目次

  1. もみあげの毛量を増やしたい!植毛ってできるの?
  2. そもそも植毛とは?どんな種類があるの?
  3. もみあげの植毛はできる!でも注意点も…
  4. もみあげの植毛って実際の施術はどう行うの?
  5. もみあげへの植毛に必要な費用は?
  6. もみあげへの植毛を検討してみては?
あなたのもみあげはどうですか?
あなたのもみあげはどうですか?

髪型や顔の大きさにも影響するもみあげ。 もみあげがあることで、小顔に見える効果が??

もみあげが薄くなってきた…という方の中には、植毛を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、「そもそももみあげに植毛施術は可能なのか?」など、疑問は尽きないですよね。

そこで今回は、もみあげ部分の毛量が少なくて悩んでいる方や、もみあげが薄くなってきて悩んでいる方に向けて、もみあげの植毛について詳しくご紹介します。  

この記事を読み終わることには、きっともみあげの植毛について詳しくなっているはず。

まずは、そもそも植毛とはどんな施術なのか?について見ていきましょう。

植毛によるメリットはたくさん!
植毛によるメリットはたくさん!

バレたらどうしよう…と心配してカツラを使い続けるより、精神的にも安心かもしれませんね!

一口に植毛といえど、実は2種類の方法にわけることができます。

この2つの植毛法のメリット・デメリットも併せてこれからご紹介しましょう。

自毛植毛と人工毛植毛の2種類がある

植毛は大きく2つの種類に分けることができます。 「自毛植毛」と「人工毛植毛」です。

自毛植毛とは、頭皮の脱毛部分に自分自身の毛根を移植する方法のこと。

頭頂部や生え際など気になる箇所ごとに移植できる外科的治療になります。

髪の毛を増やしたい部分に好きな本数を移植することができるのが特徴です。

一方で人工毛植毛とは、化学繊維で作られた人口毛を移植する方法です。

人口的に作られた毛髪とはいえ、自毛に近づけるために不自然な艶を消したり、キューティクルがあるかのように見せる加工が施されたりしています。

ただし、自毛植毛に比べると人工毛植毛の方が有害事象の発生率が高い傾向があるので注意が必要な治療方法です。(注1)

注1:「日本皮膚学会のAGA治療ガイドライン」における推奨度は、自毛植毛術はB(行うように勧められる)、人工毛植毛術はD(行わないように勧められる)判定となっています。

植毛のメリットとデメリット

続いて、それぞれの植毛法のメリット/デメリットを見ていきましょう。

まずは、自毛植毛から。

自毛植毛のメリット

  • 自分の毛包(注2)を使うので植毛後の髪の毛の仕上がりが自然
  • 人工毛植毛のように異物ではないため、拒絶反応が起こりにくい
  • 自毛植毛では、毛包が死んでいる部分にも髪の毛を移植して生やすことが可能
  • 植毛後にしっかり生着すればメンテナンスを特に必要とせず、半永久的に薄毛にならない(注3)

自毛植毛のデメリット

  • 費用が高い
  • 髪が生えてくるまで、半年程度かかる(目安)
  • 傷や痛みが残る可能性がある
  • 植毛していない部分が将来的に薄毛になると、全体的にアンバランスな見た目になってしまうかもしれない

次に、人工毛植毛についてご紹介します。

人工毛植毛のメリット

  • 手術後にすぐ希望していたヘアスタイルが叶う
  • 頭皮全体の薄毛に悩んでいる方も希望すれば髪の毛の本数を好きなだけ増やすことができる

人工毛植毛のデメリット

  • 異物(人工毛)を身体に入れることで、赤みや炎症といった拒絶反応が起こる可能性がある
  • 人工毛植毛は手術後のメンテナンスが定期的に必要なため、費用がかさむ可能性がある

自毛植毛については、定着するまで時間がかかりますが、一度定着してしまえば半永久的に生え続ける植毛法になります。

一方で人工植毛については、即時に自分の理想的なヘアスタイルを手にいれることができます。
しかし、異物(人工毛)を植毛することによって、皮膚のかぶれや炎症といた人体の拒絶反応が起こることもあるため、ヘアラボとしておすすめをしていない植毛法です。

施術を検討されている方は自己責任でお願いいたします。

ここまでで植毛とはどんな施術方法なのかについて解説してきました。

では、これらの植毛法で、もみあげは植毛できるのでしょうか?続いて見ていきましょう。

注1:髪の毛の基地ともいうべき重要な役割を果たしている。その名の通り、髪の毛を包みこむように毛穴の内側に存在する器官

注2:側頭部や後頭部といったAGAに影響を受けにくい場所から毛包を採取するので、移植後も薄毛になりにくい

納得のいくもみあげにする為に
納得のいくもみあげにする為に

カウンセリングで心配点をしっかり相談しましょう!

もみあげにも植毛は可能です。

ただし、人工毛植毛についてはもみあげに植毛する場合定着率が悪いため、自毛植毛が適しています。

しかし、注意点があるので覚えておいてください。

もみあげへの施術は技術的にはかなり難しい施術になります。もみあげへの植毛を検討されている方は、まずはクリニックで相談いただくようにお願いいたします。

クリニックによっては、もみあげの植毛に対応していないこともあるので、事前確認は必須です。

では、実際に施術を受けるとなった場合、どのように植毛は行われるのでしょうか?

続いて見ていきましょう。

麻酔が切れたら…
麻酔が切れたら…

と心配になるかもしれませんが、痛いのは長くても翌朝まで!と言われてますので、痛み止めで乗り切れそうです。

ドナー採取部位と移植部(もみあげ部位)に局所麻酔をして施術を行うという方法がとられます。

この方法だと施術時の痛みの心配が軽減されるそうです。

麻酔後、襟足や側頭部といったAGAの影響を受けにくい部位から毛包を採取し、もみあげに移植していきます。

もみあげに関しては移植部位が小さいため、本数に関しては数百本程度の植毛となるケースが多いでしょう。

もみあげの植毛は技術的に難しい施術ではありますが、1回の植毛でも満足感を得られやすい部位です。

この金額高い?安い?
この金額高い?安い?

パッと見ただけでは高い!と感じるかもしれませんね。でも長い目で見るとどうでしょう…?育毛剤を買い続けるより安いかもしれません。

もみあげの植毛における移植株数は、600~1000本程度になります。

移植にかかる値段は、クリニックや施術方法により異なってきます。 事前に必ず確認するようにしてください。

ヨコ美クリニックと親和クリニックを例に、費用を参考に見てみましょう。

  • ヨコ美クリニックのFUTという方法で行われる植毛の値段
    200,000円(600本)~340,000円(1000本)+ 処置料・薬料 10,000円

  • 親和クリニックのMIRAI法の値段
    480,000円(600本)〜680,000円(1000本)
    (基本料金200,000+植毛費用 ¥1,200×株数)

男性だけでなく女性にも
男性だけでなく女性にも

もみあげへの植毛は男性だけでなく、女性からの人気も高いようです!

今回は、もみあげの植毛についてお話ししてきました。

先にお話ししたように、 すべてのクリニックでもみあげの植毛を受けられるわけではありません。

ですので必ず、事前にクリニックに問い合わせるようにしてくださいね。

植毛手術のクリニック選びは重要です。信頼できるクリニックで納得した形で植毛手術に進めるよう、事前にしっかり調べるようにしましょう。

本記事が皆様のお役に立てば幸いです。