目次

  1. 「ノンシリコンシャンプーが良い」って本当?
  2. “シリコン”とは?嫌われる理由について確認!
  3. ノンシリコンorシリコンイン!あなたに合うシャンプーはどっち?
  4. シャンプーの役割とメリット・デメリット
  5. 《厳選》おすすめノンシリコンシャンプー
  6. 【誰にでも合うシャンプーはない】自分に合うものをしっかり検討しよう!
髪の毛のために知っておきたい!
髪の毛のために知っておきたい!

シャンプーに入っているシリコン、髪にいいの?

シャンプーはノンシリコンが良いと聞いたので、「ノンシリコンシャンプーを買ってみた」もしくは「買ってみようと思っている」なんて方は、たくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、

ノンシリコンシャンプーは普通のシャンプーに比べて価格が高いのに、実際使ってみると思ったほどコンディションが良くならない

という理由から、「ノンシリコンシャンプーは本当にシリコンインシャンプーより優秀なの?」と疑問を抱いている方も少なくないのでは…?

今回はそんな疑問を抱く方のために、

  • ノンシリコンが「良い」と言われる理由
  • シリコン入りは本当に悪いのか

など、シリコンシャンプーの気になる疑問について徹底調査しました。

ノンシリコン、シリコンインそれぞれの役割メリット・デメリットにも触れていくので、ぜひシャンプー選びの参考にしてみてください!

まずはシリコンについて確認しておきましょう。
まずはシリコンについて確認しておきましょう。

シャンプーに配合されているシリコン(注1)は、多様な条件下においても「他の物質と化学的に反応しにくい」という性質を持っています。

そのため、科学的に非常に安定した成分であると言われています。

したがって、体内に取り込んでも性質が変化しないため害にならない熱や摩擦などの外的要因による刺激を受けても変質しないなどの特徴を持っているのです。

このような特徴から、シャンプーをはじめとする多くの“化粧品”に活用されており非常に安全性の高い成分とも言われています。

注1 「シリコン」は、本来地球の主要な構成元素のひとつ「ケイ素」を表す言葉です。ここまでに説明してきたようなシリコンの正式な名称は「シリコーン」なのですが、一般的に「シリコン」と称されることが多いため、この記事では「シリコン」と表記しています。

しかし、冒頭でも少しお話ししたように、シリコン入りのシャンプーにはさまざまな黒い噂があります…。

「シリコンが毛穴に詰まってハゲる」
「毛髪にダメージを与える」

こんな噂を耳にしたことがある方も多いはず。

果たして本当でしょうか?

正解を述べると、実際にはシリコンにそのような作用はありません

では、なぜそのような噂が出回ってしまったのでしょうか…?

ご自身に合ったシャンプーを選ぶ上で必要な情報なので、その理由についても一緒に確認しておきましょう。

シリコンが嫌われるのはなぜ?

シリコンが嫌われる原因となったのは、シリコンが持つカラーパーマなどのケミカル処理全般に対する耐性です。

シャンプーなどのヘアケアアイテムに配合されたシリコンは、髪の毛をコーティングする役割があり、ケアした後も毛髪に残留します

残留すること自体はとくに問題にはならないのですが、その“耐性”自体も毛髪に残り続けるので、

「カラーが入りにくい」 「パーマがかかりにくい」

といったトラブルが生じてしまうのです。

ただ、それはあくまで使用する人が望まない性質があるということであり、頭皮や毛髪に対して害があるわけではありません

しかし、そのような弊害が生まれるという点から根拠のない悪い噂が出回るようになり、シリコンは無条件で敵視される存在になってしまったのです。

ここまで、シリコンについて、そしてシリコンが嫌われる理由について解説してきました。

結局のところ“相性”というお話もいたしましたが、肝心なのは「自分はシリコンインとノンシリコンどちらが合っているのか」という点ですよね。

自分に合うシャンプーを見極めるためのチャートをご用意しましたので、ぜひチェックしてみてください!

シリコンインとノンシリコン、どちらのシャンプーが向いていたでしょうか?

「なぜこのシャンプーが向いているのか」をきちんと理解していただくためにも、次項でシリコンインシャンプーとノンシリコンシャンプーの役割の違いメリット・デメリットについて解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

シリコンイン、ノンシリコンの違いは…?
シリコンイン、ノンシリコンの違いは…?

では、さっそくシリコンインとノンシリコン、それぞれのシャンプーが持つ役割メリット・デメリットについて説明していきます。

シリコンインシャンプー

シリコンインシャンプーは、先ほどシリコンの説明でも軽くお話しした通り、シリコン成分で毛髪をコーティングする役割があります。

シリコンインシャンプーのメリットデメリットは、以下の通りです。

《メリット》

  • 髪の毛を保湿して乾燥を防ぐためしっとり感を演出できる
  • ツヤがあり、手触りの良い髪に仕上げる
  • 熱や摩擦などのダメージを軽減し、髪を傷みにくくする
  • ダメージを受けた髪を補修ケアする

《デメリット》

  • 頭皮が油っぽくなりやすい
  • 毛髪に重みが加わり、髪のボリューム感が落ちる
  • 皮膚が敏感な方はかゆみが起こりやすい(人による)
  • カラーが入りにくくなる
  • パーマがかかりにくくなる

このような特徴があることから、これらのような方に向いていると言えます。

  • 髪の毛が傷んでいる

  • 髪の毛や頭皮が乾燥しがち

  • 髪のボリューム感を抑えたい

  • カラーやパーマはあまりしない

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーは、その名の通りシリコンを含んでいないシャンプーなので、髪の毛にコーティングをせずいわゆる「すっぴん」のような状態に近づける役割があります。(※)

ノンシリコンシャンプーのメリットデメリットは以下の通りです。

《メリット》

  • 髪や頭皮をナチュラルの状態に近づける
  • ふんわり軽やかな髪に仕上げる
  • カラーやパーマの効果を実感しやすくなる
  • 肌に負担をかけにくい

《デメリット》

  • 頭皮や髪が乾燥しやすくなる
  • 髪が軽くなるので髪のボリューム感が出やすくなる
  • 外的刺激によるダメージを受けやすくなる
  • 髪がキシみやすくなる(手触りを良くしたい場合はその他のケアが必要になる)
  • コーティング成分が完全に入っていないシャンプーの場合は比較的値段が高い

このような特徴があることから、これらのような方に向いていると言えます。

  • 髪がさほど傷んでいない方

  • 頭皮の皮脂分泌量が多めの方

  • 髪にボリューム感を出したい方

  • カラーやパーマをよくする方

※「ノンシリコン」と表記されていても、同じような“コーティング作用のある成分”を含んでいるシャンプーは、「シリコンインシャンプー」とほぼ変わらない性質を持っています。その場合、以下の“ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット”の内容は該当しないのでお気をつけください。

こちらでは、ご自身の髪のために「より良いノンシリコンシャンプーを使いたい!」とお考えの方のために、おすすめのノンシリコンシャンプーを紹介していきます。

ラインナップはこちらです。

①ケアテクトHB カラーシャンプーS


内容量
300mL/750mL/リフィル700mL/リフィル1200mL

価格
2,000円/4,000円/3,400円/5,200円

特徴
天然ハーブエキス配合で髪をいたわりながら、美髪へと導く、シリコンフリーの自然派ヘアケアシリーズの弱酸性シャンプーです。

ヘアカラーやパーマでダメージを受けた髪に適した成分「ヘマチン」を配合。

加水分解ヒアルロン酸や6種類のハーブエキス配合により、カラーやパーマ後の髪と頭皮をやさしくケアし、やわらかでまとまりのあるしっとり髪を維持してくれます。

②ディアテック デザイニング カウンセリングプレシャンプー


内容量
1000mL/1000mLポンプ付き

価格
オープン価格
参考価格:1,382円/2,018円

特徴
低刺激なのに、頭皮の余分な汚れや皮脂を徹底除去してくれるノンシリコンシャンプー。

こちらメインシャンプーとして一本使いすることも可能ですが、プレシャンプーとして使用するのが基本です。
インバス・アウトバストリートメントを多用する、ワックスなどのスタイリング剤をよく使用するという方はプレシャンプーとしてご活用ください。

洗浄力は強い方がいいけれど、なるべく頭皮に負担をかけたくないという方に向いています。

③ヘアシーズンズ カームリーウオッシュ


内容量
250mL/800mL/800mLパック(専用ケース必須)/専用ケース

価格
2,200円/5,200円/4,400円/800円

特徴
サロン御用達の有名ヘアケアブランド「DEMI」がおくるノンシリコンシャンプーです。

マイルドな洗い上がりで手肌のコンディションを整えつつ、頭皮の余分な汚れや皮脂はしっかりと洗浄してくれます。

シャンプーの刺激、頭皮や髪の乾燥が気になるという方、そして、ノンシリコンシャンプーにありがちな髪の軋みが気になるという方におすすめです。

大切なのは相性です!
大切なのは相性です!

髪質や成分、効果をしっかり調べて、ご自身にあったシャンプー選びを。

ここまで、“ノンシリコンシャンプーは本当に良いのか”“なぜシリコンインシャンプーは嫌われるのか”など、シャンプーに含まれるシリコンの真相について説明してきました。

おさらいになりますが、それぞれのシャンプーの向き不向きを今一度見てみましょう。

シリコンインシャンプーは、以下のような方に向いています。

  • 髪の毛が傷んでいる方
  • 髪の毛や頭皮が乾燥しがちな方
  • 髪のボリューム感を抑えたい方
  • カラーやパーマをしない方

そして、ノンシリコンシャンプーは以下のような方におすすめできます。

  • 髪がさほど傷んでいない方
  • 頭皮の皮脂分泌量が多めの方
  • 髪にボリューム感を出したい方
  • カラーやパーマをよくする方

ただし、先ほどもお伝えしたように、シリコンインかノンシリコンかだけでは髪とシャンプーの相性を推し量ることはできません

ノンシリコンと表記されていても、植物性オイルなどのコーティング作用を持つ成分が含まれている場合、この記事で言う「ノンシリコンシャンプー」の役割は期待できないでしょう。

また、どのような洗浄成分を含んでいるのかそのほかの添加物に何も用いているのかなどでも、シャンプーの性質は大きく左右されるので、この記事で紹介した“シリコンインとノンシリコンとの違い”は、あくまで目安として参考にしてください

ご自身の髪質や求めたいシャンプーの性能をしっかりと考えて、より良いシャンプーを選んでみてください。