目次

  1. ミノキシジルタブレットは女性でも使える?
  2. 有効成分「ミノキシジル」は女性も活用できる!
  3. 【要確認】ミノキシジルを取り扱う際の注意点
  4. ミノキシジルタブレットは性別問わず取り扱いに気をつけよう!

ミノキシジルタブレットを使ってみようと考えている女性の中には、

「そもそも女性が使っていいものなの?」「副作用が怖い…」

と、感じている方も多いのではないでしょうか。

「薄毛治療薬には女性が使えないものもある」と、どこかで耳にしているのであれば、なおさら不安ですよね。

この記事ではそんな女性の悩みを解決すべく、ミノキシジルタブレットのリスク注意点についてもご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください!

ミノキシジルタブレットは、女性でも服用ができます!

一般的に薄毛の治療薬として使用されるプロペシアザガーロは、女性が触れるのもNGとされている薬。

男性ホルモンを抑制するという薬の成分の副作用として、妊娠中・授乳中の女性が服用すると、胎児や子どもに影響が出る恐れがあるのです。

しかし、ミノキシジルはプロペシアなどとは異なり、男性ホルモンに働きかけるものではありません。

血流を良くすることで頭皮にある髪の毛の生成・成長に関わる細胞を活性化させ、発毛を促すものです。

女性の服用についての問題も確認されていないため、ミノキシジルは女性でも服用することができるのです!

しかし、「ミノキシジルタブレット」の取り扱うには、気をつけるべきポイントがいくつかあります。
使用を検討する前に、しっかりとそのリスクを確認しておきましょう。

女性も使えるからといって、ミノキシジルタブレットを安易に服用してよいわけではありません

リスク注意点をちゃんと理解したうえで使用するべきです。

ここからは必ず確認していただきたい、3点の注意点を紹介します。

  • 国内未承認薬である
  • 個人輸入は危険
  • 副作用の可能性がある

ひとつひとつ解説していきます。

①国内未承認薬である

薄毛治療の一手としてよく名の上がる「ミノキシジルタブレット」ですが、実は国内では未承認の治療薬なのです。

そのため、ヘアラボとしては服用をおすすめはしていません。

ただし、医師の判断により処方されることはあります

使用を検討している場合は、必ず医師の指導のもと服用するようにしましょう。

②個人輸入は危険

近年、医薬品に関して個人輸入で海外製を入手するケースが増えています。

個人で使用する範囲であれば個人輸入は違法ではありません。

しかし、偽造品のリスクも考えられ、思わぬ副作用効果が出ないといったトラブルに悩まされる可能性もあります。

そのため、ヘアラボのポリシーにより個人輸入はおすすめしません

③副作用の可能性がある

ミノキシジルタブレットの主成分であるミノキシジルは、元々は高血圧の薬として開発された成分です。

従って、ミノキシジルを主成分とする内服薬には、血圧低下の副作用が報告されています。

副作用はそれだけではありません。

  • めまい
  • 動悸・息切れ
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • むくみ
  • 性欲減退
  • かゆみ
  • 多毛症

これらもミノキシジルの内服薬の副作用です。

使用を検討する際は効果だけでなく、副作用についてもしっかりと確認しておくこと。

ミノキシジルの服用で症状や異変が起きたら、すぐに医師に相談するなどの対応をとってください。

ここまで、ミノキシジルタブレットを女性が服用する際の安全性について解説してきました。

確かに、プロペシアなどとは違い、ミノキシジルタブレットは女性でも使用できます
しかし、副作用注意事項など、服用を検討する前に気を付けておかなければならないことは性別問わずあります。

必ず副作用のリスクを確認し、医師の指導のもとミノキシジルタブレットを服用しましょう!