目次

  1. 頭皮が赤いとき、シャンプーは何を使うべき?
  2. 頭皮が赤い、その原因とは?
  3. 【男女別】頭皮が赤い人におすすめのシャンプー
  4. 頭皮が赤くなったらシャンプーだけでなく適切な対処を!
  5. 頭皮が赤い原因を見極めて、適切なシャンプーを使おう
意外な頭皮が赤くなる原因
意外な頭皮が赤くなる原因

まさかシャンプーに原因があるなんて、思いもしませんよね。

頭皮は髪で覆われているため、普段、自分の頭皮の色を気にすることは少ないかもしれません。
しかし、鏡を見て、髪の分け目が赤いことに気づくとことがあります。
また、かゆみがでてフケが増えたり、べたついたりしてくると気になりますよね。

では、どうして頭皮が赤くなるのでしょうか?
またこの場合、どんなシャンプーを使ったら良いのでしょうか?

そんな疑問を解決するべく、今回は頭皮が赤くなる原因や頭皮が赤いときにおすすめのシャンプーをご紹介します。

頭皮が赤いのに何もしないはだめ!?
頭皮が赤いのに何もしないはだめ!?

きちんとチェックしてみましょう

正常な頭皮は青白い色をしていますが、赤いということは、何らかの原因があるはずです。

「頭皮が少し赤いくらい大丈夫!」と放置していると、抜け毛や薄毛につながることがあるので要注意。

早めの対策のためにも、まずは頭皮が赤くなる原因からみていきましょう。

頭皮の炎症(かぶれ)

頭皮が赤い主な原因のひとつが「炎症」です。

炎症は、頭皮への外的な刺激によって起こります。

シャンプーや整髪料の成分が合っていない場合、アレルギーとして炎症(かぶれ)が起こることも。

こうした頭皮の炎症は、接触性皮膚炎と呼ばれる皮膚疾患。

炎症はかゆみや痛みが伴うことが多いため、早い段階で頭皮の赤みに気づくことも多くなります。

頭皮の赤みの他に、かゆみや痛みが伴っている、傷があるという場合は頭皮の炎症を疑いましょう。

また、アレルギー(接触性皮膚炎)が疑われる場合は、一度皮膚科に相談することをおすすめします。

頭皮の皮脂の過多(皮脂性皮膚炎)

皮脂の分泌の過多も頭皮が赤くなる原因の一つ。
紫外線や刺激物質から守るために、頭皮には常に皮脂が分泌されています。

皮脂の分泌が適量であれば問題ないのですが、過剰になると皮脂が空気に触れて酸化し、刺激のある脂質に変わって皮脂性(しろうせい)皮膚炎を起こすことがあるのです。

皮脂が多くなる要因としては、油っこいものを多く食べる食生活や睡眠不足ストレス、洗髪が不十分で頭皮に汚れがたまっていることなどがあげられます。

湿った大きなフケがでることも特徴なので、赤みの他に頭皮のベタつきや、大きなフケが出ている場合は、脂漏性皮膚炎を疑いましょう。

脂漏皮膚炎は、シャンプーなどで簡単に治すことはできないので、皮膚科の受診がおすすめです。

頭皮の乾燥(乾燥性皮膚炎)

皮脂の過多とは逆に、皮脂が少なすぎても頭皮が赤くなることがあります。

皮脂の分泌が少なくなると、頭皮が乾燥して敏感になり、さらに乾燥が進むと乾燥性皮膚炎という皮膚疾患に発展することもあるので注意しましょう。

頭皮の乾燥に繋がる要因としては、シャンプーのしすぎや、洗浄力の強いシャンプーの使用などが挙げられます。

頭皮の乾燥はただ乾燥するだけでなく、乾いたフケやかゆみなどの症状も見られます。

乾燥性皮膚炎も、ひどくなると自力で治すのは難しくなるので、頭皮が赤い以外に乾燥しているようであれば皮膚科を受診しましょう。

頭皮の血行不良

頭皮の血行不良も、赤い頭皮の原因の一つ。

赤いと血行が良いように見えますが、頭皮の血管は皮膚の表面に近く血液の色が透けて見えるため、健康な状態だと青白く見えるのです。

しかし、血流が悪くなることでうっ血のような状態になり、赤い頭皮に。

血行が悪くなる要因としては、運動不足や長時間のパソコンスマホの使用による肩こり、またストレスなどが考えられます。

これらに心当たりがあり、頭皮が赤い場合は血行不良が原因かもしれません。

血行不良は、シャンプーでは対策が難しいので、頭皮マッサージを取り入れたり、日々の運動や生活の見直しを行いましょう。

ニキビ

ニキビによっても、頭皮が赤く見えてしまいます。
頭皮に皮脂が詰まってそこに汚れが混じると、ニキビの原因になるアクネ菌が繁殖してニキビになってしまいます。

特に皮脂が多い人は注意が必要。
頭皮をきちんと洗って詰まりを防ぐようにしましょう。

乾燥肌の人でも、 頭皮が乾燥すると頭皮のバリア機能が低下して、ニキビができやすくなってしまうので、油断はできません。

頭皮が赤い原因として、思い当たるものはあったでしょうか?

中には、ひどくなるとシャンプーなどの頭皮ケアだけでは対処できないものもあります。
皮膚炎が疑われる場合は、まず皮膚科を受診して治療してもらいましょう。

そのうえで、日々のシャンプーに気を使い、自分の頭皮環境に合ったシャンプーを選んでください。

こちらでは頭皮の状態に合わせたシャンプーを男女別に3種類ずつ、ご紹介します。

【男性向け】①チャップアップシャンプー

シャンプーによる頭皮への刺激が気になる男性におすすめなのが、チャップアップシャンプー。

チャップアップシャンプーが頭皮に優しく使える秘訣がこちらです。

  • アミノ酸系洗浄成分
  • 弱酸性
  • オーガニックエキス10種配合
  • 無添加(注1)

オーガニックエキス配合や無添加だから、誰にもアレルギーが起こらないというわけではありません

しかし、比較的洗浄力が優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用しているため、頭皮への刺激を抑えられます

頭皮の皮脂を適度に洗い流しながら、必要な皮脂を残してくれるので、清潔にしつつも頭皮を外的刺激から守る機能を保つこともできます。

「なかなか肌に合うシャンプーが見つからない」
「刺激が少ないシャンプーを探している」

という方は、ぜひチャップアップシャンプーを検討してみてください。

注1:サルフェート、シリコン、パラベン、好物油、石油系界面活性剤、合成着色料が無添加

【男性向け】②スカルプDシャンプー脂性肌用

頭皮のベタつきや皮脂が気になる男性におすすめなのが、こちらのスカルプDスカルプシャンプーオイリー脂性肌用。

スカルプDシャンプーは、肌の性質に合わせて3種類の展開をしていますが、これはその中でも皮脂が多い脂性肌の人に向けたシャンプーです。

  • 皮脂の抑制効果
  • 保湿効果
  • 洗浄力

これらのバランスが良いのが、スカルプDシャンプー脂性肌用の特徴。

頭皮のベタつきの原因である皮脂をしっかり洗い流し、皮脂を抑えながらも保湿をしてくれるので、健康な頭皮を保つことができます。

さらに、フケやかゆみ、汗臭を防ぐ効果もあり、男性ならではの頭皮、頭髪の悩みを防いでくれます。

頭皮の皮脂が気になる方は、ぜひ一度試してみてください。

【男性向け】③スカルプDシャンプー乾燥肌用

頭皮の乾燥が気になる男性におすすめなのが、スカルプDスカルプシャンプードライ乾燥肌用。

乾燥肌用は、スカルプDシャンプー3種類の中では最も保湿効果が高く、乾燥しがちな頭皮を優しく保湿してくれます。

さらに、肌荒れ防止を目的とした成分を多く配合しているのが特徴。

フケやかゆみを防ぐ効果もあるので、乾燥によるフケやかゆみがある方にもおすすめです。

頭皮の乾燥が気になる男性は、ぜひスカルプDスカルプシャンプーの乾燥肌用を検討してみてください。

【女性向け】①マイナチュレシャンプー

低刺激なシャンプーを探している女性におすすめなのが、マイナチュレシャンプー。

頭皮トラブルや頭皮環境を考え抜いて作られている他、下記のような特徴があります。

  • アミノ酸系洗浄成分
  • オーガニック成分配合
  • 無添加(注2)

アミノ酸系の洗浄成分だから、優しい洗浄力で頭皮への刺激を抑えられます

また、保湿や頭皮を健やかに保つ目的の成分、オーガニック成分をたっぷり配合。

香りや泡立ち、洗い上がりなど女性が気になるポイントもしっかりおさえたシャンプーです。

「低刺激なシャンプーが欲しい」
「自分に合うシャンプーが見つからない」

という女性は、ぜひマイナチュレシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか?

注2:シリコン、着色料、パラベン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、合成ポリマー、タール系色素、合成香料、サルフェートが無添加

【女性向け】②スカルプDボーテボリューム

頭皮の皮脂が気になる女性には、スカルプDボーテシャンプー[ボリューム]がおすすめ。

こちらは、潤いを守りながらもしっかりと皮脂や汚れを洗い流してくれるのが特徴です。

夜使っても、朝ふんわりとした仕上がりに。

名前の通り皮脂だけでなく、髪のボリュームが気になる方にもおすすめのシャンプーです。

女性の頭皮を考え抜いて作られており無添加(注3)なのも嬉しいポイント。

頭皮のベタつきや皮脂、髪のボリュームが気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

注3:シリコン、合成着色料、パラベン、石油系界面活性剤、フェのキシルタール、合成香料が無添加

【女性向け】③スカルプDボーテモイスト

頭皮や髪の乾燥が気になる女性へのおすすめは、スカルプDボーテシャンプー[モイスト]。

補修を目的とした成分を多く配合しており、保湿にもこだわって作られたシャンプーです。

濃密な泡で髪や頭皮を包み込んで洗うので、頭皮への負担も軽減。

ホホバ種子油を配合し、頭皮や髪を保湿します。

頭皮の乾燥はもちろん、女性が気になる髪のパサつきも保護してくれます。

頭皮が乾燥しやすい女性の肌を考えて作られたスカルプDボーテシャンプー[モイスト]の保湿力を、ぜひ体感してみてください。

ここまで、頭皮が赤い時におすすめのシャンプーをご紹介してきました。

しかし、原因によってはシャンプーで対策するだけでは不十分です。

特に頭皮に炎症がある場合は、適切な治療が必要なことも。

原因も分からないまま、間違った対処をしてしまうと、 かえって悪化させてしまうこともあります。

また、なぜ頭皮が赤いのか、その原因をしっかり把握していなければ、適切なシャンプーを選べません。

頭皮が赤くなる原因が不明なときやかゆみ、湿疹、フケなどの症状を伴う場合は、自己判断せず、一度皮膚科を受診するようにしましょう。

頭皮の赤みは、頭皮の皮脂量や血行など、さまざまな原因によって引き起こされます。

また、その原因によっておすすめできるシャンプーも異なります

まずは、頭皮の赤み以外の症状も確認し、自分の頭皮が赤い原因を見極めましょう

もし原因がわからない場合や、頭皮の炎症がひどくなっている可能性がある場合は、早めに皮膚科を受診するのがおすすめです。

皮膚科でしっかり原因を調べてもらい、治療をしながら自分の頭皮に合ったシャンプーを使用しましょう。

参考文献
日本毛髪科学協会.新ヘア・サイエンス[第2版].日本毛髪科学協会.2015