目次

  1. 人工毛植毛のメリットとデメリットをまとめました
  2. 人工毛植毛ってそもそも何?
  3. 人工毛植毛のデメリット・注意点
  4. 【口コミ】人工毛植毛の評判は?
  5. 人工毛植毛はどんな人におすすめ?
  6. 人工毛植毛はよく検討してから実施しましょう

薄毛対策の最終兵器ともいえる植毛

その中でも「人工毛植毛」は、髪の毛が一切なくても可能な植毛として知られています。

画期的な対策ですが、どうやらデメリットもあるとのこと…。

医療行為ということで、しっかりとした知識を持って検討したいですよね。

そこで今回は、人工毛植毛とは何か、そのデメリット・注意点を説明していきます。

人工毛植毛とは、その名の通り化学繊維で人工的に作り出された毛髪を、頭皮に移植する治療のことです。

比較される対象として自毛植毛がありますが、こちらは後頭部などの髪の毛の毛根を採取し、薄毛が気になる箇所に移植する治療。

人工毛か自毛かの違いがあるということですね。

自毛植毛は、ある程度採取する毛が残っていないと施術できませんが、人工毛植毛であれば薄毛の進行具合を問わず施術が可能です。

また、施術してすぐに望んでいたヘアスタイルを楽しむこともできるのです。

こう聞くとメリットばかりの人工毛植毛ですが、そういうわけでもありません。

続いて、人工毛植毛のデメリット・注意点を見ていきましょう。

  • ①頭皮への影響
  • ②定期的なメンテナンスが不可欠
  • ③費用がかさむ

①頭皮への影響

人工毛植毛をした後の頭皮は、さまざまなダメージを抱えることがあります。

化学繊維である人工毛は、人体の免疫反応によって拒絶・排除しようとするため、頭皮へのダメージになることが考えられます。

アメリカでは、過去の有害事象の報告から、人工毛の使用を禁止しているほど。

人体の免疫反応によって、人工毛を拒絶・排除しようとするため、 頭皮に炎症が起きてしまうことも。

また、人工毛植毛をした箇所に雑菌が入ってしまうと、 感染症を引き起こす可能性があります。そうなると、元々あった大事な毛髪にも影響が出てしまいます。

もしも、人工毛植毛をした際の人工毛が切れてしまうと、 残った根元の部分が体内に残り、異物感や刺されたかのような傷痕ができてしまうこともあるのです

②定期的なメンテナンスが不可欠

人工毛植毛は、薄毛を改善させるわけではなく、あくまでも化学繊維の毛を植えつけているに過ぎません。

そのため、時間が経てば抜け落ちてしまいますし、元の髪型をキープすることはできないのですね。

なので、見た目が不自然になるのを避けるためには、半永久的にメンテナンスを行う必要があります。

当然自宅でできるケアではないため、定期的に通う手間や費用がかかりますよ。

③費用がかさむ

先ほど説明した通り、人工毛植毛で薄毛をカバーするとなると、半永久的にメンテナンスを続ける必要があります。

そうなると、費用の問題が気になりますよね。

施術を行う院によって異なりますが、半永久的に続けることを考えると、決して安い額では収まりません。

検討されている方は、継続できるのかについて、自身の経済状況も踏まえて判断しましょう。

メンテナンス費用についてはクリニックによって異なるため、まずはご相談いただくことをおすすめします。

人工毛植毛に関しては、口コミが少なかったのですが、その中でも言及の多かった以下の2点を紹介します。

  • 見た目の変化・自然さは?
  • 頭皮へのダメージは?

見た目の変化・自然さはどう?

人工毛植毛ですが、割と自然で仕上がりはよかったです。

出典: ニドークリニックさんの評判や実体験を教えてください。 - 私、... - Yahoo!知恵袋

見た目に関しては、自然さが気に入ったという声をいくつか見つけました。

人工毛というと、「不自然なハリやツヤが出てしまいそう」という方もいるかもしれませんが、最近の技術ではかなり自然なものも再現できるようですね。

また、自毛が少なくてもフサフサを実感できる点も好評です。

頭皮へのダメージは?

抜けては植えての繰り返しで頭皮が傷つき、かさぶたが常にある状態になり感染症のようなもので健康だった毛も抜けていってしまうほど悪化してしましたし、メンタルも同時に弱ってしまったので、その時点で植毛は中止しました。

出典: Yahoo!知恵袋

治療後に肌のトラブルが起き定期的なメンテナンスが必要になってしまいました。

出典: ニドークリニックさんの評判や実体験を教えてください。 - 私、... - Yahoo!知恵袋

頭皮へのダメージ・肌のトラブルが現れたという方は少なくありませんでした。

メンテナンスを繰り返していると、精神的・肉体的な負担も考えられるようですね。

施術によるリスクが低いとは言えないので、「合わなかったらやめればいい」という感覚では後悔するかもしれません。

信頼できるクリニックで相談し、慎重に判断しましょう。

ここまで人工毛植毛について説明してきましたが、薄毛対策の第一歩として人工毛植毛をするのはおすすめできません。

なぜなら、人工毛植毛は上で挙げたような3つのデメリットをはらんでいるため。

改めてデメリットを確認しましょう。

  • 頭皮への影響
  • 定期的なメンテナンスが不可欠
  • 費用がかさむ

これらは決して小さいデメリットとはいえません。

なので、とりあえず薄毛を対策したいという方は、以下の記事を参考に他の選択肢を考えてみてください。

とはいえ、人工毛植毛を絶対にすべきではないかというと、そうとも言えません。

以下に該当する方は、人工毛植毛を検討する価値はありますよ。

  • 薄毛の進行が深刻
  • 他の対策で効果を得られなかった
  • すぐに好みの髪型にしたい

他の対策が残されていない、すぐに髪を増やしたい、という方にとっては数少ない選択肢といえますね。

推奨はしませんが、デメリットをしっかりと理解した上で、信頼できる医師のもとであれば、対策の1つとして考えられます。

人工毛植毛は、薄毛の進行状況を問わずできる対策法ではありますが、反面デメリットも存在します。

そのため、ヘアラボでは基本的に人工毛植毛は推奨していません。

「人工毛植毛以外に選択肢がない」という方でなければ、治療薬や育毛剤といった対策を検討しましょう。

他の選択肢がない方も、しっかりとデメリットを理解し、信頼できる医師と相談して判断してください。

自分に合った方法で、薄毛を対策していきましょう。