目次

  1. フィンペシアがM字ハゲに効くって本当?
  2. そもそもAGA・フィンペシアってなに?
  3. フィンペシアとM字ハゲの関係
  4. フィンペシアの注意点
  5. 正しい知識を持ってM字ハゲをケアしよう
M字ハゲが気になる…
M字ハゲが気になる…

「M字ハゲが気になる…」という悩みを抱えた男性、少なくないと思います。

M字ハゲを改善しようと少し調べてみると、フィンペシアという治療薬が出てきます。

「M字ハゲは気になるけど、フィンペシアって本当に効くの?」

と、フィンペシアがMハゲに効果があるのか不安な方もいると思います。

結論からいうと、そのM字ハゲがAGAによるものであれば、フィンペシアの効果が期待できるかもしれません。

あいまいな言い方になってしまいましたね。

それでは、フィンペシアとM字ハゲについて詳しくご説明していきたいと思います。

簡単に説明していきます
簡単に説明していきます

そもそも、AGAやフィンペシアという言葉の意味が分からない、という人もいると思います。
なので、まずはこの2つについて簡単にご説明していきますね。

AGAとは?

AGAとは男性型脱毛症とも呼ばれ、思春期以降に起きる脱毛症のことです。

前頭部(M字)頭頂部(O字)が薄くなり、ゆっくりですが進行するのが特徴。

AGAの主な原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)で、このDHTは体内のテストステロン5αリダクターゼが結合することによって作られます。

フィンペシアとは?

フィンペシアとは、AGAの治療薬です。

先発のAGA治療薬であるプロペシアと同じ成分でできており、プロペシアのジェネリック(注1)医薬品という位置づけとなっていますが、プロペシアの国際特許はまだ切れていないので、正確にはコピー商品です。

AGAの主な原因となるDHTを生成する、5αリダクターゼの働きを妨げ、DHTの生成を防ぐことで、AGAの進行を止める効果が期待できます。


注1:既存の薬の特許が切れたあとに販売される、同じ有効成分・同じ効き目で価格の安い薬

それでは、フィンペシアとM字ハゲの関係についてご説明していきます。

最初にAGAによるM字ハゲであれば、フィンペシアの効果が期待できるかもしれない、と書きました。

その通りなのですが、M字ハゲにも種類があり、実はもう少し複雑です。

まず前提として、フィンペシアの効果が見込めるM字ハゲと、見込めないM字ハゲがあります。

それぞれで特徴が違うので、順番にご説明していきますね。

フィンペシアの効果が見込めるM字ハゲ

フィンペシアによる効果が見込めるのは、AGAによるM字ハゲです。

先述した通り、フィンペシアはAGAの治療薬です。

5αリダクターゼの働きを妨げることでDHTの生成を防ぐ役割を持っているので、DHTが主な原因となるAGAに対しては、効果が期待できるということ。

薄毛で悩む人の95%はAGAといわれているので、ほとんどの人がフィンペシアの効果にある程度の期待ができそうです。

とはいえ、薬の効果や効き目には個人差があるので、AGAだからフィンペシアを使えば改善できると一概に言えません。

ご自身のM字ハゲがAGAによるものだったら、フィンペシアで改善できるかもしれない。という1つの可能性として考えておいてくださいね。

フィンペシアの効果が見込めないM字ハゲ

一方で、フィンペシアの効果を見込めないM字ハゲには以下の特徴があります。

  • 栄養不足や頭皮荒れによる薄毛
  • AGAを放置しすぎて毛根が機能しなくなっている

まず、栄養不足や頭皮荒れによる薄毛で、M字ハゲになる可能性があります。

これは、髪の毛の健康が損なわれることによる薄毛なので、DHTを減らす役割を持つフィンペシアでは、根本の原因が違うため解決するのは難しいです。

また、進行型のAGAを治療せず長い間放置していると、髪の製造機関である毛母細胞が死んでしまうため、その部分からの発毛は見込めなくなります。

毛母細胞が機能しなくなっては、AGAによるM字ハゲであってもフィンペシアでの改善は見込めません。

この状態になってしまったM字ハゲは、治療薬に治療では発毛は見込めず、植毛やウィッグなどの対策に限られてきます。


このように、同じM字ハゲでも原因や特徴によって、フィンペシアで改善が見込める場合と見込めない場合があるのです。

これらの特徴は、なかなか自分で判断するのは難しいので、フィンペシアの服用を検討している人は、一度皮膚科やクリニックなどで診てもらい、自分のM字ハゲの状態を知ることをおすすめします。

AGAによるM字ハゲ対策であれば、フィンペシアの効果が見込めることもあると分かったので、ここからはフィンペシアの注意点についてご紹介していきます。

  • 副作用
  • 偽造品
  • 成人男性以外服用できない

1つずつ見ていきましょう。

(1)副作用

副作用のリスクも…
副作用のリスクも…

まずは副作用について。

フィンペシアに限らず、医薬品には副作用のリスクがありますよね。

フィンペシアには、主に下記の副作用が確認されています。

  • 肝機能の低下
  • 性欲の減退

もちろん、服用した全員にこれらの症状がみられるわけではありませんが、常にこれらのリスクがあるということは念頭において服用しましょう。

また、すでに肝臓を治療している人や肝機能の低い人の服用はおすすめしていません

それ以外にも不安な点がある人は、病院やクリニックに相談したうえで、慎重に服用を判断してください。

(2)偽造品

偽造品に注意!
偽造品に注意!

2つ目は偽造品についてです。

そもそもフィンペシアというのは、国内では認可されていません。
先述した通り、プロペシアのコピー商品で、法的にもグレーな存在です。

成分こそプロペシアと同じですが、国内では正規の購入ルートがないため、その多くは個人輸入によって取引されています。

個人輸入でフィンペシアを買うと、プロペシアの1/10ほどの価格で手に入れることができるため、気軽に手を出してしまう人がいますが、こういった現状の中で問題になっているのが偽造品の流通

安いからといって偽造品をつかまされてしまっては意味がありませんし、配合成分によっては、重篤な副作用を引き起こす可能性があります。

もし副作用などが起きても自己責任になってしまうので、安易に個人輸入を選択するのは大変危険です。


フィンペシアの個人輸入は、ヘアラボのポリシーからおすすめしていません。

フィンペシアの購入を検討している人は、信頼できる病院やクリニックを見つけて処方してもらいましょう。

(3)成人男性以外服用できない

女性や未成年は服用できません!
女性や未成年は服用できません!

3つ目の注意点は、成人男性しか服用できない点です。

つまり、女性や未成年の服用は厳禁ということですね。

女性が妊娠中・授乳期間中にフィンペシアを服用してしまうと、胎児や乳児の生殖器官などの正常発育に悪影響を与える可能性があります。

フィンペシアの主成分は肌から吸収されることも確認されているので、妊娠中・授乳中の女性は、服用しないだけでなく、触れないように注意する必要があります。

また、子どもの使用も前提にしていないので、未成年の使用も危険です。

これらの理由から、フィンペシアを服用中の人は献血に行ってはいけません。 提供した血液は誰に使用されるかわかりませんからね。

服用をやめてから1ヶ月ほど経つと、体内の成分がなくなり、献血に行けるようになります。

フィンペシアがM字ハゲに効くのか、についてご説明してきました。

いかがでしたか?

フィンペシアはAGA治療薬としての効果が期待できます。

しかし、副作用などのリスクも確実に存在するので、医師などと相談して慎重に判断したほうがいいですね。

正しい知識を持って、M字ハゲをケアしていきましょう。