目次

  1. 頭皮ケアブラシの正しい使い方を知りたい!
  2. 頭皮ケアブラシで髪を洗うメリットとは?
  3. 頭皮ケアブラシの正しい使い方
  4. 正しい頭皮ケアブラシの使い方で頭皮ケアしよう
シャンプーブラシはおすすめです!
シャンプーブラシはおすすめです!

最近、シャンプーの際に頭皮ケアブラシ(シャンプーブラシ)を使い始めた、または取り入れようと思っている方で、「正しい使い方を知りたい」「効果的な使い方はあるの?」と感じている方は多いはず。

頭皮ケアブラシは正しい使い方でケアを行えば、頭皮環境を良くしてくれて髪の毛にいい影響を与えてくれるのです。

そこで、今回は使い方を中心に、頭皮ケアブラシを使うメリットや使用時の注意点などを解説していきます!

頭皮ケアブラシを使うと、具体的にはどんな効果が期待できるのでしょうか?

素手で髪の毛を洗うシャンプーと、何が違うのか、頭皮ケアブラシに期待できるメリットを見ていきましょう。

マッサージ効果により血行が促される

頭皮ケアブラシに期待できるメリットの1つ目は、「頭皮マッサージ効果によって血行促進され、頭皮環境を良くすることが期待できる」こと。

頭皮ケアブラシの素材には、弾力のあるシリコン製が多いのも特徴。シリコンの柔らかい毛先で頭皮を刺激することで、血行促進を狙っている商品も多く見られます。

頭皮の血行が良くなると、頭皮に栄養が行き渡りやすくなり、健やかな髪の毛の成長に繋がるというわけです。

毛量が多く髪質が硬い人もしっかり洗える

頭皮ケアブラシを特におすすめしたい方に、毛量が多かったり、毛質が硬いという剛毛の人があげられます。

毛量が多い人や剛毛の人は髪の毛のせいで、指だけでは頭皮を正しく洗えていない可能性があります。そのため、しっかり頭皮まで届く頭皮ケアブラシを取り入れてシャンプーを行うのがいいでしょう。

指を使って洗うよりも、頭皮ケアブラシを使う方が洗髪しやすく、頭皮マッサージなどもやりやすいのでおすすめです。

長い爪でも洗髪しやすい

頭皮ケアブラシに期待できるメリットの3つ目は、「素手で洗うよりもネイルの長持ち効果が期待できる」こと。

女性の中には、スカルプネイルなどで爪を長くしている人や、つけ爪をしている方も多いものです。

そういった方は指で頭皮を洗うことは物理的に難しく、髪の毛を洗うのに苦労している方もいるかと思います。

そんな時、頭皮ケアブラシを使えば頭皮をしっかり洗えるのでとても便利です。

さらにマニキュアを塗っている爪の場合、髪を洗ったときの摩擦によって剥がれ落ちてしまう可能性はぐんと減りますね。

頭皮ケアブラシを使うメリットを紹介しましたが、このメリットを引き出すためには、正しい使い方でケアすることが前提です。

正しいシャンプーのやり方とともに、頭皮ケアブラシの正しい使い方を確認しておきましょう。

  • ①ブラッシングをする

  • ②素洗い(予洗い)をする

  • ③シャンプーを泡立てる

  • 頭皮ケアブラシを使う

  • ⑤シャンプーをすすぐ

  • ⑥髪を乾かす

それでは、詳しく見ていきましょう。

手順①ブラッシングをする

髪を洗う前に、まず普通のブラシで髪をとかします。

いきなり根本にブラシを通さず、はじめは大まかに手ぐしで全体をほぐしましょう。

そして毛先から優しくブラシを入れて、徐々に根本に向かって優しくとかしていきます。

手順②予洗いをする

次に、予洗いをします。

予洗いとは、シャンプーの前にお湯だけで髪と頭皮を洗うことです。

この予洗いだけでも、髪の汚れを7〜8割落とすことができます。 ちなみに頭皮の汚れについては、お湯だけでは十分に洗い落とすことができません。

予洗いでは、指の腹をたてて、優しくもみ込むようにマッサージを行ってください。

手順③シャンプーを泡立てる

その次はシャンプーを泡立てます。

人にもよりますが、だいたい500円玉くらいの量のシャンプーを手に取って、手のひらでよく泡立ててください。

髪につけてから泡立てるのは頭皮にとってあまり良くないことなので、注意してくださいね。

手のひらで泡立てるのが難しい場合、泡立てネットを使うのもおすすめです。

手順④シャンプーブラシを使う

ここで頭皮ケアブラシの出番です!

シャンプーを泡立てた頭に、ブラシを当てて使います。

使い方として、この時、頭皮ケアブラシを頭皮に押し付けて使わないこと。

強くこすり過ぎると頭皮を傷つけてしまうだけでなく、抜け毛も増えてしまいます。

洗った時に、気持ちいいと感じるくらいの力の入れ加減がちょうどいいのです。

ブラシを動かすときは、乱暴に動かしたり髪の中で回転などさせたりせずに、1〜2cmくらいの幅で小刻みに左右に動かして使ってください。

頭皮ケアブラシを大胆に動かしたり、回転させながら洗髪したりすると、髪が絡んでしまって抜け毛に繋がることがあります。

使い方としては、ゴシゴシこすったり回したりせず、小さく動かしながら優しく小刻みに、がポイントです。

ブラシを使った洗い方については、花王株式会社が以下のように紹介しています。

STEP1
A.前髪のはえぎわから頭頂部
B.耳のうしろから後頭部
C.えりあしから後頭部
の順に洗いましょう。後頭部を洗うときは、手で髪をわけて持ち上げると洗いやすいです。
これを3回繰り返しましょう!


STEP2
ブラシで髪をとかすように地肌全体を洗います。

メリット お役立ち情報 | 花王

シャンプーブラシで一気に広範囲を洗おうとすると、ブラシに髪が絡まる可能性があるので、上の順番のように少しずつ洗ってください。

基本的に、部分部分に分けて洗髪するというイメージですね!

手順⑤シャンプーをすすぐ

仕上げのすすぎです。
シャンプーを、時間をかけて洗い流します。
シャンプーが完全に落ちるように、念入りに洗い流してくださいね。

手順⑥髪を乾かす

最後に、髪を乾かします。

タオルである程度水分がふき取れたら、ドライヤーで乾かしていきましょう。

髪の根本を乾かすときは、頭皮も乾かすことを忘れずに。

乾かし終わったら完了です。
お疲れ様でした!

いかがでしたか?

正しい使い方をマスターして頭皮ケアブラシを使えば、抜け毛の悩みが解決するかもしれません。

頭皮ケアブラシを正しく使って、頭皮環境を整えるために役立ててくださいね。

あなたの悩みが解決することを祈っています!