目次

  1. めくるめくオーガニックの世界へご招待します
  2. おすすめ!オーガニックのコンディショナー①WELEDA(ヴェレダ)「ヘアコンディショナー」
  3. おすすめ!オーガニックのコンディショナー②アムリターラ「ベジガーデンモイストコンディショナー オレンジ&ラベンダー」
  4. おすすめ!オーガニックのコンディショナー③ザ・プロダクト「コンディショナー」
  5. おすすめ!オーガニックのコンディショナー④アンファー「スカルプDネクスト オーガニック5」
  6. おすすめ!オーガニックのコンディショナー⑤ジョンマスターオーガニック「L&Aコンディショナー」
  7. Let's オーガニックデビュー!

傷んだ髪をケアし、乾燥した髪にうるおいを与えたいなら…

やっぱりオーガニックのコンディショナー

オーガニックとは「有機栽培」の意味。
天然由来・有機栽培の植物エキスで、「使い心地よく、環境にもやさしい」とダブルにお得です。

でも、ネットで調べると、「オーガニック」をうたっているコンディショナーって、結構たくさん種類があります。
なかなか「これ!」という1本を選ぶのはたいへんですよね。

そこで今回は、ヘアラボおすすめのオーガニック コンディショナーを5点、ご紹介します。

実際に使っている方の感想も口コミもあわせてお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※口コミは飽くまで個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

最初におすすめするのは、WELEDA(ヴェレダ)オーガニック ヘアコンディショナーです。

●WELEDAについて

WELEDAはもともと、1921年にスイスで生まれた、長い歴史をもつ医薬品・化粧品メーカー。

近年は「オーガニック」の定義を定めたNATRUE(ネイトゥルー)という認証制度の確立に関わるなど、オーガニックコスメの世界で指導的な役割を担っています。

NATRUEは現在、オーガニックの国際スタンダードのひとつになっており、多くのコスメメーカーに採用されています。

●コンディショナーについて

オーガニック成分が髪に潤いとツヤを与えて、ダメージを補修し、しっとりツヤ髪に仕上げます。

注目成分はカラスムギエキス
カラスムギ(オート麦)が「土から大量の水を吸収・保持する」ように、髪に潤いやツヤをもたらすイメージです。

また、ノンシリコンなのも嬉しいポイント。
多くのコンディショナーやトリートメントには、見た目や指どおりをよくするためのコーティング剤として、化学的に合成されたシリコンが配合されています。

WELEDAのコンディショナーには、そんなシリコンが含まれておらず、あくまで植物成分によって見た目・指どおりをよくする…という設計なのですね。

●口コミをご紹介

普段はドラッグストアでシリコン入りの物を愛用。初オーガニック!!

固めのクリームでした。 多少キシキシの洗い上がりが、手触りよく変化するかと期待したが、あまり変わらず。 不思議と乾かした後は、しっとりなりました♪

良い香りで、翌夜まで香ってました。がちょっとキツイかな。。

出典: @cosme クチコミ

「固めのクリーム」とあるように、テクスチャーはサラサラでなく、割と固め。「バターのよう」という声もありました。

それだけに、あまり髪なじみはよくない様子。「使いにくい」という声も目立ちました。こちら(↑)の口コミでも、洗い上がりは「キシキシ」とありますね。

でも、「不思議と乾かした後は、しっとり」とあるように、最終的な仕上がりには満足、という声が多いんです。使用中と使用後のギャップに驚いた方も多いよう。

使用感は△、仕上がりは〇。口コミを集約すると、このような評価になりそうです。

また、香りについての口コミを見てみると…

人口ではない、花でもない、ハーブのような。。。 まあ清潔感のある香りでいいんですが、色気が足りない感じの香りです。

出典: @cosme クチコミ

メーカーによると「ミモザの香り」なのですが、口コミは「これ何の香り?」ととまどう人が目につきました。
(そもそもミモザの香りがどういうものか分からない、というのも一因でしょうか?)

いちばん多かった声は、「杏仁豆腐の香り」

少なくとも、よくあるお花系(フローラル)柑橘系(シトラス)のような、一般ウケする香りではないよう。

逆に、よくあるフローラル、ハーブ、シトラス系などにいまいち満足できていなかった方は狙い目かも?
「この香りが好き!」という人も、もちろんいましたよ。

続いておすすめするオーガニックのコンディショナーは、アムリターラのベジガーデンモイストコンディショナー

●アムリターラについて

オーガニックのコスメブランドは実は外国のものが多いのですが、こちらはちょっと珍しい国産オーガニック

2008年の誕生以来、九州の自社農園の自然栽培ハーブをはじめ、世界中のオーガニック原料を厳選して使用しています。

ちなみに、こちらのメーカーはオーガニックのフードも手掛けています。
「口に入れても無害なほど」とはオーガニックコスメのよくある売り文句。こちらは本当に口に入れるものを作っているメーカーということですので、がぜん信頼感が高まりますね。

●コンディショナーについて

さて、肝心の製品の話。

ベジガーデンモイストコンディショナー オレンジ&ラベンダーは、健康な髪だけが放つ、天使の輪を輝かせることを目指して作られたコンディショナーなんだそうです。

それを担うのは、南米のマテ茶のエキス、長崎・諫早(いさはや)の腐植土から抽出したミネラルなど、文字通り国内外から厳選した天然成分たち。

公式サイトの成分一覧を見ると、ヨーロッパのECOCERTやCOSMOS、アメリカのUSDAなど、難関で知られるオーガニック認証を取得している成分も多く、オーガニック度もかなり高い製品であると言えそうです。

●口コミをチェック…したものの…

本製品は口コミが少なく、どういう製品なのかを口コミからうかがい知ることが困難です。

ただ、同じアムリターラの「リアルソープシャンプー」とセットで本製品を使っている人が多いようで、併用した結果は「おおむね満足」という口コミが目につきました。

香りについても、良くも悪くも、そう強い印象を残さないようです。

口コミから見ると「あまり特長のないコンディショナー」ということになってしまいそうですが、先に述べた成分への徹底したこだわりは、紛れもない本製品の長所。

派手さはないが、地味に良品。そんなあり方に共感する人や、認証を受けた本物のオーガニック植物成分でヘアケアしたい!という方は、十分検討に値する選択肢です。

続いてご紹介するのがザ・プロダクト コンディショナーです。

●ザ・プロダクトについて

ブランド名は「プロダクト(=製品)」。製品名は「コンディショナー」。

そっけないまでのシンプルさは、同ブランドのものづくりの在り方にも通底しています。

たとえば、同ブランドの看板商品であるヘアワックスは、たった5つの成分から構成されています。
同じく、シャンプーは、全7成分。

コンディショナーも、たった6つの原料からできています。

●コンディショナーについて

ザ・プロダクトのコンディショナーは、次の6つの成分から構成されています。

  • ブラシカアルコール&ブラシシルイソロイシンエシレート
  • シアバター
  • タンジェリンエッセンシャルオイル
  • パンテノール
  • カプリル酸グリセリル

いずれも自然由来のナチュラルな成分ばかりですが、とりわけ注目したいのはシアバター

シアバターは西アフリカ原産のシアの木の実からとれるバター状のオイル。保湿効果にたいへん優れており、今注目の成分なんです。

本製品のシアバターはアメリカのUSDAオーガニック認証を取得している、正真正銘のオーガニックシアバターとなっています。

●口コミをチェック

コンディショナーは前述した通り 髪に馴染ませるとサラリとした感触に変化して 何となく物足りない気がします。 その為 私はコンディショナーを大量に塗りたくってしまいます^^;

出典: @cosme クチコミ

テクスチャーは濃厚で固体っぽいにも関わらず、意外に髪なじみがよい、というのがポイント。

ただ、この口コミのように、「物足りない」という声もありました。

髪をごてごてにコーティングしてしっとり・ずっしりを実現…というより、「ドライでサッパリとした質感」「フワフワと柔らかい質感」を実現したい人向け、と言えそうです。

なお、香りについては次の口コミをご覧ください。

コンディショナーはバニラエッセンスの香り。 バニラは苦手だけどこの香りはそんなに濃厚ではないので大丈夫です。

出典: @cosme クチコミ

次におすすめするのは、アンファーのスカルプDネクスト オーガニック5 パックコンディショナー

●アンファーについて

アンファー社は大手の化粧品・医薬品メーカー。

大物芸能人を起用した広告を大々的に展開し、主にオンライン上でシャンプー・コンディショナーなどヘアケア製品を販売しています。
最近は草彅剛・香取慎吾の両名を起用した発毛剤(メディカルミノキ5)を売り出して話題になりました。

そんなアンファーの男性向けヘアケアラインが、スカルプD。現在の広告塔はサッカーのリオネル・メッシです。

中でも、とりわけ薄毛に対する早めの準備をしたい20代男子におすすめなのがスカルプDネクストシリーズとなっています。

●オーガニック5 パックコンディショナーについて

「パック」とその名にある通り、頭皮の保湿に力を入れたコンディショナーです。

自慢の植物エキス(ユズの実、マヨラナの葉、カエデの樹液…)はいずれも保湿目的の配合。

パック効果を最大限発揮するために、「頭皮や髪になじませた後、3分程度おく」ことが推奨されています。

●口コミをチェック

粘度が高く、少量をのばして髪というよりは地肌にすり込むようのマッサージをしている。それで3分ほどおいてから流すと、コンディショナーなのに爽快感がある。このあとからのすっきり感は、ちょっと他のコンディショナーにはないものかも。

出典: Amazonカスタマーレビュー

このように、質感はどちらかというと「ぬるぬる」なだけに、塗ったときの「スースーする感じ、爽快感」が鮮烈で、この点に評価が集まっていました。

なお、この爽快感は、配合のメントールによるものです。

ところで、「3分おく」というのは、男性には手間暇に感じられるかも知れません。そんな方には経験者からこんなアドバイスが。

入浴時に洗髪後まず先にこちらを使ってからその間に身体を洗うなどすれば苦も無く終わります。

出典: Amazonカスタマーレビュー

自分は毎回「100」数えるまで待ち、その後洗い流している。

出典: Amazonカスタマーレビュー

最後にご紹介するのがジョンマスター オーガニック L&Aコンディショナーです。

●ジョンマスターオーガニックについて

ジョンマスターオーガニックは「Perfectly Natural Beauty”(完全な自然美)」をテーマに、オーガニック化粧品を開発・販売しているアメリカのブランド。

日本の女性にもファンが多く、「オーガニックといえばジョンマス」という人も少くなくないよう。ハワイ土産や誕生日プレゼントにも喜ばれます。

ナチュラルな製品づくりや、オーガニックへの意識が非常に高いのも特長。ジョンマスターオーガニックのすべての製品に、オーガニック成分が70%以上含まれています。

●コンディショナーについて

L&Aコンディショナー N の「L&A」は、ラベンダーの「L」とアボカドの「A」

ラベンダーは人気の香り成分。アボカドには保湿効果が期待されています。

その他、豊富な植物成分が配合されており、その多くがオーガニック認証成分

製品の大部分を占める水分が、ただの「水」でなく「アロエベラ液汁(オーガニック認証取得)」なのも見逃せないポイントです。

髪のコンディションをナチュラル&オーガニックに整えたいという人にはこれ以上ない選択肢と言えるでしょう。

●口コミをチェック

本製品も口コミの数がとても少なく、@cosmeにわずか3件あるのみでした。

その3件を、ひとまず全てご紹介しましょう。

香りがすごく気に入りました。

出典: @cosme クチコミ

こってりというか 少量でもかなり伸びがいいです。三日間使ってみた 感想としてはそこそこ満足で、特に髪の癖が落ち着いたのはありがたいなと思いました。

出典: @cosme クチコミ

よかったです!ジョンマスターのコンディショナーの中でも好きです。こってりとしたテクスチャーで、しっとり髪をケアしてくれます。仕上がりはサラサラで頭皮さっぱりです。香りもいい匂いです。

出典: @cosme クチコミ

香りについて少しだけ補足を。

ジョンマスターオーガニックの強みは、合成香料に頼らない、天然の植物エキスたちが生み出す複雑&高級感のある香り

分かりやすい香りを好む男性には受けが悪いかも知れませんが、いかにも取ってつけたような「甘い香り」「花の香り」にあきたらない女子には、ジョンマス製品は合っているかもしれません。

以上、この記事ではオーガニックのコンディショナー5選をお届けしました。

  • WELEDA(ヴェレダ)「ヘアコンディショナー」
  • アムリターラ「ベジガーデンモイストコンディショナー オレンジ&ラベンダー」
  • ザ・プロダクト「コンディショナー」
  • アンファー「スカルプDネクスト オーガニック5」
  • ジョンマスターオーガニック「L&Aコンディショナー」

髪や頭皮をいたわり、地球環境にやさしいオーガニックコンディショナー。

気になる製品が見つかったなら、あなたもオーガニックデビュー、飾ってみませんか?