目次

  1. 頭皮と髪のことを考えるなら、頭皮ケアシャンプーがおすすめです
  2. 頭皮ケアシャンプー選びのポイント
  3. 【厳選】頭皮ケアにおすすめの市販のシャンプー7選!
  4. 市販のシャンプーの頭皮ケアで気をつけるべき点は?
  5. 頭皮ケアシャンプーで、生き生きした髪と頭皮を目指しましょう!

「最近、フケが多くなった」 「頭皮から嫌な臭いがする」 などとお悩みの方。 シャンプーで頭皮ケアされてみてはいかがですか?

でもシャンプーも市販のものは数が多く、どれを選べばいいか迷いますよね。 成分も複雑で、一体どれが頭皮に良いのかさっぱり、ということも。

そんな方のために、頭皮ケアに役立つ市販のシャンプーをご紹介します。 *

頭皮のケアなら
頭皮のケアなら

シャンプー選びにこだわってみては?

市販の頭皮ケアを目的としたシャンプーを選ぶとき、どんなことがポイントになるのでしょう。

CMや値段、口コミなども基準にするより、もっと具体的なポイントがあります。 それについて見てみましょう。

天然界面活性剤のシャンプーを使う

界面活性剤とは、シャンプーの洗浄剤としての役割を持つ成分。 この界面活性剤の性質がシャンプーの性質を決めるのです。

天然成分由来の界面活性は、洗浄力は強くありませんが頭皮に優しい洗い上がりになるため、頭皮に負担をかけず健康に保ちたいという場合適していると言われています。

しかし、コストの点から見てやや値段が高いです。

アミノ酸シャンプーを使う

市販の頭皮ケアシャンプー選び、ポイントその2はアミノ酸シャンプーを使う事。

これはアミノ酸の界面活性剤を持ったシャンプーで、天然界面活性剤とおなじく頭皮への負担が少なくすみます。

アミノ酸はたんぱく質を作る成分で、髪の毛もまたたんぱく質から出来ています。 体と同じ成分でできているため、頭皮や髪に優しいです。

市販の頭皮ケアシャンプーを選ぶなら
市販の頭皮ケアシャンプーを選ぶなら

アミノ酸系シャンプーを!

高級アルコール系界面活性剤は避ける

一方、市販の頭皮ケアシャンプー選びで避けるべきなのが、高級アルコール系界面活性剤入りのシャンプーです。

高級アルコール系界面活性剤は強い洗浄力を持ち、汚れを強力に落とす性質がある一方、皮脂を余分に落としてしまう側面も。

皮脂は頭皮を守るバリアの役目をしており、落としすぎるとよくありません。 しかも皮脂を過剰に落とすと、反発的に分泌を増やすことにもなるのです!

このタイプの界面活性剤は、コンビニなどで安く売られているものに多く使われているので注意しましょう。

それでは、頭皮ケアにおすすめの市販シャンプーを、7つ選んでご紹介します。

身近で買えて頭皮に優しいシャンプーで、毎日の頭皮ケアをこまめに行いましょう!

新ヘアリプロ

アデランスから発売されている育毛シャンプー新ヘアリプロ。 かつらのイメージが強いアデランスですが、頭皮ケアのためのシャンプ―やコンディショナーも発売しているんですね。

主成分であるシャクヤク抽出液、ジオウエキス、海藻エキス-1の3つの天然由来成分が、髪と頭皮をケアしてくれます。

皮脂が多い人のためのオイリータイプと、頭皮を優しく洗いたい人のためのノーマル&ドライタイプの2つから選べますよ。

こういう人におすすめ

⑴頭皮をいたわりつつ皮脂をしっかり落としたい人

⑵頭皮をケアし、抜毛・薄毛を改善したい人

CA101

市販のおすすめ頭皮ケアシャンプー、2つ目はCA101です。

元国際線キャビンアテンダントが開発したとして話題のシャンプー。 天然の界面活性剤と、洗浄力の強いアニオン界面活性剤の中で最も刺激の少ない成分が配合されており、しっかり皮脂を落としつつ肌への負担を軽くしたシャンプーだそうです。

比較的年齢の高い女性に効果的で、髪のボリュームが減った人や、頭皮のベタつきが気になる人には好評ですよ。

こういう人におすすめ

⑴髪のボリュームが減った人

⑵頭皮のベタつきが気になる人

ミノン 薬用ヘアシャンプー

3つ目の市販のおすすすめ頭皮ケアシャンプーは、ミノン薬用ヘアシャンプーです。

こちらは植物性アミノ酸系界面活性剤を配合。

敏感な肌質の人でも使えて汚れをしっかり落とし、頭皮を清潔に保ってくれます。 痒みやフケに悩む人にも適したシャンプーです。

こういう人におすすめ

⑴髪の毛や頭皮のにおいが気になる人

⑵フケ・痒みが気になる人

NATUGROW

おすすめ市販頭皮ケアシャンプー、4つ目はNATUGROW(ナチュグロウ)。 株式会社美彩から発売されている育毛スカルプシャンプーです。

天然成分のヤシ油を使ったアミノ酸系界面活性剤を配合し、頭皮に優しい洗い上がり。 また血管拡張作用のあるセンブリエキスも含まれていて、頭皮の血行を良くしてくれるのが嬉しいですね。

頭皮ケアにぴったりの無添加シャンプーで、しかもきめ細かい泡が汚れを落としてくれますよ。

こういう人におすすめ

⑴頭皮を傷めず育毛したい人

⑵頭皮をケアしつつ、汚れをしっかり落としたい人

S-1無添加シャンプー

おすすめする5つ目の市販頭皮ケアシャンプーは、S-1無添加シャンプー

こちらはサラヴィオ化粧品から発売されている無添加のアミノ酸シャンプーです。 アミノ酸系界面活性剤の特徴である、頭皮や髪に優しく、また環境にもよいという点が高評価のようですね。

こういう人におすすめ

⑴育毛より抜け毛予防が主眼の人

⑵皮脂がやや多めの人

凛恋(リンレン)

市販のおすすめ頭皮ケアシャンプー、6つ目は凛恋(リンレン)

国産の天然成分にこだわったノンシリコンのシャンプーで、ローズ&ツバキとゆず&ジンジャーの2種類に分かれます。

このうちゆず&ジンジャーは、頭皮の血行を良くし、潤いを与える効果があるので、頭皮ケアにピッタリですね。

クラシエ ディアボーテ HIMAWARIオイルインシャンプー

市販の頭皮ケアシャンプー、最後にご紹介するのは、クラシエのHIMAWARIシャンプーです。

近所の薬局などで手軽に購入でき、しかも比較的刺激が少ないのが特徴。 頭皮の保湿や改善に効果を発揮します。

値段との兼ね合いで見ても、かなり優れた商品といえますね。

ここまで市販の頭皮ケアシャンプーでおすすめのものを見てきました。

しかし、実は市販のシャンプーで頭皮ケアをする時は気をつけるべき点も多いのです。 一体その理由は?

以下で見ていきましょう!

アミノ酸系界面活性剤が使われていない

市販のシャンプーが頭皮ケアに向いていない理由、1つ目はアミノ酸系界面活性剤が使われていないこと。

前にも言いましたが、シャンプーの性質は界面活性剤で決まります。 頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤であれば頭皮ケアとして優れていますが、残念ながら市販のシャンプーでは決して多くないのが現状です。

高級アルコール系の界面活性剤が使われている

これら高級アルコール系の界面活性剤が配合されたシャンプーは、コンビニやドラッグストアで安く売られていると先に説明しましたね。

泡立ちが良く、汚れを良く落とす一方で、刺激が強く頭皮が弱い人には向きません。 むしろ肌のトラブルを起こす可能性があるので、頭皮ケアを考えている人には不向きなのです!

アルカリ性である

市販のシャンプーで多いのは、アルカリ性のものです。 アルカリ性シャンプーは洗い上がりがすっきりしていて、爽快な使い心地があります。

しかし肌は弱酸性なのでアルカリ性シャンプーではダメージを受けやすく、頭皮は弱ってしまうのですね。

いかがでしたか?

市販のシャンプーは頭皮ケアに役立つものもある一方、うっかり選ぶと逆効果なものも。 成分をしっかり確認し、頭皮のケアに本当によいシャンプーで、健康な髪と頭皮を作りましょう!