目次

  1. 使ってみたい!スカルプドライヤー”ロゼ”
  2. そもそも”スカルプドライヤー”って?
  3. スカルプドライヤー”ロゼ”がスゴい、3つの特徴
  4. 「サラサラ!」「気持ちいい」ポジティブな口コミ編
  5. 「ちょっと期待はずれ?」ネガティブな口コミ編
  6. 最大限の効果を引き出す使い方って?
  7. スカルプドライヤーで始める頭皮&ヘアケア
  8. もっとスカルプドライヤーについて知りたい方は

今、注目されている家電製品の「スカルプドライヤーロゼ」。

今回は「スカルプドライヤーロゼに興味がある」、「実際に使ってみたい」といった内容の口コミをピックアップしてみました!

リアルな口コミをまとめた記事になっていますので、スカルプドライヤーロゼに興味のある方はぜひご覧ください。

口コミをご紹介する前に、まずは

  • スカルプドライヤーがどのような商品なのか
  • スカルプドライヤーロゼの特徴

について見ていきましょう!

口コミまで読み飛ばす!

スカルプドライヤー」とは、ドライ頭皮ケア2つの機能が組み合わさったドライヤーのことです。

髪の毛を乾かしながら、頭皮ケアができるのは一石二鳥

毎日忙しくても、時短ケアがおこなえます!

頭皮の環境が気になっている方は、ドライヤーをスカルプケア用にしてみませんか?

スカルプドライヤーロゼは、ただのドライヤーではありません

上記でもお伝えしましたが、髪の毛を乾かしながら頭皮ケアができるドライヤーです。

一口に頭皮ケアでできるドライヤーといえど、一体どんな機能がついているか気になりますよね。

そこで、このドライヤーの大きな特徴を3つまとめました。

低温風 & 育成遠赤外線

スカルプドライヤーゼロの特徴の1つが、「低温風&育成遠赤外線」です。

低温風」とは、その名の通り低温の風が吹き出すこと。

一般的なドライヤーの温風は約90℃ですが、スカルプドライヤーロゼの温風は60℃低温のため、髪の毛へのダメージを最小限におさえる働きが期待できます。

また、「遠赤外線」は電磁波の1種で、髪の水分に吸収されると熱に変わります。

スカルプドライヤーロゼは、遠赤外線を取り入れることによってその特性を活かし、低温風でも髪を内側からしっかり乾かすことが可能になるのです。

さらに、”育成遠赤外線"とは、遠赤外線の中でも4~14ミクロンの特定の波長域のこと。

この遠赤外線は、頭皮の温度を7.8℃上昇させ、頭皮の弾力を110%アップさせるという実験結果が出ているため、頭皮の血行を改善する効果にも期待できます。

温・冷2種類の振動

スカルプドライヤーロゼには、下記の3種類のモードを搭載しています。

  • ドライモード
  • スカルプHモード
  • スカルプCモード

この中でも、スカルプHモードスカルプCモードは、特殊なスカルプヘッドをドライヤー本体に装着し、直接頭皮や髪の毛に振動を与えケアしていきます。

スカルプHモードは頭皮ケア+ドライモード

毎分約3700回の微振動が頭皮を揉みほぐし、血行を促進。

低温風も同時に当てることで、頭皮に残った余分な水分も取り除いていきます。

スカルプCモードは、頭皮の引き締め+育毛剤の浸透を促すモードです。

スカルプヘッドをドライヤー本体に装着し、頭皮と全体を揉み込んでいきます。

涼風と振動によって、頭皮に潤いを閉じ込めてくれます。

この時、育毛剤を使用しながらおこなうのがベスト。

涼風振動が頭皮にあたることにより、肌の引き締め育毛剤の浸透が高まる効果が期待できます。

マイナスイオンも放出!

スカルプドライヤーロゼには、マイナスイオンを放出させる機能も搭載しています。

1つ前のバージョンであるスカルプドライヤーHC-6Tとの違いは、このマイナスイオンが出るか・出ないかにあります。

実はこのマイナスイオン、髪の毛のダメージ予防に効果的に働きます。

静電気などで髪にプラスイオンが発生すると、キューティクルが開き、傷みやすくなります。

そこで役立つのがマイナスイオン。

マイナスイオンはプラスイオンを中和し、キューティクルの傷みを軽減し、髪にツヤとうるおいを与える働きがあるのです。

ここからは、「髪の毛がサラサラになった!」、「マッサージが気持ちいい!」など、ポジティブな口コミをご紹介。

実際に使用した方のリアルな声をみていきましょう!

髪の変化を実感!

ペタンとしてしまう髪がふんわりサラサラになります。

出典: @cosme

心なしか、髪がイキイキ・ツヤも出てきた気もします。このドライヤーを使ったら、今までのドライヤーには戻れないです。

出典: @cosme

髪がふんわりした髪の毛にツヤが出た、などの口コミが多数寄せられています。

スカルプドライヤーロゼは髪の毛を乾かしながら、マイナスイオンで髪の毛のケアもおこなえますので、髪質改善の効果が期待できる可能性は、高いようですね!

低温でもしっかり乾く

温風を髪に当てていても、髪が熱くなりすぎることがなく、髪が傷みにくい気がします。風量もそれなりに多く、乾くのも早いです。

出典: @cosme

ドライヤー機能は、私が現在使っているドライヤーより温度は低いですが、遠赤外線で風量もそこそこある為、髪に優しくて比較的早く乾かせる感じがします。

出典: @cosme

スカルプドライヤーロゼの温風は60℃と低温。

一般的なドライヤーを使っていた方にとっては、温度が低いと感じるようです。

しかし、育成遠赤外線のおかげで、髪の毛に優しく内側から乾かすことが可能に!

髪の毛のダメージが気になるなら、スカルプドライヤーロゼはピッタリではないでしょうか。

ヘッドスパが気持ちいい

ヘッドスパも気持ち良く、もう普通のドライヤーに戻れません♪ずっと使い続けたいです。

出典: @cosme

スカルプ機能は、ほどよい微風と振動でとても気持ちが良いです。

出典: @cosme

スカルプドライヤーロゼのスカルプHモードは、髪の毛を乾かしながら、毎分約3700回の振動で頭皮マッサージができます。

それにより、頭皮の血行が促進され、頭皮自体の弾力もアップしたという口コミが目立ちました。

髪の毛を乾かしながら頭皮マッサージ、これはぜひ体験してみたいですね!

次に、ネガティブな口コミも集めてみました。

スカルプドライヤーロゼにはいい面がたくさんありますが、実際に使った方の中には、マイナスポイントな部分も感じたそうです...。

冷風がないのが残念

普通の冷風があればよかったなと思います。

出典: @cosme

普通の冷風があればなお良いです。

出典: @cosme

スカルプドライヤーロゼには、冷風機能がついていません。

スカルプCモードでは涼風をだすことができるものの、単純な冷風機能がなく、その点がマイナスポイント になっているようです。

温風で髪の毛を乾かした後に、冷風で引き締めたい!」と考えている方には、少し不向きなドライヤーではないかと思います。

大きさが気になる!

今まで折りたためるドライヤーを使っていたので置き場所に困りました。そしてとても重いです。

出典: @cosme

サイズはけっこう大きいです。

出典: @cosme

スカルプドライヤーロゼは、一般的なドライヤーよりも少し大きめのサイズです。

そこで、公式のHPをもとに、外形寸法製品質量を調べてみました!

  • 外形寸法...約W112 × D194 × H297(mm) (本体のみ)
  • 製品質量...約650g(本体・電源コード含む)

上記を見ると、大きめなドライヤーということがお分かりいただけると思います。
ほぼA4用紙と同じ大きさに、さらに厚みが加わるサイズですね。

折りたためないこともあり、今までコンパクトなドライヤーを使っていたなら、スカルプドライヤーロゼの大きさと重さに、驚くのも無理はないでしょう。

ドライモードを効果的に使うポイント

ドライモードを効果的に使うポイントを、以下でまとめました。

  • ①吹出口から10cmほど離して使用する
  • ②髪の根元から温風を当てるようにして乾燥させる
  • ③風を絞りたい場合は、付属の「セット用ノズル」を使用する

基本的に低温のため髪へのダメージは軽減されているものの、温風の吹出口に近づけすぎたまま乾かしてしまうと、髪にダメージを与えてしまう恐れがあります。

使用する際は、必ず髪から10cmほど、吹き出し口から離して使用するようにしてくださいね。

その他ポイントを含む上記の3つのポイントを守りながら、使用してみてください!

スカルプモードを効果的に使うポイント

次に、スカルプモードを効果的に使うポイントをまとめます。

  • ①頭皮全体をもみ流すようにブラシを当てる
  • ②首の後ろ・耳の裏・頭頂部などにブラシを当てると、振動と遠赤の心地よさをより実感できる
  • ③気になる部位に、1部位3~5分、1日2回を目安に使用する

以上の3つがポイントです!

また、頭皮に異常を感じた場合はすぐに使用を中止して、様子を見るようにしてください。

今回はスカルプドライヤーロゼの特徴と、口コミについてご紹介しました。

ポジティブな口コミでは、髪質に変化があったスカルプモードが気持ちいい!などが目立ちました。

一方で、冷風機能がついていない本体が大きい・重たいなどのマイナス点もあるようです。

ですが、ドライヤー+ヘッドスパ+マイナスイオン放出の機能が揃っているのは、スカルプドライヤーロゼだけではないでしょうか。

ぜひ、ご自宅で極上のヘッドスパを体験してみてくださいね!