目次

  1. 頭皮の炎症が原因で抜け毛が発生するって本当…?
  2. 《結論》頭皮の炎症は抜け毛につながる可能性がある!
  3. 頭皮が炎症を起こす“原因”とは?
  4. 頭皮の炎症を抑えるための【正しい対処法】
  5. 頭皮ケアを徹底して“炎症のない頭皮・抜け毛の予防”を目指す!

「頭皮の炎症で抜け毛になることはあるの?」
「頭皮の炎症による抜け毛は治る…?」

そんな風にお悩みの方は、少なくありません。

頭皮の炎症や抜け毛にお困りの方のために、この記事では頭皮の炎症が起きる原因を紐解き、それに対して行える頭皮ケアや対処法についてご紹介していきます。

頭皮の炎症、抜け毛に悩む方は必見ですよ!

結論から言ってしまうと、頭皮の炎症によって抜け毛が増え、薄毛へとつながる可能性はあります!

しかし、なぜ頭皮の炎症が抜け毛を誘発してしまうのでしょうか。

また、頭皮の炎症から起こってしまう抜け毛に、「適切な対処法があるのか」も気になりますよね。

ここからは、これらの疑問について詳しく解説していきます。

頭皮の炎症によって抜け毛が起こる理由…

頭皮の炎症は、乾燥からくるものや皮脂過多によって起こるものなど、要因はさまざま。

頭皮のコンディションが悪くなり、

  • バリア機能を果たす皮脂が足りず、刺激を受けやすくなる
  • 過剰な皮脂分泌により細菌が繁殖してしまう

などの現象が起きると、頭皮は炎症を起こします。

その際、フケやカサブタが毛穴に詰まって化膿したり、毛根がダメージを受けたりすると、髪が生まれ変わるサイクル(ヘアサイクル)が乱れてしまうため、抜け毛につながってしまうのです。

頭皮の炎症による抜け毛は治る?

やはり、気になるのは「頭皮の炎症による抜け毛は治るのか」という点。

しかし、ご安心ください。
頭皮の炎症によって抜け毛が起きている場合は、頭皮を健やかに保つためのケアを徹底して行うことで、抜け毛の改善へと近づくことができます

ただ、抜け毛を改善させるためにはそれなりの時間を要します。
「ヘアサイクルはすぐには正常には戻らない」という事実をしっかりと認識して、根気強く対処していきましょう!

まず、頭皮ケアを実践するためには、頭皮が炎症を起こしてしまう原因を知ること。 そして、その原因にあった対策を取ることが大切です。

以下の段落から、頭皮に炎症が起こる原因について説明していきますので、ご確認してみてください。

頭皮が炎症が起きる原因を大きく分けると、以下の3つになります。

  • 生活習慣の乱れ

  • 体質

  • 外的要因による刺激

寝る時間が短い、または不規則であったり、偏った食生活を送っていたり…。
生活習慣が乱れていると、ホルモンバランスが崩れて頭皮の皮脂分泌が正常に行われなくなります。

そのため、頭皮の炎症を招く可能性があるのです。

また、極度の「乾燥肌」や「脂性肌」であったり、もともと体質的に肌トラブルを抱えやすい方も、頭皮の炎症を起こしやすい傾向にあります。

さらに、ブリーチ剤などの薬剤や紫外線ダメージなど、外部からの刺激を受けることで頭皮環境が悪くなります。
このような刺激が蓄積されると、頭皮は敏感になり、炎症が起こりやすい状態になってしまうのです。

頭皮の炎症を抑えるためには、先ほど説明した頭皮が炎症を起こす3つの原因に対して、正しい頭皮ケアを行う必要があります。

改めて、3つの原因はこちら。

  • ①生活習慣の乱れ
  • ②体質
  • ③外的要因による刺激

それぞれの“原因に適した対処法”をご紹介していきますので、ぜひ日々の頭皮ケアの参考にしてみてください!

①「生活習慣の乱れ」の対処法

頭皮に炎症が起きているとき、良好な頭皮環境を整えるためには、良質な食生活と睡眠が不可欠です。

  • 質の良い睡眠をとる
  • 栄養バランスの良い食事をとる

の2点を意識して生活の質を向上させましょう。

《質の良い睡眠》

「睡眠」の質を向上させるためには、充分な睡眠時間の確保だけでなく、睡眠の質にもこだわるのがポイント。

夜、寝る前にスマートフォンをしばらくいじっている…。
なんてことありませんか?

スマートフォンが放つブルーライトは、視覚から脳を刺激し、体をリラックスモードにさせてくれません。
そうなると、寝ているはずなのに体はしっかり休めていないため、睡眠の質が低下するのです。

就寝前は、スマホやテレビなど、脳の刺激になるものはなるべく控えて寝るように心がけましょう。

《栄養バランスのいい食事》

髪はケラチンと呼ばれるタンパク質の一種からできているのですが、そのタンパク質は、ビタミンによって一度アミノ酸に分解され、亜鉛によりケラチンに合成されて、はじめて髪の毛の素材となります。

つまり、健やかな髪の生成にはさまざまな栄養素をバランス良く摂取する必要があるということ。

「好きだから」と言って、栄養バランスの偏った食事を続けていると、髪にも悪い影響が出てくるので、さまざまな食材を用いて、健康的な食生活を送るようにしましょう!

「どのような食べ物を食べればどんな栄養素が摂取できるのか」について、具体的に紹介している記事がございますので、ぜひチェックしてみてください。

②「体質」の対処法

もともと体質的に乾燥肌や脂性肌であったり、もしくは頭皮にトラブルを抱えている方なら、以下の2点を参考に対処するといいでしょう。

  • ご自身の体質にあったシャンプー選び
  • ヘアケアアイテムの活用

《体質に合ったシャンプーの選び方》

◆乾燥肌の方

「冬になると乾燥したフケがでる」
「頭皮が乾燥して突っ張ったような感覚がある」

という乾燥肌の方は、乾燥して敏感になっている頭皮を刺激しないように、頭皮を労りながら洗髪できるシャンプーを選びましょう。

選ぶ目安としては、「アミノ酸系の弱酸性シャンプー」である、もしくは「乾燥肌用」「敏感肌用」と記載のあるシャンプーを選ぶのもおすすめ。

こうしたシャンプーは、頭皮を刺激から守るために必要なバリア機能を持つ皮脂や、常在菌を適度に残してくれます。

◆脂性肌の方

「毎日お風呂に入っているのに、夕方や夜になる頃には髪が脂で重くなる・ペタッとする」

という脂性肌の方は、過剰に分泌されている皮脂をしっかりと洗い落とせるように、洗浄力の強いシャンプーを選ぶようにしましょう。

選ぶ目安としては「高級アルコール系のシャンプー」である、もしくは「脂性肌用」「オイリー肌用」と記載のあるものを選ぶのがおすすめです。

《ヘアケアアイテムの活用》

次は、ローションや化粧水などの頭皮のケアアイテムを用いた対策をご紹介します。

シャンプー同様に、頭皮に合ったヘアアイテムを選びましょう。

◆ 乾燥肌の方

頭皮が乾燥しがちな方は、頭皮の潤いを保つためのヘアケアアイテムを使ってみてください。

具体的な商品としては、「キュレル頭皮保湿ローション」がおすすめ。

セラミド機能成分やユーカリエキスが配合されており、頭皮に潤いを与えます。
さらっとしたローションタイプで、頭皮にやさしく馴染むので、「べたっとする感じが苦手」「脂っぽくなるのは嫌」という方でも、ストレスなく使えるでしょう。

◆ 脂性肌の方

脂性肌の方は、皮脂の過剰分泌を抑える頭皮ケアアイテムを使ってください。

具体的な商品としては、「マンダム スカルプケアサプリ 頭皮さらさら化粧水」がおすすめ。

こちらの化粧水に配合されたベタつき抑制機能成分が頭皮をコートし、頭皮から分泌された皮脂が表面に浮き出るのを抑えてくれます。

③「外的要因による刺激」の対処法

毎日使うスタイリング剤の洗い残し紫外線ダメージなど、外的要因による刺激に対処する方法は、以下の2点です。

  • シャンプー方法を見直す

  • 紫外線ダメージを防ぐ

こちらも、それぞれ詳しく説明していきますね!

《シャンプー方法を見直す》

ヘアラボがおすすめする頭皮に優しいシャンプーのやり方は、乾燥肌の方や脂性肌の方関係なく、どちらも同じです。

手順はこちらの通り。

  • ①素洗いをする(シャンプーをつけるまえに頭皮を洗い流す)

  • ②シャンプーを手でしっかりと泡立てる

  • ③指の腹を使って優しく洗う

  • ④シャンプーが残らないようにすすぐ

  • ⑤タオルドライをしっかりしてからドライヤーで髪を乾かす

大まかな手順を紹介しましたが、細かいポイントや注意点は以下の記事で紹介しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

《紫外線ダメージを防ぐ》

紫外線によるダメージを防ぐ方法は、とても簡単です。

外出時には、できるだけ紫外線をカバーしてくれるアイテムを使いましょう。

例えば、以下の3つ。

  • 髪用・頭皮用のUVプロテクトスプレー
  • 帽子
  • 日傘

お好きなアイテムを活用して、紫外線対策を行ってください。

ここまで、頭皮の炎症が起きる理由や原因・対処法を紹介してきました。

この記事でお伝えしたことを参考に正しくケアすれば、炎症のない健やかな頭皮を目指せます。
そうすれば、炎症によって起こっていた抜け毛も改善へと近くでしょう。

もし、いくら自分自身で対策しても頭皮の炎症が改善しないならば、早いうちに皮膚科に相談しに行くことをおすすめします。
皮膚科への受診が遅くなればなるほど、重篤な皮膚炎になる可能性もありますので、頭皮の炎症には気をつけておきましょう!