目次

  1. 頭皮のできものは不安になる…
  2. 頭皮にできものがある場合、どんな症状が考えられる?
  3. 頭皮ニキビとは?
  4. 乾癬(かんせん)とは?
  5. 【必読】痒みを感じても掻いてはいけません!
  6. <参考>プロに頭皮を清潔にしてもらうのがおすすめ◎
  7. 頭皮のできものに気づいたら、適切な対策を!

頭皮に吹き出物ができてチクチクする…
さいきんになって赤い発疹ができるようになった…

原因がわからない頭皮のできものに、不安を感じてはいませんか?

どんな部位のできものよりも、頭のできものとなると冷や汗をかいてしまう人も少なくないはず。

そこで今回は、頭皮にできものができたときに考えられる症状と、その原因と対策まで解説いたします。

まずは、考えられる症状から一緒に見ていきましょう。

頭皮のできものだけでなく、全体的にちょっと髪のボリュームがなくなってきた気がする…

自分が薄毛かどうか客観的な意見をもらいたい…

そんな方はまず『ヘアラボカルテ』でいまの頭皮の状態や対策方法をお調べすることをおすすめします。
いくつかの簡単な質問に回答するだけで、頭皮の状態や薄毛レベルをチェックして専門的なアドバイスを受けることができます。ぜひお試しください!

頭皮にできものができていた!
頭皮にできものができていた!

できものの種類によって症状は異なるんですよ

頭皮にできものがある場合、以下の2種類の症状が考えられます。

  • 頭皮ニキビ
  • 乾癬(かんせん)

頭皮ニキビは、一般的な「ニキビ」のイメージの通り、頭皮にできる赤い吹き出物です。

その一方で、乾癬には赤い盛り上がったできものという特徴があります。

それぞれ、どのような原因で発症してしまうのでしょうか?

まずは頭皮ニキビから解説していきます。一緒に見ていきましょう。

※乾癬まで読み飛ばす人はこちら!

頭皮ニキビとはその名の通り、頭皮にできるニキビです。

ただ、顔にニキビができるのはわかるけど、なぜ頭皮にニキビができてしまうのでしょう?

原因からお話ししますね。

頭皮ニキビの原因

頭皮ニキビの原因は皮脂の詰まりです。

皮脂とは、本来頭皮を紫外線やほこりといった外的から守る役割を果たしてくれるもの。

しかし、この皮脂が頭皮に詰まってしまうと、汗や汚れが混じり、アクネ菌(※1)が繁殖してしまいます。

その結果、炎症を引き起こしてできるのが、頭皮ニキビなのです。

特に頭皮ニキビができやすいのが、脂性肌の人

なぜなら、脂性肌の人はそうでない人と比べると、皮脂が多く分泌されているからです。

皮脂が多く分泌されている分、しっかりと洗浄しないと、頭皮ニキビを発症することがあるんですよ。

ただし、乾燥肌の人にも頭皮ニキビはできるので注意が必要です。

あまりにも頭皮が乾燥してしまうと、アクネ菌に対する免疫力が落ち、炎症を起こしニキビができることも。

乾燥のしすぎというのは、頭皮の皮脂が不足している状態を指します。

ただでさえ乾燥肌の人は、脂性肌の人と比べて皮脂の分泌量が少ないのです。

ですので、頭皮を洗浄しすぎると、頭皮にとって必要な皮脂まで洗浄してしまう恐れがあるんですね。

脂性肌の人・乾燥肌の人に頭皮ニキビができてしまうメカニズムを整理しましょう。

(※1 通称、ニキビ菌)


【頭皮ニキビができるまで(脂性肌の人)】

  • 1.皮脂が頭皮に詰まる
  • 2.頭皮にアクネ菌が繁殖
  • 3.炎症を引き起こし頭皮ニキビに


【頭皮ニキビができるまで(乾燥肌の人)】

  • 1.皮脂を洗浄しすぎる
  • 2.頭皮の免疫力が落ちる
  • 3.アクネ菌が繁殖し炎症が起き、頭皮ニキビに

以上のことから、それぞれの頭皮に合わせて、皮脂の量を正常に整えてあげる必要があるのです。

では、皮脂の量を正常に整えるために、どのような対策が考えられるのでしょうか?

続けてご説明いたします。
乾燥肌の人はこちら『乾燥肌の頭皮ニキビ対策方法』をご覧ください


【脂性肌】頭皮ニキビの対策方法

脂性肌の人の頭皮ニキビの原因として、皮脂の詰まりを挙げさせていただきました。

皮脂の詰まりを起こさないために、皮脂をしっかりと洗浄してくれるシャンプーを使用しましょう。

ここでおすすめなのは、スカルプDシャンプー(男性用)/スカルプDボーテ(女性用)シリーズ。

キャッチーな音楽が印象的なCMを、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

このスカルプDシリーズの特徴は、頭皮のタイプに合わせてシャンプーを展開していること。

脂性肌用のオイリー/ボリュームであれば、過剰に分泌された皮脂量を正常に整え、フケやかゆみを抑えてくれますよ。

頭皮ニキビにお悩みの方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。



【乾燥肌】頭皮ニキビの対策方法

続いて、乾燥肌の人の対策方法について。

皮脂の分泌量が少ないので、頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流すことのないよう、余分な皮脂だけを洗浄してくれるシャンプーを選びましょう。

スカルプDシャンプー(男性用)/スカルプDボーテシリーズ(女性用)シリーズには、乾燥肌用も用意されています。

頭皮にとって余分な皮脂だけを洗浄するだけでなく、潤いを与える成分も配合されているのが特徴です。

乾燥肌の人はぜひ一度お試しください。



▼そのほか実践的な頭皮ニキビの対策方法はこちら!

【注意】頭皮ニキビに似たこんな症状には気をつけて!


「頭皮ニキビにしては、範囲が広い気がする…」
「フケもやたら目立つな…」

上記のような心当たりがある場合、脂漏性皮膚炎の可能性もあります。

脂漏性皮膚炎とは、頭皮の脂分が多い結果、広範囲にわたる赤いプツプツとした湿疹フケを引き起こす炎症です。

悪化すると患部の毛が抜け落ちてしまうこともありますので、ヘアラボとしては皮膚科での診察をおすすめしています。


「頭皮の赤いできもの(湿疹)」という症状が頭皮ニキビと似ているため一見見分けるのが難しい気がしますが、実は痒みの有無で見分けることができます。

湿疹の場合は痒みを伴う、と覚えておいてください。

一方で、ニキビの場合は痛みがあるのが特徴です。

湿疹とニキビでは解決のためのアプローチが異なりますので、湿疹に近しい症状が見られましたら迷わず皮膚科にいくようにしてください。

ここまでで、頭皮ニキビと、頭皮ニキビに似た脂漏性皮膚炎についてご説明しました。

頭皮ニキビと脂漏性皮膚炎の違いについて、まとめておきますね。

  • 頭皮ニキビ
    特徴1:赤い吹き出物
    特徴2:痛みを伴う
  • 脂漏性皮膚炎
    特徴1:赤いプツプツとした湿疹
    特徴2:痒みを伴う

続いて、乾癬についてご説明いたします。

乾癬とは、慢性の皮膚疾患です。

皮膚が赤くなって盛り上がり、次第にかさぶたで覆われフケのようにぼろぼろと剥がれ落ちるのが主な症状。

前述の脂漏性皮膚炎と似ていると思われる方もいらっしゃいますが、乾癬の場合は 患部が赤く盛り上がる点で異なります。

赤いふっくらとしたできものが目立つ…そんな方は乾癬を疑いましょう。

では、乾癬の原因としてどのようなことが考えられるのでしょうか?

乾癬の原因

実は、乾癬の原因はいまだにはっきりとは解明されていません。

しかし、近年の研究により、皮膚の免疫機能が異常をきたした結果、乾癬を発症することがわかってきました。

そもそも免疫は、異物を体内から排除するための防御システム。

免疫異常とは、本来異物を体外に排除しなければいけないところ、異物に対してではなく、自分自身に対して攻撃してしまうことを指します。

その結果、皮膚が赤くなって盛り上がってしまうのが乾癬なのです。

ではなぜ免疫機能が異常をきたしてしまうのでしょう?

乾癬のもととなる免疫異常の原因として、以下の3点が考えられているんですよ。

  • もともと免疫の異常が起きやすい体質
  • 外的要因
    ・ストレス
    ・不規則な生活
    ・気候
    ・ケガ
  • 内的要因
    ・肥満
    ・糖尿病
    ・高脂血症

原因がはっきりとは解明されていないということは、対策できないのでは?と不安になってしまうかもしれませんね。

では、乾癬の場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

続いて見ていきましょう。

乾癬の対策方法

乾癬の根本的な治療方法はまだ見つかっておりません。

しかし、適切な治療を受けることによって、症状が現れないようにすることはできるようです。

前述の通り、乾癬は慢性の疾患なので、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返します。

ですので、なにかあった時に相談ができるよう、必ず皮膚科にいって適切な治療を受けるようにしてくださいね。

具体的な治療法については、症状に合わせて、以下の4種類のうちから選択されます。

  • 外用療法
    塗り薬の服用(ステロイド外用薬・ビタミンD3外用薬等)
  • 内服療法
    のみ薬の服用(レチノイド・シクロスポリン・メソトレキサート等)
  • 光線療法
    紫外線を照射する
  • 抗体療法
    「抗体」と呼ばれる薬を注射する

ただし、乾癬はさまざまな要因によって引き起こされる症状です。

これらの治療に頼るだけでなく、以下のような生活習慣がある場合は、習慣を断つ努力をすることも大切です。

  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • 脂っこい食事を頻繁にとる
  • ストレスを溜め込む

繰り返しになりますが、乾癬は慢性的な皮膚疾患。

少しでも症状を和らげるためにも、日常生活の中でできる対策は行うことをおすすめします。

痒みに耐え切れず、「ちょっとならいいや…」と掻いてしまったりしていませんか?

ついつい、頭に手を伸ばしたくなる気持ち、わかります。

しかし、ご自身のためにも、今すぐやめましょう。

というのも、患部を掻いてしまって傷ができてしまった場合、傷口からばい菌が入り込み、炎症を起こし、さらに症状を悪化させてしまう可能性があるからです。

最悪の場合、もともとは軽度だった症状が、重症化することも…。

症状を悪化させないために、むやみやたらに触らないようにしてくださいね。

どうしても痒みに耐えられない場合は、 皮膚科で相談しましょう。

気になって触るのはNG!
気になって触るのはNG!

悪化する恐れがあります。

頭皮のトラブルの原因として、頭皮の汚れが挙がりましたね。

「普段シャンプーで綺麗にしているはずなのに…」
とお悩みの方も多いかと思います。

そんな方におすすめなのが『バイオテック』というサロンです。

ここでは、プロの手によって頭皮マッサージを受けることが可能です。

角栓などの汚れを丁寧に揉みしだき、頭をさっぱり清潔に。

そのあまりの気持ちよさに、リピーターも多いとのこと。

自分ではなかなか落とせない汚れも、熟練の技があれば…

気になる方はぜひ無料体験を受けにいってみてください!

今回は頭皮にできものができた時の症状から、原因と対策まで解説いたしました。

頭皮のできものに気づいた際は、焦らず、どの症状に当てはまるのかを見極めて適切に対処しましょう。

最後に、今回ご紹介した症状と、それぞれの特徴をもう一度まとめてご紹介しますね。

  • 頭皮ニキビ
    特徴1:赤い吹き出物
    特徴2:痛みを伴う
  • 脂漏性皮膚炎
    特徴1:赤いプツプツとした湿疹
    特徴2:痒みを伴う
  • 乾癬
    特徴1 :患部は赤くなって盛り上がる
    特徴2:痒みには個人差がある

本記事が、頭皮のできものに悩む方のお役に立てたら幸いです。