目次

  1. プロペシアは前髪の薄毛に効果があるの?効果について知りたい!
  2. そもそも、プロペシアってどんな製品?
  3. プロペシアは前髪の薄毛にも効果あり!その理由とは
  4. 前髪に効果ありのプロペシアには注意点も
  5. 前髪の薄毛対策にはプロペシアが効果的!リスクを理解して服用しよう

発毛効果が認められているAGA治療薬、プロペシア

前髪や生え際などの薄毛や抜け毛対策に、どの程度の効果があるのでしょうか。

この記事では、前髪や生え際が後退して悩んでいる方にとって気になるプロペシアの発毛効果について検証していきます。

プロペシアは、AGAに対する効果が認められている医薬品

プロペシアの概要は以下の通りです。

  • 製薬会社:メルク社

  • 有効成分:フィナステリド

  • 有効成分含有量:0.2mg/1mg

  • 適応症:男性による男性型脱毛症(AGA)

  • 作用:薄毛・抜け毛の原因となる酵素「5αリダクターゼⅡ」の働きを抑える

  • 費用:約5,000円〜7,000円

厚生労働省の認可が下りていることもあり、AGA治療を行うクリニックの多くで処方してもらうことができます。

ただし、薄毛治療は保険適応外となるため、クリニックによって費用が異なるので、費用が気になる場合はクリニックに問い合わせましょう。

また、効果が認められている一方で副作用のリスクもあります

副作用についての詳細は、次の記事でご確認ください。

結論として、プロペシアはAGAによる前髪の薄毛に効果が期待できます。

これは、有効成分フィナステリドにAGAの原因となる男性ホルモンDHTの生成を抑制する作用があるため。

AGAの原因であるDHTは、同じく男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼという体内酵素が結びつくことで生成されています。

この5αリダクターゼには1型と2型が存在し、2型はAGAで薄毛になる前髪部分・頭頂部に多く存在しています。

つまり、簡単にいえばAGAで前髪や生え際の薄毛が起こるのは、この2型5αリダクターゼがテストステロンと結びつきDHTができるからです。

そこで効果が期待できるのが、プロぺシアの有効成分フィナステリド

フィナステリドには2型5αリダクターゼの活性を抑える働きがあるので、テストステロンと2型5αリダクターゼが結びつきにくくなり、DHTの生成量が減少します。

その結果、AGAの原因が少なくなり、前髪の薄毛の進行を抑える効果が期待できるです。

プロペシアにはAGAへの効果がある一方で、いくつか注意すべきこともあります。

この章ではとくに、副作用・使用上の注意点・初期脱毛・購入方法の4点を詳しく説明していきましょう。

副作用

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、以下のような副作用のリスクがあります。

  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • かゆみ
  • 蕁麻疹、発疹
  • 乳房の肥大
  • 圧痛
  • 抑うつ
  • めまい
  • 胃部不快感

また、前髪、頭頂部にかかわらず、未成年への安全性や有効性は確認されておらず、服用は禁止されています。

副作用と思われる症状が出た場合は、ただちに医師に相談するようにしてください。

使用上の注意点

前髪の薄毛に効果が期待できるとはいえ、プロペシアの継続的な内服は肝臓に負担をかけます。

プロペシアに限ったことではありませんが、内服薬は成分によっては肝臓で代謝されるものもあり、肝臓に負担をかけています。

その理由から、もともと肝臓機能の低い人や肝臓を治療中の人は、服用を推奨しません

病院やクリニックに相談の上、慎重に服用を判断するようにしてください。

また、妊婦や授乳中の女性にとってプロペシアの服用はNGです。

プロペシアは肌から吸収されることもあるため、妊婦の人がプロペシアに触れるだけで影響が出る可能性も。

ですので、女性が扱わないのはもちろん、男性が服用する場合もご家族やパートナーへの配慮が大切です。

初期脱毛

プロペシアを飲み始めた直後、一時的に抜け毛が増える初期脱毛という現象があります。

前髪や頭頂部も含め、1日で200~300本近くの髪の毛が抜ける人がいる一方、まったく髪の毛が抜けないという人も。

抜け毛が増えるということで不安になるかもしれませんが、この初期脱毛は新たな髪が生える過程で、昔の弱々しい髪の毛が抜け落ちるために起きる現象。

プロペシアの効果が出ている証拠ともいえるので、悲観することはありません。

ただし初期脱毛なのか、それともAGAが進行しての脱毛なのかどうか不安な場合には、AGA治療の専門医師に相談するようにしてください。

購入方法

プロペシアは、購入方法にも注意が必要です。

医療用医薬品であるプロペシアは、原則として医師の処方がなければ購入できません。

ですが、個人輸入により海外から取り寄せることで、医師の処方なしでも合法的に購入できます。

ただし個人輸入には、偽造品による経済的、身体的被害リスクも…。

また、自己判断で医薬品を使用した場合、副作用が出たとしても救済制度の対象にならず、迅速かつ適切な処置が受けられない場合もあります。

これらのことから、ヘアラボのポリシーより個人輸入は推奨しません

プロペシアは、薄毛治療を行う多くのクリニックで取り扱いがあるので、まずはクリニックで相談しましょう。

クリニックで処方してもらえば、使用前はもちろん、使用中に不安なことがあってもすぐに医師に相談できます。

プロペシアは、AGAが原因の前髪の薄毛に効果が期待できる治療薬

プロペシアの有効成分フィナステリドが、AGAの原因となるDHTの生成を抑制するため、とくに前髪の薄毛の進行を抑える効果が期待できます。

しかし、副作用や購入方法など、注意が必要な側面があるのも事実。

プロペシアで前髪の薄毛対策をしたい場合は、必ず薄毛治療を行うクリニックを受診し、医師にプロペシアの使用を相談しましょう。