目次

  1. プロダクトワックスでパーマヘアも旬のスタイリングに…!
  2. product(プロダクト)ヘアワックスの特徴とは
  3. パーマスタイリングにもおすすめ!《プロダクトワックスの使い方》
  4. 【男女別】プロダクトワックスで作るパーマスタイル
  5. パーマスタイリングにもプロダクトワックスがおすすめ!

「パーマはかけたいけど、くるくるキメすぎのスタイルはあまり好きじゃない…」

そんなあなたに朗報です!

人気のプロダクトワックスを使えば、キメすぎないナチュラルなパーマスタイリングが簡単にできちゃうんです。

オイルベースで髪や肌にやさしいプロダクトワックスなら、パーマのダメージケアもできて一石二鳥◎

そこで今回は、プロダクトワックスを使ったパーマヘアのスタイリング法を紹介します。

プロダクトワックスを使って、髪をケアしながら自分好みのパーマヘアを楽しみましょう!

プロダクトワックスの特徴は、何と言っても配合成分のシンプルさです。

プロダクトワックスに使われている成分は、厳選されたたった5つのオーガニック素材だけ。

肌への刺激となる化学成分が一切含まれていないため、リップやハンドクリームなど全身にお使いいただけます!
スタイリングが終わった後、そのまま手にぬれるので手洗いが不要なのも嬉しいポイントです。

また、プロダクトはオイルワックスなので、ツヤ出しウエットヘア(濡れ髪)も簡単にできちゃう優れもの。
ウエットスタイルはパーマヘアとも相性が良いのでおすすめですよ◎

それでは、続いてプロダクトワックスの使い方を見ていきましょう。

プロダクトワックスを使ったパーマスタイリングの手順は以下の通り。

  • 1)適量とって手のひらでオイル状にする
  • 2)毛先を中心にもみこむ
  • 3)バランスを見ながら全体を整える

まずはプロダクトワックスの基本的な使い方をチェックしておきましょう!

1)適量とって手のひらでオイル状にする

まずは少量のワックスを手に取り、オイル状にします。

この際、ワックスをつけすぎてしまうと、髪のベタつきやヘアスタイルの崩れの原因となるので注意してくださいね。

【髪型別の目安量】

  • ショート〜ボブ:パール1粒ほど
  • ミディアム〜ロング:パール2粒ほど

しっかりウエットヘア(濡れ髪)をつくりたい方は、全体の仕上がりを見ながら使用量を調整しましょう。

また、衛生面が気になる方や爪が長くて取りづらい方は、スパチュラ(注1)の使用がおすすめです。

注1:スパチュラとは、クリーム状やジェル状の化粧品を取る際に使うヘラのこと。

2)毛先を中心にもみこむ

プロダクトワックスをつける理想的な順番比率はこちら。

  • ①毛先 70%
  • ②表面 20%
  • ③前髪・フェイスライン 10%

手に伸ばしたワックスをまずは毛先を中心に揉み込んでいきます。

次に手に残っている少量のプロダクトワックスを髪の表面に撫でるようにやさしくつけます。

ベタついた印象を与えやすい前髪フェイスラインは最後、手に余ったワックスで整えてくださいね。

さらに、トップにつけすぎてしまうとペタッと清潔感のない印象になってしまうので注意しましょう。

はじめは少しずつワックスを手に取りながら量を調節するのがおすすめです。

3)バランスを見ながら全体を整える

最後に、パーマヘアの毛流れを整えながら仕上げを行います。

ウエットな質感のパーマにしたいのであれば、毛束を作るように意識しましょう。

セミウエットな質感のパーマであれば、逆に束を作らないように表面を撫でるように仕上げます。

それでは、具体的にプロダクトワックスを使って作れるパーマスタイルを写真とともに紹介します!

プロダクトワックスを使って作れるパーマヘアを男女別に紹介。

実際の写真とともに具体的なセット方法をチェックしていきましょう!

【男性編】プロダクトワックスで作るパーマスタイル

しっかりウエットなパーマヘアもプロダクトワックスでスタイリングも可能です!

  • 目安量:パール1.5〜2粒ほど
  • 1)ワックスを手のひらでオイル状にする
  • 2)根元付近から髪全体に満遍なくつける
  • 3)毛流れを整えて、完成

ポイントは動きのあるパーマにするために、空気を含むようにプロダクトワックスを揉み込むこと。

髪が多い人やしっかりウエット感を出したい場合は、ベースとしてヘアオイルをなじませておくとウエットヘアが作りやすいのでおすすめですよ◎

セット力が物足りない方はジェル系のワックスと混ぜて使ってみてくださいね。

清原翔さん(@mrkiyotan)がシェアした投稿 -

柔らかな印象のニュアンスパーマにはセミウエットな質感がおすすめです。

  • 目安量:パール0.5〜1粒ほど
  • 1)ワックスを手のひらでオイル状にする
  • 2)毛先を中心に揉み込むようにつける
  • 3)髪の表面を撫でるようにつけ、手グシで全体を整えて完成

プロダクトワックスをつけすぎてしまうと、ペタっとしてせっかくの柔らかなパーマが台無しに。

毛先を中心に揉み込んだ後、髪に動きを出していきましょう。
ゆるいパーマにしたい方や髪が多い方は、先にヘアオイルを馴染ませておくのもおすすめです!

【女性編】プロダクトワックスで作るパーマスタイル

ワンパターンになりがちなボブスタイルも、プロダクトワックスとパーマを組み合わせれば、いつもと違った雰囲気に挑戦できます。

  • 目安量:パール1粒弱ほど
  • 1)ワックスを手のひらでオイル状にする
  • 2)毛先から髪全体にしっかり揉み込む
  • 3)手グシで全体を整えて、完成

セミウエットのボブスタイルならパール1粒弱を毛先中心になじませて、表面に軽く揉みこむようにするのがポイント。

しっかりウエットヘアにしたい方は、オイルをつけてからワックスで毛先に動きをつけるのがおすすめですよ。

ロングヘアのニュアンスパーマにもプロダクトワックスのウエット感はピッタリ。

  • 目安量:パール2粒ほど
  • 1)ワックスを手のひらでオイル状にする
  • 2)毛先に揉み込む
  • 3)手グシで髪の表面と全体につけて完成

毛束を作ることを意識すると、動きが出てより女性らしいウエットへアに仕上がります。

髪が多い方やしっかりウエット感を出したい方は、先に少量のヘアオイルをなじませてからプロダクトワックスで整えるのがおすすめです◎

プロダクトワックスは、流行りのウエットヘア(濡れ髪)を簡単に作れることができます。

ウエットヘアとパーマスタイルの相性は抜群!

パーマスタイリングがうまくいかないときはプロフダクトワックスを試してみてはいかがでしょうか。

ただし、使い方を間違えるとベタついて見えたり、ヘアスタイルが崩れてしまったりする原因になることも…。

この記事を参考に、あなたのなりたいスタイルと合ったセット方法で、ワンランク上のパーマヘアを楽しみましょう!