目次

  1. 自毛植毛後のシャンプーが不安…
  2. 自毛植毛後のシャンプー、みんなはどうしてるの?
  3. 自毛植毛後のシャンプーで気をつけたいこととは?
  4. 自毛植毛後におすすめなシャンプーの特徴
  5. 逆に、自毛植毛後にこんなシャンプーはNG!
  6. 自毛植毛後の正しいシャンプーの手順をチェック!
  7. 自毛植毛の不安はクリニックに相談を
  8. 自毛植毛後のシャンプーはまず注意点を確認!

自毛植毛の施術後の頭皮はとてもデリケートで、植えた毛を定着させるには頭皮ケアがとても大切と言われています。 そんな頭皮ケアの代表格が、日ごろのシャンプーです。 本記事では、施術後のシャンプーで気をつけたいことや、おすすめのシャンプー、口コミなどを紹介していきます。

施術後のケアが大切!
施術後のケアが大切!

自毛植毛後の頭皮ケアは毎日のシャンプーがとても重要です。そのケア方法についてご紹介します。

「毎日のシャンプー」も、自毛植毛後のシャンプーとなるとどうもその方法が異なるようです。 そこで、自毛植毛をされた方がどんな頭皮ケアをしているのか、口コミをまとめてみました。

頭皮ケアって難しいのかな?
頭皮ケアって難しいのかな?

すでに施術された方がどんなシャンプーで頭皮ケアをされていたのか、気になりますね。

自毛植毛後のしばらくの期間は、いつものようにシャンプーをすることは髪にも頭皮にも悪いようですね。 かといって、洗わないと雑菌が繁殖してしまう・・・。 何だかメンテナンスが難しく聞こえてきましたが、ここからはそんなシャンプーで気をつけたいことをご紹介していきます。

毎日、髪の毛はシャンプーをしてサッと洗い流してサッパリ&スッキリ!の皆さん。 その洗い方は、自毛植毛後の頭皮にとってはとても危険です!

では、「シャンプーで気をつけることって何があるの?」の質問に、3つのキーワードでご説明していきます。

①とにかく優しく洗う

施術後数日から数週間は、髪や頭皮に負担をかけないよう、肌に優しいスポンジを使って軽く押し洗いをします。

施術後の頭皮はとてもデリケートなので、絶対に指や爪を使ってゴシゴシと洗ったり、こすってはいけません!

②刺激の少ないシャンプーを使う

シャンプーについては、できるだけ刺激の少ないベビー用のものを使うといいようです。 また、シャンプー液は直接頭皮につけず、洗面器などのお湯でシャンプー液を薄めてから使うようにします。

「優しく丁寧に」が基本!
「優しく丁寧に」が基本!

これから育つ髪を、優しく丁寧にケアしていきましょう!

③シャワーの水圧を弱める

髪を洗うとき、シャワーの水圧でリフレッシュすることも多いですよね。

しかし、自毛植毛後のシャンプーの時にシャワーの水圧が強いと、植えたばかりの株(毛)が抜けてしまうので、水圧は弱めで使いましょう。

また、頭皮へお湯を大量にかけることも植えた株が抜ける原因になる可能性があります。

先ほど、「刺激の少ないベビー用のシャンプー」をご紹介しました。 しかし、ベビー用は刺激が少ないといっても、どんな成分のシャンプーを選べば安心なのかは知っておきたいところですよね。 それではここからは、その特徴をご紹介します!

無添加のシャンプー

赤ちゃんの肌の印象は、刺激に弱く、柔らかいですよね。

自毛植毛した頭皮も、赤ちゃんの肌のように 刺激に非常に弱くなっています。 そのため、合成界面活性剤や着色料、香料、保存料が入っていない無添加のシャンプーを使うことが、これから育とうとする髪の毛に効果が期待できます。

肌に優しいアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーの特徴は、洗浄力は優しいけれど日ごろの汚れはきちんと落とすところです。 また、頭皮の油分を取り過ぎないので乾燥を防げたり、フケから頭皮を守る役割が期待できます。

アミノ酸の代表的な成分には、ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸、グリシン、メチルアラニン、サルコシンなどがあります。

「安心して使い続けられる」が嬉しい!
「安心して使い続けられる」が嬉しい!

肌に優しい成分であれば、毎日安心して使い続けられます。

毎日、頭皮の清潔が保てる

「シャンプーをやり過ぎると髪が抜けてしまうから今日はお湯で済ませよう」 そんな心配も、無添加のアミノ酸系シャンプーには無用です!

頭皮は、皮脂や汚れに弱く、その汚れが痒み抜け毛に繋がります。

そのため、*毎日のシャンプーで頭皮の清潔を保つことで、健康な髪の成長も期待できます。

ここまでのオススメからは一転、こんなシャンプーは使わないで! といわれる、その成分をご紹介します。

  • ラウレル硫酸ナトリウム
  • ラウリス硫酸ナトリウム
  • オレフィンスルホン酸
  • ラウリル硫酸アンモニウム

これらの成分は洗浄力が強いのですが、皮脂を取りすぎたり皮膚のバリアを壊してしまうため、自毛植毛後でなくても使用は控えたほうが安心ですね。

植毛を無駄にしない
植毛を無駄にしない

シャンプーの選び方ひとつで、髪の健康も大きく左右されます。

さて、ここからは自毛植毛後の正しいシャンプーの手順を確認していきましょう。 「正しいシャンプー」といっても、自毛植毛の施術からの日数で洗い方が異なります。 それぞれの期間でどんな洗い方をすればいいのかを、3ステップでわかりやすくご説明します!

手順がわかれば、オススメなシャンプーを使ってぜひ、実践してみてくださいね。

施術後当日~数週間前後

施術後1週間は、頭皮を清潔に保ち、感染から予防をすることがとても大切です。

まず、シャンプーは洗面器などのお湯で薄めたものを使用し、洗うときはスポンジを使って押し洗いします。 シャワーの水圧は弱めにし、シャワーのお湯は移植部へ直接かけず、周りから濡らすようにします。 最後に、すすぎ残しがないように洗い流します。

はじめが肝心!
はじめが肝心!

最初は手間もかかりますが、「髪の成長が楽しみ!」と思えると、シャンプーも楽しいですよ!

施術後ある程度経ってから

このころになると、移植毛が頭皮に定着しているので、頭皮を指の腹で優しく円を描くように洗うことが可能になります。

毎日シャンプーをすることで、施術によるかさぶたも取れやすくなります。

お湯の温度も適温で問題ありませんし、いつもどおりのシャワーも可能ですが、あまり強い水圧は控えてください。

頭皮にいい変化が?!
頭皮にいい変化が?!

少しずつ嬉しい変化が髪に現れるかもしれませんね!

施術後更に経過した後

自毛植毛から更に経過すれば、すっかり植毛した株も定着しているので、施術前に使っていたシャンプーに戻しても問題ありません。

また、シャワーの水圧や温度も気にする必要はありませんし、このころからはヘアケア商品の使用も可能になります。

いつもどおりの方法でOK!
いつもどおりの方法でOK!

株の成長はこれから、でも、成長後のオシャレに早くも気持ちが踊りますね!

ここまで、自毛植毛後のシャンプーについてご紹介してきましたが、自毛植毛は費用負担も大きい分、施術後のケアやリスクについても心配がつきものですよね。

もし今、悩まれていれば、ぜひ一度、クリニックへ相談されることをおすすめします。 最近のクリニックでは、自毛植毛のアフターケアがとても充実しています。

ひとりで悩まず、第一歩を踏み出してみませんか?

自毛植毛後のシャンプーの方法やオススメ成分などをみてきました。

ほとんどの方が毎日しているシャンプー、その何気なく使っているシャンプーの成分を見直して頭皮を清潔に保つ、それが全てのスタートかもしれませんね。

ハゲを解決した後が肝心。 自毛植毛後の適切なシャンプーの方法を理解して、 快適なふさふさライフを送りましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。