ストレスとAGAの関係はあるのでしょうか?

東京青山クリニック
AGA発毛治療

あります。

AGA自体は遺伝的な要因なので直接関係があるわけではありません。

しかしながらストレスが慢性的にあると頭皮の血流が悪くなり、AGAの人の薄毛が進行しやすくなります。

原因とまでは言い切れませんが、ストレスによりさらに進行が進んでしまう人も多いんです。

AGAは何が原因で起こるんですか?

東京青山クリニック
AGA発毛治療

主に男性ホルモン「テストステロン」が原因になっています。 テストステロンは、男性らしいからだを作ったり生殖機能の維持に関わるという大切なホルモンです。

しかし、毛球の近くに多く存在している酵素「5αリダクターゼ」と結びつき、悪玉ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されてしまうんです。

このホルモンが毛母細胞の受容体と結合すると、成長期を止めて直ちに脱毛しろというシグナルが発せられます。すると、毛根は収縮して髪の毛が成長をやめてしまい、やがて抜け落ちてしまうでしょう。

毛根は髪が抜け落ちた後も収縮した状態ですから、次に生えてくる毛髪も細い産毛のような髪しか生えず、しばらくすると毛根自体が閉じてしまいます。こうした流れを考えると分かるように、AGAの真の原因はジヒドロテストステロンなんですよ。

AGAには他の原因があるんですか?

東京青山クリニック
AGA発毛治療

他の原因も幾つかありますよ。

・血行不良 ・タバコ ・アルコール ・睡眠不足

が主な原因になります。 生活習慣が大きく関わっていることがわかりますね。

そのため、生活習慣を変えるとクリニックで行うAGA治療により効果が出ることが多いんですよ。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。