目次

  1. フケを改善させたい!どんなシャンプーを選ぶべき?
  2. フケの【種類】と【原因】を確認
  3. 《肌質別》フケを改善するためのシャンプー選び
  4. 《肌質別》おすすめシャンプー4選
  5. ヘアラボおすすめ!洗い方のコツを伝授
  6. 頭皮を健やかに保とう!正しいシャンプー選びでフケを改善
シャンプーを変えてフケ改善を目指そう!
シャンプーを変えてフケ改善を目指そう!

「シャンプーで毎日しっかり髪を洗っているのに、フケが全然改善されない」とお悩みの方。

あなたのフケやかゆみの原因は、もしかしたらシャンプーにあるのかもしれません…。

シャンプーがあなたの頭皮とマッチしていなければ、頭皮トラブルはいつまでも改善されないどころか、悪化してしまう恐れもあります。

そこで、この記事ではフケの種類原因を解説し、フケ改善に効果的なシャンプーも4つ紹介します。

あなたのフケはどっち?
あなたのフケはどっち?

「フケ」とひと口に言っても、その種類や原因はさまざま

フケ改善用と銘打たれたシャンプーであっても、あなたのフケの原因と合っていなければ逆効果になってしまうので、まずはしっかり自分のフケの種類を把握し、それにあったシャンプーを選ぶことが大切です。

フケの種類は以下の2つ。

  • ①乾性のフケ
  • ②湿性のフケ

これらの特徴と原因を解説します。

乾性のフケ

乾性のフケは、細かくサラサラしているのが特徴です。

乾性フケが発生する頭皮は、以下のような原因から潤いがなくなり、乾いている状態です。

  • もともと過度の乾燥肌
  • シャンプーのしすぎ
  • シャンプーの洗浄力が強すぎる
  • 生活習慣の乱れ

湿性のフケ

湿性のフケは湿り気を帯びていて、かたまり状なのが特徴です。

湿性のフケが発生する頭皮は、皮脂が過剰分泌している状態。

その原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • もともと脂性肌
  • シャンプーの洗浄力が足りない
  • 洗髪が不十分
  • 生活習慣の乱れ

原因がわかれば、あとはその原因を改善できるシャンプーを選ぶだけ!

次項では、フケ改善が期待できるシャンプーをご紹介していきます。

フケの種類別!オススメシャンプーの特徴は?
フケの種類別!オススメシャンプーの特徴は?

あなたのフケは乾性フケでしたか?それとも脂性フケでしたか?

自分のフケの種類を把握できたのなら、あとは肌質にあったシャンプーを選ぶだけ。

乾燥フケ(乾燥肌)の方には、適度な洗浄力がありつつ、頭皮や髪の毛に刺激を与えにくいシャンプーを。

脂性フケ(脂性肌)の方には、過剰な皮脂をしっかりと洗い落としてくれる、洗浄力に優れたシャンプーを選ぶようにしましょう。

さっそく肌質別におすすめのシャンプーを紹介していきます。

  • 乾燥肌におすすめな「アミノ酸系シャンプー」
  • 脂性肌におすすめな「高級アルコール系シャンプー」

以上2種類のシャンプーを2つずつピックアップしましたので、自分の肌質を加味しながらお読みください!

おすすめのアミノ酸系シャンプー

①チャップアップシャンプー

②ミノン 薬用ヘアシャンプー

③スカルプD スカルプシャンプー オイリー(脂性肌用)

おすすめの高級アルコール系シャンプー

④パンテーン シャンプー エアリー ふんわりケア

正しく洗って、フケを防ぐ!
正しく洗って、フケを防ぐ!

せっかくシャンプーを変えるのですから、この機会に効果的な洗い方を習得してみませんか?

ここでは、「ヘアラボ」がおすすめする洗い方を紹介します。
乾燥肌でも脂性肌でも洗い方は同じなので、フケ改善のために覚えておいてください。

  • 1)頭皮や髪の毛の汚れを素洗い(予洗い)
    シャンプーをつけずにお湯だけで、汚れをある程度落とします。

  • 2)手でシャンプーを泡立てる
    毛穴の汚れをきちんと吸着してくれるように、キメの細かい泡をしっかり作りましょう。

  • 3)指の腹で頭皮を優しく洗う
    頭皮は柔らかく傷つきやすいので、爪を立てず、指の腹で優しく洗いましょう。

  • 4)頭皮や髪の毛に洗い残しがないよう、よくすすぐ
    洗い残しがあると、その部分の頭皮は次に洗浄されるまで刺激にさらされ続けることになります。
    洗い終わったら、泡をすべて流しきるようにしましょう。

  • 5)乾かす
    髪は濡れていると傷みやすいため、すぐに乾かすようにしましょう。
    頭皮も濡れていると雑菌が発生する恐れがあるため、すぐに乾燥させるようにしましょう。

シャンプー選びは慎重に…!
シャンプー選びは慎重に…!

フケの改善を目指すのなら、自分のフケの種類と原因を把握し、それにマッチしたシャンプーを選ぶのが一番です。

  • 乾性のフケなら、刺激になりにくいアミノ酸系シャンプー

  • 脂性のフケなら、洗浄力に優れた高級アルコール系シャンプー

これらの目安をシャンプー選びの参考にしてください。

また、シャンプーは丁寧に行わないと頭皮にダメージを与える可能性があるので、この記事をしっかり読んで、丁寧に洗うように心がけましょう!