目次

  1. 《リアップX5プラスは生え際への効果が低い》!?
  2. リアップX5プラスの基本情報
  3. 【真相解明】リアップX5プラスの《生え際への効果》
  4. より効果を上げるためには、クリニック受診を!
  5. いずれにせよ「根気強い取り組み」が必要!

発毛効果が認められているリアップX5プラス

薄毛・抜け毛に悩む方なら一度は聞いたことがあると思います。
ドラッグストアで買える市販の発毛剤なので、目にしたことのある人も多いでしょう。

ところで、このリアップX5プラス、「頭頂部には効くけど生え際にはあまり効果がない」なんて噂があるんです。

実際のところ、どうなんでしょうか?

気になるリアップX5プラスの生え際への発毛効果についてご紹介します。

リアップX5プラスの生え際への効果について検証する前に、まずは、リアップX5プラスがどんな商品なのか、確認しましょう。

リアップX5プラスってどんな製品?

リアップX5プラスは、厚生労働省に承認されている発毛剤(医薬品)。製造・販売元は大正製薬です。

有効成分・効果・価格は次のとおり。

  • 有効成分
    ・ミノキシジル(5mg配合)
  • 効果
    ・壮年性脱毛症における発毛、育毛、ならびに脱毛・抜け毛の予防
  • 価格
    ・60ml…7,048円(税抜き)

「壮年性脱毛症」というのは、中年・壮年の男性が、生え際やてっぺんから薄くなっていく脱毛症のこと。ごく一般的な薄毛です。

有効成分のミノキシジルには「血管を拡張させて、髪に必要な栄養分の運搬を促す」「毛根に働きかけ、新しい毛を生やすよう促す」作用があります。

この作用によって、壮年性脱毛症の進行を予防し、新しい毛を生やす効果が期待されるのですね。

メーカーによれば、個人差はあるものの、4カ月以上の継続使用で効果に期待ができるそうです。

リアップシリーズには「女性向け」や「育毛トニック」も

ところで、リアップX5プラスは男性向けの発毛剤です。
ただ、その有効成分ミノキシジルは、女性への効果も立証されています。

ミノキシジルが5mg配合のリアップX5プラスに対し、配合量を1mgにして体への影響を和らげた「リアップリジェンヌ」という商品が、女性向けに販売されています。

また、医薬品には抵抗がある、という人には、医薬部外品の「フレッシュリアップ」がお勧め。
こちらは「育毛トニック」と呼ばれるもので、発毛(新たな毛を生やす)効果は期待できませんが、育毛(今ある毛を育てる)効果は期待できます。

効くのか、効かないのか…?

それでは本題。果たしてリアップX5プラスは、生え際への効果が低いのでしょうか?

結論をいうと、《リアップX5プラスは、生え際には効きにくい》と考えられます。

その理由は…

  • 生え際は特にハゲが進みやすい部位だから
  • 生え際は血管が少ないから

やや専門的な話になりますが、生え際には「5αリダクターゼⅡ型」という酵素が多く存在しており(参照1)薄毛の原因物質が生成されやすくなっています。

また、生え際にはもともと血管が少なく(参照2)、有効成分ミノキシジルの「血管を拡張させ、髪に必要な栄養のめぐりをよくする」作用が、あまり功を奏しません。

もっとも、販売元の大正製薬の公式サイトを見ると、「後退した前頭部やM字になってしまった前頭部、生え際、頭頂部などへの効果があります」と明記されてはいます。

あくまで「まったく効かない」ということではなく、もともとハゲやすい部位である上に血管が少ないため、「効果が出にくい」ということなんですね。

では、どうしたら、生え際への効果をより高めることができるのか?

次章では、リアップX5プラスと合わせて行いたい対策をご紹介します。

リアップX5プラスとあわせて使いたいのは、同じく発毛剤(医薬品)であるプロペシアザガーロ

プロペシアとザガーロは、内服薬(飲み薬)。壮年性脱毛症(正確にはAGA=男性型脱毛症)の進行を抑える効果が認められています。

これらの内服薬で生え際の後退をブロックしつつ、さらにリアップX5プラスで発毛を狙えば、効果的な薄毛対策ができると言えるでしょう。

ただ、プロペシアやザガーロは、市販されていません。医師の処方が必要になります。

ですので、「リアップX5プラス」と「プロペシアorザガーロ」の併用は、言い換えると…

  • 「リアップX5プラス」と「薄毛治療クリニック」

の併用、ということになります。

「効果が低い」という声の中には、安くない発毛剤を使いながら、なかなか目に見えた変化が見られない人のいら立ちも込められている…かもしれません。

大正製薬によれば、リアップX5プラスの効果が期待される目安は、4か月。しかしこれにも個人差があり、「絶対的」な保証ではありません。

一朝一夕には効果があらわれないのが薄毛対策。

専門家の助言も仰ぎながら、諦めず、根気強く、生え際の薄毛・抜け毛対策を行っていきましょう。

参考文献
[1] リアップ×5添付文書 , http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000037183.pdf , 最終検索日2018年4月18日