目次

  1. 抜け毛が気になる方に「アミノ酸シャンプー」が人気らしい…
  2. アミノ酸系シャンプーが人気を集めるワケ
  3. ※注意※ シャンプーで直接的に育毛はできない!
  4. 抜け毛対策の準備に…《おすすめアミノ酸シャンプー10選》
  5. 【必見】プラスαの抜け毛ケアとして育毛剤がおすすめ
  6. 抜け毛対策は、頭皮にあったシャンプー選びから!

自分に合ったシャンプーを使いたい!

抜け毛が増えたり、薄毛が気になり始めたりすると、どんな風に対処するべきなのか調べますよね。

さまざまな情報があるなかで、「アミノ酸系シャンプーが良い」というを調べている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、アミノ酸系シャンプーがなぜ抜け毛を気にしている方に人気なのかを徹底解説します。

抜け毛や薄毛トラブルに悩まされている方は必見です。

また、おすすめのアミノ酸シャンプーもご紹介していきますので、シャンプー選びに迷っている方も参考にしてください。

アミノ酸シャンプーの人気の秘密は?
アミノ酸シャンプーの人気の秘密は?

「アミノ酸シャンプーが抜け毛や薄毛に良いのでは?」と噂されたり、人気を集めている理由は、2点あります。

①頭皮や髪の毛にかかる負担が少ない

頭皮や髪の毛は、通常「皮脂」という名の天然のバリア機能で守られています。

しかし、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、余分な皮脂や汚れだけでなく*必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

そうなると、頭皮のバリア機能を弱めてかえって頭皮を乾燥させる*ことになりかねません。

一方アミノ酸シャンプーは洗浄力が穏やかなアミノ酸系洗浄成分を用いており、皮脂の落としすぎをそれほど心配する必要はありません。

このことは、アミノ酸系シャンプーが「皮脂の分泌が少なめな人」に向いていることを意味します。

逆に、皮脂の分泌が多い人は高級アルコール系シャンプーや石鹸シャンプーなど、洗浄力の強いシャンプーが向いていると言えます。

②頭皮や髪の毛と同じ「弱酸性」

頭皮や髪の毛の性質は、弱酸性

それなのに中性アルカリ性のシャンプーを使ってしまうと、毛髪の内部を刺激から守る役割を担う*キューティクルが開いてしまい、髪がダメージを受けやすく*なってしまうのです。

しかし、アミノ酸系シャンプーの性質は頭皮などと同様弱酸性

したがって、頭皮や髪を弱酸性に保てるので、シャンプー時の刺激を最小限に抑えられます。

弱酸性であることは、シャンプー後のきしみやそれに伴うダメージを軽減するためには重要なポイントなのです。

シャンプーは「頭皮の洗浄」が目的のケアアイテムです。
シャンプーは「頭皮の洗浄」が目的のケアアイテムです。

先述したような働きがあることから、「アミノ酸系シャンプーは抜け毛・薄毛にいいのでは?」という認識が広がっています。

しかし、そもそもシャンプーはあくまで頭皮を清潔に保つためのもの

つまり、直接的に頭皮に作用して血流を改善させて抜け毛を抑えたり、発毛を促すような効果は期待できないのです。

しかし、頭皮を清潔・健康に保つことは頭皮環境を整えるためには必要なこと。

少しでも育毛に効果的なサポートをしたいのであれば、シャンプーは絶対に押さえるべきポイントなのです。

ここからは、10個おすすめのアミノ酸系シャンプーを紹介します。

皮脂の分泌が少なめの方、髪に優しいシャンプーをお求めの方は、ぜひすべてのシャンプーをチェックしてみてください。

  • ①プレミアムブラックシャンプー
  • ②カウブランド 無添加シャンプー しっとり
  • ③マイナチュレシャンプー
  • ④スカルプDボーテシャンプー モイスト
  • ⑤ウーマシャンプー プレミアム
  • ⑥モンゴ流シャンプー
  • ⑦薬用レパオスカルプシャンプー 003
  • ⑧haru黒髪スカルプ・プロ
  • ⑨ミノン 薬用ヘアシャンプー
  • ⑩いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー

①プレミアムブラックシャンプー

ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。

弱酸性で石油系界面活性剤や防腐剤は使用していないので、とくに「頭皮や髪にはできるだけナチュラルなものを使用したい」とお考えの方に向いています。

頭皮環境を正常に整えるために美容成分が豊富に配合されているので、頭皮や毛髪を美容液で洗う感覚で使用できます。

②カウブランド 無添加シャンプー しっとり

地肌に刺激を与えにくい天然由来アミノ酸系洗浄成分配合の弱酸性シャンプー。

洗い上がりすっきりで、根元から軽やか、毛先はまとまる髪に。

天然由来コンディショニング成分配合。ノンシリコーン処方のシャンプーです。

③マイナチュレ シャンプー

髪の毛が細くなってきたり、地肌が目立ってきたなどのお悩みを持つ方のために開発されたアミノ酸系シャンプーです。

つくりは至ってシンプル。
きちんと汚れを落としながら、頭皮と髪を労わり、余計なダメージを抑えます。

厳選したアミノ酸系の洗浄成分だけを使用しているので、ツッパリのない潤いをキープした洗い上がりが期待できます。

④スカルプDボーテシャンプー

女性の髪の悩みにアプローチできるように、ソイセラムを配合したアミノ酸系シャンプーです。

適度に頭皮の潤いを保ち、ハリとコシのある髪に整えます。

濃密泡で包み込むように洗えるのも特徴です。

しっとりと滑らかな指通りの洗い上がりを目指したい方におすすめ。

⑤ウーマシャンプープレミアム

頭皮環境を整えることで、理想のハリ、コシ、ボリュームを追求できるのがウーマシャンプー。

健康なヘアサイクルをつくり、太く強い髪を目指すための土壌づくりに一役買ってくれます。

アミノ酸系洗浄成分、馬油、がごめ昆布、加水分解ケラチンなど…こだわりの厳選成分で、頭皮環境の改善を目指します

⑥モンゴ流シャンプー

ふさふさとした黒髪が豊かで、薄毛がかなり少ないと言われるモンゴル人。

そんな彼らが古来から洗髪のときに使用しているイラクサ葉ユッカ根などの成分が配合されている、アミノ酸系洗浄成分配合のシャンプーです。

低刺激なのにきっちりと汚れを洗い落とし、しっとりとまとまりのある髪の毛に洗い上げてくれる1本です。

⑦薬用レパオスカルプシャンプー 003

エイジングケア(注1)にも効果的な成分が豊富に配合されたシャンプーです。

有機ゲルマニウムである*レパゲルマニウムが配合されていることで、頭皮を優しく洗い上げ、頭皮や髪にハリやコシを与えてくれます。

アミノ酸系の洗浄成分ですが、濃密な泡立ちが特徴。
潤いのある滑らかな髪の毛に導いてくれます。

注1:年齢肌に応じたお手入れのこと。

⑧haru黒髪スカルプ・プロ

頭皮に負担のかかる化学成分は一切使用していませんが、天然シャンプーにありがちな、きしみや指通りの悪さはありません。
したがって、リンスやコンディショナーは不要

100%天然由来で頭皮に負担をかけにくく、しっかりと洗い上げながら髪にツヤ感を与えるアミノ酸系シャンプーです。

⑨ミノン 薬用ヘアシャンプー

植物性のアミノ酸系洗浄成分を配合しているので、頭皮のうるおいを守りながら洗い上げます。

サルフェートフリー処方(硫酸系界面活性剤不使用)弱酸性で、アレルギーの原因物質を極力カット

ふけやかゆみを防ぎながら、頭皮や髪の毛を健やかに保つ、子どもから大人まで使えるシャンプーです。

⑩いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー

あんず油を中心とした純・和草プレミアムエキスで補修と予防を強化したアミノ酸系シャンプーです。

保湿効果を高めながら、外からのダメージをカバーしてくれるあんず油と、地肌にうるおいを与えてくれる茶花エキスが配合されています。

しっとりとまとまるモイストチャージ処方ですので、うるおいを与えながら髪の毛の乾燥を予防し、パサつきやすい毛先までしっとりとまとめます。

アミノ酸シャンプーによって、頭皮ケアを行なった後は、育毛剤頭皮環境整備の追い込みをするのもおすすめです。

抜け毛予防発毛促進などの効果が認められた育毛剤を用いて、本格的に抜け毛対策を行うのが良いでしょう。

ここでは、数多くある育毛剤の中からヘアラボで1番人気のものを紹介します。

抜け毛対策の第一歩はシャンプー選び。
抜け毛対策の第一歩はシャンプー選び。

おさらいになりますが、アミノ酸系シャンプーには直接的な育毛効果はありません

しかし、抜け毛に直接的な作用はできなくとも、「頭皮環境を整えるサポート役としては絶対に取り入れるべき」という事実は、把握していただけたのではないでしょうか。

抜け毛の増加や薄毛に悩んでいる方は、まず育毛剤などでの本格的なケアを行いつつ、頭皮環境にあったシャンプーを選ぶことが大切です。

この記事でご紹介した内容を参考に、ご自身の頭皮を健やかに保てるシャンプーをなるべく早いうちに見つけてくださいね。

参考文献
[1] 人気スタイリストへの近道シリーズVOL13 , サロンワーク発想だからわかる! きほんの毛髪科学 , (ルベル/タカラベルモント株式会社、2015)