目次

  1. ストレスが抜け毛につながる!?
  2. ストレスが抜け毛を引き起こすメカニズム
  3. 抜け毛防止には育毛剤が有効!
  4. ただし、原因のストレスを和らげるのが重要
  5. ストレスケア方法7選
  6. 育毛剤&ストレス解消で抜け毛対策を!
ストレス、溜まっていませんか?
ストレス、溜まっていませんか?

最近ストレスが凄い…なんだか抜け毛も増えた気がする…

こう感じてきたのは、気のせいではないかもしれません。

なぜなら、ストレスと抜け毛の量は関係していると言われているから。

今回は、抜け毛対策とストレス解消法についてご紹介します。

ストレス社会と言われる現代、誰しもがストレスを抱えています。

この記事で、抜け毛もストレスも少しずつ解決していきましょう。


まずは対策を紹介する前に、「どうしてストレスが抜け毛を引き起こすのか?」を見ていきましょう。

ストレスと抜け毛の関係は?
ストレスと抜け毛の関係は?

そもそも、どうしてストレスがたまると抜け毛になるのでしょうか?

その原因と仕組みを理解することで、抜け毛への対策が見えてくるかもしれません。

詳しく見ていきましょう。

血行不良

ストレスによって抜け毛が起こるのは、「血行不良」が関係しています。

その仕組みは以下のとおりです。

  • (1)脳がストレスを感じると交感神経が強く緊張し、血管が圧縮される

  • (2)血流が悪くなり、頭皮に運ばれるべき栄養が十分に行き渡らなくなる

  • (3)栄養不足により髪が成長できないまま抜け落ちてしまう


このように、ストレスが血行不良を招き、抜け毛が増えていくと一般的に唱えられています。

抜毛症や円形脱毛症になる可能性も

血行不良の他にも、『円形脱毛症』・『抜毛症』といった症状が引き起こされる可能性があるとのこと。

髪の一部がごっそり抜けている方は、円形脱毛症の疑いがあります。

この脱毛症は、免疫が自分の細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患によって発症すると考えられています。
そして、この自己免疫疾患のきっかけとして、ストレスが考えられています。


次は抜毛症について。

机や床に溜まった抜け毛、実はご自身で抜いた髪ではありませんか?

無意識・ほぼ無意識で髪を抜いてしまう癖は、抜毛症という病気です。

ストレス発散の目的で、抜毛症を患ってしまう方が多くいます。


この2つは特殊な症状。
もし疑いある方はすぐに病院で診てもらうことを推奨します。

本記事では、一般的な「ストレスによる血行不良が原因の抜け毛」の対策について焦点を絞り解説をしていきます。

では次に、具体的な抜け毛対策をご紹介します。

抜け毛対策を考えている方には、育毛剤による予防が有効。

育毛剤は抜け毛防止効果が認められています。

また、血行促進を目的とした成分を含んでいる商品が多数存在。

具体的に何か始めたいという方は、育毛剤を手にすることをおすすめします。

男性におすすめ育毛剤『チャップアップ』

毎日数万人が訪れるハゲラボにおいて、一番の人気を誇っている商品です。

  • 3種の有効成分
    (センブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHC)

  • 抜け毛防止効果

  • 血流改善目的の成分20種

こういった特徴の他に、7,000円代と比較的安価な値段設定や全額返金制度で人気です。

初めて育毛剤を試してみる方におすすめ!

女性におすすめ『ベルタ 育毛剤』

こちらはハゲラボで人気の女性向け育毛剤。

その理由は…

  • 3種の有効成分

  • 56種類もの頭皮ケア成分

  • 血行促進目的の成分配合

定期便なら4,000円以下で購入できます。もちろん返金保証つき。

女性ならではの悩みにアプローチした育毛剤です。

抜け毛に有効な育毛剤を紹介しました。
抜け毛を減らすのに心強い味方となるでしょう。

ただ、忘れてはいけない重要なことがあります。

それは、根本の原因となるストレスケアも行う必要があること。

いくら育毛剤で抜け毛を防止しても、原因のストレスがなくならなければ、"いたちごっこ"にしかなりません。

ここからは、身近でできるストレス解消法をご紹介していきます。

たくさん試してみて、自分にあった方法を見つけてみてください!


ここからは具体的なストレスケアの方法を7つ紹介していきます。

ストレスの緩和だけでなく、薄毛予防につながる方法ばかりです。

できそうな方法から、ぜひ参考にしてみてください!


(1)良質な睡眠

最初のストレスケアの方法は質の良い睡眠をとること

実は睡眠の質がストレスに影響するってご存知でしたか?

睡眠には深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」があります。

一般的に、ノンレム睡眠が長いと質の良い睡眠と言われています。

ノンレム睡眠中は、脳や交感神経が休み、ストレスが和らいでくそうです。

そんなノンレム睡眠を長くするには、

  • 就寝前のパソコンやスマホをひかえる

  • 寝る前にお酒を飲まない

  • 日中に適度な運動をしておく

などの方法があります。
ストレスを少しでも解消するため、ぜひ試してみてください。


(2)入浴

2つ目は「入浴」です。

入浴によって体が温まると、体も心もリラックスし、日々のストレスが和らぎます。

また、入浴すると血行促進や快眠の効果も得られます。

ストレス解消のために、じっくり入浴してみてはいかがでしょうか。

(3)食事を見直す

食事をして美味しいと感じると、脳は「β-エンドルフィン」という幸福感が得られる神経伝達物質を分泌します。

疲れがすごくて、食事すら楽しくない…という人もいらっしゃるのではないでしょうか?

美味しい食事を食べて、ストレスを和らげましょう。


また、「パントテン酸」と呼ばれる栄養素には、抗ストレス作用のあるホルモンや物質を生成する働きがあるそう。

レバー、魚、卵、納豆などに多く含まれるそうで、意識して食べる量を増やすといいかもしれませんね。

(4)有酸素運動

4つ目は「有酸素運動」です。

ストレス解消にはウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの有酸素運動が効果的です。

有酸素運動をすると、ストレスホルモンが分解されるとのこと。

また、有酸素運動中にはエンドルフィンという快楽を感じる物質が分泌され、これもストレス解消に繋がります。

激しい運動をする必要はないので、できる範囲での有酸素運動を続けてみましょう。


(5)頭皮マッサージ

5つ目は「頭皮マッサージ」です。

頭頂部の周りの筋肉をもみほぐすことで、自律神経を整え、ストレスケアが期待できるとされます。

ポイントは爪を立てず、指の腹で行うこと。
爪を立てると、頭皮を傷つけてしまうので、注意してくださいね。

頭皮を柔らかくするマッサージのやり方は次の通りです。

  • 1:親指を首の付け根に置き、残りの4本で耳を覆う

  • 2:親指は動かさず、残り4本で円を描くようにマッサージする

  • 3:少しずつ上に向かって押し上げ、頭頂部に向かってマッサージしていく

これを1日数分おこないましょう。


頭皮マッサージのやり方を、さらに詳しく説明した記事もありますので、参考にしてください。

(6)ツボ押し

血行促進やストレスに良いツボ「百会」

6つ目は頭皮のツボ押しです。

ストレス緩和や血行促進に効くと言われるツボは「百会(ひゃくえ)」と呼ばれる部分。

両耳をつないだ線と、額の中央から首の後ろのラインが交わる点にあります。

ここを両手の中指で、ゆっくり、やさしく押し、離しましょう

1回3秒を3回ほど繰り返してください。

手軽にできますので、ぜひ試してみてくださいね。


(7)喫煙をひかえる

最後は「喫煙をひかえること」です。

なんとなく「喫煙は体に悪い」と分かっていても、ついついストレスで吸う本数が増えていませんか?

ストレスによる血行不良は抜け毛の原因ですが、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、さらに頭皮の血行不良を招きます。

ただ、すぐに禁煙しようとすると、それが逆にストレスになり薄毛に繋がる可能性もあるかも。

ですので、まずは本数を減らすなど、できる範囲から進めていきましょう。

今回は、「ストレスによる抜け毛対策」を紹介してきました。

まず最初にご紹介したのは育毛剤。

育毛剤には有効成分が配合されており、抜け毛防止の効果が認められています。

抜け毛の量を減らすためには、心強い味方となるでしょう。

とはいっても、根本的なストレス解消も大事なので、ストレスを和らげる方法をご紹介しました。

ご自身に合った方法をいくつも試してみてください。

焦らず、少しずつ前に進んで、ストレスによる抜け毛を改善していきましょう。

効果が認められている対策は育毛剤