目次

  1. 自毛植毛の治療後って頭皮はどうなるの?
  2. 自毛植毛のデメリット
  3. 自毛植毛のメリット
  4. 自毛植毛後の経過を写真付きで紹介!【患者別】
  5. 自毛植毛後に痛みはないの?
  6. 自毛植毛後の経過に関して、注意したい点
  7. 自毛植毛の経過をよくするために…
  8. クリニック選びのポイント
  9. 自毛植毛で、おすすめの植毛クリニックは?
  10. 自毛植毛の経過について動画でもチェック!
  11. 自毛植毛の経過について正しい知識を

AGA(男性型脱毛症)になってしまった皆さん。 治療方法について悩んだり効果が出ず悲しい思いをされていませんか? せっかく治療しても効果がなければガッカリしてしまいますね。

そんな時に役立つのが自毛植毛です!

自毛植毛とは、自らの健康な髪が生えている後頭部などから、皮膚と一緒に髪を採取して施術部位に移植する薄毛治療法です。 麻酔を使う外科手術なので手術中の痛みはありませんが、術後麻酔が切れてくるとしばらくの間は痛みがあります。

一方で、植毛された髪は術後いったん抜け落ちますが、移植された頭皮が定着するとまた髪が生えてきます。

また、ほぼ移植には成功という結果も出ています。

自毛植毛は、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドBランクの評価を受けています。 そこで今回、自毛植毛を行った後の経過を画像と口コミを用いてご紹介したいと思います。

自毛育毛を行うことで
自毛育毛を行うことで

より自然なAGA対策が可能!

自毛植毛は手術なので、メリットだけではなくデメリットもあります。

デメリットがあるということも納得して手術を受けるか決断しましょう。 ここで自毛植毛手術のデメリットについて解説していきます。

・費用が高額

自毛植毛は自費診療なので手術代、診察代等全て健康保険の除外になっています。 植毛する面積や手術方法で金額がかなり変わってきます。

メスを使って手術するFUT法とメスを使わないFUE法と手術方法はおおまかに2つになります。 FUT法の方がFUE法より金額は安いですが、70万~100万円単位の金額を考えていた方が良いでしょう。

・傷跡が残る

メスを使って手術するFUT法では後頭部の皮膚を1cm×10数センチの範囲で切り取りますので、後頭部に直線の傷跡が残ります。髪で隠れる範囲ですが傷跡が落ち着くまでには時間がかかります。

メスを使わないFUE法も傷跡は残ります。 パンチという特殊な機材で後頭部の毛根を抜いていくので、水玉のようにポツポツと傷跡が残ります。 坊主や刈り上げなどの髪型では、他の人にわかってしまいます。

・手術が1回で終わらない時がある

移植する面積に応じて必要な毛根の本数が変わってきます。 一度に採取出来る毛根の本数は限られているので、移植する面積によっては数回手術する可能性があります。 手術は局所麻酔なので、話したり休憩を取って軽食を取ることも出来ますが、一日かかると思った方が良いでしょう。

・医師の技術で仕上がりが変わる

自毛植毛は外科手術なので、経験の浅い医師だと毛根を採取する時に傷をつけてしまう可能性があります。 傷がついた毛根は移植しても定着はしません。 自毛植毛手術をする時は経験豊富な医師を選びましょう。

自毛植毛のデメリットを解説してきましたが、メリットも勿論あります。 次に自毛植毛のメリットを見て行きましょう。

自毛植毛を行うことで、どのような利点があるのでしょうか。

自毛植毛には、他の方法では得られない、自毛植毛だけのメリットがたくさんあるんです。

・自分の細胞なので、拒絶反応のリスクが少ない

人工毛では、異物を入れることになるので拒絶反応が起こることも多々見られますが、自毛植毛はもともと自分の髪ですから拒絶反応が起こることは限りなく低くなります

・髪の太さや色が自然

自分の髪を移動させるのですから、自然なのは当然ですね。

手触りや色味、毛髪の質も周囲と変わりませんから、カラーリングやパーマなどで違和感を感じることもありません

・定着すれば、その後のメンテナンスが不要

自毛植毛では、AGAの影響を受けない後頭部などから髪を持ってきますから、定着すればあとは自然に髪が生えてきます。

抜けてもまた生えます。

人工毛植毛やカツラのように数ヶ月ごとのメンテナンスがなくなりますので、結果的には一番安い方法かもしれませんね。

現在では自毛植毛の技術も上がっていますから、より自然に、負担を軽くすることができます。

では、実際に自毛植毛を受けた人はどのように改善したのでしょうか。

実際の写真を見ながら、自毛植毛をした人の経過を見ていきましょう。

自毛植毛とは、どんなものか上記の文書でお分かりいただけたかと思います。

そこで次は、自毛植毛を実際に行った方の経過を写真付きでご紹介したいと思います。

①患者A前頭部への自毛植毛

こちらの自毛植毛は、額の両側が後退した方にお勧めです。

このタイプは、横から見ると前髪のラインが耳の延長線よりも後ろにある状態だというのが特徴です。

そのため、見た目の変化が出しやすく、顔のイメージを左右する前髪を中心に植毛するといいでしょう。

②患者B頭頂部へ自毛植毛

こちらは、頭部中央に植毛が必要な人にお勧めしています。

このタイプは、つむじの周囲から頭頂部が薄くなっている事が特徴です。

そして、自毛植毛を行ったばかりの時は、頭皮に赤みが見られますが徐々に薄れていくのでご安心ください。

また、術後数日かはカツラの使用は、なるべくお控えください。

③患者C生え際への自毛植毛

こちらの場合、主に横の部分の生え際が後退した人にお勧めです。

このタイプの特徴は、前髪が額の中央に半島状に突きだした状態になることです。

また、頭頂部がやや薄くなり始めているのも、もう一つの特徴です。

そして、果的にボリュームアップを図るため、生え際前髪の両方への植毛を行うと効果的です。

④患者額と頭頂部療法への自毛植毛

最後の自毛植毛の経過は、額・頭頂部の両方が後退した方です。

このタイプの特徴は、額の両側の後退と頭頂部の脱毛部分が一体となり、側頭部と後頭部にしか頭髪が残っていない状態になることです。

一方で治療法は、初回に多めの移植を行いある程度経過した後に追加をするか判断する方法を行う事が多いようです。

自毛植毛後の経過について、写真付きでご紹介してきました。 どの方も、数ヵ月後にはしっかりと髪の毛がはえてきている様子がわかりましたね!

ところで、数ヵ月すれば目立たなくなる傷あとですが、 自毛植毛手術直後の写真を見ると、痛々しさもありますね。

実際に自毛植毛後に痛みなどはないのでしょうか。

これは、人によっても違うようです。

体験談などによると、自毛植毛手術当日は痛みで眠れない人もいるようです。 痛み止めを処方されますので、うまく使いましょう。

痛みが特に問題なくとも、頭部につっぱるような違和感や 一時的に、植毛部にしびれるような感覚を覚えることがあるようです。

また、かさぶた部分などにかゆみを感じることもあります。

いずれも一時的なものではありますし、大きな問題を感じない人もいます。 ただし、自毛植毛手術を受ける際にはある程度覚悟をしておいたほうが良いでしょう。

自毛植毛を行ったとされる有名人についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

続いては、実際に自毛植毛を行った後に注意すべきことについて説明致します。

下記の3つの注意点をきちんと守り、安全に自毛植毛を行いましょう。

焦らない

まず1つめの注意点は、焦らないことです。

上記の、自毛植毛の見て頂くと頭皮がある程度隠れるまで数カ月かかります。

そのため、完全に毛髪が生え揃うまで髪の生長期間が必要です。

その間に焦ってしまい医師の指示のない育毛剤医薬品などの使用は、お控えください。

シャンプーは優しく丁寧に

続いての注意点は、シャンプーの使用方法です。

手術の方法やサロンによって異なることはありますが、なるべく手術後当日のシャンプーは控えた方がいいようです。

自毛植毛は、いずれの方法でも頭皮の傷は免れない手術ですので、シャンプーで傷口が開いてしまう事も…。

また、後にシャンプーを行う時は、ゴシゴシ洗ったりせず軽く流す程度にしておきましょう。

何かあれば、すぐに手術したクリニック・病院へ

最後に、自毛植毛後に少しでも違和感があったときは必ず手術した病院へご相談ください。

もしも、違和感があるのに我慢してしまうと頭皮に酷い炎症をおこしたり、周りの毛髪に悪影響になってしまう可能性がありますのでご注意ください。

自毛植毛手術をより安全に、安心して受けるための 注意点をご紹介しました。

さて、自毛植毛後の髪の毛の定着率は、 手術そのものだけでなく、術後のアフターケアにも左右されます。

先ほどご紹介した注意点に加え、以下に気をつけることで、 自毛植毛手術の結果をより良いものにしましょう!

・固めの枕を準備する 柔らかい枕を使うと知らないうちに頭部をこすりつけてしまいます。 刺激を与えると定着率に影響してしまうので、固めの枕を準備しましょう。

・帽子、カツラは術後数日待つ 先ほどご紹介した写真を見ても、自毛植毛手術直後は傷跡がよく目立ちます。 この間、傷跡を隠すために、帽子やカツラをかぶりたいところですが、 頭皮を覆ったり、頭皮の通気性を悪くするものはNGです。 髪の毛の定着率を下げてしまう可能性があるので 術後数日は避けましょう。

・整髪剤は術後数週間以降 頭皮の汚れにつながってしまう整髪剤は、自毛植毛手術後数週間はひかえましょう。 パーマやヘアカラーは術後数ヶ月は避け他方がた方がよいでしょう。

・激しい運動はNG 自毛植毛は頭部の手術です。 激しい運動により、血管が拡張されてしまうと、傷口が開いてくることもあります。 定着率どころの話ではなくなってしまいますね。 術後数日程度は運動自体控えましょう。 それ以降にウォーキング程度の軽い運動は可能と言われています。

手術の成功を決めるのはあなたです
手術の成功を決めるのはあなたです

どういった方法で手術を受けるか、 医師の技術力などにも 自毛植毛手術の結果は左右されます。 でも、術後のあなたの行動で、 さらにその結果が分かれてしまいます。 注意点をしっかり守って なるべく定着率をあげましょう。

自毛植毛は手術ですから、クリニック選びは慎重に行わなければいけません。 そこで、良いクリニックを選ぶポイントを紹介していきます。

①自毛植毛専門クリニックかどうか

クリニックには、自毛植毛を専門に行っているところと美容整形の選択の一つとして自毛植毛を行っているところがあります。

美容整形全般や人工毛植毛を行っているクリニックでは、様々な手術を行うために、自毛植毛に関しては技術力が低いと考えられます。

クリニックを選ぶ際は、自毛植毛を専門に行っているクリニックを選びましょう。

②豊富な実績と症例を提示している

クリニックの宣伝には、当然良い事しか書いてありませんよね。

そこで、判断の材料になるのが今までの症例です。

症例は、クリニック側の技術力を示す手段でもありますから、今までの症例をたくさん提示しているクリニックを選びましょう。

写真が極端に少なかったり、古い写真を使っているクリニックは避けるのが無難です。

③インフォームド・コンセントを徹底しながらカウンセリングをしている

インフォームド・コンセントとは、「正しい情報を得た上での合意」の意味です。

治療法や値段など、全てにおいて納得した上で手術をしないと、後で後悔することになるかもしれません。

カウンセリングをする際、クリニック側が勝手に治療法を決めてしまったり、考えるの余地のないような早急な手術をすすめてくるなど、じっくり考えて検討させてもらえない場合は、クリニックを選びなおしましょう。

自毛植毛は、自分の状態がどうなのか、治療法の選択肢はどれだけあるのかをじっかり話し合った上で決めるものです。

納得のいかない状態で決めるのは絶対にやめて下さいね。

以上の3点に注意しながら、慎重にクリニックを選びましょう。

複数のクリニックで、メール相談無料カウンセリングを行うと判断しやすいですね。

と言っても、クリニックもたくさんあって困る・・・という人には、次でこの条件を全てクリアしたクリニックをご紹介します。

では、これまで自毛植毛の経過について説明してきましたが一体どこのクリニック・病院に受診したらいいのでしょうか。

おすすめはアイランドタワークリニックです。

1人1人に親身になり無料でカウンセリング行ってくれます。

ここまで自毛植毛後の経過を一般人や有名人の画像を用いて紹介と 自毛植毛を行う時の注意点について説明致しました。

これを機会に更に詳しく自毛植毛について知ってみませんか?

下記に自毛植毛の事が、もっとわかる動画をご用意致しました。

是非、参考にしてみてください。

切らない植毛がAGA(男性型脱毛症)を治す!?新しい薄毛治療

植毛の手術の流れと経過がわかります!

今回は、自毛植毛後の経過についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

自毛植毛は、きちんと医師などに相談し正しい知識を持って行えば安全な治療方法です。

今、薄毛で悩んでいる方は勇気をもってカウンセリングに行ってみると悩みを解決できる可能性が大きく広がる事でしょう。

自毛植毛を施すことで、少しでも悩みの少ない人生を過ごせる人が増えます様に願っています。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。