目次

  1. M字ハゲの改善には産毛が大切って本当…?!
  2. そもそもM字ハゲってどんな状態?
  3. M字ハゲ・生え際の薄毛と産毛の関係
  4. M字ハゲ・生え際の進行を遅らせたい!《薄毛対策》
  5. 産毛を強く、太く?生え際の薄毛の《対処法》とは
  6. 気になる生え際のM字ハゲは、産毛があれば改善の余地あり!

突然ですが、生え際が後退してきて、

「M字ハゲになりそう!」

「すでにM字ハゲになってる…」

とお困りの方、産毛、生えていますか?

気になる生え際の髪の後退を抑えたり改善したりするためには、実は産毛が重要なのです。

この記事では、「M字ハゲと産毛にはどんな関係があるのか」について、解説していきます。

さらに、そんな産毛を強く、太くするための方法もお伝えしていきますよ。

生え際が後退して“M字ハゲ”になる薄毛のことを、AGA(男性型脱毛症)と呼びます。

AGAとは、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が元凶となり、ヘアサイクルが乱れてしまう脱毛症のこと。

ヘアサイクルとは、髪が生まれ変わるサイクルのこと。
AGAを発症することで、髪が成長しきる前に抜けてしまい、M字ハゲやその他の薄毛の原因になってしまうのです。

生え際が後退していき、M字ハゲになる現象にはこのような背景があったのです。

そんなM字ハゲの進行を抑える・改善するためには、冒頭でお伝えしたとおり“産毛の有無”がカギになります。

それは、一体何故なのでしょうか…?

産毛とは、まだ成長が見込める髪の毛のこと。

つまり、生え際の薄毛・M字ハゲで髪が後退した部分に“産毛がある”ということは、成長させることさえできれば、改善の余地があるということなのです。

先ほど、AGAの説明で少し触れたかと思いますが、髪は以下のようなサイクルで生えて、成長して、抜けるを繰り返しています。

  • 成長期:新しい毛が生えて髪が太く長く成長する
  • 退行期:髪の成長が弱まる
  • 休止期:髪の成長が完全に止まる

産毛が生えているということは、毛根は活動を休止していないということ。
ヘアサイクルを元に戻せば、成長しきっていない産毛を太く長くできる可能性があるのです。

「生え際が後退しはじめてきてきたけど、完全なM字ハゲになりたくない…」という方のために、M字ハゲや生え際の薄毛対策をご紹介していきます。

主な対策方法は、以下の3つ。

  • 頭皮マッサージ

  • 頭皮に適したシャンプー選び

  • 育毛剤を使用する

それでは、順番に説明していきますね。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージには、以下のような効果が期待できます。

  • 髪に栄養を運ぶために重要な頭皮の血行促進
  • 髪の天敵であるストレスの解消

頭皮マッサージのやり方は、このような手順で行います。

  • ①人差し指・中指・薬指の3本の指をこめかみの上に当て、頭皮を上下に動かす

  • ②そのまま頭頂部まで指をずらしていく

  • ③頭頂部にたどり着いたら百会のツボを中指で垂直に押す

  • ④3本の指を額の生え際の中央に当て、頭皮を上下に動かす

  • ⑤そのままこめかみまで指をずらしていく

  • ⑥こめかみにたどり着いたら手のひらをこめかみに当てて円を描くようにマッサージ

  • 5本の指先で頭皮全体をポンポンとリズミカルに叩く

一つひとつの工程に、コツやポイントがございます。
もっと詳しく知りたいという方は頭皮マッサージについて解説している記事をチェックしてみてください。

頭皮に適したシャンプー選び

健やかな髪を育てるための頭皮環境を整えるには、頭皮にあったシャンプー選びが大切です。

実は、乾燥肌か脂性肌でシャンプーの選び方は変わります。

「夏でも頭皮が乾燥してつっぱる」「カサカサのフケが出る」という乾燥肌の方は、頭皮に刺激を与えにくいアミノ酸系の弱酸性シャンプーを選んで、頭皮を労りながら洗浄するようにしましょう。

対して、「日が暮れる頃には髪の毛が脂でしっとりしている」「汗をたくさんかく」という脂性肌の方は、しっかりと洗浄力のあるシャンプーを選びましょう。

このシャンプーが良いよ、と言われても具体的にどんな商品を選べばいいか分からない…。

という方は、乾燥肌の方のおすすめのシャンプー脂性肌の方におすすめのシャンプーについてご紹介している記事を確認してみてください!

育毛剤を使用する

育毛剤は、毎日欠かさず頭皮ケアにプラスすることで、血行促進効果などによって頭皮環境を整え、抜け毛を予防してハゲの進行を抑える効果が期待できます。

おすすめの育毛剤は、

  • サクセス/薬用毛髪活性
  • チャップアップ

などがあります。

それぞれの特徴や期待できる効果について、詳しく説明していきますね。

まずは、サクセス 薬用毛髪活性についてご紹介します。

サクセスは花王から発売されている、医薬部外品の育毛剤です。
抜け毛を防いで、毛髪の成長を促してくれます。

また、頭皮の血行を促進して頭皮を正常な状態に保つため、フケやかゆみ予防にも効果が期待できます。

次に、チャップアップについてご紹介します。

チャップアップも、医薬部外品の育毛剤です。

頭皮環境を整え、髪が成長過程で抜け落ちるのを防具だけではなく、フケも防いでくれます。
頭皮に刺激を与える香料、着色料、シリコンなどは無添加です。

永久全額返金保証付きなのもうれしいですね。

こちらでは、M字ハゲの進行を抑え、薄毛になってしまった部分の発毛を促す方法をお伝えしていきます。

「もう生え際が後退してM字ハゲになってるけどどうしたらいいの...」とお困りだった方は必見。

産毛を強く、太くする方法をご紹介します。

発毛剤を使用する

「育毛剤と発毛剤、どんな違いがあるの?」と疑問に思う方は多いかと思います。

育毛剤にはハゲの進行を食い止める役割があるのに対し、発毛剤は、新たな髪の毛を生やすことを目的にしている頭皮ケアアイテムです。

ここでは2018年8月6日、ついにリアップに続く市販で買える発毛剤として新登場した商品を紹介します。

その名も『メディカル ミノキ5』。
スカルプDシリーズで有名な「アンファー」が手がけました。

名前の通り、発毛効果が認められているミノキシジル*を配合。

このミノキシジルといえばよく発毛剤に配合されている成分である一方で、なかなか手が出しにくいイメージも持たれています。

アンファーはミノキシジルを"もっと身近に"使用してもらいたい思いで、5年もの歳月をかけこの『ミノキ5』を完成させたとのこと。

薄毛対策に発毛剤を使いたい人はぜひチェックしてみてください。

AGAの治療を行うクリニックに相談

「もっと生え際の薄毛を治すために、何か治療を行いたい」「ひとりでM字ハゲの対処をするのは不安だ」という場合は、AGAの治療を行うクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか?

カウンセリングや血液検査などを行い、その人にあった治療法を提案してくれますよ。

ミノキシジルやビタミンなどを配合した内服薬の処方、皮下に発毛促進に有効な成分を注射器などを使って注入するメソセラピー毛髪再生治療など、本格的な薄毛治療を受けることができます。

カウンセリングが無料のクリニックもあるので、一度、お医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。

ここまで、M字ハゲや生え際の薄毛と産毛の関係についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

これまで、気になってゲンナリしていた生え際の産毛は、“毛根が死んでいない”という希望のしるしです。

生え際が後退してきてM字ハゲになっていたとしても、この記事で紹介したような《対策》や《対処法》を行えば、きっと改善の兆しが見えるのでないでしょうか。

そのためにも、まずは毎日の徹底ケアでしっかりと生え際の後退を防いで、産毛を強く太くしていきましょう!