目次

  1. 白髪染めを使ったら抜け毛が増える?!
  2. 白髪染めは抜け毛の直接的な原因にはならない!
  3. 白髪染めが頭皮や髪に与える影響って?
  4. 白髪染めで頭皮や髪へのダメージを減らすために
  5. 抜け毛が気になる人におすすめ!
  6. 白髪染めは正しく行えば、抜け毛が増えることは少ない!
白髪染めで抜け毛が増えるという噂が!
白髪染めで抜け毛が増えるという噂が!

「いつまでも若々しさをキープしたい」
年齢よりも若く見られたい」

そんな願いを叶えてくれる白髪染めですが、白髪染めを使うと抜け毛が増えてはげるという噂もあります。

でも、この噂は本当なのでしょうか?

そこで今回は、白髪染めが髪の毛や頭皮に与える影響について調べ、抜け毛やはげる原因になるのかどうかを検証していきます!

現在白髪染めを使っている方や、白髪染めをしたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

白髪染めで抜け毛は増えるのか?
結論からお伝えすると、白髪染めは抜け毛の直接的な原因にはなりません

白髪染めには、毛根に作用して抜け毛を引き起こす成分は入っていないためです。

この結論にホッと胸をなでおろした方も多いと思います。

ただ、抜け毛こそ引き起こさないものの、白髪染めが頭皮や髪に影響を与えるのは事実。

白髪染めの方法を間違えたり染料が肌に合わない場合、間接的に抜け毛の症状につながる可能性があるのです。

では、白髪染めがどのように抜け毛の症状につながるのか、また白髪染めによる頭皮や髪への影響はどういったものなのか、詳しくみていきましょう。

白髪染めによる頭皮や髪への影響として考えられるのが、こちらの2つ。

  • 染料による頭皮のかぶれ
  • 髪へのダメージ


早速ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

染料による頭皮のかぶれ

白髪染めは、頭皮に負担を与えます。

白髪染めの染料は使用する方の体質や肌の状態によって、頭皮にかぶれを引き起こすことがあるのです。

かぶれは、染料に対するアレルギー反応

染料に含まれる酸化染料やアルカリ剤などが、アレルギーの原因になるとされています。

この染料へのアレルギー反応が大きいと、頭皮が炎症を起こし、かなりまれに抜け毛の原因になるケースが。

ただ、万が一かぶれによって抜け毛が増えたとしても、一時的なもので元に戻ることが多いとされています。

そのため、次々に髪の毛が抜けてはげるという心配は、さほどないといえるでしょう。

とはいえ、抜け毛が起こるほどのかぶれは、重度のものとも言えるので皮膚科で診療を受けることをおすすめしますよ。

髪へのダメージ

白髪染めは、頭皮だけでなく髪の毛にもダメージを与えます。

髪は一度ダメージを受けると、修復・復元することができません。

そのため、白髪染めを繰り返していると、どんどん髪にダメージが蓄積することに。

このダメージが大きくなると、髪を守っているキューティクルが剥がれ、ますます髪が傷んでいき、結果として切れ毛や枝毛ができます。

切れ毛によって、短くなる髪の毛があるため、髪のボリュームが落ちてしまいます。

また、ダメージによってハリやコシが失われ、髪のボリュームが少なくなることも。

白髪染めをする際は、抜け毛や頭皮への負担だけでなく、髪のダメージにも注意が必要といえそうですね。


こうして頭皮や髪への影響をみてみると、まれに起こる可能性がある脱毛の症状や、ダメージによる切れ毛・ボリュームダウンが、白髪染めで抜け毛が増えるといわれるようになった理由のようにも思えますよね。

そこで、今回は頭皮や髪へのダメージをできるだけ少なくするためにできることも、ご紹介していきます!

白髪染めによる頭皮ダメージを減らすには?
白髪染めによる頭皮ダメージを減らすには?

白髪染めは直接抜け毛の原因にはならず、抜け毛になるほど頭皮のかぶれが悪化するケースも少ないことがわかりました。

けれど、頭皮や髪にとって負担になります。

この負担を減らすためにどうしたら良いのか、白髪染めの注意点を5つに分けてご紹介します。

①美容室を利用する

白髪染めによる頭皮への負担や髪へのダメージを減らすためは、美容室で白髪染めをしてもらうのがおすすめ。

市販品の白髪染めを使って自宅で染める場合、ベタベタと頭皮に付いてしまい、かぶれやすくなるのです。

その点、美容室ではプロの技術で染色してもらえますし、薬剤も髪の毛のダメージ具合から判断して合うものを使用してもらえます。

また美容室によっては、頭皮への刺激に不安があると伝えれば、頭皮を守るオイルを使ってくれるところも。

これは美容室によって異なるので、興味のある方は来店前に問い合わせてみてくださいね。

②パッチテストを行う

自分で白髪染めを行う場合、頭皮のアレルギー反応を防ぐためにパッチテストも有効です。

パッチテストとは、白髪染めでアレルギー反応が起こるかどうか確認できる皮膚アレルギー試験。

いつもは大丈夫でも、そのときの体調やホルモンバランスによる肌の変化でアレルギーが出ることもあるので、白髪染めの前は毎回パッチテストを行うのがおすすめです。

万が一、パッチテストで発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激など皮膚の異常を感じた場合は、すぐに患部の薬剤を洗い流し、染毛はしないようにしてください。

詳しいパッチテストの方法は、市販の白髪染めに説明書がついているので、しっかり読んで正しく行いましょう!

③白髪染めを頻繁に行わない

白髪染めの期間をあけるのも、頭皮の負担を軽減する一つの方法です。

頻繁に白髪染めを繰り返すと、頭皮が受けた負担を回復させる暇がありません。

少なくとも、1か月程度は期間をあけるのがおすすめですよ。

また白髪が伸びるたびに全体を染めることは、髪にとってのダメージを増やしてしまいます。

全体染め後の数回は部分染めを行い、髪の毛の負担を減らしましょう。

④放置時間を長くとりすぎない

頭皮への負担を軽減するためには、白髪染めをする際の放置時間にも注意が必要です。

しっかりと染めたいからと長時間放置すると、その間ずっと染料が頭皮についていることになりますよね。

染めている間は何の刺激も感じなかったとしても、これは頭皮にとっては大きな負担になるのです。

白髪染めの使用説明書に書いてある、放置時間内で調整するようにしてくださいね。

⑤すすぎ残しがないように注意する

頭皮への負担を抑えるために、染料のすすぎ残しをなくすことも大切です。

染料がしっかり洗い流されないまま放置されると、頭皮は染料による刺激を受け続けることになりますよね。

これによって頭皮がかぶれることも。

染色後はしっかりとすすぐことを心がけましょう。

白髪染めが抜け毛の原因になることは、滅多にありません。

とはいえ、白髪染めを使って以前より抜け毛や薄毛が気になるという方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、ヘアラボで人気の育毛剤をご紹介します。

白髪染めが原因となる、頭皮のかぶれや炎症に対して効果が認められているものではありませんが、年齢や生活習慣の乱れ、AGAなどによる抜け毛・薄毛が気になる方は、ぜひ育毛剤選びの参考にしてくださいね!

男性に人気のチャップアップ

チャップアップは、血流の低下を防ぎ、抜け毛を予防してくれる育毛剤。

さらに、育毛・発毛促進・養毛の効果も認められています。

頭皮を保湿して、髪の毛に良い頭皮環境を整えてくれますよ。

返金保証や充実のお客さまサポートで、育毛剤を初めて使う方にも人気です!

気になる方は、ぜひ一度公式サイトをご覧ください。

女性に人気のベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は女性のことを考えて作られた育毛剤です。

抜け毛の予防だけでなく、ふけや頭皮のかゆみに悩む方にも人気!

天然由来成分96%配合で、頭皮の環境を整えてくれます。

こちらも、商品開発スタッフによるお客さまサポートがあるので、気になることを気軽に相談できます。

初めて育毛剤を使う女性にもおすすめですよ。

白髪染めは正しく使うことが重要
白髪染めは正しく使うことが重要

若々しさをキープしましょう!

白髪染めが、抜け毛を引き起こす直接的な原因にはならないことが分かりました。

ただ、アレルギーや接触性皮膚炎などにより、まれに脱毛の症状が現れることもあります。

白髪染めをする際は美容室で行ってもらうか、毎度パッチテストをするなど正しい使用方法を守って行ってくださいね!