目次

  1. 毛髪再生治療はここまできた!
  2. 最先端の自毛植毛、毛根培養とは?
  3. 今までの自毛植毛との違いは?
  4. すでに治験段階へ!資生堂の取り組み
  5. 2つの細胞を用いる京セラの研究
  6. 毛根培養の課題とは?
  7. 進化し続ける自毛植毛に期待!

毛髪再生治療」という言葉が広まり、実際に治療を受けられるクリニックも増えてきました。

ですが、その治療の技術はもっと進化している事実をご存知でしょうか?

驚くべきことに、自分自身の毛根を培養し、失った毛を再生する方法が研究されているのです。

そこで今回は、毛根の培養に関連する"最先端の毛髪再生治療"について、ご紹介していきます。

最先端の毛髪再生治療としてご紹介する、「毛根培養」。

毛根培養とは、毛髪をつくる能力がある細胞を採取して培養したものを、脱毛箇所に注入することで発毛をさせる薄毛治療です。

最先端の自毛植毛(注1)である、毛根培養の方法について簡単に解説します。

  • ①まず、10本程度の髪の毛が含まれる頭皮を数ミリ切除。

  • ②その切除した頭皮から、毛髪をつくる能力がある細胞「毛球部毛根鞘細胞(注2)」を採取し、体外で培養。

  • ③体外で培養し増やした細胞を、脱毛している箇所に注入し、発毛させる。

これが「毛根培養」の技術です。

詳しくは後からご説明しますが、これらは最先端の自毛植毛技術と言えるでしょう。

注1:自毛植毛とは頭皮の一部分を切除し、脱毛部分に毛根を移植する治療方法のこと。

注2:毛球部毛根鞘細胞…もうきゅうぶもうこんしょうさいぼう と読む。毛髪の根本にある部分を覆うように存在している細胞のこと。毛髪の成長に影響を与える重要な役割がある。

  • 同じ点
    頭皮を切除して脱毛部分に移植すること
  • 異なる点
    「毛球部毛根鞘細胞」を採取し、体外で培養したものを移植すること

これまでの自毛植毛は、単純に髪のあるところから、ないところへ移すだけのものでした。

また、移植できる髪の毛の本数に限りがあるため、頭皮全体が脱毛している人には向かない治療法でした。

しかし、毛根培養では、切除した頭皮から、毛髪をつくる能力がある細胞「毛球部毛根鞘細胞」を培養し移植をします。

10本程度の髪の毛が含まれる頭皮」があればいいため、薄毛が進行している人でも治療を行うことができる、画期的な方法です。

化粧品でおなじみの「資生堂」が、最先端の毛髪再生治療の研究をおこなっています。

その研究は、毛髪再生医療の確立に向けて、すでに治験段階へと進んでいます。

一体どのような毛髪再生治療なのでしょうか?

どのような再生治療?

資生堂が乗り出した毛髪再生治療の研究とは、まず、頭皮組織から毛球部毛根鞘細胞(もうきゅうぶもうこんしょうさいぼう)を採取し、100万個程度に培養

その培養した毛球部毛根鞘細胞を、脱毛部位に移植・注入するという内容です。

これにより脱毛している箇所の、毛包部分をふたたび活性化

毛包とは髪の毛が生えてくる基礎となる重要な器官のため、この部分が活性化することにより、健康的な毛髪の成長を促せるそうです

また、この毛髪再生治療は「幅広い人に適応できる」という特徴もあります。

というのも、切除する頭皮は、脱毛を促す男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部から、数ミリ切除するのみ。

そのため患者への負担が軽減し、現在毛髪がほとんどない人や、女性を含めた幅広い人を対象にできる毛髪再生治療だと考えられています。

研究の成果は?

資生堂の毛髪再生治療は、2013年にバイオベンチャー企業"レプリセル社"と技術提携契約。

2016年には東京医科大学東邦大学とタッグを組み、臨床研究をおこなっている真っ最中です。

ですので、まだ臨床結果については報告されておりません。発表が楽しみなところですね。

今後この毛根培養を使った毛髪再生治療は2020年ころの実用化に向けて、研究を進めている段階とのことです。

資生堂のほかに「京セラ」も、独自の毛髪再生治療の研究をおこなっています。

資生堂の研究と同様にみられがちですが、京セラの研究内容には資生堂とは大きく違った点があります。

どのような再生治療?

京セラの毛髪再生治療は、基本的な施術方法は資生堂と同様です。

後頭部から少量の頭皮を取り、細胞を取り出して培養し、脱毛部分に戻すというもの。

では、京セラと資生堂はどの点に大きな違いがあるのかというと、「頭皮から取り出して培養する細胞の違い」にあります。

資生堂は、「毛球部毛根鞘細胞(もうきゅうぶもうこんしょうさいぼう)」を培養し、脱毛部分に移植をします。

一方で京セラは、毛包器官から「上皮性幹細胞(注3)」と、「毛乳頭細胞(注4)」の2つを取り出します。

その後、独自で開発した"器官原基法(注5)"により、毛包(=髪の毛の根っこ)のもととなる「毛包原基(注6)」を再構築。

この毛包原基を脱毛部分に移植することで、新たな毛包へと成長し、毛髪を再生できる治療ができるというものです。

注3:上皮性幹(じょうひせいかん)細胞とは、毛穴の中にあるバルジと呼ばれる領域に存在している細胞。毛母細胞を生み出す“毛包幹(もうほうかん)細胞”や髪の毛の色素に影響する“色素幹細胞”を保有している。

注4:毛乳頭細胞とは、毛髪の形成を促すのにとても重要な“毛母細胞”に髪を成長させるように指示を出す役割を持っている。

注5:器官原基法とは、独自の技術を用いて毛包原基を作り出す方法のこと。

注6:毛包原基とは、毛髪を生み出す“毛包”を形成する細胞の集まりのこと。

マウスでの実験に成功!

この再生毛包原基を毛のないヌードマウスに移植すると、再生毛包へと成長し、毛幹(毛)を再生できることを実証しました。

その実験の内容とは、再生した毛包原基をヌードマウスに28コ移植するというものです。

そして、21日後には「1平方cmあたり124本」にまで成長しました。

ちなみに、人の頭髪密度は平均1平方cmあたり150本~300本

人の頭髪密度に近づいていることから、実用化はそう遠くはない未来なのかもしれません。

最先端な治療法の毛根培養ですが、いくつか課題があります。

身体から採取した細胞を体外で培養することで遺伝子が変化し、"がん細胞"ができてしまう可能性があると言われていること。

他にも、細胞培養に使用される添加物によるアレルギー反応や、注射そのものによる出血

注射によってウイルス感染などのリスクが起こるのではないかと、考えられています。

これまで、最先端の毛髪再生治療についてご紹介してきました。

「資生堂」と「京セラ」が実施している毛髪再生治療の実用化は、まだ少し先の予定。

2020年の実用化に向けて、研究を進めている段階だそうです。

また、リスクが懸念されている等のの不安要素もありますが、臨床実験の状況や、マウスでの発毛実験の成果を考えると、*十分に期待のできそうです

毛根培養が、薄毛に悩む人たちの救世主となってほしいところですね!