目次

  1. 抜け毛が増えるって本当?!ピルの副作用について知りたい
  2. ホルモン剤【ピル】とは?
  3. 女性が注意すべき<ピルの副作用>
  4. ピルの副作用によって抜け毛が増える可能性もある
  5. ピルをやめた後の抜け毛は対処できる…?
  6. ピルの副作用による抜け毛は“気長に対処する”のが1番!
最近抜け毛が多い…?これってピルのせい?
最近抜け毛が多い…?これってピルのせい?

ピルを飲みだしてから、抜け毛が増えた。
なんとなく薄毛になった気がする…。

そんな症状にお悩みではありませんか?

ピルの服用後に抜け毛が気になるようになったという女性のために、ピルと抜け毛の関係性副作用についてまとめてみました!

ピルを服用していたという女性も、これから服用しようか検討していたという女性も、ぜひこの記事を読んでピルの使用についていま一度考えてみてください。

そもそも、ピルについて詳しく知っている方は大変少ないと思われます。

避妊薬、月経の期間を調整する薬…。
そんな“漠然としたイメージ”はあっても、何が含まれていてどのような作用を体にもたらしているのかまでは、わからないですよね。

ピルは、エストロゲンという女性ホルモンの一種を含んだ薬のことを指します。

1つの錠剤に含まれるエストロゲンの量により<高用量、中用量、低用量、超低用量>に分類されます。

  • 高用量 :エストロゲンの量が1錠中50μgより多い

  • 中用量 :エストロゲンの量が1錠中50μg

  • 低用量 :エストロゲンの量が1錠中50μg より少ない
    (多くの低用量ピルは30μg~35μg)

  • 超低用量:エストロゲンの量が1錠中30μg より少ない
    (ヤーズとルナベルULDは20μg)

症状によって使い分けされますが、いずれも女性ホルモンの容量を調整をする薬剤ですので、何らかの副作用はあると考えられます。

ピルを服用することで、一体どのような副作用が起き得るのでしょうか。

詳しく説明していきます。

ピルには女性が気をつけるべき副作用があります。
ピルには女性が気をつけるべき副作用があります。

ピルを使用する上で、女性が注意しなくてはならない副作用は沢山あります。

まず、“副作用が大きいもの”“副作用が小さいもの”に分類して、どのような副作用が存在するのかくわしく解説していきますね。

大きな副作用

20歳代で発生する確率は「1万分の1」と言われていますが、下記のような大きな副作用を引き起こす可能性もあります。

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 血栓症

発症率としては決して高い数字ではありませんが、「このような副作用も起こらなくはない」という、万が一の可能性を知っておく必要があるのではないでしょうか。

小さな副作用

先ほどお伝えした副作用よりも、比較的軽度な副作用について説明していきます。

特にピルの飲み始めに多いと言われているのが、以下のような副作用。

  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 乳房の張り
  • 体重増加
  • にきび

など…。

多くの場合は、毎日同じ時間にピルを飲み続けていくことで症状を和らげられるそうなので、深く気に病む必要はないと思います。

ですが、症状が長引いたり、どうしても気になったりするようであれば、クリニックでご相談してみてください。

また、ピルの副作用として「抜け毛・薄毛を引き起こす」という話を耳にしたことがある方もいると思います。

ピルによって、本当にそのような副作用は起きるのでしょうか?

女性ホルモンと髪の毛が生えるサイクルには密接な関係があるのです。
女性ホルモンと髪の毛が生えるサイクルには密接な関係があるのです。

結論からお伝えしますが、ピルの服用によって抜け毛が増えてしまう可能性はあります

ですが、抜け毛が増えてしまう可能性が出てくるのは、厳密に言うとピルを飲んでいるときではなく服用後なのです

ピルは服用している間*女性ホルモンを増加させるため、ヘアサイクル(注1)の“成長期”が延長され、髪が抜ける期間に移行しにくくなります。

しかし、ピルを服用しなくなるとおおよそ2~3か月でホルモンバランスが元に戻るため、成長期から急速に“休止期”に移り、本来すでに抜けているはずだった髪の毛が一気に抜けてしまうのです。

注1:毛が成長期(髪の毛が伸び続ける期間)、退行期(髪の毛の成長が弱まり、毛根内部の細胞が小さくなる期間)、休止期(毛が抜け落ち、次に生える毛を待つ期間)を繰り返すこと。

基本的に、この抜け毛はホルモンバランスの影響で自然に起こり、自然に治るものなので、何か対策打ったからといって、すぐに治せるものではありません

ですが、「今ある髪の毛を少しでも健康的に保ちたい」「これから生えてくる髪の毛を大切にしたい」という方は、意識的に対策をして“頭皮環境を整える”必要があります。

そのためにできる対処法があるので、ぜひ今後のケアの参考にしてみてください!

さっそくご紹介していきます。

質の良い生活習慣を身につける

質の良い生活習慣を身につけることは、髪の毛を健やかに保つ・頭皮環境を整える上では“基本中の基本”です。

適度な運動をして汗を流し、血流やリンパの流れを促進させる

そして、身体の疲れが取れるようゆっくりお風呂に浸かり、決まった時間にしっかりと睡眠時間を確保する。

さらに、健康的な髪の毛や頭皮を保つためには、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が不可欠なので、食事などから必要な栄養素をバランス良く補給してください。

このような規則正しい生活は、正常なヘアサイクルを整えたり、髪の成長に不可欠な状態の良い頭皮環境を保つための手助けをしてくれるのです!

髪の毛や頭皮に必要な栄養素については、もっと詳しく説明している記事もありますので、ぜひ毎日の食生活に役立ててください。

必要以上に気にしすぎない

ピルの副作用である抜け毛は、ピルを使用している女性であれば誰にでも起こり得る症状です。

基本的に規則正しい生活を送っていれば自然と元のヘアサイクルへと戻り、髪の毛は生えてきますので、あまり気にしすぎないこと。

気にしたり心配したりすることでストレスが貯まり、ホルモンバランスがより崩れやすい状態になってしまう危険性もあります。

没頭できる趣味を見つけたり、旅行に出かけたり、好きな音楽を聴いたりして、自分なりにリフレッシュできる方法考えてみてください。

「+α」の力でもっと頭皮環境を整える

「自然に過ごせば治る」と言われても、やっぱり髪や頭皮のために何かしたい

そんな風に思う方もいらっしゃいますよね。

そんな時は、抜け毛を予防育毛に適した頭皮環境を整えてくれる<ヘアケアアイテム>を活用してみてはいかがでしょうか?

ベルタ育毛剤は頭皮に刺激を与えにくい天然由来成分を多く含んでいるので、「頭皮に直接使うものなので天然由来成分を多く含んだ育毛剤で薄毛対策をしたい」という方にぴったりのヘアケアアイテムです。

女性のために作られた育毛剤で、抜け毛予防を徹底してみてください。

考え過ぎはNG。まずは心に負担をかけないこと。
考え過ぎはNG。まずは心に負担をかけないこと。

ここまで、ピルの副作用や抜け毛との関係性についてお伝えしてきました。

何度も説明していますが、ピルの副作用による抜け毛はどなたにでも起こりうることです。

あまり気に病みすぎると心にも体にも良い影響はありません。
むしろ、健やかな髪や頭皮を作り上げる妨げになってしまう可能性もあります。

質の良い生活を心がけ、時には育毛剤などケアアイテムの力に頼り、心にゆとりを持って抜け毛の症状が落ち着くのを辛抱強く待ちましょう

どうしても不安だという方は、一度病院やクリニックなどに相談してみるのもいいかもしれません。

とにかく、いずれ治るものと考えて、ストレスを溜めてしまわないようにセルフケアをしてあげてくださいね。

ここで、抜け毛が増えて薄毛が気になる方に耳寄りなお知らせです。

自分が本当に薄毛かどうか判断したい…

自分の症状にあった薄毛の対策方法を知りたい…

そう思ったら、まずは『ヘアラボカルテ』でいまの薄毛レベルや対策方法をお調べすることをおすすめします。
たった90秒で簡単に薄毛の進行度合いや対策方法を調べることができますので、ぜひこちらを試してみてください!