目次

  1. プロペシアの効果・副作用は?メカニズムはどうなっている?
  2. プロペシアってどんな薬?
  3. プロペシアがAGAの薄毛を抑制するメカニズム
  4. これをやったら逆効果!?メカニズムから解説するプロペシアの副作用や注意点
  5. 【要注意】こんな方はプロペシアを扱ってはいけない
  6. プロペシアの個人輸入はオススメできない
  7. 逆効果にならないよう、プロペシアは正しく使いましょう

薄毛治療にプロペシアを使ってみようか検討中の方、プロペシアについて、どれくらい知っていますか?

プロペシアは正しく使わないと逆効果になることもあるので、メカニズムや注意点などの正しい理解が大切です。

そこで今回の記事では、プロペシアの効果やメカニズム、使用上の注意点副作用を解説していきます。

プロペシアの使用を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね!

まずは自分が薄毛かどうか判断したい…

自分の症状にあった薄毛の対策方法を知りたい…

そんな方はまず『ヘアラボカルテ』でいまの薄毛レベルや対策方法をお調べすることをおすすめします。
たった90秒で簡単に薄毛の進行度合いや対策方法を調べることができますので、ぜひこちらを試してみてください!

  • 製薬会社:メルク社
  • 有効成分:フィナステリド

プロペシアは成人男性のAGAに対する治療薬として、1990年代にアメリカで開発されました。

AGAに対する有効性が認められた成分はフィナステリドが初めてで、プロペシアはこのフィナステリドを主成分としています 。

現在では60か国以上で承認されていて、日本でも2005年に認可。

AGAのメカニズムが解明されていく中で、厚生労働省の認可を得た初めてのAGA治療薬として大きな話題になりました。

ジェネリック(後発医薬品)としては、フィンペシアやエフペシアなどが開発されていますが、日本では安全性の面から認可されていません。

まずは、AGAのメカニズムについて簡単に説明しましょう。

AGAは、男性ホルモンの一種のテストステロン5αリダクターゼ(注1)と結びつき、DHTと呼ばれる物質となることで発生します。

このDHTが毛周期(注2)を短くし、髪の毛の成長を妨げるため、結果として脱毛が起こる、というのがAGAのメカニズムです。

プロペシアに含まれるフィナステリドという有効成分の効果は、この酵素5αリアダクターゼの働きを弱め、テストステロンとの結びつきを邪魔するもの。

この効果により、薄毛の原因であるDHTの発生を抑えます。

このメカニズムにより、プロペシアにはAGAを抑制する効果を持つのです。

注1:薄毛・抜け毛の原因となる酵素

注2:髪の毛が生えては抜ける周期のこと。

プロペシアの副作用や、使用上の注意点について、説明していきます。

使用を検討中なら、服用して後悔しないために、リスクもあることを知っておきましょう。

AGAの成人男性のみが服用可能

先ほど「プロペシアがAGAの薄毛を抑制するメカニズム」で説明した通り、プロペシアの効果があるのは男性特有の薄毛であるAGAによる薄毛のみ

女性の薄毛に対しては効果が期待できないどころか、安全性が保証されていません。

成人男性であっても、

「自分の薄毛はAGAの特徴に一致しない
「薄毛の原因がいまいち分からない

という方は、プロペシアの効果が期待できないため、服用をおすすめできません。

肝臓への負担や性欲減退、初期脱毛等の副作用

プロペシアのメカニズムの関係で、服用時に下記のような副作用が出る場合もあります。

  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • かゆみ、蕁麻疹、発疹
  • 乳房の肥大、圧痛
  • 抑うつ、めまい

プロペシアは肝臓に負担をかけるため、肝機能に障害のある方は、服用をやめておくべきでしょう。

普段から大量にお酒を飲む方も、飲酒で肝臓に負担がかかっている可能性があるため、プロペシアの服用には注意が必要です。

その他の副作用の中には、性欲減退、勃起機能不全もあります。

このため、これから近いうちに子どもを持ちたいと思っている方も、服用を控えておくべきです。

さらに、プロペシアは飲み始めた直後から3ヶ月目くらいにかけて、初期脱毛が見られることがあります。

抜け毛の量は1日で200~300本程度。通常の抜け毛は1日100本程度なので、やや多いといったところでしょうか。

初期脱毛の原因ははっきりとは分かっていませんが、丈夫で健康な髪の毛を生やすためにAGAで細くなった毛をあえて抜いている、という説があります。

心配な方は、直後に紹介している記事を読んで参考にしてみてくださいね。

他の薬との併用によるリスク

持病などで他の薬を飲んでいる場合、併用により副作用のリスクが高くなります

自己判断はせず、必ず使用の前に医師や薬剤師に相談しましょう。

また、すでに薄毛対策としてミノキシジルなどの他のAGA治療薬を使用している方も、注意が必要です。

こちらも必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

薬を増やしたからといって、AGAが改善するというものでもありません。

下手をすれば、有効成分の過剰摂取で、身体に悪影響を及ぼす可能性が。

また、薬の併用により有効成分を阻害してしまい、効果をなくしてしまう可能性も考えられます。

プロペシアは医薬品。

使用上の注意を守らなかった場合、副作用によって重大な被害が起きる可能性もあります。

そこでわかりやすいように、「使ってはいけない方」と、「なるべく使用を避けた方がいい方」をまとめました。

  • 【絶対に使用してはいけない人】
    女性
    未成年の男性

  • 【なるべく使用を避けた方がいい場合】
    家族に妊娠中、またはその可能性がある、授乳中の方がいる方
    近い将来に子供がほしいと思っている男性

何度もお伝えしていますが、プロペシアはAGAの薬

男性の薄毛治療の薬ですので、女性に対しては効果や安全性が保障されていません

特に、妊娠中・授乳中の女性が服用すると男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす危険があるため、女性の服用は厳禁です。

また、プロペシアは皮膚から体内に吸収されることもあります。

家族に妊娠中や妊娠の可能性がある方、授乳中の方がいる男性は、基本的には扱わないようにした方が良いかもしれません。

誤って触れてしまっては大変ですからね。

合わせて、未成年者への安全性や有効性も確認されていませんので、20歳未満の方の服用も避けてください。

プロペシアの入手方法は、クリニックで処方してもらうか個人輸入の2通り。

しかし、ヘアラボでは個人輸入をおすすめしていません

なぜなら、個人輸入の場合偽造品を入手してしまう恐れがあるからです。

正規品と偽造品はとても似ているため、素人が見極めるのはほぼ不可能

錠剤やパッケージの特徴が正規品と一致していても、それが本物である証拠にはならないのです。

偽造品には、下記に挙げるような危険が伴います。

  • 効果が期待できない
  • 雑菌や有害成分が混入している可能性
  • 情報が不十分で、健康被害の治療が困難
  • 健康被害にあった場合救済措置がない

これらのリスクを知ったら、いくら安価で購入できるとしても、できれば個人輸入には手を出したくないですよね?

一方クリニックからの入手でしたら、「自分の薄毛がプロペシアで治療できるか」という段階から、医師に相談できます。

自分の薄毛がAGAか否かの診断ができるほか、副作用に配慮した服用方法などを教えてもらえるので、プロペシアはきちんとクリニックからもらうようにしましょう。

あれこれとお伝えしましたが、この記事で一番大切なことは1つ。

プロペシアの効果が期待できるのはAGAによる薄毛のみということです。

誤った服用で逆効果とならないよう、プロペシアのメカニズムや使用上の注意点などを、きちんと理解しましょう。

薄毛対策にプロペシアを取り入れる方は、正しく使って効果を実感してくださいね!

参考文献
[1] プロペシア錠添付文書 , http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf , 最終検索日 2018年5月16日