まわりの髪の毛も重要です。

そこでまずは、髪型をご紹介する前に、前髪・シルエット・顔まわりの髪の毛の3つに分けて、面長でおでこが広い女性に似合う髪型のポイントをご紹介していきますね。

前髪のポイント

前髪は、広いおでこをカバーするだけでなく、面長な輪郭をカバーするためにも重要な部分。

広いおでこと面長な輪郭を同時にカバーできる前髪がこちら。

  • おでこがほとんど隠れる前髪(9:1分けバング、アシメバングなど)
  • おでこが完全に隠れる前髪(フルバング)
  • 面長の骨格をごまかせる前髪(ワイドバング、ラウンドバング、フェザーバングなど)

後ほど、髪型をご紹介するときに詳しく説明しますが、基本的にはおでこをすべて出す前髪はNG

広いおでこと面長な輪郭を強調させてしまいますからね。

もしおでこを出すとしても、あまり露出範囲が広くならないようにするのがポイントですよ。


面長ではないけど、おでこの広さが気になる!という方は、こちらの記事も参考にしてみてください!

シルエットのポイント

全体のシルエットは、面長な輪郭をカバーするのに重要です。

顔やおでこの露出部分を調整する前髪とは別に、シルエットも意識しましょう。

面長をカバーするために大切なシルエットのポイントがこちら。

  • サイドにボリュームを出す(レイヤー、パーマ、マッシュなど)
  • 下に重心を持ってくる(ワンカール、Aラインなど)

こちらも、後ほど髪型を紹介する際に詳しく説明しますが、シルエットを見た時に縦長にならないようにするのが最大のポイントです。

ストレイートのロングや、毛先に動きのないボブなどは、どうしても縦長のシルエットになってしまうので要注意。

丸みを帯びたシルエットや、三角形のシルエットになる髪型を選びましょうね。

顔まわりの髪のポイント

また、顔まわりの髪の毛も、面長な輪郭をカバーするために重要な要素です。

全体のシルエットが丸みを帯びていたり、三角形になっていたとしても、顔の輪郭が長く見えるようでは意味がありませんからね。

そこでポイントとなるのがこちら。

  • 顔にかかる髪の毛を残す(前髪、サイドの髪)
  • 顔の露出部分を丸くする(レイヤー、サイドバング)

すべての髪の毛をあげる髪型だと、どれだけ横にボリュームがある髪型にしても、面長な輪郭をカバーするのは難しくなってしまいます。

また、顔の露出部分を前髪の両端などを工夫して丸くすることで、面長を自然にカバーすることができますよ。

面長でおでこが広い女性のための髪型のポイントをご紹介してきました。

中には、初めて聞く言葉もあったかもしれません。

ここからは、それらの詳しい説明も含め、面長でおでこが広い女性におすすめの髪型をご紹介していきますね。

ショートマッシュ×ワイドバング

てやんDAY

KAELA KIMURAさん(@kaela_official)がシェアした投稿 -

まずご紹介する髪型は、マッシュショートにワイドバングを合わせたもの。

マッシュというのは前髪からサイド、後ろ髪までを直線で結んだようにカットしたスタイルのこと。

丸いシルエットになり、耳の横にボリュームが出やすいので、面長な輪郭をカバーするのに適した髪型です。

ストレートでも良いですし、パーマやコテで毛先に動きを出せば、さらにサイドにボリュームを出すこともできますよ。

また、ワイドバングというのは、前髪の幅を広めにとる髪型のこと。

前髪を広くとることで、肌の露出部分が横に長くなり、面長をカバーできます。

さらに前髪を厚くすれば、広いおでこも自然に隠すことができますよ!

ショートボブ×9:1バング

続いてご紹介するのは、ショートボブと9:1分けバングを合わせた髪形。

ショートボブは、外側の髪の毛にレイヤー(段)を入れるのがポイントです。

そうすれば、サイドのボリュームが出しやすくなり、簡単に面長な輪郭をカバーできますよ。

また、前髪を分けたいという方は、9:1に分けるようにしましょう。

このときのポイントとしては、おでこの露出範囲を狭くすること。

広い範囲が露出されていると、おでこが広く見えるだけでなく、肌色の部分が縦に長くなり面長な印象にってしまうので注意しましょうね、

ショート×フェザーバング

こちらは、ショートカットにフェザーバングを合わせたスタイル。

フェザーバングというのは、外にはねた前髪のこと。

少し長めに前髪を作り、コテで巻いて外にはねさせることで、目線をおでこから外にそらすこともできますし、前髪を分けなければ面長な輪郭もカバーできます。

ミディアムやロングなどさまざまな髪型に合わせやすい前髪ですが、面長な輪郭をカバーしやすいショートと合わせるのがおすすめですよ。

ショートもシルエットが丸くなったり、横にボリュームを出せるよう、カットやスタイリングで工夫しましょうね。

ナチュラルボブ×ラウンドバング

#vivi #tina #selfie #me

Tina Tamashiro 玉城ティナさん(@tinapouty)がシェアした投稿 -

こちらは、ナチュラルボブにラウンドバングを合わせた髪型。

ラウンドバングというのは、丸い形をした前髪のこと。

ぱっつんは横に一直線に切りそろえるのに対し、ラウンドバングは顔の幅に合わせて半円を描くような形をしています。

そのため、広いおでこを隠すのと同時に、輪郭を丸く見せる効果もあるのです。

さらにボブの毛先に動きを出すことで、シルエットにも丸みを出せるので、面長な輪郭を自然にカバーできますよ。

かきあげボブ

#20150629

i_am_kikoさん(@i_am_kiko)がシェアした投稿 -

前髪は邪魔だから作りたくない!という方には、かきあげボブがおすすめ。

広いおでこや面長な輪郭をカバーするためには、8:2など大きく分けるのがポイント。

真ん中で分けてしまうと、面長な印象が強まりおでこも強調されてしまいます。

また前髪を上げる際、少し顔に髪の毛がかかる程度にしておくと、輪郭を隠すこともできますよ。

さらに、シルエットで面長な輪郭をカバーしたいという方は、レイヤーを入れたりパーマをかけるなど、横のボリュームを出す工夫をしてみてくださいね。

ミディアム×パーマ×フルバング

ボブでなく普通のミディアムでもパーマをかけて横にボリュームを出せば、面長な輪郭がカバーできます。

耳の横あたりにボリュームを出すことで、面長な印象が薄れるので、毛先だけにパーマをかけるのも良いですよ。

また、ミディアムだと下に向かって膨らみをつけるAラインのシルエットも作れます。

前髪は広いおでこと面長な輪郭を同時に隠せる、フルバングがおすすめ。

厚めに前髪を取れば、おでこが助けて見える心配もありませんよ!

ワンカールミディ×おろし流しバング

役作りで、ちょびっと暗く•短くなりました(^o^) #new #hairstyle

トリンドル玲奈, Reina Triendlさん(@toritori0123)がシェアした投稿 -

ワンカールミディも、シルエットを丸く見せてくれる髪型。

表面に段を入れることで、より横にボリューム感を出しやすくなりますよ。

また、前髪は分けずに流すおろし流しバングもおすすめ。

おでこがすべて隠れるので、広いおでこも面長な輪郭もカバーできます。

ぱっつんは似合わないかも…。柔らかさを出したい!という方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ミディアム×アシメバング

だいぶ日焼け。ロケ焼け。

水川あさみさん(@mizukawa_asami)がシェアした投稿 -

また、ミディアムにアシメバングを合わせる髪型もおすすめです。

アシメバングというのは、左右で長さを変えた前髪のこと。

おでこが出る範囲が斜めになるので、面長な印象やおでこが広いといった印象を和らげることができるのです。

さらにカットを切りっぱなしのようにすることで、個性も出すことができますよ!

この髪型でも、サイドにボリュームを出すためにレイヤーを入れたり、毛先に動きが出るスタイリングをしたりと工夫してみてくださいね。

セミロング×ショートバング

前髪切った。いつもより短め。 @araishunsuke @xelha_official

桐谷美玲さん(@mirei_kiritani_)がシェアした投稿 -

髪は長い方が良いという方には、セミロングの髪型もおすすめ。

この時も、レイヤーを入れたりパーマをかけるなど、サイドにボリュームを出す工夫をしましょうね。

またセミロングでも、Aラインのシルエットが作れるので毛先に動きを出すのも、面長な輪郭をカバーするのに有効ですよ。

セミロロングの場合、前髪もさまざまな形と相性が良いですが、今回はまだご紹介していないショートバングをご紹介しますね。

ショートバングというのは、短めの前髪のこと。

ただおでこが広い場合、眉毛が見える程度にとどめましょう。

眉上の前髪でも横幅を広くしたワイドバングにすれば、面長な輪郭もカバーできますよ!

ロング×レイヤー

📞レンタル救世主 22時30分より

中村 アンさん(@cocoannne)がシェアした投稿 -

最後にご紹介する髪型は、前髪を作らないロング。

おでこを露出するのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、前髪部分をあごの長さに切り、後ろ髪との間に段を作ることで面長な輪郭をカバーできます。

前髪は9:1など大きく分けるようにしましょう。

これも輪郭を丸く見せ面長をカバーする効果がありますからね。

おでこに少し髪の毛がかかるようにして、おでこの露出部分が三角になるようにすることで、広いおでこもカバーできますよ。

また、耳の下あたりからパーマをかけるなど、サイドのボリュームを意識することも大切。

シルエットでも、面長をカバーしましょう。

ここまで、面長でおでこが広い女性におすすめの髪型をご紹介してきました。

美容室に行かないと面長も広いおでこもカバーできないの…?」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、実は自宅で今日から簡単にできるヘアアレンジもありますよ!

こちらでは、そんな簡単なヘアアレンジをご紹介していきますね。

片寄三つ編みアレンジ

まずご紹介するアレンジは、三つ編みアレンジ。

三つ編みや編み込みのアレンジは、必ず左右どちらか片方に寄せるようにしましょう。

真後ろで三つ編みを作ってしまうと、顔の形がそのまま全体のシルエットになってしまうので、面長な輪郭が目立つのです。

また、髪型のポイントでもご紹介したように、重心は下に持ってくるようにしましょう。

そうすることで、面長な印象を和らげることができますからね。

前髪はどんな形でも相性がいいので、今髪の毛が長いという方には、ぜひ一度挑戦していただきたいヘアアレンジですよ!

ハーフアップのくるりんぱ

ハーフアップのくるりんぱも、広いおでこと面長で悩む女性におすすめ。

顔まわりの髪の毛は結んでしまいますが、襟足の毛が残るのでそちらの毛先に動きをつけることで、視線をおでこや輪郭からそらすことができるのです。

また、写真のように髪の毛がさほど長くない方などであれば、顔に近い部分に動きをつけられるので面長な輪郭も簡単にカバーできますよ。

簡単ですし、真後ろではなくサイドに結び目を持ってくるなどアレンジもさまざま

ぜひやってみてくださいね!

ハーフアップで、下にちゃんと髪の毛を残す。

サイドアップアレンジ

髪の毛をまとめたい、アップスタイルにしたいという場合は、サイドアップがおすすめ。

この時も、あまり高い位置ではなく、耳より少し低い位置にすると、面長な輪郭も強調されることなく自然に。

できるだけ、横にボリュームを出せるようにお団子を少し大きめに作ったり、結んだ毛先に動きをつける工夫もしてみてくださいね。

このヘアアレンジも、どんな前髪とも相性がいいので、今の髪型に関係なくできますよ!

前髪編み込みアレンジ

前髪のアレンジなら、編み込みアレンジがおすすめ。

前髪を9:1や8:2で大きめに分けることで、おでこを三角に見せれば広いおでこも広く見えません。

また、編み込みは最後に少し崩して、下の方で止めることで面長な輪郭もカバーできますよ。

この時も全体の毛先に動きを出せば前髪がなくても、シルエットで輪郭のカバーができるので、毛先の動きは忘れずにつけましょうね!

いかがでしたか?

今回は、面長でおでこが広い女性に似合う髪型のポイントと髪型、ヘアアレンジをご紹介して来ました。

おでこが広いから前髪がないスタイルは似合わない…。
面長はどうしてもカバーできない…。

と悩んでいた女性にとっては、これだけたくさん似合う髪型やヘアアレンジがあるのは嬉しいですよね。

面長も、広いおでこもちょっとしたポイントを抑えれば簡単にカバーできます!

ぜひ今回ご紹介した、面長でおでこが広い女性のための髪型やヘアアレンジに、挑戦してみてくださいね!


やっぱりおでこの広さそのものをなんとかしたい…という方は、こちらもご覧ください!