目次

  1. 20代なのに抜け毛が…もしかして薄毛の始まり?
  2. 20代の抜け毛の原因とは《男女別》
  3. 日常的に行える【20代の抜け毛・薄毛対策】
  4. 20代の抜け毛は原因を知って早めに対策!不安な時は病院に頼ろう
抜け毛が多いと、何となく不安なものです。
抜け毛が多いと、何となく不安なものです。

朝起きて、枕についた抜け毛の多さにドキッとしたこと、ありませんか。

まだ20代なのに、このまま薄毛になってしまったらどうしよう?

そんな不安を拭い去るには、まず「敵=原因」を知ることが重要です。

20代でも抜け毛が増える原因をきちんと検証し、その上で、今からできる抜け毛対策に取り組みましょう!

若いうちに薄毛になりたくない…

どうせ対策するなら自分にあった対策をしたい…

そんな方はまず『ヘアラボカルテ』でいまの頭皮の状態や対策方法をお調べすることをおすすめします。
たった90秒で簡単に頭皮の状態や薄毛レベルをチェックでますので、ぜひこちらを試してみてください!

まだ20代なのに、薄毛。

人生でもっとも輝く時期に薄毛で悩むのはもったいないですよね。

しっかり対策するために、まず抜け毛が増える原因を確認してみましょう。

男女に共通する抜け毛の原因

男女で共通の原因を確認!
男女で共通の原因を確認!

20代で抜け毛が増える原因として考えられることは、いくつもあります。

しかし、ちょっと意識を変えるだけで対策できることも多いので、前向きに取り入れてみましょう。

過度のストレス

20代の抜け毛の原因のひとつは、ストレスであるといわれています。

仕事や人間関係など、現代人はストレスなしには生活できません

過度のストレスがかかると、自律神経が乱れます

その結果、血管が収縮するため、頭皮の血行も滞りがちになり、頭皮に十分な酸素や栄養が行きわたらないため、健康な毛髪が育ちにくくなってしまうのです。

20代で抜け毛が増えたと感じる人は、ストレスを溜め込んでいることが原因かもしれません。

生活習慣の乱れ

次に紹介する抜け毛の原因は、生活習慣の乱れです。

ファストフードやスナック菓子など、偏った食生活を続けていると、栄養バランスが崩れてしまいます。

健康な毛髪を育むために必要な栄養素は、タンパク質ミネラルなどの栄養素が必要なので、これらが不足すると、毛髪は十分に育つことができません。

結果、毛髪が細くなり、20代から抜け毛が増える原因になるのです…。

さらに、不規則な生活…とくに睡眠不足も、抜け毛を増やす原因になります。

毛髪を育てる成長ホルモンは、夜眠っている間に分泌されるため、睡眠の質が悪いと成長ホルモンが十分に分泌されず、20代の抜け毛を引き起こす原因となるのです。

間違ったヘアケア

20代は皮脂腺が活発なので、こまめなシャンプーが必要な時期。

きちんと洗わないと頭皮が不衛生になり、抜け毛が増える原因になることもあります。

反対に、*刺激の強いシャンプーの使用や、洗い過ぎも抜け毛を招く原因になり得ます。

シャンプーは適切なタイミングで、肌に合ったものを使って洗いましょう。

男性の抜け毛の原因

男性特有の抜け毛の原因とは…?
男性特有の抜け毛の原因とは…?

ここからは、男女それぞれに特有の原因を見ていきましょう。

まずは男性の場合です。

男性特有の抜け毛の悩みといえば、「AGA=男性型脱毛症」。

額が後退する、頭頂部が薄くなる、といった症状が特徴で、10代〜20代で症状が現れることもあります。

主な原因の1つとして知られるのが、男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルが乱れることで、髪が十分成長する前に抜け毛になってしまうのです。

女性の抜け毛の原因

20代の女性の抜け毛は、ホルモンバランスの崩れが原因で起こることがあります。

時期的な問題やストレスなど、ちょっとしたことで乱れやすいホルモンバランス。

これが原因となり、抜け毛が増えたり、健康な髪が生えにくくなったりするのです。

健やかな髪を育てるには、エストロゲンプロゲステロンという2種類の女性ホルモン分泌のバランス がとても重要になります。

20代で抜け毛が増えたと感じたら、早めに対策が必須。

原因がホルモンバランスにある場合は、男性女性問わず、専門のクリニックに相談して治療を受けて対策を伺いましょう。

ただし、抜け毛・薄毛対策は少し意識して生活習慣を変えるだけでも行えます!

ホルモンバランスを整えるサポートにもつながるので、今日から対策を始めましょう。

対策その1 バランスのいい食事

健康な毛髪は、栄養バランスの良い食事から。
健康な毛髪は、栄養バランスの良い食事から。

20代の抜け毛対策として、栄養バランスは重要です。

健康な頭皮に欠かせない栄養素は、主に以下の3つ。

  • たんぱく質
  • ミネラル
  • ビタミン

毛髪は、90%以上が「ケラチン」というたんぱく質で構成されています。

肉や魚、大豆などに含まれるたんぱく質は、毛髪の原料になる重要な栄養素なのです。

また、ミネラルの中でも「亜鉛」は、体内でアミノ酸に分解されたたんぱく質を髪の原料となるケラチンに再合成する時に必要になります。

そして、さまざまな栄養素がうまく働くための“つなぎ役”となって、人間の健やかな成長や健康を維持する働きを手助けするのが、ビタミンです。

このような栄養バランスを考慮して食事を摂ることが、抜け毛対策になるのです。

対策その2 適度な運動

20〜30分程度のウォーキングで、代謝を高めてストレスも解消!
20〜30分程度のウォーキングで、代謝を高めてストレスも解消!

運動不足が続くと体内の巡りが悪くなるため、頭皮環境も滞りがちに…。

対策としてのおすすめは、20〜30分程度のウォーキング

うっすら汗ばむくらいだと、体温が上がって体内機能を活性化させられます。

また、血流が良くなり身体の緊張がほぐれることで、自律神経のバランスも整いやすくなり、体がほどよく疲れることで、睡眠の質が高まることも期待できます。

このように、適度な運動には頭皮環境を改善しやすくなる要素が沢山あります。

ただし、無理に取り組もうとしたり、急に過度な運動をすると継続できなくなるので、逆効果です。

運動が苦手な人は、軽いストレッチやウォーキングなどからはじめてみましょう。

対策その3 規則正しい生活

質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を促します。
質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を促します。

20代だけに限らず、抜け毛対策となる規則正しい生活の基本は、睡眠です。

髪の毛は眠っている時間に成長ホルモンが分泌されて育つといわれています。

良質な睡眠の目安は、毎日同じサイクルで6時間以上眠ること。

また、食事や飲酒、入浴など、体が活性化するような行動は就寝の2〜3時間前までに済ませ質の高い眠りを心がけましょう

対策その4 正しいヘアケア

自分にあったシャンプー剤を選んで、丁寧に洗いましょう。
自分にあったシャンプー剤を選んで、丁寧に洗いましょう。

シャンプーの目的は、おしゃれや身だしなみのためだけではありません。

頭皮を清潔に保ち、育毛環境を整えるため、20代の抜け毛対策としてとても重要。

誤ったシャンプー選びやシャンプーのやり方を早いうちに正さないと、頭皮に余分な皮脂や汚れが多く残ってしまったり、逆に必要な皮脂まで洗い流して頭皮が乾燥してしまったりすることがあります。

そこから誘発された皮膚炎なども、20代で起こる薄毛の原因になり得ます。

20代の抜け毛対策には、正しいシャンプー習慣が必要不可欠なのです。

詳しい対策法として、以下の2つをご紹介していきます。

  • シャンプーの選び方
  • シャンプーの手順

シャンプーの選び方

頭皮が乾燥肌の方は、洗浄力がマイルドで、保湿効果のあるシャンプーを選びましょう。

また、脂性肌の場合は、洗浄力が高く皮脂をしっかり落とせるシャンプーがおすすめです。

ただし、刺激が強すぎるシャンプーは頭皮を傷める場合もあるので、対策を意識するなら、洗い過ぎは禁物です。

正しいシャンプーの手順

毎日のシャンプーは、頭皮と毛髪に大きな影響を与えています。

丁寧に行うと抜け毛対策にも役立つので、正しい手順を習慣にしましょう。

  • 1.ブラッシング
    髪を洗う前に、1分ほど軽くブラッシングして汚れを落としやすくします。

  • 2.素洗い
    シャンプー剤をつける前に、ぬるま湯だけで汚れを落とします。

  • 3.手のひらでシャンプーを泡立てる
    しっかり泡立てることで、頭皮の毛穴にシャンプーの泡が入り込みやすくなります。

  • 4.爪をたてず、指の腹でやさしく頭皮をマッサージ
    10本の指の腹を使って、地肌をマッサージしましょう。

  • 5.髪の根元や頭皮からしっかり流す
    シャンプー剤のすすぎ残しがないよう、2〜3分かけてしっかり洗い流しましょう。

詳しくは、関連記事でチェックしてみてください。

1人で不安を抱えないで、クリニックに相談してみましょう。
1人で不安を抱えないで、クリニックに相談してみましょう。

20代の抜け毛の原因はストレス食事生活習慣など、身近なところに潜んでいます

しかし、早めに対策すれば、抜け毛の悩みや薄毛の恐れを心配せずに過ごすことができます。

気軽にできそうなことから、一つひとつ対策を試してみましょう。

また、ホルモンバランスが原因の場合は、きちんと治療することが必要です。

1人で悩んでいると、ストレスが溜まって抜け毛が加速することにもなりかねません。

最近は薄毛外来などの専門クリニックも増えているので、気軽にクリニックに相談してみましょう。

参考文献
[1] 髙橋栄里 , 髪がみるみる蘇る習慣 , (宝島社、2016)