目次

  1. ノンシリコンシャンプーは薄毛の対策になるの?
  2. そもそもシリコンってなに?
  3. ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット
  4. ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー、結局どっちが薄毛にいいの?
  5. 自分にあったシャンプーで頭皮を整えよう!
シリコンで薄毛って本当?
シリコンで薄毛って本当?

解説していきます。

ノンシリコンシャンプーが薄毛の改善に効果的!

という噂を聞いたことがある人、少なくないと思います。

薄毛で悩んでいると、やっぱりシャンプー選びも気を使いますよね。

「少しでも髪や頭皮に良いシャンプーを選びたい!」と思って、ノンシリコンシャンプーを検討している人もいるのではないでしょうか?

しかし、結論からいうとノンシリコンシャンプーだけでは薄毛対策は難しいです。

では、ノンシリコンシャンプーにはいったいどういう効果があるのでしょう。

シリコンの働きから詳しく説明していきますね。

それでは、そもそもシリコンとは何か、シリコンが髪にどう働きかけるのか、についてご説明していきます。

まずはシリコンとは何か見ていきましょう。

シリコンとは?

シリコンってなに?
シリコンってなに?

何なんでしょう。

シリコンとは、Si(ケイ素)が化学的に合成された樹脂のことです。
と言われてもピンときませんよね。
簡単にいうと、髪をコーティングするための人工物

シャンプーやコンディショナー・トリートメントに配合されることで、髪の毛の表面をコーティングし、髪の傷みなどをなめらかにカバーするものです。

シリコンは、市販されているシャンプーの大多数に含まれています。

シリコンは髪にどう関わるの?

シリコンと髪の関係
シリコンと髪の関係

髪を守ってくれるんですね

シリコンは髪をコーティングすることで、下記のような効果があります。

  • 髪の摩擦を防ぐ
  • 髪の手触りをよくする
  • 熱や紫外線から髪を守る
  • ツヤがでて指通りが良くなる

これは、表面を覆っているだけなので、髪の毛のダメージを補修しているわけではありません
ダメージから髪を守る役割といえますね。

こう見えると、シリコンは髪に対して良い影響ばかりのように見えますね。
しかし、シリコン=薄毛というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

それでは、シリコンは本当に悪者なのか見ていきましょう。

シリコンは悪者なの?

シリコンはよく薄毛の原因といわれていますが、それは真実なのでしょうか?

シリコンが薄毛の原因と言われる最大の要素は、シリコンが毛穴に詰まるということです。

しかし、シリコンが毛穴に詰まり、髪の毛の成長を妨げるという主張には明確な根拠がありません。

シリコーンが毛穴に詰まったり、毛髪や地肌に悪影響を及ぼすことはありません。

シリコーンについて | 知って、なるほど化粧品 | 安心・安全 / 研究開発 | 資生堂グループ企業情報サイト

シリコーンの性質からも、毛穴につまりを起こすとは考えられません。

花王株式会社 ヘアケアサイト 髪と地肌の上手なお手入れ方法 ヘアケア製品の選び方

このように、大手メーカーの実験や調べでは、シリコンに関する俗説は否定されています

また、シリコンの洗い残しのリスクもよく問題視されますが、仮にシリコンを洗い残しても、次の洗髪で洗い流せるという実験結果も出ています。

これらのことから、一概にシリコン=薄毛とはいえないことが分かりますね。

シリコンが薄毛の原因にならないとすると、ノンシリコンシャンプーに変えたからといって、薄毛対策にはなりませんよね。

それでは、ノンシリコンシャンプーには、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ここからは、ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

メリット

メリットもあります。
メリットもあります。

ノンシリコンシャンプーの代表的なメリットは、以下の3点です。

  • ボリュームが出やすい
  • シリコンのアレルギーを回避できる
  • シリコンによる毛穴詰まりのリスクを回避できる

ノンシリコンシャンプーは、髪をコーティングするシリコンが含まれていないので、軽さが出てボリュームアップにつながります

また、シリコンでアレルギーを起こす人もいます
アレルギーが原因で、頭皮のかゆみやフケなど頭皮トラブルになることも…。
そんなアレルギーが気になる方は、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。

先ほど説明してように、シリコンが毛穴づまりになる!とは言い切れません。 ですが、長期的なデータがない以上、リスクがないわけではありませんよね。

そういった毛穴づまりなど頭皮環境を悪化させるリスクや不安を抱えないという点は、ノンシリコンシャンプーのメリットといえますね。

デメリット

デメリット
デメリット

当然デメリットもあります…

ノンシリコンシャンプーの代表的なデメリットは以下の3点です。

  • 髪がきしむ・手触りが悪くなる
  • 熱のダメージを受けやすい
  • 価格が高い傾向にある

髪をコーティングするシリコンが含まれていないので、髪の手触りは悪くなります

また、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱にも弱くなるので、トリートメントなどのヘアケア剤で、より一層気をつけてケアする必要がありますね。

市販されているノンシリコンシャンプーはシリコンシャンプーに比べて高価な傾向があります。
シャンプーはほぼ毎日使うものなので、価格が高いのもデメリットになりますよね。

※ノンシリコンのシャンプーを出していても、同じシリーズのトリートメントにはシリコンが入っている、なんてこともあるので、シリコンが気になる人はご注意ください。

メリットとデメリットのあるノンシリコンシャンプーですが、それでは、ノンシリコンとシリコン、どちらのシャンプーを選べばいいのでしょう?

結局どっちがいいの?
結局どっちがいいの?

合う合わないが大切です。

ここまで述べてきたとおり、シリコンが薄毛の原因となる可能性は低いです。 なので、薄毛対策という観点からは、どちらも大きな差はありません。

  • 薄毛が気になってボリュームアップしたい人
  • シリコンアレルギーがある人

ノンシリコンシャンプーがおすすめですし、

  • 髪の毛をダメージから守りたい人
  • 切れ毛や枝毛が多い人

シリコンシャンプーがおすすめ

「どちらが優れているか」というよりは、「どちらが自分に合っているか」で判断することが大切ですね。

【おまけ】薄毛対策にはアミノ酸系シャンプーがおすすめ!

ノンシリコンシャンプーやシリコンシャンプーは洗浄力が強いものが多く、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

そこでおすすめなのが、アミノ酸系シャンプーです。

皮脂は頭皮を守るために存在していて、そのままにしておくと毛穴づまりなどの頭皮トラブルの原因になります。

しかし、必要な皮脂まで洗い流しすぎると、乾燥したり、減った分を補おうとして過剰に皮脂が分泌されて、これもまた頭皮トラブルの原因になるんです。

頭皮トラブルによる頭皮環境の悪化は、健康な髪の成長を妨げることにもなりかねません。

健康な髪の成長を邪魔してしまっては、薄毛を対策することはできませんよね。

アミノ酸系シャンプーは、薄毛を改善する効果はないものの、洗浄力が高すぎず、髪や頭皮にやさしいシャンプーなので、頭皮環境の改善が期待できるのでおすすめです。

薄毛対策は、皮脂量のバランスが取れた頭皮環境にすることが重要です。

シャンプー選びにも気を使いたいですね。


シャンプー選びに迷っているという方は、ヘアラボおすすめのチャップアップシャンプーをチェックしてみてください! こちらはさきほど説明したアミノ酸系シャンプーなので、頭皮環境の改善に効果的です!

こちらの関連記事では、おすすめのアミノ酸系シャンプーを紹介しているので、併せて参考にしてみてくださいね。

自分にあったシャンプーを
自分にあったシャンプーを

正しいシャンプー選ぶが大切ですね。

いかがでしたか?

『ノンシリコンシャンプーは薄毛に効果があるのか』や『ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット』についてご紹介してきました。

ノンシリコンシャンプーは薄毛に直接効果はありませんが、メリットもあります!

薄毛の悩みや、頭皮に合わせてシャンプーを選ぶのがポイントですね。

正しい知識をつけて、効果的に薄毛対策をしていきましょう!