目次

  1. 自毛植毛は高い?安い?どれくらい費用がかかるか知りたい!
  2. 「自毛植毛」について確認
  3. 【治療法別】自毛植毛の費用
  4. 費用がかさんでも自毛植毛は受けるべき?
  5. 自毛植毛は費用やリスクをしっかりと把握した上で検討しよう!
自毛植毛には興味がある。
自毛植毛には興味がある。

しかし、やはり値段が気になるところ…。

薄毛治療の1つとして知られる自毛植毛

自分の髪の毛をそのまま薄毛部分に移植するため、手術成功後は半永久的に薄毛が解消されると言われ、その効果の高さから人気を呼んでいる薄毛治療法です。

しかし、「その費用が大変高額である」というイメージが先行しており、なかなか手を出せずにいる方がたくさんいらっしゃいます。

自毛植毛の費用は本当に高額なのでしょうか

そんな疑問を解消すべく、この記事で「治療法別にかかる自毛植毛の具体的な費用」について詳しくお伝えいたします。

自毛植毛の概要を簡単にチェックしておきましょう。
自毛植毛の概要を簡単にチェックしておきましょう。

自毛植毛とは、その名の通り自分の髪の毛を薄毛箇所に植え付ける植毛施術

薄毛の影響を受けにくい後頭部などから毛包(注1)を採取し、薄毛が気になる箇所に好きな量だけ移植できるのが特徴です。

いわば、「髪の毛の引っ越し」とお考えください。

自毛植毛後、定着すれば半永久的に生え変わることから、薄毛治療の最後の砦(とりで)とも呼ばれているんですよ。

注1:毛包とは頭皮の毛根を包む組織のことで、自毛植毛では採取する毛包のことを「ドナー」と呼びます。

自毛植毛は高い?安い?具体的な金額を見ていきましょう。
自毛植毛は高い?安い?具体的な金額を見ていきましょう。

それでは、自毛植毛の“主な治療法別”費用を見てみましょう。

現在クリニックで行われている主な治療法は、以下の2つです。

  • FUE法
    メスで毛包を切り取って移植する方法

  • FUT法
    メスを使わず、穴あけパンチのような器具で毛包を採取して移植する方法

もちろん、治療にかかる費用はクリニック植毛する毛の本数手術の方法によって異なります。

したがって、ある程度の目安が分かるように、以下クリニックの自毛植毛にかかる費用を参考にしていきたいと思います。

  • アイランドタワークリニック
  • 湘南美容クリニック
  • TOMクリニック

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックでは、穴あけパンチのような器具で毛包を採取して移植する「FUT法」を独自に進化させた技術「i-Direct法」を採用しています。

通常、自毛植毛の手術前には毛包の採取時に一定範囲の髪を刈る必要があるのですが、刈らないタイプも用意があります。

== 自毛植毛の費用・料金表 ==

治療方法 基本料金 1グラフトあたりの値段
i-Direct法 200,000円 1,200円
刈らないDirect法 200,000円 2,000円

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックには、メスで切開するドナーストリップ法と、メスを使わないARTAS(アルタス)植毛があります。

どちらも、移植するグラフト(注2)数が増えるほど「1グラフトあたり」の料金が安くなっていくシステムを採用しています。

== 自毛植毛の費用・料金表 ==

治療方法 基本料金 1グラフトあたりの値段
ドナーストリップ なし 730〜996円
(2000〜500グラフト)
ARTAS なし 620〜980円
(3000〜500グラフト)

注2:グラフトとは、毛包のこと。1つの毛包あたり1〜4本の髪の毛が生えています。

TOMクリニック

植毛後の定着率が高く、メスを使わないARTAS(アルタス)植毛を採用しています。

湘南美容クリニックと同じ技術を用いていますが、料金に関しては反対のシステムを取り入れており、移植するグラフト数が少ないほど「1グラフトあたり」の金額が低くなるのが特徴です。

== 自毛植毛の費用・料金表 ==

治療方法 基本料金 1グラフトあたりの値段
ARTAS 350,000円 80〜520円
(500〜3000グラフト)

※どのクリニックに関しても、「公式HP内に記載されているグラフト数」を移植する場合にかかる費用を記載しています。正確な費用を知りたい方は、クリニックへ直接お問い合わせください。

手術の良い点、悪い点を確認!
手術の良い点、悪い点を確認!

自毛植毛は施術範囲や選択した治療法によって、費用が100万円を超えることも珍しくありません。

しかし、「成功すれば半永久的に抜け毛に悩む必要がない」「面倒なメンテナンスの必要がない」など、価格以上の恩恵もあることが、費用が高くても人気を保ち続ける理由なのでしょう。

ただ、メリットがあれば当然デメリットもあります

自毛植毛のメリットデメリットを表にして簡単にまとめてみましたので、確認してみてください。

メリット

  • 見た目が自然
    自身の毛根を使用しており、定着後は本物の毛が生えてくるので、見た目が自然です。

  • 術後のメンテナンスに時間を奪われない
    治療後に植毛がしっかりと生着すれば、術後は特別なメンテナンスが不要なので、投薬治療のように「一生続ける」必要はありません。

  • 半永久的に薄毛にならない
    AGAの影響を受けない毛根を移植するので、その後は半永久的に薄毛を心配する必要がありません。

  • 拒絶反応が起こりにくい
    人工毛とは異なり“異物”ではないため、拒絶反応の心配がありません。

  • 日常生活に支障をきたさない
    手術は日帰りで行えるため、翌日から仕事への復帰が可能です。
    「仕事に穴を空けたくない」「あまり手術に時間をかけて周りにバレたくない」なんて方も受けやすい治療です。

  • 毛包が死んだ箇所でも生やせる
    自毛植毛は毛根自体を移植するので、事故などにより怪我を認め毛が生えてこなくなったところにも、毛を生やすことができます。

デメリット

  • 費用が高い
    本人の移植したい本数にもよりますが、保険適用外で行う手術であるため、一度の手術に数十万円〜数百万円かかります。

  • 髪が生えてくるまでに時間を要する
    移植した毛根が定着し、正常に髪が生えてくるまでには時間がかかります。
    目安は「半年ほど」と言われています。

  • 傷や痛みが残る場合がある
    術後は1~2か月間の赤みや痛み、一生残るような傷跡が生じてしまう可能性もあります。

  • 移植できる髪の毛の本数に限りがある
    当たり前ですが、自身の毛髪を使う手術なので移植できる数に限りがあります。
    したがって、全体的に脱毛してしまっている方は理想通りの髪型にできない場合もありますし、そもそも毛根の採取を行えないこともあります。

  • 植毛していない部分が脱毛するとまだらな状態になる
    植毛した部分とそうでない部分(薄毛になっている部分)の差異が大きく表れる場合があります。

いかがでしたか?

ぜひ、自毛植毛の治療を受けるか否かを見定める際の判断材料にしてみてください。

大切な自分の体のことだから。
大切な自分の体のことだから。

お財布のこと、リスクのことを慎重に検討しましょう。

今回は、自毛植毛の費用について詳しくお伝えしてきました。

おさらいになりますが、自毛植毛の費用は先に述べたとおり、決して安くはありません

費用がかさむだけに、手術を受けるかどうかをじっくりと検討する必要があるでしょう。

また、自毛植毛だけでなく、どんな手術であれ“100%成功する”ものはありません

「自毛植毛を受ける!」と決断する前に、この記事で紹介したようなメリットデメリット、そして医師から言及されるであろうリスクについて、しっかりと理解しておきましょう。

後悔しない選択ができるように、慎重にご検討くださいね。

参考文献
[1] 湘南美容クリニック , https://www.rs-clinic.com/pr/lp/aga/shokumou.html?utm_source=google&utm_medium=cpc&wapr=5a117072 , 最終検索日 2018年4月25日
参考文献
[2] 紀尾井町クリニック , https://www.nhtjapan.com/aboutfuefut/uncutfue.html , 最終検索日2018年4月25日
参考文献
[3] ニドーシステム頭髪専門クリニック , http://www.nido.com/jimou_syokumou/tokucyou.html , 最終検索日2018年4月25日