目次

  1. 春に抜け毛が多いこと知っていますか?
  2. 春の抜け毛、原因は?
  3. こんな人は春の抜け毛に要注意!
  4. 春の抜け毛にはこれ!対策方法
  5. 春の抜け毛の原因に当てはまらないのに、抜け毛が多い…という人は?
  6. AGA、FAGAが原因の脱毛対策方法は?
  7. 春の抜け毛に適切な薄毛予防を!
あら?抜け毛、最近多いわね?
あら?抜け毛、最近多いわね?

春は暖かくて気持ちいい日が多いので、嬉しいですよね。

そんな嬉しい気持ちでいたのに、どうも近頃抜け毛が増えているような気が…。

「髪の毛が抜ける!どうなっているの?心配!」

というあなた、大丈夫です。

実は春は抜け毛が増える季節なんです。

なぜ髪の毛が抜けるの?どんな人が抜けやすいの?対策は?

と、気になることはいろいろありますよね。

今回はハゲラボ編集部が春の抜け毛について徹底解説いたします。

春に抜け毛が増える、初耳の人も多いかもしれません。

春に髪の毛が抜けるのは、いくつかの原因があります。

①冬→春の毛の生え変わりによる自然脱毛

犬などのペットや、野生動物には、夏毛と冬毛があることが知られています。
これらの動物は、に毛が生え変わるんですね。

私たち人間も動物ですから、その生え変わりのなごりで春と秋には抜け毛が多くなると言われています。

一説によると春・秋には普段よりも多く抜けてしまうそう。一番毛が抜けやすいのは秋、次いで春に毛が抜けやすいと言われています。

こういった自然脱毛による抜け毛は、あまり気にしなくても大丈夫です。

そもそも、人は一日に100本くらいは毛が抜けています。
あなたが多いと思っているだけで、実は標準的な抜け毛だったなんてこともままあるのではないでしょうか?

②ストレスからくる円形脱毛症による抜け毛

悩み事が多すぎて・・・
悩み事が多すぎて・・・

ストレスは体にも髪にも大敵!

春と言えば、生活環境が変わることの多い季節です

進学・就職・異動・転勤・引っ越しetc.

環境が変わることで人はストレスを感じます。

特に、就職や部署の移動、新しい学校への登校など、今までの環境と大きく変わるシチュエーションへ投げ出されることは、非常に大きなストレスになります。

また、春は花粉症の季節。
つらい花粉症の方は、春の花粉症発症でもかなりのストレスになってしまうでしょう。

軽度のストレスならまだしも、過度なストレスを継続的に感じてしまった結果、自己免疫疾患(注1)を引き起こし、円形脱毛症の発症につながる場合もありえます。

一部の毛髪が局部的に抜けてしまう(抜け毛が一気に増えてしまう)この病気。春というストレスを感じやすい時期には要注意ですね。


注1:免疫系機能に異常が発生して、自分の体の一部分を異物だとみなして攻撃してしまう病気のこと。


では、春の抜け毛、どういう方が要注意なんでしょうか?

ハゲラボ編集部がズバッと教えます!

春に環境が大きく変わった人

この春、卒業して就職する。新しい学校へ行く。

人事異動で別部署に。

転職した、結婚した、引っ越した。

大きくご自身の環境が変わった方は、春の抜け毛に気をつけましょう

今までなじんで来た生活が変わってしまうのは精神的に不安定になりがちで、強いストレスを感じるはず。

また、春ならではの花粉症の発症も、ストレスの元。
あまりにもひどい花粉症は、病院に行ってみるのもおすすめです。

春に抜け毛が多いのは分かりました。

では、その抜け毛を防止していくにはどういった対策が必要でしょうか

①気にしすぎない

春は秋の次に抜け毛が多い季節であることは、先ほども説明しました。
あなただけでなく他の人も、冬や夏よりも抜け毛が多いな...と感じている人は多いでしょう。

ですから、まず第一に意識すべきは"気にしすぎないこと"。

「抜け毛が増えた...どうしよう」
「なんとかしないと大変なことに...」

と焦ってしまうと、それが余計にストレスになり、悪循環におちいってしまうことも。

一時的に少し抜け毛が増加した程度であれば、あまり気にしすぎない方が得策と言えるでしょう。

②生活環境を整える

環境が変わることは大きなストレスですが、自分の生活環境を整えれば、そのストレスを軽減することができますし、ストレスから回復もしやすくなると言えるでしょう。

規則正しい生活、十分な睡眠(一般的には7時間以上の睡眠が望ましいと言われています)、健康的な食事など、自分の身辺の生活を整え、健康な生活を心がけましょう。

また、ストレスの原因が明確なら、そのストレス源から離れるという方法も有効です。

どうしても難しい、ということもあるとは思いますが、できるだけストレス源からは遠ざかりましょう。

バランスの良い食事も大切
バランスの良い食事も大切

春の自然脱毛にも、ストレスにも、どちらにも当てはまらないのに抜け毛がひどい…。

という方は、男性ならAGA(男性型脱毛症)女性ならFAGA(女性男性型脱毛症)の可能性があるかもしれません。

ここからはAGA、FAGAの解説を行なっていきますね。

AGA(男性型脱毛症)

AGAは男性特有の脱毛症です
AGAは男性特有の脱毛症です

AGAとは、「男性特有の脱毛症」
男性ホルモンが原因となって起こる脱毛症状のことです。

AGAの見た目の特徴は、生え際やつむじからだんだんと抜け毛が進行していくこと。俗にいう「M字はげ」や「つむじはげ」もこのAGAの症状ですね。

男性の脱毛の原因の中では、このAGAが原因として最も多いものです。

もしあなたが男性で、記事で解説した春特有の抜け毛の増加に心当たりがないなら、もしかしたらAGAの可能性もあるかもしれません。

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAは女性特有の脱毛症です
FAGAは女性特有の脱毛症です

FAGAとは、「女性特有の脱毛症」

これは女性が、

  • 過度のストレス
  • 極端なダイエット、食生活の乱れ
  • 産後の体調不良
  • 代謝異常
  • ホルモンの変化
  • 貧血 etc...

といった様々な原因により、女性特有の薄毛になってしまう症状を指します。

男性の場合と大きく異なるのは、つむじのあたりから薄くなりやすく、また、全体的な毛量の減少を感じるという特徴があること。

あなたが先ほど紹介したFAGAの原因に心当たりがあり、記事で解説した春の脱毛に心当たりがないなら、FAGAの可能性を疑ってみるべきかもしれません。

では、AGA、FAGAが原因の脱毛が起こっているなら、どういった対処を行えばよいのでしょうか?

一つ一つ解説していきますね。

①育毛剤を使う

育毛剤は、医薬部外品として、「抜け毛を予防する」という効果効能を持っています。

抜け毛を少しでも止めたい、という場合、育毛剤で対処するのも有効です。

ハゲラボで一番売れている、人気のチャップアップも、抜け毛予防に適した商品。
気になる方はぜひチェックを!

②発毛剤を使う

「AGA」の場合、厚生労働省が認可した医薬品である「リアップ」が、発毛に効果があると言われています。

また、「FAGA」の場合は、「リアップリジェンヌ」が同様に発毛効果があると言われています。

これら二つは、ミノキシジルという発毛成分を配合し、いずれも大正製薬から医薬品として発売されているものです。

発毛効果だけでなく、育毛及び脱毛の進行も予防してくれるので、これらの発毛剤を使って抜け毛問題を解決するのも良いでしょう。

③病院で診察してもらう

AGA、FAGA、いずれも病院での診察も有効。

例えばAGAだった場合、発毛の有効性が証明されている「プロペシア」「ザガーロ」といった薬を処方してもらえます。

AGA、FAGAは厳密に言うと病気ではないため、保険はききませんが、抜け毛が気になるなら、皮膚科やAGAクリニックなどで診察してもらうのも良いと思います。

今回の記事、いかがでしたか?

ハゲラボでは、抜け毛について、生活習慣の中でできる対策はしつつ、育毛剤による抜け毛対策もあわせて行うことをおすすめしております。

抜け毛が気になるなら、悩んでいるよりも、早め早めに、自分に合った薄毛対策を始めましょう!

発毛効果の期待できるリアップや、ハゲラボで一番人気のチャップアップなど、いろいろな発毛材、育毛剤があります。気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。